【2020年】おすすめPCの選び方。ゲーム実況、ゲーム配信用に、このスペックでOK

この記事をシェアする

PC選びは難しいものです。とくに、ゲーム実況、ゲーム配信用に新しくPCを買うとなると、なおさらでしょう。

PC

どのPCを買えばよいか、わからない」という人も多いはずです。

そこで、このページではゲーム実況用のPCの選び方について詳しくご紹介します。お得に買う方法があります。

【スポンサーリンク】

買うならゲーミングPCにしよう

ゲーミングPCとは

ゲーム実況をやるなら、ゲーミングPCがおすすめです。

GALLERIA AXF

ゲーミングPC(ゲームPC)とは、PCゲームが快適にできるほど高スペックなPCの総称です。おおよそ以下のような特長を備えています。

  • 高性能なCPU、およびGPUを搭載している
  • デスクトップPCの場合、排熱性能がしっかりしている
  • デスクトップPCの場合、拡張性が高い

録画、動画編集、生放送に最適

では、なぜゲーミングPCにすべきなのでしょうか。それは、重い処理が必要なゲーム実況に最適だからです。

ゲーム実況で重要な要素といえば、録画、動画編集、ライブ配信の3つです。

ゲーム実況の始め方、最新版。初めてなら、絶対にこの基本を知らないとダメです
ゲーム実況を始めようと思っても、最初になにを準備して、どうしたらよいのか、途方に暮れる人もいるかもしれません。 新しい方法・機...

これらはPCに大きな負荷がかかります。低スペックなPCでは、動作が重くなってカクカクすることがあるでしょう。そこで、高性能なゲーミングPCの出番です。

DaVinci Resolve

念のため書いておきますが、ゲーミングPCはゲームをしない場合でも問題ありません。かりにゲーム実況に飽きたとしても、ゲーム以外の用途でもずっと使えます。

BTOショップで買う

ゲーミングPCは、BTOショップと呼ばれるお店で購入しましょう。

BTOショップといっても、聞いたことがない人もいるかもしれません。端的に言うと、PC購入時にパーツをカスタマイズできるお店だと思ってください。

カスタマイズ

たとえば、BTOショップのWebサイトで購入する場合、メモリやHDDの容量を増やして注文できます。めんどうなパーツ変更は、お店がすべてやってくれます。

もちろん、カスタマイズしないで購入してもかまいません。BTOショップは、「PCを安く買えるお店」という認識でもよいでしょう。お得なのです。

Amazonや家電量販店でもゲーミングPCを買えますが、コスパや品揃えの点でBTOショップに劣ります。

用語を簡単に確認しよう

注意したいのがPCを構成するパーツの見方です。下表をご覧ください。

重要度 説明
CPU A あらゆる場面で司令塔として重要
Core i」と「Ryzen」が競合
メモリ B 16GBあれば安心
グラフィックボード(GPU) A PCゲームのプレイで重要
GTX」と「RTX」が定番
ストレージ(SSD/HDD) B
電源 B

とくに重要なのが、CPUグラフィックボードの2つです。この2点の性能の良し悪しで、PCスペックの大部分が決まるからです。

CPUとグラフィックボード

PCを購入するまえに、下記ページでパーツの見方を押さえておきましょう。簡単です。

【ゲーム実況】PCを買うときに、最低限知っておきたいスペック。パーツの見方・性能
ゲーム実況、ゲーム配信では、つねにPCスペックを意識する必要があります。低スペックなPCだと快適にゲーム実況ができません。 で...

