【2018年最新】ゲーム実況で必要な機材と、その値段が気になる人へ

この記事をシェアする

ゲーム実況をやりたい、実況動画を作りたいという場合、どのような機材が必要になるのでしょうか。また、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

以下のゲームを対象に見ていきましょう。

  • Switch、PS4などのTVゲーム
  • PCゲーム
  • スマホゲーム

なお、ゲーム実況のやり方・方法については、以下のページをご覧ください。

関連 たった3ステップ!ゲーム実況のやり方、ゲーム機ごとの実況動画の作り方

動画と生放送

ゲーム実況には、以下の2パターンがあります。

  • あらかじめ動画を用意しておき、投稿する
  • リアルタイムで生放送をやる

今回は、動画を作って投稿することを前提にして解説しています。すなわち、ゲーム画面を録画(撮影)し、その動画をYouTubeなどに投稿するケースです。

生放送(ライブ配信)については、以下のページをご覧ください。

ゲーム配信のやり方、必要機材とは?配信サイト・ゲーム機ごとに解説
当サイトでは、ゲーム配信のやり方・配信方法を 配信サイトごと ゲーム機ごと という2つのアプローチで解説し...

最初に2つのことを決めよう

PCを使うかどうか

PCを使うかどうかによって、必要な機材が異なります。基本的には、PCを使うものと考えてください。これが一般的な方法だからです。有名なユーチューバーもPCを使っています。

PC

もちろん、PCがなくても実況動画を作れる場合はあります。たとえば、PS4のシェア機能や、iPhoneの「画面収録」を使う場合です。この場合、機材の購入は必要ありません。しかも無料です。

【PS4】シェア機能でゲームを録画・実況する方法。YouTubeに投稿しよう
PS4のシェア機能を使ってゲームを録画してアップロードするには、どうしたらよいのでしょうか。 このページでは、 ...

しかし、このページの解説は、PCの使用を前提としています。注意してください。

スマホ全盛の時代ですが、スマホでSwitchやPS4のゲームの実況動画を作るのは、現実的ではありません。もしスマホ単体で実況動画を作りたいのであれば、スマホゲームをチョイスしましょう。

どのゲーム機のソフトか

たとえば、Switchのゲームなのか、PCゲームなのか、ということです。ゲーム機によっても必要機材が異なるため、この選択も重要です。

ゲーム機

Switchの場合は、キャプチャーボードという周辺機器が必要です(後述)。これに対し、PCゲームの場合はキャプチャーボードは必要ありません。

費用を安く抑えたいなら、PCゲームの実況動画を作るのが合理的です。マイクを買うだけですむ場合があるからです。

PCを用意しよう

使用するPCは、ノートPC、デスクトップPC、どちらでもかまいません。いずれも実況動画を作れます。

PC

多くの人が気になるのは、PCのスペックでしょう。とくに、「いま使っているPCで問題ないのか?」という疑問・不安です。

しかし、世間でいわれているほど高性能なPCは必要ありません。もしPCスペックに問題があったとしても、ソフト側の設定を変更することで対処できる場合があります。悩むよりも、実際にやってみたほうが話は早いでしょう。

参考 ゲーム実況で必要なPCスペックと、おすすめPCの選び方

TVゲームの場合は、キャプチャーボードを用意しよう

据置型ゲーム機で必要

キャプチャーボードは、TVゲーム機の画面をPCに映して、録画するために必要です。

キャプチャーボード

キャプチャーボードを導入することで、

  • Switch、PS4などのゲーム機の画面をPCに映す
  • ゲームを録画する
  • ゲームを録画中、動画に自分の声を入れる

といったことができるようになります。

PCに映っているSwitchのゲーム画面

つまり、キャプチャーボードがあれば実況動画を簡単に作れるということです。あとは編集して動画を投稿するだけです。

3DSはキャプチャーボードと接続できません。そこで、本体を改造してPCとUSB接続する必要があります。

参考 3DSの画面を録画・配信する方法

使用イメージ

キャプチャーボードを使ったことがないと、どのようにして使うのかイメージしづらいかもしれません。下図のように接続します。

キャプチャーボードの接続方法

ここもミスしやすいのですが、ゲーム機とPCをHDMIで接続するわけではありません。また、ゲーム機とTVを接続するわけでもありません。正しくは、ゲーム機とPCのあいだにキャプチャーボードを挟むイメージです。

