【2019】TwitterにPCから動画を投稿する方法。ゲーム実況と絡めて一気に解説します

この記事をシェアする

Twitterで見かけるゲーム系の動画は、どのような方法で投稿(アップロード)し、ツイートしているのでしょうか。

twitter

今回は、PCから動画を投稿することを前提に、具体的なやり方を見ていきましょう。

PC

Switch、PS4、スマホからも「直接」動画をTwitterに投稿できますが、このページでは扱いません。PCの使用が前提です。

【スポンサーリンク】

ライブ配信ではない点に注意

ひとくちにゲーム実況と言っても2種類あります。

  • 撮影した動画を投稿 ← 解説対象
  • ライブ配信
ゲーム実況の始め方、最新版。初めてなら、絶対にこれを知らないとダメです
ゲーム実況を始めようと思っても、最初になにを準備して、どうしたらよいのか、途方に暮れる人もいるかもしれません。 新しい方法・機...

このページでは、事前にゲーム画面を録画しておき、Twitterに動画投稿する場合を想定しています。

Twitterのライブ配信機能、「Periscope」については解説していません

ゲームを録画して、動画を用意しよう

まず、用意すべきは動画です。当然ですが、動画が手元にないと投稿しようがありません。

では、どうすれば動画を作れるのでしょうか。ゲーム画面を録画すればよいのです。

キャプチャーソフトの録画ボタン

必要な機材・ソフトは、ゲーム機の種類によって異なります。

  • Switch、PS4などのゲーム専用機
  • PCゲーム(例 : Steam)
  • スマホゲーム

たとえば、Switchのゲームを録画するには、キャプチャーボードというPC用の周辺機器を用意しましょう。

GC550 PLUS Game Capture HD60 S GV-USB3/HD
製品画像
接続方式 USB 3.0 USB 3.0 USB 3.0
エンコード方式 ソフトウェアエンコード ソフトウェアエンコード ソフトウェアエンコード
対応ゲーム機 Switch
PS4
Switch
PS4
Switch
PS4
パススルー出力 ○(4K対応)
解説・レビュー こちら こちら こちら
備考 編集ソフト付属 低遅延 編集ソフト付属

逆に、Steamのゲームを録画したい場合は、キャプチャーボードは必要ありません。キャプチャーソフトという録画ソフトを使います。

Bandicam
▲初心者でも簡単に使えるBandicam

ゲームを録画する方法の詳細については、下記ページをご覧ください。かりに自分の声を入れない場合でも、録画のやり方は同じです。

【2019年最新】ゲーム実況で必要な機材と、その値段が気になる人へ
ゲーム実況をやりたいという場合、どのような機材が必要になるのでしょうか。また、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。 以下のゲ...
たった3ステップ!ゲーム実況のやり方、ゲーム機ごとの実況動画の作り方
どうすれば、YouTuberのようにゲーム実況ができるのでしょうか。ゲーム実況のやり方、実況動画の作り方を詳しく見ていきましょう。 ...

Twitterの仕様を確認しよう

場合によっては投稿できない

動画によっては、Twitterに投稿できない場合があるかもしれません。Twitterの仕様に合致していない動画は、投稿できないのです。

ヘルプセンターには、下表のような要件が掲載されています。

ヘルプセンターでの説明 備考
ファイル形式 MP4(H264 + AAC)
ファイルサイズ(容量) 512MBまで
長さ(時間) 2分20秒まで
ビットレート 25Mbpsまで 40Mbpsでも投稿できた
数字が大きいほど高画質
数字が大きいほどファイルサイズ大
解像度 1920 x 1200まで 3840 x 2160でも投稿できた
フレームレート 40fpsまで 60fpsでも投稿できた

