配信ソフトの使い方

この記事をシェアする

ライブ配信(生放送)をする場合、配信ソフトとよばれるものを使います。とても重要です。

配信ソフトの役割

配信ソフトを使うことによって、各配信サイトでライブ配信できるようになります。ゲーム配信や雑談配信をするときは、最初に配信ソフトを毎回起動すると思ってください。

配信ソフト

配信ソフトがあれば、たとえば以下のようなことができます。

  • 自分のPCに映っている画面を視聴者に見せる
  • 自分のPCに保存してある画像・動画を視聴者に見せる
  • 自分のPCから出ている音を視聴者に流す
  • 自分の声(マイク音声)を視聴者に流す
配信ソフトがあれば、どのような配信でもできます。もっとも、場合によっては不要なこともありますが、一般的には配信ソフトを使います。

どのような配信ソフトがあるのか

いろいろな種類の配信ソフトがあります。まずは、2種類の配信ソフトを覚えておきましょう。OBS Studio(以下OBS)とXSplitです。

OBS

OBSは定番の配信ソフトです。無料なので、いちばん最初に使う配信ソフトとして最適です。

  • 無料
  • ライブ配信で必要な機能をすべて搭載
  • 使用している人が多いので安心
  • OBS Classicは旧バージョンなので、使わない

XSplit

XSplitは、OBSよりもプロフェッショナルに近い位置づけかもしれません。

  • 本格的に配信したい人向け
  • OBSよりもさらに多機能
  • 視覚的に多彩なエフェクトをかけることができる
  • 有料ソフトならではの手厚いサポート
  • 無料でも使えるが、機能が制限される

OBSの使い方・設定方法

OBSについては、以下の記事をご覧ください。

OBS Studioの詳しい使い方・設定方法
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料の配信ソフトです。詳しい使い方を見ていきましょう。 OB...

XSplitの使い方・設定方法

XSplitについては、以下の記事をご覧ください。

https://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/480.html

スポンサーリンク
レクタングル(大)