【図解】DaVinci Resolveの詳しい使い方

この記事をシェアする

DaVinci Resolveは、プロ用の動画編集ソフトです。

DaVinci Resolve

以下のような特長があります。

  • プロ仕様
  • 無料でも使える
  • 超高機能
  • 本格的な合成(VFX)ができる
  • 本格的なモーショングラフィックスができる
  • 本格的なカラーコレクションができる
  • 本格的な音声編集ができる
  • Windows、Mac、Linuxに対応

今回は、純粋な動画編集のやり方に絞って、DaVinci Resolveの使い方を見ていきましょう。ある程度の学習時間は必要ですが、ゲーム実況動画の編集にも使えます。

合成、モーショングラフィックス、およびカラーコレクションについては扱いません。

【スポンサーリンク】

準備しよう

ダウンロードする

無料版をダウンロードする方法は、以下のとおりです。

  1. 公式サイトにアクセスする。
  2. 「ダウンロード」をクリックする。
  3. DaVinci Resolve 16」の「Windows」をクリックする。
  4. 必要な情報を入力する。
  5. 「登録&ダウンロード」をクリックする。

ダウンロード

名称に「Studio」が入っている「DaVinci Resolve Studio 16」もありますが、これは有料版です。

  • DaVinci Resolve : 無償バージョン
  • DaVinci Resolve Studio : 有償バージョン

インストールする

インストール方法は以下のとおりです。

  1. ダウンロードしたZIPファイルを解凍・展開する。
  2. 「DaVinci_Resolve_Windows.exe」をダブルクリックする。
  3. 画面を進めていく(設定変更は不要)。

インストール

有料版と無料版の違い

無料版であっても、ロゴ(ウォーターマーク)は入りません

もちろん、ロゴが入らないだけで、いくつかの制限はあります。しかし、ゲーム実況動画の編集の場合、気にする必要はない程度の制限です。

参考 DaVinci Resolveの無償版と有償版の違いは?(外部サイトへ)

たとえば、一部のエフェクトが使えませんが、それをゲーム実況動画の編集で使うかというと、まず使いません。

DaVinci ResoleveFusion制限

簡単に触れてみよう

日本語化する

日本語化については、DaVinci Resolveを起動したときの画面でできます。

日本語化

または、DaVinci Resolveを起動後、左上の「DaVinci Resolve」から日本語化してください。

日本語化設定
▲「DaVinci Resolve」→「Preferences」の順にクリックします。そして、「User」タブを開き、「UI Settings」の「Language」で「日本語」を選択します。

ザッと編集のやり方を確認する

まず最初に、以下の5つの編集について簡単に見ておきましょう。詳しいやり方は後述します。

  • カット
  • トランジション(エフェクト)
  • テロップ
  • BGM・効果音
  • 早送り・スロー
DaVinci Resolveの簡単な使い方。雰囲気だけ理解するためのチュートリアル
本格的にDaVinci Resolveを使おうと思っても、操作に慣れるのは時間がかかります。 このページでは、最初のとっかかり...

編集しよう

動画を読み込む

動画を編集するためには、動画を開く必要があります。最初の最初でつまずかないように、基本をマスターしましょう。

DaVinci Resolveで動画を読み込み、タイムラインに配置する方法
DaVinci Resolveで動画編集するには、最初に動画を読み込む(開く)必要があります。 つまり、カット編集したり、テロ...

カット編集する

不要なシーンを削除するのがカット編集です。よく行う編集だけに、さまざまなやり方があります。

DaVinci Resolveでカット編集する方法。簡単、かつ瞬時にできます
DaVinci Resolveには、さまざまなカット編集のやり方があります。 難しいことは抜きにして、不要なシーンを削除してみ...

エフェクトを入れる

エフェクトを入れて、見た目を華やかにしましょう。下記記事では、トランジションフェードイン・フェードアウトのやり方をまとめました。

DaVinci Resolveで、トランジションやエフェクトを入れる方法
DaVinci Resolveでエフェクトを入れてみましょう。動画にアクセントを加えることができます。 ひとくちにエフェクトと...

文字・テロップを入れる

画面に文字(テロップ、字幕、テキスト)を入れる方法です。

DaVinci Resolveでテロップ(テキスト)を入れる方法。「Text+」の使い方について
DaVinci Resolveを使って、画面上にテロップを入れてみましょう。 ここでいうテロップとは、基本的に以下の用語と同義...

BGM・効果音を入れて音声編集する

動画に最初から入っている音声とは別に、BGM・効果音を加えて編集する方法です。BGMのカットや音量調整についてもまとめました。

DaVinci Resolveで、BGM・効果音を編集する方法。音量調整のやり方も
動画に元から入っている音声(例 : ゲーム音)とは別に、DaVinci Resolveで音声を挿入し、編集をしたいという場合、どうしたらよい...

動画を書き出す

動画をPCに保存したり、あるいはYouTubeなどに投稿するためには、出力しなくてはいけません。その方法です。

DaVinci Resolveで動画を書き出す方法。簡単に画質設定するためのポイント
編集が完了したら、最後にDaVinci Resolveで動画を書き出しましょう。 こうすることで、編集した動画を ...

編集画面(UI)を理解する

DaVinci Resolveの編集画面には、さまざまなアイコン・ボタンが並んでいます。しかし、最初はどこをどのように見ればよいのか、難しく感じるはずです。

そこで、編集画面の見方をまとめました。

DaVinci Resolveの編集画面、UIが意味不明な人のためのガイド
初めてDaVinci Resolveの編集画面を開くと、いろいろなアイコンが並んでいて驚く人もいるかもしれません。 DaVin...

「難しい」と感じた人へ

その感想は正常です。

とくに動画編集自体が初めてであったり、ほかの動画編集ソフトに慣れている場合、DaVinci Resolveでの操作に違和感を覚えることが多いしょう。解説に登場する用語の意味も難しいかもしれません。

DaVinci Resolveはプロ仕様です。したがって、どうしても習得には時間がかかります。

しかし、もし簡単に使える動画編集ソフトを探しているのであれば、下記ページを参考にしてください。筆者はPowerDirectorを推しておきます。

使いやすい初心者向けの動画編集ソフト、4本集めました
初めて動画編集をするなら、簡単に使える動画編集ソフトを選びましょう。 下表をご覧ください。この4つの動画編集ソフトをご紹介しま...
【図解】PowerDirectorの詳しい使い方。実況動画を編集しよう
PowerDirectorは、サイバーリンクが開発・販売する動画編集ソフトです。 以下のような特長があります。 ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)

質問・コメント

  1. オサム より:

    日本語化はできましたが、画面の文字が小さすぎて見えにくい。これを大きくするにはどうしたらいいでしょうか?環境設定を見てみましたが解決しません。また、Windows のディスプレイ変更をしましたら、アプリ以外の全体が大きくなってしまい、肝心のアプリは小さい表記のままです。基本的な設定ですが、教えてください。

    • 管理人 より:

      「スタート」→「設定」→「ディスプレイ」の
      「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」の
      設定を変えてもうまくいかないのであれば、
      DaVinci Resolveのプロパティを変更するのはどうでしょうか。

      DaVinci Resolveを閉じ、「Resolve.exe」上で右クリックして、
      「プロパティ」→「互換性」タブ→「高DPI設定の変更」→
      「高いDPIスケールの動作を上書きします」にチェックを入れて、
      「アプリケーション」「システム」「システム(拡張)」を選択(どれか)→
      「OK」で設定画面を閉じます。