要点は1つ。PCゲーム配信・生放送のやり方と、PCスペックの重要性

この記事をシェアする

PCゲーム配信をするには、どうしたらよいのでしょうか。PCゲームとは、たとえばPC版フォートナイトや、PUBGなどのことです。

フォートナイト

ここでは、

  • PCスペックの注意点
  • 必要な機材・ソフト
  • 大まかな配信方法、生放送のやり方

についてご紹介します。

実況動画の作り方については、下記ページをご覧ください。

関連 【PCゲーム】録画用にキャプチャーソフトを用意しよう。PCゲーム実況のやり方

PCスペックに注意しよう

PCゲーム + 配信は高負荷になりがち

PCゲーム配信で注意すべきは、PCスペックです。というのも、PCスペックによってはPCの動作が重くなり、映像が滑らかに動かなくなる場合があるからです。

PC

いわゆるカクカクする、カクつくという状態です。PCが重いとゲームをプレイしづらいでしょう。また、視聴者としてもカクカクした映像は見たくないはずです。

PCが重くなる理由

では、なぜPCが重くなるのでしょうか。それは、以下のふたつの作業を同時に行っているからです。

  • PCゲームのプレイ
  • 配信(エンコード)

どちらもPCに負荷がかかる作業です。それを1台のPCで同時に行っているため、どうしても重くなりがちなのです。PCのスペックが低ければ、なおさらです。

もしゲームをプレイしているだけで重いなら、その時点で注意しましょう。配信を開始したら、さらに重くなります。

重いゲームの場合は、画質を妥協しよう

配信時にPCを軽くするためには、画質関係の設定を下げるのが基本となります。つまり、配信のときだけゲームの画質を落として、負荷を軽くするわけです。

グラフィック設定
▲フォートナイトは推奨スペックが低いため、画質を下げなくても問題ないかもしれません。

一例ですが、PCゲームのオプション設定を変更します。

  • グラフィック設定・品質を下げる。
  • 解像度を下げる。
  • 最大フレームレートを下げる。

もし画質は妥協したくないということであれば、以下のような選択肢があります。

  • グラフィックボードなど、PCのパーツを買い換える。
  • 性能のよい、新しいPCに買い換える

ノートPCの場合は、基本的に2番めの方法になります。たとえばガレリア DTなど、コスパが優秀なゲーミングPCを買いましょう。

参考 ゲーム実況で必要なPCスペックと、おすすめPCの選び方

配信ソフトを用意しよう

配信ソフトとは

ライブ配信をするために必要なのが配信ソフトです。ひじょうに重要です。

OBS Studio
▲ゲーム画面は『フォートナイト』(Epic Games)より

配信ソフトには、以下のような機能があります。

  • ゲーム画面を視聴者に見せる機能
  • ゲーム音、PCから出ている音を視聴者に流す機能
  • マイク音を流す機能
  • 配信の開始・終了機能

配信でPCゲームの画面を視聴者に見せたいなら、配信ソフトを起動して設定しましょう(後述)。たったこれだけです。あとは上で述べたとおり、PCの負荷を意識します。

配信ソフトの使い方・設定方法さえ覚えれば、PCゲーム配信は簡単です。

OBSとXSplitが定番

さまざまな配信ソフトがありますが、2種類覚えておきましょう。もし完全無料の配信ソフトがよいなら、OBS Studioです。

  • OBS Studio(以下OBS) - 無料
  • XSplit - 有料だが、無料でも使える
OBS StudioとXSplit
▲OBS(左)とXSplit(右)

機材・ソフトを用意しよう

マイク

自分の声を配信で流したい場合にかぎり、マイクが必要です。ヘッドセットスタンドタイプがありますが、どちらでもかまいません。

参考 PCマイクの選び方

PCゲーマーだとヘッドセット、とくにゲーミングヘッドセットとよばれるものを使う人がよくいます。これは、ゲームを快適にできるような作りになっており、ゲーム内の足音や爆発音を聞き取りやすくなる効果があります。

コメビュ・棒読みちゃん

もし必要であれば、コメントビューアー(以下コメビュ)と棒読みちゃんを用意しましょう。両者を連携させるとコメントの読み上げができ、ゲームに集中しやすくなります。

  • コメビュ - コメントを閲覧・管理
  • 棒読みちゃん - コメントを読み上げ
▲コメビュと棒読みちゃんを連携させると、棒読みちゃんがコメントを読み上げます。

自分が配信したいサイトに対応したコメビュを使います。コメビュ、および棒読みちゃんについては、別ページで解説しています。

キャプチャーボードは必要?

必要ないが、2PC配信で使う人もいる

SwitchやPS4などのTVゲームの場合、ゲーム画面を自分のPCに映すためにキャプチャーボードという周辺機器を使います。

キャプチャーボードの接続方法

しかし、PCゲームの場合、キャプチャーボードは必要ありません。なぜなら、これがなくともゲーム画面をPCに映せるからです。

もっとも、2PC配信をやるためにキャプチャーボードを使う人なら存在します。

2PC配信のメリット・デメリット

2PC配信という用語は聞き慣れない人が多いかもしれません。これは、ゲーム用PCと配信用PC、計2台のPCを使って配信する方法です。

2PC配信
▲PC1の画面と音は、キャプチャーボードを通ってPC2に出力されます。PC1の画面を見ながらゲームをプレイし、PC2のほうで配信します。

なぜ2PC配信かというと、PCの負荷を分散させて軽くするためです。1台のPCでゲームと配信、両方を行うのが1PC配信、ゲームと配信を別々のPCで行うのが2PC配信です。どちらが軽いのかは明らかでしょう。

ただ、2PC配信はコストがかかります。PCが2台、キャプチャーボードが1台必要になるからです。1PC配信、キャプチャーボードは不要、というのが基本と思ってください。

配信のやり方を理解しよう

ゲーム画面を視聴者に見せる設定

配信ソフトのほうで簡単な設定をすると、PCゲームの画面を視聴者に見せることができます。ゲーム自体は、フルスクリーンでもウィンドウでもかまいません。

たとえば、OBSの場合は以下のように設定しましょう。大まかなやり方です。

  1. PCゲームを起動する。
  2. 「+」をクリックする。
  3. 「ゲームキャプチャ」を選択する。

OBS Studioのゲームキャプチャ

すると、PCゲームの画面がOBSに映ります。ただ、場合によっては設定変更しないと、画面が映らないことがあるかもしれません。

関連 OBS Studioの各種キャプチャーの使い方

OBS Studioのプレビュー画面

具体的な配信方法

あとは、各配信サイトの仕様・特徴を理解し、そのうえで配信ソフトの設定を行っていきましょう。たとえば、画質の設定や、配信サイトに接続するための設定は重要です。

下記ページでは、配信サイトごとのゲーム配信のやり方について解説しています。棒読みちゃんや、配信画面のカスタマイズについても掲載しています。参考にしてください。

ゲーム配信のやり方は、シンプルに理解しよう。配信サイト・ゲーム機ごとに解説
当サイトでは、ゲーム配信のやり方・配信方法を 配信サイトごと ゲーム機ごと という2つのアプローチで解説し...
スポンサーリンク
レクタングル(大)