【最新】バーチャルYouTuberの作り方・やり方をざっくりとまとめてみた

この記事をシェアする

どうすればバーチャルYouTuber(VTuber、ブイチューバー)になれるのでしょうか。

VTuber

最新情報を踏まえつつ、バーチャルYouTuberの作り方・やり方について見ていきましょう。

難しい知識は必要ありません。簡単なやり方があります。

PCとスマホ、どちらを使うか決めよう

PC、またはスマホを用意しましょう。

PCのメリット

バーチャルYouTuberをやるなら、PCを使用するのが一般的です。以下のような理由があるからです。

  • 自由度やカスタマイズ性が圧倒的に高い。
  • 全身の動きを取り込んで、モデルに反映させることができる。
  • ライブ配信や動画作成は、PCを使うのが一般的。
  • ゲーム実況をやるならPCのほうがやりやすい。

PC

スマホのメリット

PCがなくても心配いりません。スマホでもできます。

  • 簡単でハードルが低い。
  • スマホとアプリだけ用意すればよい。
  • PCがない、あるいは苦手という人に最適。

スマホ

どちらがよいか

もしPCがあるなら、PCの使用を推奨します。自由度の高さは大きな魅力です。

たとえば、インターネット上で配布されているモデルをダウンロードして使うことができます。外見を変更して、いろいろなキャラになりきれます。

外見の変更
FaceRigに、FaceRig/Live2D用データである「桜乃そら」を表示したところ

さらに、顔の表情をモデルに反映させるのもPCのほうが得意です(フェイストラッキング)。スマホだと、現状では「iPhone X」シリーズでなければ顔の表情がきちんと認識されません。

顔の表情
▲出典 : FaceRigより

もちろん、手軽さを重視するならスマホを使うのもよいでしょう。近年は、「エモモ」(ミラティブ)や「カスタムキャスト」、「ホロライブ」、「パペ文字」など、革新的な機能・アプリが登場しています。

以下、PCの使用を前提に解説していきます。

モデルについて理解しよう

モデルの作り方

ライブ配信するにせよ、動画を作るにせよ、まずはモデル(キャラクター、アバター)を用意する必要があります。

では、どうやってモデルを用意すればよいのでしょうか。モデルには、ふたつの種類があります。

  • 既存モデル
  • オリジナルモデル

どちらを採用するのかによって、難易度が大きく異なってきます。簡単なのは、既存モデルを利用する方法です。既存モデルといっても、まったくカスタマイズできないわけではありません。

どうすれば既存モデルを使えるようになるかというと、後述するバーチャルYouTuber支援ソフトをインストールするだけです。

たとえば、ソフトによっては顔や服装、アクセサリーを変えることができます。いわゆるキャラクターカスタマイズです。完全なオリジナルというわけではありませんが、個性を出すことは可能です。

Vカツ
▲出典 : 『Vカツ』(シス)より

これに対し、新規に完全オリジナルモデルを作るのは手間がかかると思ってください。作るのが2Dモデルにせよ、3Dモデルにせよ、勉強が必要です。とくに3Dモデルの場合は、チームを組んで作業するか、または外注しないと厳しいかもしれません。

たとえば、3Dモデルの自作なら「Blender」や「Unity」というソフトの使い方を学びます。

モデルの動かし方・トラッキング

もうひとつ重要なのがモデルの動かし方です。つまり、PCでどのような機材を使ってユーザーの動きをモデルに反映させるのかということです。

この点については、3種類に分けて考えるとよいでしょう。

  • Webカメラを使う。
  • VRを使う。
  • モーションキャプチャーデバイスを使う。

Webカメラ

個人でやっているバーチャルYouTuberなら、Webカメラを使っていることが多いはずです。顔の表情、および頭の動きをトラッキングできます。ただ、Webカメラだけでは全身の動きをトラッキングできません。

トラッキングというのは、「中の人」の動き・位置を認識して追従することです。中の人が頭を動かしたときに、それに合わせてモデルの頭が動く(シンクロする)のは、トラッキングが機能しているからです。

もし手・足・体の動きをトラッキングしたいなら、VRまたはモーションキャプチャーデバイスを使う必要があります。モーションキャプチャーデバイスは、企業系バーチャルYouTuberが採用している本格的な手法です。

通常はWebカメラを使うことになるでしょう。安くて簡単だからです。両手が塞がることもありません。

表情のトラッキング 全身のトラッキング 機材
Webカメラ 安い
VR 高い
モーションキャプチャー機器 とても高い

なお、VRではヘッドマウントディスプレイ(HMD)を頭に被り、かつ両手にVR用のコントローラーを持つのが基本スタイルとなります。この点は念のため留意してください。

機材を用意しよう

必要な機材を確認しておきます。

トラッキングするための機材

上述したとおり、以下のいずれかの機材が必要です。

  • Webカメラ
  • VR
  • モーションキャプチャーデバイス

Webカメラとしては、たとえばロジクールのC920が定番です。

VRを使用する場合は、HTC Vive、またはOculus Riftを用意しましょう。筆者は迷ったあげくHTC Vive(無印)を購入しましたが、Oculus Riftでも問題ありません。

モーションキャプチャー機器としては、たとえばPerception Neuron(パーセプション・ニューロン)が有名です。精度の高いモーションキャプチャーができる機材としては安価ですが、それでも20万円以上します。興味本位では手が出せません。

Perception Neuron
▲出典 : 公式サイトより

マイク

自分の声を入れたい場合にかぎり、マイクを用意します。ヘッドセットでもスタンドマイクでも、どちらでもかまいません。マイクに声を入れると、リップシンクといってモデルの口が動きます。

