【ゲーム実況】声を録音するための最新方法。別撮り・まとめ撮りのメリット・デメリット

この記事をシェアする

ゲーム実況といえば声です。動画に自分の声を入れて初めてゲーム実況になります。

マイク

では、どうすれば自分の声(マイク音声)を録音できるのでしょうか。声を動画に入れる方法について見ていきましょう。

なお、PCの使用が前提です。PS4の場合については、下記ページをご覧ください。

関連 【PS4】シェア機能でゲームを録画・実況する方法。YouTubeに投稿しよう

【スポンサーリンク】

録画ソフトで声を録音できる

専用の録「音」ソフトは不要

録音といっても、必ずしも専用の録音ソフトは必要ありません。なぜなら、録画ソフトで自分の声を録音できるからです。

Game Capture HDの録画ボタン

どういうことでしょうか。ゲームを録画するさい録画ソフトを使うわけですが、一般的な録画ソフトには声を録音する機能が搭載されています。

マイクの音を録音する設定

したがって、わざわざ録音ソフトを用意しなくてもよいのです。重要なのは録画ソフトという点を覚えておいてください。

誤解が多いです。ゲームの録画方法と、画面録画ソフトの種類
ゲーム画面をPCで録画する方法は、多種多様です。 なぜなら、「ゲーム」といってもさまざまなゲーム機があり、それぞれ録画方法が異...

まとめ撮り、別撮りを覚えておこう

もうひとつ重要なのが、声を録音する方法の種類です。2種類あります。

  • まとめ撮り : 初心者向き
  • 別撮り : 中・上級者向き

一般論としては、別撮りを推奨する人が多いでしょう。しかし、初心者に最適なのは、まとめ撮りです。

まとめ撮りとは

初心者に最適なやり方

まとめ撮りとは、ゲームを録画するさいに自分の声をそのまま動画に入れる方法です。

まとめ撮り

イメージとしては、以下のような流れになります。

  1. ゲームを録画する。
  2. 録画中、マイクに向かって声を入れる。
  3. 録画を停止する。
  4. 動画を再生すると、動画に自分の声が入っている

簡単にできる

この方法のメリットは、なんといっても簡単という点でしょう。声の入れ方として、自然に理解できるはずです。難しい部分がありません。

一般的な録画ソフトなら、まとめ撮りで声を入れることができます。

録画ソフトのほうで、マイク音を録音する設定にして録画します。マイク音とは、自分の声などマイクに入る音のことです。

マイク設定

動画に声が入っているわけですから、極端な話、録画してすぐにYouTubeやTwitterに投稿してもかまいません。

【YouTube】ゲーム実況のやり方、ポイントだけ。「いま」ユーチューバーになる方法
YouTubeでゲーム実況をやるには、どうしたらよいのでしょうか。ゲーム実況系ユーチューバーになりたい人も多いはずです。 まず...
【2019】TwitterにPCから動画を投稿する方法。ゲーム実況と絡めて一気に解説します
Twitterで見かけるゲーム系の動画は、どのような方法で投稿(アップロード)し、ツイートしているのでしょうか。 今回は、PC...

別撮りとは

別撮りとは、ゲーム音とマイク音を分離したデータとして扱う方法です。少し難易度が高いやり方かもしれません。

別撮り

具体例で考えよう

たとえば、ゲームを録画中、重要な場面で親フラになったとしましょう。親の声がマイクに入ってしまいました。

このままだと困るので、録画後に行う動画編集でマイク音をミュート(消音)にしたい、すなわちマイク音を編集したいとします。

しかし、まとめ撮りだと「マイク音をミュートにして、ゲーム音はそのままにしておく」という編集ができません。

なぜなら、録音の時点でゲーム音・マイク音がひとつに合わさっているからです。したがって、マイク音をミュートにするということは、すなわちゲーム音もミュートにするということにほかなりません。別々に編集できないのです。

音声編集が自由自在

では、別撮りの場合はどうでしょうか。この場合は、「マイク音をミュートにして、ゲーム音はそのままにしておく」ということができます。

なぜなら、ゲーム音・マイク音がおたがいに独立した状態で録音されているからです。ゲーム音はゲーム音、マイク音はマイク音で、それぞれ別々に編集ができるので、マイク音だけをミュートにできるわけです。

別撮りのメリットは、ゲーム音とマイク音を別々に編集できる点です。声を響かせたり(リバーブをかける)、声の音量を大きくするような編集も、ゲーム音に影響を与えずに行えます。

