キャプチャーボードとは何か。ゲーム実況で必要な理由がピンとこない人へ

この記事をシェアする

ゲーム実況で必要な機材のひとつに、キャプチャーボードがあります。

キャプチャーボード

キャプチャーボードとは、いったい何をするために必要なものでしょうか。ほんとうに必要な機材でしょうか。そんな疑問にお答えします。

キャプチャーボードとは

キャプチャーボードとは、TVゲーム機の映像・音声をPCに出すための周辺機器です。ゲーム機はキャプチャーボードと接続します。

キャプチャーボードの接続方法

SwitchやPS4など、ゲーム機の画面をPCに映して、PCで録画・ライブ配信(生放送)したいときに、キャプチャーボードを使いましょう。

関連 【Switch】ゲーム実況のやり方を図解してみた。必要機材と、実況動画の作り方

関連 【Switch】ゲーム配信・生放送のやり方を図解してみた

キャプチャーボード

ゲーム画面はPCに映るので、TVは必要ありません。もっとも、大画面TVでゲームをプレイしたい場合は、TVにゲーム画面を映しつつ、PCで録画・ライブ配信することもできます。

関連 2つあるキャプチャーボードの遅延対策。パススルー出力と、分配出力

キャプチャーボードのパススルー出力

接続できるゲーム機と、そうでないゲーム機

たとえば、以下のようなゲーム機はキャプチャーボードと接続できます。

  • Switch、Wii U、Wii、GC、N64、SFC、NEW FC
  • PS4、PS3、PS2、PS1、PS Vita TV、PSP
  • iPhone、iPad、iPod touch
据え置き型ゲーム機なら問題ありません。また、携帯型ゲーム機でも、PSP-2000/3000ならキャプチャーボードとつなげられます。

逆に、TVと接続できない仕様のゲーム機は、キャプチャーボードとも接続できません。おもに携帯型ゲーム機です。

  • 3DS
  • PS Vita

では、もし3DSのゲーム実況をしたいときは、どうすればよいのでしょうか。この場合、まず3DS本体を改造する必要があります。

参考 3DSの画面を録画・配信する方法

大きく3つのことができる

ゲーム機の画面をPCに映せる

ゲーム画面はフルスクリーン表示にもできますし、ウィンドウ表示にもできます。どちらでもかまいません。

キャプチャーボードとキャプチャーソフト

PCを使っているわけですから、以下のような楽しみ方もよいでしょう。ながらプレイに最適です。

  • YouTubeの動画を見ながらプレイ
  • 好きなBGMをかけながらプレイ
  • Discordで通話しながらプレイ

ゲームを録画して実況動画を作れる

ゲーム画面をPCに映すことができたら、録画は簡単です。キャプチャーボード付属のソフト(後述)をインストールし、録画ボタンをクリックしてください。すると、動画がPCに保存されます。

キャプチャーソフトの録画ボタン

また、もし自分の声を動画に入れて実況動画を作りたいなら、マイクをPCにつなげて設定し、録画ボタンをクリックしましょう。

ゲーム配信(生放送)ができる

ゲーム配信では、キャプチャーボードを使ってゲーム機の画面をPCに映しています。そして、そのゲーム画面を配信ソフトを使って生配信しています。

OBS StudioとXSplit
OBS Studio(左)とXSplit(右)

配信ソフトには、PCに映っている画面や、PCから出ている音をライブ配信できる機能が搭載されています。設定は難しくありません。もちろん、PCに接続したマイクの音(自分の声)も流せます。