Switchを例にすると、キャプチャーボードがなければゲーム画面をPCに映すことはできません。SwitchとPCをHDMIで直接つなげても、意味がないのです。

キャプチャーボードの価格

Switch、PS4用なら約2万円

SwitchやPS4のゲームを録画する場合、HDMI端子を搭載した製品を購入する必要があります。一般的に2万円前後すると思ってください。1万円の製品もありますが、選択肢は限られます。

Switch、PS4用に安いキャプチャーボードを買いたい人へ
キャプチャーボードの価格は、2万円がひとつの基準です。しかし、この価格帯では高いと感じる人も多いでしょう。 では、安いキャプチ...

筆者は、GC550を発売当初からずっと使用しています。この製品は、ゲーム実況のために開発されたといっても過言ではありません。あらゆるゲーム機に対応し、ゲーム実況で必要な機能をすべて搭載しています。1台あれば幅広く活躍するでしょう。

関連 【キャプチャーボード】GC550を3年使ったので、本音を打ち明けることにした

参考 GC550の使い方

また、これも筆者が常用しているのですが、Game Capture HD60 Sも買って損しない製品です。GC550とは異なり、PS2やWiiには対応していません。しかし、GC550と同等の機能を搭載していながら、価格はGame Capture HD60 Sのほうが安いのです。

参考 Game Capture HD60 Sの使い方

コスパのよさでいえばGV-USB3/HDでしょう。なぜなら、「PowerDirector 14」という定番の動画編集ソフトがついているからです。この編集ソフトは最新バージョンでなかったり、機能が制限されていたりという面はあるのですが、お得感はあります。

参考 GV-USB3/HDの使い方

レトロゲーム機用なら約3千円

ひょっとしたら、キャプチャーボードの価格の高さに驚いた人も多いかもしれません。しかし、レトロゲーム機であれば数千円の出費ですみます。GV-USB2があるからです。たとえば、PS2、PS1、Wii、GC、N64、SFCは、これを買えばよいのです。

参考 GV-USB2の使い方

購入まえに予習しておいたほうが安心

基本的に、キャプチャーボードは高い買い物です。したがって、購入するまえに基本的な知識を入れておいたほうがよいでしょう。

関連 キャプチャーボードとは何か。ゲーム実況で必要な理由がピンとこない人へ

関連 【図解】キャプチャーボードの選び方で迷っている初心者へ送る。5つのポイント

キャプチャーボードにはキャプチャーソフトが付属されており、ゲーム画面を録画できるようになっています。録画方法自体は簡単なので、この点は心配する必要はありません。

Game Capture HDの録画ボタン
▲ゲーム画面は『スーパーマリオ オデッセイ』(任天堂)より

PCゲームの場合は、キャプチャーソフトを用意しよう

キャプチャーボードは不要

PCゲームを録画するために必要なのがキャプチャーソフトです。PCに映っている画面を録画できるという認識でかまいません。もちろん、ゲーム音、および自分の声も動画に入れられます。

Bandicam

よくある誤解のひとつですが、キャプチャーボードは不要です。なぜなら、キャプチャーボードがなくてもゲーム画面をPCに映して録画できるからです。

価格は無料から、4千円くらいまで

初心者から上級者まで使いやすいキャプチャーソフトとして、Bandicamを覚えておきましょう。定番中の定番です。筆者もずっと使っています。設定方法が簡単で、どんなゲームでも録画できます。

詳しいBandicamの使い方と、高画質・低負荷にするための設定例
Bandicamは、ゲーム実況で定番のキャプチャーソフトです。無料版と有料版があります。 特長は以下のとおりです。 ...

ただ、Bandicamは4,320円(税込)します。無料でも使えますが、録画時間に制限がある点には気をつけてください。ソフトを購入することで制限が解除されます。

もし完全無料ですませたいなら、以下のページをご覧ください。

【2018年】PCゲームの録画・実況で使いたい、おすすめ動画キャプチャーソフト5本
キャプチャーソフト(録画ソフト)を使うことで、PCゲームを録画できます。 このページでは、 目的別、お薦めのキ...