理解するのが難しい

ここまでの説明で、別撮りのメリットを理解できたでしょうか。難しくて意味がわからなかったという人もいるでしょう。

しかし、心配ありません。まとめ撮りを採用すればよいのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

声の録音で必要な機材・ソフト

共通

まとめ撮りにせよ、別撮りにせよ、マイクが必要です。これは共通です。マイクがないと声を録音できません。

マイクはPCに接続します。

マイク

もしオーディオインターフェイスなどを導入している場合は、そちらにマイクを接続してください。

まとめ撮り

まとめ撮りの場合は、録画ソフトも必要です。録画ソフトにマイク音声を録音できる機能があればよいので、とくに注意点はありません。

別撮り1

別撮りの場合は、かなり複雑です。じつは、別撮りにも複数のやり方があり、どの方法を採用するかによって必要なものが違うからです。

このページでは便宜上、「別撮り1」「別撮り2」と表記し、2種類のやり方を区別しています。

別撮り1は、従来からある伝統的なやり方です。3つのソフトを用意しましょう。

  • 録画ソフト - 録画(声なし)
  • 録音ソフト - 声を録音
  • 動画編集ソフト - 動画と声を合体

録音ソフトとしては、たとえばAudacity、SoundEngine、Auditionなどがあります。

Audacity
▲Audacity

別撮り2

別撮り2は、録音ソフトを使わないやり方です。これも以前からある手法ですが、あまり知られていません。必要なものは以下のとおりです。

  • 別撮り対応の録画ソフト
  • 動画編集ソフト

Bandicam
Bandicamの設定例

別撮り対応の録画ソフトは、全体的に見ればまだまだ少数派です。以下の録画ソフトが対応しています。いずれかを使用してください。

用途例 備考
RECentral TVゲーム用 キャプチャーボードが必要
Game Capture ソフトウェア TVゲーム用 キャプチャーボードが必要
Bandicam PCゲーム用 設定例はこちら
ShadowPlay PCゲーム用 Geforce Experienceの機能
Dxtory PCゲーム用
OBS Studio TV・PCゲーム用 設定例はこちら
XSplit TV・PCゲーム用
Streamlabs OBS TV・PCゲーム用

OBS Studio、XSplit、Streamlabs OBSの3つは、ライブ配信用のソフトです。しかし、録画もできます。

別撮り2の場合、まず録画ソフトの選定が重要です。どれを使えばよいかわからないときは、別撮り1にするのも手でしょう。

別撮り2で注意したいこと

ゲーム音がない、マイク音がない

別撮り2で多いトラブルとしては、ゲーム音またはマイク音が入っていないと誤解するケースがあります。

ShadowPlay
ShadowPlayにおける別撮り2の設定例

具体的には、動画編集ソフトがマルチトラックの動画に対応していないパターンに注意しましょう。

Premiere Pro

録画ソフトにもよるのですが、別撮り2でやる場合、通常は1個の動画のなかに以下の3種類のデータが格納されています。

  • 映像(ゲーム画面)
  • 音声1(ゲーム音)
  • 音声2(マイク音)
ここは難しいかもしれません。パッと見は1個の動画なのです。しかし、中身を見ると3つのデータが入っているわけです。

マルチトラックが鍵

かりに、動画編集ソフトがマルチトラックの動画に対応していなかったとしましょう。動画を読み込んでも、ゲーム音またはマイク音のどちらかが再生されないのです。


▲たとえば、AviUtlで動画を読み込んでも、このように赤い帯(音声)が1個しか表示されません。

そのため、「あれ?おかしいぞ?」と困る人が出てくるわけです。

別撮り2でやるのであれば、以下のようなマルチトラックの動画に対応した動画編集ソフトを使いましょう。

説明
Premiere Pro プロ御用達の動画編集ソフト
Davinci Resolve 有償版のDavinci Resolve Studioも対応
Vegas Pro バージョン16以降で対応

補足

AviUtl、およびPowerDirectorは、マルチトラックの動画に対応していません。

参考 ケシゴモンのブログ/音声トラックをAviutlで分ける(外部サイト)

この場合、別のソフトで2つの音声を動画から抽出し(例 : AudioExtractor)、動画編集ソフトで読み込んで対処する方法もあります。

AudioExtractor
▲AudioExtractorで動画を読み込んだあと、抽出したい音声を「変換するオーディオトラック」で選択し、「変換」をクリックしましょう。これを計2回繰り返せば、2個の音声ファイルが生成されます。

録画ソフトのRECentral、およびGame Capture ソフトウェアについては、別撮りで1個の動画と1個の音声ファイル(マイク音)を生成できます。これならば、マルチトラックについて注意する必要はありません。

まとめ

もしゲーム実況が初めてなら、まとめ撮りにしてください。デメリットはありますが、最初は動画を完成させることのほうが重要です。

別撮りについては、「説明が難しかった」と感じる人が多いでしょう。別撮りのやり方は複数あり、使用する録画ソフト・動画編集ソフトによって注意点も違ってきます。最初は苦戦するかもしれません。

筆者としては、まとめ撮りで始めて、慣れてきたら必要に応じて別撮りに移行するという流れを推奨します。

たった3ステップ!ゲーム実況のやり方、ゲーム機ごとの実況動画の作り方
どうすれば、YouTuberのようにゲーム実況ができるのでしょうか。ゲーム実況のやり方、実況動画の作り方を詳しく見ていきましょう。 ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)