【Wi-Fi】簡単。iPhoneの画面をPCに映してミラーリングする方法。アプリも紹介

この記事をシェアする

iPhoneの画面をPCに映すためには、ミラーリングソフトが必要です。

iPhoneとPC

たとえば、iPhoneの画面をPCに映して、PCでライブ配信(ゲーム配信)するとしましょう。

まずは、ミラーリングソフトをインストールすることから始めます。そして、簡単な設定をすれば、

  • iPhoneのゲーム画面がPCに映る
  • iPhoneのゲーム音もPCから出る

という状態になります。

ミラーリングソフト

iPhoneアプリの『カスタムキャスト』を使って、PCでVTuberをやりたい場合も、やはりミラーリングソフトを使います。

【スポンサーリンク】

iPhoneの画面をPCに映しているときのイメージ

iPhoneの操作はiPhoneで

誤解しやすいところですが、PCでゲームの操作を行うわけではありません。手元のiPhoneの画面を見ながら、iPhoneを操作します。

画面ミラーリング

iPhoneの画面がPCに映るので、ついPCのマウス・キーボードでゲームの操作を行うものと思いがちです。しかし、そうではありません。

ゲーム音はPCから出る

ゲーム音は、PCから出ているものを聞きます

ミラーリングソフト

なぜなら、ミラーリングを開始すると、iPhoneのスピーカーからはゲーム音が出なくなるからです。iPhoneにイヤホンを接続しても音は聞こえません。

ゲーム音はPCから出るので、そのゲーム音を聞きながらプレイしましょう。もしイヤホンを使いたいなら、PCに接続します。

ただし、唯一の例外がElgato Screen Linkというアプリです(後述)。このアプリでは、PCとiPhoneの両方からゲーム音が出ます。

PCから出ているゲーム音は遅延する

PC側に映っているiPhoneの画面、およびPCから出ているiPhoneの音声は、少しだけ遅れて再生されます。この遅れのことを遅延といいます。

ミラーリングソフト

iPhoneの画面と比較して音が少し遅れて聞こえてくるので、音ゲー(リズムゲーム)をプレイしづらいことがあるかもしれません。

どんなミラーリングソフトがある?

有料が基本

残念なことに、ミラーリングソフトはほとんどが有料です。制限なく完全無料で使えるものは、ほぼありません。

価格 試用版 おすすめ度 解説ページ
AirServer 2,300円 B+
ApowerMirror 7,980円/年
3,680円/月
永久版24,880円
B
Elgato Screen Link 1,200円 B こちら
iPhone/iPad録画究極
(デスクトップ版)
7,980円/年
3,680円/月
永久版24,880円
B
LetsView 無料 - B こちら
LonelyScreen 14.95ドル/年 B こちら
Reflector 3 14.99ドル A こちら
X-Mirage 2 1,980円 B

制限付きで無料試用もできる

ミラーリングソフトを購入するまえに、必ず試用しましょう。自分の環境で正常に動作するか、チェックできます。

ただ、無料試用する場合は制限があります。以下の「いずれか」の制限です。

  • 一定時間(例 : 15分間)しか連続で使えない
  • 一定期間(例 : 7日間)しか使えない
  • 無料試用だとロゴ(透かし)が表示される
  • 無料試用だと宣伝・広告が表示される

制限を解除するためには、ライセンスを購入しなくてはいけません。つまり、お金を払う必要があるということです。

有料ソフトなのでヒヤッとするかもしれませんが、ダウンロード・インストール自体は無料です。この点は安心してください。

おすすめは?

筆者がずっと使って信頼しているのは、安定して使えるReflectorです。定番で価格も安く、お薦めです。

Reflector

LonelyScreenは、使用しているユーザーが多い印象はあります。かつて完全無料だったのが影響しているのかもしれません。画質が悪いのがネックです。

これらのソフトの簡単な使い方については後述します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

無線LANルーターを用意しよう

無線LANルーターを用意しましょう。iPhoneとPCをWi-Fi接続、つまりワイヤレスで接続するために必要です。

無線LANルーター

すでにWi-Fi接続でインターネットができる環境であれば、その無線LANルーターで問題ありません。

もし無線LANルーターがない場合は購入します。安い製品だと数千円からあります。

iPhoneとPCは、同じネットワーク上になくてはいけません。難しく聞こえるかもしれませんが、このあとiPhoneとPCをWi-Fi接続できなかった場合に重要です。

画面をPCに映して配信する方法

おやすみモードに

ミラーリングでは、iPhoneに映っているものがすべてPCに映ります。したがって、個人情報の漏洩に注意しましょう。

たとえば、着信画面やプッシュ通知などは、不特定多数の人に見られないようにすべきです。

そこで、ミラーリングを始めるまえに「おやすみモード」に設定しておいてください。

おやすみモード

Reflector 3

Reflectorの使い方は、以下のとおりです。

  1. Reflectorを起動しておく(重要)。
  2. iPhoneでコントロールセンターを表示する。
  3. 画面ミラーリング」をタップする。
  4. ReflectorをインストールしたPCの名前をタップする。

画面ミラーリング

ライブ配信におけるReflectorの使い方については、下記ページをご覧ください。

Reflector 3の使い方。生配信でiPhoneの画面をPCに映す方法
Reflector 3(以下Reflector)があれば、iPhoneの画面をワイヤレスでPCに映せます。 Reflector...

LetsView

LetsViewの使い方は、以下のとおりです。

  1. LonelyScreenを起動しておく(重要)。
  2. iPhoneでコントロールセンターを表示する。
  3. 画面ミラーリング」をタップする。
  4. 「LetsView」をタップする。

ライブ配信におけるLonelyScreenの使い方については、下記ページをご覧ください。

LetsViewの使い方。無料でiPhoneの画面をPCに映して配信できます
LetsViewは、iPhoneの画面をPCに映したいときに使う完全無料のミラーリングソフトです。 画質・動きの滑らかさはイマ...

LonelyScreen

LonelyScreenの使い方は、以下のとおりです。

  1. LonelyScreenを起動しておく(重要)。
  2. iPhoneでコントロールセンターを表示する。
  3. 画面ミラーリング」をタップする。
  4. 「LonelyScreen」をタップする。

画面ミラーリング

ライブ配信におけるLonelyScreenの使い方については、下記ページをご覧ください。

LonelyScreenの使い方。ライブ配信での超具体的な設定方法
LonelyScreenは、iPhoneの画面をPCに映したいときに使うミラーリングソフトです。 このLonelyScreen...

Elgato Screen Link

ライブ配信におけるElgato Screen Linkの使い方については、下記ページにまとめました。ほかのミラーリングソフトとは少し違う部分があるので、注意が必要です。

【ミラーリング】Elgato Screen Linkの使い方。ゲーム配信で画面をPCに映す
ミラーリングアプリであるElgato Screen Link(以下、Screen Link)を使えば、iPhoneの画面をワイヤレスでPCに...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. さり より:

    非常に参考にさせていただきました。
    お聞きしたいのですが、Reflecter4を用いてアプリの録画を行ってみたところ、画面が二十秒に一度ほどのペースで一瞬だけ真っ黒になってしまいます。
    ちらつき、というやつでしょうか。
    編集で全てその瞬間だけカットすることも考えましたが、手間が多く、非現実的です。
    やはり、回線を強化するしかないのでしょうか。もし、ちらつきを無くす術を知っておられたら知恵を授けていただければ幸いです。