PC

PCが必要です。

参考 ゲーム実況で必要なPCスペックと、おすすめPCの選び方

どの程度のPCスペックが必要なのかという点については、トラッキングに用いる機材によっても違ってきます。

たとえば、VRでやる場合は、かなり高スペックなPCが必要です。VRの動作自体が重いので、録画・ライブ配信するさいはPCの負荷に注意してください。

バーチャルYouTuber制作ソフトを用意しよう

3Dモデルも作れる

バーチャルYouTuber制作ソフトを使えば、ユーザーの分身となるモデルを作成したり、顔の表情や動きをモデルに反映させることができます。

3tene
▲出典 : 3teneより

バーチャルYouTuber支援ソフトでなにができるのか、という点については下記ページをご覧ください。大きく5種類にまとめました。

VTuberのなり方は?正解は、「制作支援ツール・ソフトを使う」
私たち一般人がバーチャルYouTuber(以下、VTuber)になるには、VTuber制作ツールを使うのがいちばんの近道です。 ▲...

Webカメラを使用する場合

まず、Webカメラの使用を前提としたソフト・ツールとして、以下のようなものがあります。

  • FaceRig
  • 3tene(ミテネ)
  • Hitogata
  • FaceVTuber
  • Wakaru

ユーザー数がいちばん多いのは、有料ソフトのFaceRigでしょう。3Dモデルが最初から何体も用意されています。また、「FaceRig Live2D Module」を購入することで、イラストふうの2Dモデルを使うこともできます。

FaceRig
▲出典 : FaceRigより

【VTuber】FaceRigの使い方と、ゲーム実況での設定ガイド
FaceRigは、ユーザーの顔の表情をWebカメラで読み取り、それをアバターに反映させるソフトです。 いちばんの特長は、手頃な...
FaceRigは既存モデルに加え、自作モデルが使えます。中・上級者にはうれしい点かもしれません。

VRを使用する場合

VRの使用を前提としたソフトとして、以下のようなものがあります。『Vカツ』を除き、VRがなければトラッキングできない点に注意してください。

  • バーチャルキャスト
  • Vカツ
  • カスタムオーダーメイド3D2

Vカツでは「ルーム」機能を使います。VR用とWebカメラ用の2種類があります。

Vカツ
▲出典 : 『Vカツ』(シス)より

カスタムオーダーメイド3D2では、「バーチャルアバタースタジオ」機能を使います。購入するには年齢制限があるので、気をつけましょう。

各ソフトの特長・まとめ

各バーチャルYouTuber制作ソフトの特長については、下記ページにまとめました。

3Dモデルの作り方は?簡単にVTuberになれる制作ツール・ソフト一覧
VTuber制作支援ツールには、さまざまな種類があります。では、いったいどれを使えばよいのでしょうか。 ▲出典 : 『Vカツ』(シ...

ゲーム画面にモデルを入れよう

じつは2個の画面を合成している

私たちが見かけるバーチャルYouTuberの動画・ライブ配信では、たとえばゲーム画面の上に重なるようにしてモデルが表示されています。

1個の画面
▲出典 : 『アンチャーテッド 古代神の秘宝』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)より

これは最初から1個の画面だったわけではありません。ゲーム画面とモデルが映っている画面、それぞれ別の画面だったのです。別々だったものを、1個の画面に合成しているだけです。

2個の画面

では、どうやってゲーム画面上にモデルを重ねて表示しているのでしょうか。モデルの入れ方が気になるはずです。

特定のソフトで合成できる

具体的なやり方は、どのソフトを使うかによって異なってきます。

まず、ライブ配信の場合は、配信ソフトを使うことでゲーム画面上にモデルを重ねることができます。たとえば、OBS Studioなどを使いましょう。

FaceRigをゲーム配信・生放送で使うときの設定方法
バーチャルYouTuber(Vtuber)のように生配信でFaceRigを使う場合、どのような設定にすればよいのでしょうか。 ...

配信ソフトOBS Studio
▲出典 : 『アンチャーテッド 古代神の秘宝』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)より

また、動画作成の場合は、たとえばAviUtlなどの動画編集ソフトを用意します。編集でゲーム画面上にモデルを重ねればよいのです。ほかにも、ゲーム画面にアバターを入れて録画する方法もあります。

大きく2種類。FaceRigのアバターを録画し、ゲーム実況動画を作る方法
ゲーム実況でFaceRigのアバターを動画に入れて合成し、バーチャルYouTuber(Vtuber)のように実況動画を作成するにはどうしたら...

クロマキー合成で背景を消せる

少し抽象的な話が続きました。最後に、もう1個だけ抽象的な話をします。

ライブ配信にせよ、動画作成にせよ、モデルが映っている画面をゲーム画面上に重ねると、緑色の背景が邪魔になります。

クロマキー合成

そこで使うのがクロマキー合成です。配信ソフト、または編集ソフトで、緑色の部分である背景を消して透明にできます。数十秒程度の作業です。

まとめ

バーチャルYouTuberのやり方は、じつに多くの方法があります。もし、どのやり方がよいか迷ったら、Webカメラ + FaceRigにしましょう。

FaceRigは有料ソフトですが、手軽さやクオリティの高さを考慮すると、総合的に見てバランスが取れています。

FaceRigの使い方については、下記ページをご覧ください。

【VTuber】FaceRigの使い方と、ゲーム実況での設定ガイド
FaceRigは、ユーザーの顔の表情をWebカメラで読み取り、それをアバターに反映させるソフトです。 いちばんの特長は、手頃な...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

質問・コメント

  1. 匿名 より:

    https://store.steampowered.com/app/870820/Wakaru_ver_beta/

    There is another software using Web camera too,
    its name is Wakaru.