ゲーム画面がPCに映っているなら、その画面は配信ソフトを使って視聴者にも見せることができます。

付属のキャプチャーソフトでできること

3つの基本的な機能

キャプチャーボードには、キャプチャーソフトが付属されています。これを起動することでゲーム画面がPCに映り、ゲーム音もPCから出ます。

キャプチャーボードとキャプチャーソフト
▲ゲーム画面は『スーパーマリオ オデッセイ』(任天堂)より

キャプチャーソフトには、以下のような機能が搭載されています。

  • プレビュー機能 - ゲーム画面をPCに映す機能のこと
  • 録画機能
  • スクリーンショット機能

この3つが基本的な機能だと思ってください。キャプチャーボード・キャプチャーソフトによっては、ほかにも便利な機能が搭載されている場合があります。

キャプチャーボードとセットで考える

ひょっとしたら、「キャプチャーソフトがあれば、キャプチャーボードは不要では?」と思う人もいるかもしれません。しかし、両者はセットで考える必要があります。

参考 キャプチャーソフトについて録画・ライブ配信で知らないと損すること

なぜなら、キャプチャーボードがないと、基本的にゲーム機の映像・音声をPCに入れることができないからです。キャプチャーソフトだけではどうしようもありません。

つまり、キャプチャーソフトだけ用意しても意味がないということです。必要なのは、キャプチャーボード + キャプチャーソフトです。

キャプチャーボードは不要?よくある誤解

ゲーム機と「PC」をHDMI接続

PCにはHDMI端子があります。では、ゲーム機とPC本体をHDMIケーブルで直接つなげば、キャプチャーボードは必要ないのでしょうか。

答えはノーです。ゲーム機とPC本体をHDMIで直接つないでも、ゲーム画面を映すことはできません。PCのHDMI端子は、PCの画面をTVやモニターに出力するために使うものです。用途が違います。

PCのHDMI端子(HDMI出力)は、たとえばPCの画面を大画面TVに映したい、出力したいというときに使います。ゲーム機をつないでも何も起こりません。

ゲーム機と「モニター」をHDMI接続

では、ゲーム機とモニターをHDMIケーブルで直接つなげば、キャプチャーボードは必要ないのでしょうか。

これも答えはノーです。もちろん、ゲーム画面は「モニター」には映ります。しかし、「PC」で録画やライブ配信をするためには、「PC」にゲーム機の映像・音声を入れなくてはいけません

PS4のシェア機能と比較してどうなのか

PS4には、シェア機能が搭載されています。

PS4のシェア機能

同機能を使う場合は、キャプチャーボードは必要ありません。簡単に録画・ライブ配信ができます。

2点だけ注意!PS4の配信機能で生放送・ブロードキャストする方法
PS4のシェア機能で生放送をするには、SHAREボタンから配信設定を行っていきましょう。高画質な配信にしたいなら、ここの「品質」の設定が重要です。注意すべきは、(1)対応していない配信サイトがあるという点と、(2)ゲームによっては配信禁止区間が設けられているという点です。

では、PS4のゲーム実況ではキャプチャーボードとシェア機能、どちらを使ったほうがよいのでしょうか。それを比較したのが下記ページになります。

参考 PS4のゲーム実況では、シェア機能とキャプチャーボードどちらを使うべきか

シェア機能の場合、ゲームによっては禁止区間がある点に注意が必要です。詳細は、上記記事をご覧ください。

価格はどのくらいか

キャプチャーボードの価格は、おおよそ2万円が相場と考えてください。実売価格で、18,000~25,000円がボリュームゾーンとなっています。

1万円程度で購入できる製品もあります。ただ、ノートPCには接続できないタイプであったり、あるいは商品としての信用性に欠ける場合があります。注意しましょう。

Switch、PS4用に安いキャプチャーボードを買いたい人へ
キャプチャーボードの価格は、2万円がひとつの基準です。しかし、この価格帯では高いと感じる人も多いでしょう。 では、安いキャプチ...

どんな製品がいいのか、おすすめ

キャプチャーボードを購入するなら、いくつかのポイント・注意点を抑えてください。とくに、

  • ノートPCの場合は、USB接続のキャプチャーボードを買う
  • そのキャプチャーボードが対応するゲーム機を確認しておく
  • キャプチャーボードによっては、大きな遅延がある

という3点は重要です。

【図解】キャプチャーボードの選び方で迷っている初心者へ送る。5つのポイント
いったい、どのキャプチャーボードを買えばよいのでしょうか。また、各製品はどこが違うのでしょうか。 キャプチャーボードを賢く選ぶ...

お薦めの製品については、下記ページに書いておきました。GC550、およびGame Capture HD60 Sの2製品は定番です。

参考 【2018年版】筆者がいつも使っている、おすすめキャプチャーボード4選

スポンサーリンク
レクタングル(大)