【Switch】ゲーム実況のやり方を図解してみた。必要機材と、実況動画の作り方

この記事をシェアする

Switchのゲーム実況のやり方について見ていきましょう。

Switch

ここでは、

  • 必要な機材・ソフト
  • 実況動画を作る作業の流れ

の2点についてご紹介します。

ライブ配信の方法は別ページで解説

ゲーム実況には、以下の2パターンがあります。

  • 動画投稿 ← このページで解説
  • ライブ配信

Switchのライブ配信(生放送、ゲーム配信)については、以下のページをご覧ください。必要なもの・やり方が動画投稿の場合と異なります。

【Switch】ゲーム配信・生放送のやり方を図解してみた
Switchの場合、ライブ配信(生配信、生放送)するにはどうしたらよいのでしょうか。 ここでは、 必要な機材・...

PCの使用が前提

実況動画を作成するためには、PCが必要です。なくてもできなくはないのですが、一般的には使うものと思ってください。

PC

PCは、ノートでもデスクトップでもかまいません。それ相応のスペックがあれば実況動画を作れます。

参考 ゲーム実況で必要なPCスペックと、おすすめPCの選び方

作業のすべてはPCで行います。すなわち、

  1. Switchのゲーム画面をPCに映し、PCで録画する
  2. 録画してできた動画をPCで編集する
  3. その動画をPCから投稿する

という流れです。

この流れは覚えておきましょう。録画→編集→投稿です。

Switchの録画機能は使わない

Switchにも録画機能(キャプチャー機能)があります。Joy-Con(L)のキャプチャーボタンを長押しすることで、動画を保存できるという機能です。

Switchの録画機能、キャプチャーボタン

ひょっとしたら、「Switchの録画機能を使って、Switchだけでゲーム実況ができるのでは?」と思う人がいるかもしれません。

しかし、ゲーム実況で同機能を使うことはないと思ってください。そのいちばんの大きな理由は、30秒しか録画できないからです。

参考 Switchだけでゲームを録画する方法

Switch対応のキャプチャーボードが必要

Switchのゲーム画面をPCに映し、さらに録画するためには、キャプチャーボードという周辺機器が必要です。これにSwitchをつなげましょう。

キャプチャーボード

Switchとキャプチャーボードは、HDMIで接続します。接続方法でまちがえる人がいるので、注意してください。

キャプチャーボードの接続方法

SwitchとPCを接続するわけではありません。また、Switchとモニターを接続するわけでもありません。

では、どのようなキャプチャーボードを購入すればよいのでしょうか。考慮すべき事情は複数ありますが、最低限HDMI端子を搭載したキャプチャーボードを購入しましょう。これでSwitchに対応できます。

関連 キャプチャーボードとは何か。ゲーム実況で必要な理由がピンとこない人へ

関連 【図解】キャプチャーボードの選び方で迷っている初心者へ送る。5つのポイント

関連 Switch、PS4用に安いキャプチャーボードを買いたい人へ

マイクが必要

動画に自分の声を入れるためには、マイクが必要です。マイクはPCに接続します。Switchに接続するわけではありません。

マイク

ヘッドセットスタンドマイクがありますが、これはどちらでもかまいません。最終的には好みの問題になります。

参考 PCマイクの選び方

ゲーム実況の準備をしよう

必要な機材はわかりました。では、どのようなセッティングをすればよいのでしょうか。

Switch側

まず、Switchはドックに装着します。つまり、TVモードにします。テーブルモードや携帯モードでは、ゲーム画面をPCに映せません。

Switchの録画機能、キャプチャーボタン

また、もしイヤホンをSwitchに接続しているのであれば外してください。そうしないと、ゲーム音がSwitchのイヤホンから出てしまい、PCから出ません。

PC・キャプチャーボード側

各機器を接続します。Switchとキャプチャーボードは、HDMIケーブルでつなぎます。ドックの裏側のカバーを開けてください。そこにHDMI端子があります。

各機器を接続

キャプチャーボードのソフトもインストールしましょう。具体的には、ドライバーとキャプチャーソフトです。

ドライバー、キャプチャーソフトをインストール
▲どちらも、キャプチャーボードを販売するメーカーの公式サイトでダウンロードできます。

Switchのゲームを録画しよう

キャプチャーボードの準備が整ったらSwitchの電源を入れ、PCのほうで付属のキャプチャーソフトを起動します。すると、Switchのゲーム画面が映ります。

キャプチャーボードとキャプチャーソフト

自分の声を動画に入れたい場合は、キャプチャーソフトの設定を変更します。たいていはマイクの音を録音する設定があるので、探してください。

マイクの音を録音する設定
▲ゲーム画面は『スーパーマリオ オデッセイ』(任天堂)より

キャプチャーソフトの録画ボタンをクリックすると、ゲームの録画が開始します。マイクに向かって声を入れつつ、ゲームをプレイしましょう。

Game Capture HDの録画ボタン
▲同上

動画を編集しよう

録画した動画は、PCに保存されます。必要であれば、この動画を動画編集ソフトで編集します。

動画編集ソフト
▲ゲーム画面は『スーパーマリオ オデッセイ』(任天堂)より

たとえば、以下のような編集をします。

  • 不要なシーンをカットする。
  • 途中部分を早送り(倍速)にする。
  • テロップを入れる。
  • BGM・効果音を入れる。

編集ソフトについては、無料がよいならAviUtlを使いましょう。定番中の定番です。古いソフトですが、問題ありません。高度な編集ができます。

【AviUtl拡張編集】実況動画を編集するための詳しい使い方
AviUtlは、無料の動画編集ソフトです。ゲーム実況で必要になる範囲で、具体的な使い方を見ていきましょう。 AviUtlの読み...

もしAviUtlが難しいということであれば、有料の編集ソフトの出番かもしれません。PowerDirectorPremiere Elementsなどが定番です(リンク先Amazon)。

参考 ゲーム実況で使える無料・有料のおすすめ編集ソフト

動画を投稿しよう

最後に、編集が完了した動画をYouTubeやニコニコ動画にアップロードします。

YouTubeの投稿画面

YouTubeの場合、15分より長い動画をアップロードするには、上限を引き上げる必要があります。簡単な設定をしましょう。詳細は、YouTube ヘルプをご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)