用語の意味がわからなくても問題なし

難しい用語があったかもしれません。

しかし、現実的に考えてファイルサイズ動画の長さの2点さえ注意しておけば、投稿できる可能性が高いでしょう。

というのも、ほかの要件については問題になるケースが少ないからです。ファイル形式や解像度がその例です。

また、フレームレートなど、いつのまにか仕様が緩和されている要件もあります。したがって、そこまで厳密に考えなくても動画を投稿できることが多いのです。

ヘルプセンターの記事は、最新情報ではありせん。ファイルサイズと長さを意識してください。

Twitter用に動画を編集・変換しよう

動画編集ソフトを使う

ただ、以下のようなケースもあるでしょう。

  • 明らかに動画のファイルサイズ、長さがオーバーした
  • なぜか動画を投稿できない

このような場合は、Twitterの仕様に合わせた動画にする必要があります。具体的には、動画編集ソフトを使うのです。

編集ソフト

定番であれば、どのような動画編集ソフトでもかまいません。

2分20秒以下にする方法

たとえば、動画の長さを短くしたいとします。

この場合は、(1)不要なシーンをカットするか、または(2)早送り(倍速)にします。2分20秒以下に収まるように調整するわけです。

分割

512MB以下にする方法

では、ファイルサイズを小さくしたい場合はどうでしょうか。この場合は、以下の方法が考えられます。

  • ビットレートを下げる(例 : 6Mbpsに)
  • 解像度を下げる(例 : 1280 x 720に)
  • フレームレートを下げる(例 : 30fpsに)
  • 動画の長さを短くする

端的には、(1)画質を落とし、かつ(2)短い動画にすればよいと思ってください。ファイルサイズを小さくできます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

実際に動画を投稿しよう

投稿する動画を選択する

それでは動画を投稿してみましょう。ブラウザーでTwitterにアクセスします。

Twitter

「いまどうしてる?」の部分に適当な文言を入力し、この部分に動画をドラッグ&ドロップします。

動画をドラッグ&ドロップ

または、山のアイコンをクリックして動画を選択する方法でもかまいません。

Twitter側で動画が表示されたことを確認してください。表示されていない動画は投稿できません。

この時点では、まだ動画は投稿されていません。あくまでも確認用に動画が表示されているだけです。

ツイートする

最後に、「ツイート」ボタンをクリックします。動画投稿が完了するまでは時間がかかります。場合によっては、長時間待つことになるでしょう。

ツイート

投稿が完了すると、動画を再生できるようになります。また、60秒以下の動画は自動的にループ再生されます。

画質が悪くなるのは回避できない

ひょっとしたら、「Twitterにアップした動画の画質が悪すぎる」「モザイクのように荒い画質だ」と感じる人もいるかもしれません。これは仕様です。回避できません。

とくに、動きが激しい動画ほど画質が落ちます。オリジナルが高画質であっても、低画質な動画に自動変換されてしまうのです。画質で重要な映像ビットレート・解像度がガクッと落ちます。

ただ、動画の途中から画質が切り替わり、「まし」になることがありました。動画の冒頭、約7~8秒あたりで画質が切り替わるのですが、詳しいことは不明です。

画質
▲出典 : 『スーパーマリオワールド』(任天堂)。どちらもTwitterに投稿した同じ動画です。

根本的な解決方法にはなりませんが、YouTubeに動画を投稿し、それをTwitterに引っ張ってくる方法も覚えておきましょう。

  1. YouTubeに高画質な動画を投稿する。
  2. YouTubeの動画再生ページを開き、「共有」をクリックする。
  3. 表示されているURL(短縮URL)をコピーする。
  4. コピーした短縮URLをTwitterにペーストし、ツイートする。
  5. Twitter上でYouTubeの動画が再生できるようになる。
【YouTube】ゲーム実況のやり方、ポイントだけ。「いま」ユーチューバーになる方法
YouTubeでゲーム実況をやるには、どうしたらよいのでしょうか。ゲーム実況系ユーチューバーになりたい人も多いはずです。 まず...

60fpsの動画投稿も可能に

ヘルプセンターでは、最大フレームレートが40fpsまでとなっています。

しかし、いつからかは不明ですが、2019年8月時点で60fpsの動画を投稿できました。そのフレームレートで動画を再生することも可能です。

通常どおり動画を投稿してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)