【AviUtl拡張編集】必ず役立つ、レイヤー・オブジェクトの基本的な操作方法

この記事をシェアする

AviUtl拡張編集のレイヤー、およびオブジェクトの操作方法について見ていきましょう。

レイヤーとオブジェクト

用語について

まずは、用語の簡単な復習です。

  • タイムラインは作業スペース
  • レイヤーは、オブジェクトを配置する場所
  • オブジェクトは、動画や画像、テキスト、BGM・効果音などの素材のこと

もし拡張編集の画面でわからないことがある場合は、【AviUtl拡張編集】タイムラインの見方・操作方法。レイヤー・オブジェクトとの関係をご覧ください。

【AviUtl拡張編集】タイムラインの見方・操作方法。レイヤー・オブジェクトとの関係
AviUtlに拡張編集プラグインを導入すると、編集画面が大きく変わります。詳しく見ていきましょう。 前提として、拡張編集プラグ...

レイヤーの重なり順

下のレイヤーほど、画面では前面に表示される

AviUtlでは、下にあるレイヤーのオブジェクトほど、画面上では手前に表示されます。テキストオブジェクトを例に、実際にやってみましょう。

  1. 動画をタイムラインにドラッグ&ドロップして読み込む。
  2. 動画を配置したレイヤーよりも下のレイヤーの空欄上で、右クリックする。
  3. 「メディアオブジェクトの追加」から「テキスト」を選択する。
  4. 設定画面が開くので、空欄に適当な文字を入力する。
メディアオブジェクトの追加
▲右クリック→「メディアオブジェクトの追加」→「テキスト」です。

この状態で、いま入力した文字が表示されたオブジェクト(テキストオブジェクト)の上に、赤色の縦線を移動させてください。画面を確認するためです。すると、テロップが表示されているのがわかります。

テキストオブジェクトに赤線を移動
▲テキストオブジェクトに赤色の縦線を移動しました。

テロップが画面に重なるようにして表示されているのは、テキストオブジェクトが動画オブジェクトよりも下のレイヤーにあるからです。

レイヤーの順番を意識する

もしこの順番が逆だと、テロップが隠れて見えなくなってしまいます。実際にやってみましょう。

  1. 動画オブジェクトを、テキストオブジェクトよりも下のレイヤーにドラッグ&ドロップする。
  2. テロップが消える(奥に隠れる)。
レイヤーの優先度
▲テキストオブジェクトが動画オブジェクトよりも「上」のレイヤーにあります。そのため、テロップが見えなくなりました。

つまり、画面の手前に表示させたいオブジェクトほど、下のレイヤーに配置する必要があるということです。順番をまちがえると、画面では表示されません。

下にあるレイヤーが手前に表示されるというのは、少し混乱する部分かもしれません。レイヤーの概念があるソフトでは、上にあるレイヤーが手前に表示されるのが一般的です。

レイヤーの操作

レイヤーの操作方法は、少し細かい話になります。ザッと目を通す程度でかまいません。

移動

タイムライン上で、Altキーを押しながらマウスホイールをスクロールすると、レイヤーを移動できます。レイヤーは100個まであります。

レイターを縦スクロール

表示数

タイムライン下辺を下にドラッグすれば、表示するレイヤーを増やせます。これはレイヤーを新たに挿入しているわけではありません。あくまでも、ウィンドウの縦幅を伸ばしているだけです。

ウィンドウを下方向にドラッグ

表示・非表示

レイヤー上にあるオブジェクトを非表示にしたいときは、「Layer」をクリックします。音声があるレイヤーの場合は、音が消えます。

レイヤーの表示・非表示

ロック

編集が進んでオブジェクトが増えてくると、へたにいじりたくないオブジェクトも出てきます。そのようなときは、「Layer」上で右クリックして「レイヤーのロック」にチェックを入れましょう。

ロックされた状態のレイヤー

オブジェクトの追加

オブジェクトには、

  • メディアオブジェクト
  • フィルタオブジェクト

という2種類があります。画像、テロップ、BGM・効果音を入れたいときは、メディアオブジェクトを追加しましょう。

メディアオブジェクトの追加方法は、以下のとおりです。

  1. レイヤー上の空欄部分で右クリックする。
  2. 「メディアオブジェクトの追加」から任意のものをクリックする。
  3. 設定画面(設定ダイアログ)が開くので、必要な設定をする。

メディアオブジェクトの追加

画像を追加したいなら「画像ファイル」、BGM・効果音なら「音声ファイル」、テロップなら「テキスト」を選びます。

詳細については、別ページで解説します。

オブジェクトの選択

編集をするためには、オブジェクトを選択する必要があります。選択したオブジェクトは、明るい色で表示されます。または、そのオブジェクトの設定ダイアログを開いているとき破線が表示されます。

1個のオブジェクトを選択したい場合は、単純にオブジェクトをクリックしましょう。

これに対し、複数のオブジェクトをまとめて選択したい場合は、方法が多岐に渡ります。最初に覚えるべきは、以下の2つです。

  • Ctrlキーを押しながら、複数のオブジェクトをクリックする。
  • Ctrlキーを押しながら、オブジェクトのある範囲をドラッグする。

より多くのオブジェクトを選択したい場合は、以下のような方法もあります。

  • Ctrlキーを押しながら、「Layer」をクリックする。
  • Ctrlキーを押しながらレイヤー上の空欄部分で右クリックし、「オブジェクトの選択」から任意のものをクリックする。
  • CtrlキーとShiftキーを押しながら、左端と右端にあるオブジェクトをクリックする。
オブジェクトを選択する方法は、その数が増えれば増えるほど重要になってきます。しかし、いきなりすべてのやり方を覚える必要はありません。