大事なポイントは3つ

狙いめは、10~20万円

高いお金を出せば高性能なPCを買えますが、私たちには予算という制限があります。そこで、おすすめしたいのが10~20万円のPCです。

説明 性能
10~14万円 TVゲーム実況は余裕
PCゲーム実況は、作品と画質設定しだいでは余裕
B+
15万円前後 コスパに優れていることが多く、無難 A
16~20万円 性能的に余裕があり、安心できるライン
VTuberにもなれる
A

重要なことに、多くの人たちがこの価格帯のPCを選びます。性能的にも心配ありません。筆者がメインで使用しているPC(ガレリア XF)も、この価格帯です。

おおよその価格帯からスペックを逆算して考えれば選びやすくなります。PCを自作するわけではないので、パーツ性能について深入りする必要はありません。

15万円以上のPCであれば、極端なスペック不足に陥ることは基本的にないでしょう。百歩譲って問題が起きたとしても、各種設定を変更するだけで簡単に対処できます。

低スペックPCでゲーム配信をやるとどうなるのか
ゲーム配信(生放送)をやるさい、「このPCのスペックでできるのか?」と心配する人は多いでしょう。 だれもが高性能なPCを持って...
OBSで配信画面がカクカク&重いときの原因が判明。対処法をまとめてみた
OBS Studio(以下OBS)を使用中、配信画面がカクカクする、PCが重いというケースに遭遇したことがあるかもしれません。 ...

ノートPCはやめておく

基本的にはデスクトップPCの購入を推奨します。以下のような理由があるからです。

  • コスパに優れる
  • 排熱性能が高い
  • パーツ交換で性能をアップできる

PC

たとえば、同じようなパーツで構成されているデスクトップとノートがあるとしましょう。この場合、前者のほうが安くなります。ノートは小型化にコストがかかるぶん、高くなってしまいます。

熱対策拡張性のことを考えても、ゲーム実況用途で積極的にノートを選ぶ理由がありません。つまり、コスパ以外の観点から見ても、よほどのことがないかぎりデスクトップがおすすめです。

左サイド

ノートPC(ゲーミングノート)では、ゲーミングPCとしての魅力が一部失われる点に留意してください。

さらに言えば、ゲーム実況ではキャプチャーボードを使う場合があります。ノートでは外付け(USB)の製品しか取り付けられません。しかし、デスクトップであれば内蔵型にも対応でき、選択の幅が広がります。

PCIe

セールで安く買う

BTOショップでは、期間限定でセール・キャンペーンが実施されています。毎月、必ずどこかのショップで行われているので、複数のお店をチェックしておきましょう。

セールの内容ですが、よくあるのは以下のパターンです。

  • CPU、GPUの性能アップ
  • メモリ、ストレージの容量アップ
  • 割引き
  • ポイント還元

人気ゲーミングPCの例

ガレリア(ドスパラ)

ゲーミングPCとして有名なのが、ドスパラの「ガレリア」シリーズです。

ガレリア

まずは公式サイトにアクセスしてください。ページを下にスクロールしたところに、ガレリアシリーズの一覧表があります。ここから選んでいきましょう。

ガレリア

真っ先にチェックしておきたいのが、新デザイン(新ケース)の「ガレリア XA7C-R70S」です。これは、筆者も持っているガレリア XFの後継モデルです。ガレリアシリーズのなかで手堅い選択だと思ってください。かなりの高性能です。

ガレリア XA7C-R70S ライトニング AT5
製品画像
CPU Core i7-10700 Ryzen 5 3600
GPU RTX 2070 SUPER GTX 1660 SUPER
メモリ 16GB 8GB
ストレージ SSD 512GB SSD 500GB
電源 650W
80PLUS BRONZE
550W
80PLUS BRONZE
公式ページ こちら こちら
レビュー こちら -
説明 ・新デザイン
・フォトナ、Apex余裕
・1万値下げ
・予算10万円の場合に
・TVゲーム実況用に

▲2020年10月12日時点の情報です。時期によってPCの構成・価格が変わります。

性能について書いておくと、筆者が2019年に購入したガレリアXF(前モデル)の時点で余りある性能でした。そこからCPU、GPU、ケースがより高性能で新しいものに置き換えられているため、スペック不足になることは通常ないでしょう。ガレリア XA7C-R70Sのレビューについては、下記ページをご覧ください。

【PCレビュー】GALLERIA XA7C-R70Sでゲーム実況は問題なくできる?試した
今回、ゲーミングPCの「GALLERIA XA7C-R70S」を借りることができました。 このページでは、筆者が実際に4日間G...