複数のオブジェクトを選択後に行う編集としては、たとえば移動やコピー、グループ化、削除などがあげられます。

オブジェクトの移動

オブジェクトを選択して左右にドラッグすると、そのオブジェクトの表示位置(挿入するタイミング)を変えることができます。

オブジェクトの移動

たとえば、テキストオブジェクトを追加している場合であれば、右に移動することでテロップが表示されるタイミングを遅らせることができます。

もしうまくオブジェクトを左右に移動できない場合は、以下のどちらかの方法を試しましょう。

  • Ctrlキーを押しながらドラッグする。
  • Ctrlキーを押しながらマウスホイールを上にスクロールしたあと(タイムラインを拡大してから)、ドラッグする。
まちがえやすいのですが、オブジェクトの端をドラッグするわけではありません。通常の白いマウスカーソルが表示された状態で、オブジェクトを左右どちらかにドラッグしてください。

なお、オブジェクトを別のレイヤーにドラッグした場合は、重なり順を変更できます(上述)。

右メニューから行えるオブジェクトの操作

分割

カット編集で頻繁に使うのが分割です。

  1. 動画オブジェクト上で右クリックする。
  2. 「分割」をクリックする。

オブジェクトの分割

初期設定では、右クリックした位置で分割を行うようになっています。もし、赤色の縦線がある位置で分割したい場合は、設定を変更します。

  1. レイヤー上の空欄部分で右クリックし、「環境設定」をクリックする。
  2. 「中間点追加・分割を常に現在フレームで行う」にチェックを入れる。
  3. 「OK」をクリックする。

中間点追加・分割を常に現在フレームで行う

現在フレーム(赤色の縦線)で分割する設定にするかどうかは、好みの問題もあります。筆者はチェックを入れています。そのほうが正確に分割できるからです。

詳しいカット編集のやり方については、AviUtlでカット編集する方法。正常にカットできないときの対処法もをご覧ください。注意点がいくつかあります。

AviUtlでカット編集する方法。うまくカットできないときの対処法も
AviUtlで動画の不要なシーンを削除するには、コツが必要です。ほかの一般的な編集ソフトとは、カット編集の方法が少し異なります。 大き...

コピー・貼り付け

オブジェクトは、コピー&ペーストすることもできます。動画オブジェクトを複数回コピー&ペーストすれば、ループ動画を作れます。

  1. 任意のオブジェクト上で、または任意のオブジェクトを選択して右クリックする。
  2. 「コピー」をクリックする。
  3. 任意の位置で右クリックし、「貼り付け」をクリックする。

コピーのショートカットキーは、Ctrlキー + Cキーです。また、ペーストはCtrlキー + Vキーです。

長さの変更

オブジェクトの左右、どちらかの端をドラッグすると、長さを変更することができます。ここでの長さというのは、表示される長さのことです。たとえば、5秒間表示される画像を2秒間に短縮したい、というときに使います。

オブジェクトの長さの変更

以下のことを覚えておきましょう。

  • オブジェクトの端を右にドラッグすると、表示時間が長くなる。
  • オブジェクトの端を左にドラッグすると、表示時間が短くなる。
  • オブジェクト上で右クリックし、「長さの変更」からも長さを指定できる。
動画オブジェクトの左端、または右端を短くすると、動画の最初、または最後の部分をすばやくカットできます(トリミング)。

中間点の追加

中間点の追加は、たとえば画像をジグザグに動くようにしたり、動画の特定シーンだけを倍速にしたいというときに使います。

  1. 任意の位置に移動する。
  2. オブジェクト上で右クリックする。
  3. 「中間点を追加」をクリックする。
  4. 必要に応じて、さらに中間点を追加する。

中間点を追加したあとは、設定ダイアログの縦に並んでいるボタンから設定していきましょう。難易度は高めです。詳細は別記事で解説します。

作業を戻す

編集作業を直前の状態に戻すこともできます(アンドゥ)。リドゥはありません。

  1. レイヤー上の空欄部分で右クリックする。
  2. 「元に戻す」をクリックする。
  3. さらに作業を戻したい場合は、同じ操作を繰り返す。

ショートカットキーは、Ctrlキー + Zキーです。これはよく使います。

グループ化

複数のオブジェクトをグループ化すると、ひとつのオブジェクトを選択しただけで、複数のオブジェクトをまとめて選択できます。移動・コピーが楽になるので、うまく使いましょう。

  1. 複数のオブジェクトを選択する(上述)。
  2. Ctrlキーを押したまま、右クリックする。
  3. 「グループ化」をクリックする。

グループ化

グループ化を解除したい場合は、グループ化されているオブジェクト上で右クリックし、「グループ解除」をクリックしてください。

削除

  1. オブジェクト上で右クリックする。
  2. 「削除」をクリックする。

オブジェクトを選択した状態で、Deleteキーを押す方法もあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)