期間限定ですが、2020年10月22日まで「新ビデオカード発売記念キャンペーン」が実施されています。購入価格に応じて、最大1万円ぶんのポイントが付与されます。

G-Tune(マウスコンピューター)

そしてもうひとつ、有名なマウスコンピューターの「G-Tune」も見ておきましょう。ガレリアと2大巨頭になっています。

icon
icon

まず、公式サイトiconにアクセスしてください。画面を下にスクロールすると、下記画像が表示されます。

2020年現在、もしマウスコンピューターでPCを買うのであれば、「NEXTGEAR-MICRO am560SA2icon」がおすすめです。Ryzen 7 3700X + GeForceR GTX 1660 Tiなので、PCゲーム実況をフルHDでやるならじゅうぶんなスペックと言えるでしょう。

ドスパラのガレリアと価格を比較することがあるかもしれませんが、単純比較が難しい点に注意してください。同じような構成に見えて、じつは微妙に違っていることがあります。

たとえば、HDDの有無・容量や、パーツの型番・種類・グレード、製品の品質がブランド間で異なる場合があります。

さまざまなゲーミングPC

G-GEAR(TSUKUMO)

G-GEAR」は、TSUKUMO(ヤマダ電機傘下)のゲーミングPCです。

G GEAR製品PV 「ゲーミングPCに込められた想い」篇

公式サイトを下にスクロールしたところに、ラインアップの一覧表が掲載されています。「キャンペーン」や「期間限定セール」と書かれてあるものをチェックしましょう。

キャプチャーボードが最初から内蔵されている、「AVerMedia 推奨認定パソコン」もあります。AVerMedia推奨というお墨付きではありますが、予算を抑えたい人には向きません。

LEVEL∞(パソコン工房)

パソコン工房の「LEVEL∞」(レベルインフィニティ)は、幅広いラインアップが魅力です。

一見すると公式サイトiconはゴチャゴチャしていますが、左メニューで目的別にPCを絞れるようになっています。

おすすめは、なんといっても「LEVEL-M049-iX7-RWSicon」でしょう。本来、このPCにはRTX 2060 SUPERが搭載されているのですが、「0円アップグレード中」と称して性能が一段上のRTX 2070 SUPERが手に入ります。それでいて145,980円(税別)という、破格の安さです。

FRONTIER

最後にFRONTIER(フロンティア)です。

ここは、通常は考えられないような値引きを実施することがあります。公式サイトで確認しておいてください。

たとえば、Ryzen 7 3700X + RTX 2070 SUPERの組み合わせで、かつメモリが16GB→32GBへ無償アップグレードできて149,800円(税抜)ということがありました。30台限定ということもあり、あっというまに売り切れていました。

なお、FRONTIERを運営する会社も、TSUKUMOと同様ヤマダ電機の傘下となっています。

まとめ

PCを購入する決心ができたら、BTOショップのサイトでセールを確認しましょう。とくに、ドスパラとFRONTIERの2サイトは必見です。

注文時は、不要であればカスタマイズしなくても問題ありません。あれこれカスタマイズを勧められると思いますが、それをやっていくと価格が跳ね上がります。

盲点になりそうなものとしては、マウス・キーボード、光学ドライブ(DVD/BDドライブ)があります。これらが付属されていないPCの場合は別途用意しましょう。デスクトップPCはモニターも必要です。

最後に繰り返しますが、迷ったら15万円前後のPCです。そうすれば無難な買い物ができます。

ゲーム生配信のやり方、必要機材とは?配信サイト・ゲーム機ごとに解説
当サイトでは、ゲーム配信のやり方、配信方法、必要な機材・ソフトを 配信サイトごと ゲーム機ごと という2つ...
実況動画の作り方は、録画と編集が重要
実況動画カテゴリでは、以下の事項について見ていきます。 ゲームの録画方法 実況動画の作り方 動画編集の方法 ...
ゲーム実況用にPCを買ったら、最低限やるべき8個の初期設定
新しいPCを買うと、すぐにでもゲーム実況で使ってみたい、ゲーム実況を始めたいと思うかもしれません。 しかし、最初にPCの設定を...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)