マイクを用意しよう

声を入れるために必要

動画に自分の声を入れるためには、マイクが必要です。逆に、自分の声を入れない場合や、ゆっくり実況動画を作る場合は、マイクは必要ありません。

マイク

ノートPCの場合、マイクが内蔵されていることが多いでしょう。しかし、内蔵マイクは使いものになりません。別途マイクを購入してください。

価格はピンキリ

マイクの価格は大きな幅があります。安いスタンドマイクであれば1,000円以下で買えますし、スタジオの現場で使うようなマイクになると数十万円します。

ゲーム実況では、予算として3,000~15,000円を見込んでおけばよいでしょう。このあたりの価格帯がボリュームゾーンです。

1,000円台のヘッドセットは、基本的にお薦めしません。ヘッドホンとマイク、両方の性能が中途半端だからです。

ヘッドセットとして、たとえばHyperX Cloud Stinger Coreや、G433があります。これらはゲーミングヘッドセットといって、ゲーマー向けの製品です。ゲーム実況で使う人も多くいます。

本格的なマイクについて

ゲーム実況で、本格的なマイクを使っている人を見かけたことがあるかもしれません。あのようなマイクをダイナミックマイク、またはコンデンサーマイクといいます。

プロが使うマイクなので、定番の製品であれば品質は折り紙つきです。ただ、マイク自体の価格が高いのです。また、オーディオインターフェイスなども通常は必要になります。

参考 オーディオインターフェース

もし最初に高価なマイクを買っても、途中でゲーム実況に飽きる可能性もあります。そういった点も考慮しておくとよいかもしれません。

その他、必要なソフトを用意しよう

スマホゲームをPCに映すソフト

ミラーリングソフトは、スマホの画面をPCに表示・録画したい場合に使います。有料のものと、無料のものがあります。

ミラーリングソフト

参考 iPhoneなどの画面を録画・配信する方法

参考 Android端末の画面をPCで録画・配信する方法

動画編集ソフト

動画編集ソフトは、文字どおり動画を編集するためのソフトです。不要な箇所をカットしたり、BGMや効果音を入れることもできます。

動画編集ソフト

編集ソフトには、有料のものと無料のものがあります。ゲーム実況でよく使われているのは、無料のAviUtlです。拡張編集プラグイン(無料)も導入して編集しましょう。古いソフトですが、いまでも使えます。

【AviUtl拡張編集】実況動画を編集するための詳しい使い方
AviUtlは、無料の動画編集ソフトです。ゲーム実況で必要になる範囲で、具体的な使い方を見ていきましょう。 AviUtlの読み...

もっとも、AviUtlを使いこなすのが難しいという人もいるでしょう。その場合は、有料ソフトをお薦めします。だいたい10,000円前後です。

参考 ゲーム実況で使える無料・有料のおすすめ編集ソフト

VTuber支援ソフト

もしバーチャルYouTuberをやりたいなら、VTuber支援ソフトを用意します。

3tene

関連 【最新】バーチャルYouTuberの作り方・やり方をざっくりとまとめてみた

関連 VTuberのなり方は?正解は、「制作支援ツール・ソフトを使う」

これは3Dモデル、または2Dモデルをゲーム画面上に表示し、ユーザーの顔の表情や動きを反映させるソフトだと思ってください。

たとえば、よく使われているのがFaceRigというソフトです。1,480円します。これとWebカメラを組み合わせて使いましょう。

1個の画面

【VTuber】FaceRigの使い方と、ゲーム実況での設定ガイド
FaceRigは、ユーザーの顔の表情をWebカメラで読み取り、それをアバターに反映させるソフトです。 いちばんの特長は、手頃な...

値段・費用は、総額どのくらいか

こうして見てくると、「ゲーム実況するのにかかる費用は?」と聞かれてパッと答えられる人は少ないかと思います。いろいろなパターンがあるからです。

ただ、何点か押さえておくとすれば、

  • 完全無料でできる場合がある
  • 通常、マイクの購入費用は必要
  • キャプチャーボードは約2万円

という3点が重要です。

もしキャプチャーボードが必要ないなら、マイクの購入費用として数千円を確保しておけばゲーム実況はできます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

質問・コメント

  1. 匿名 より:

    ありがとうこざいます。
    GC550買います。

  2. 匿名 より:

    突然すいません。質問があるので答えて頂けると嬉しいです。
    コスパが良く初心者におすすめできると評判のガレリアDTを購入し、それに合わせてGC550を思ってたのですが、色々調べてみるとGC550動かすにはスペックが足りてないのかなと思うようになりました。
    また、AVT-C875はスイッチの録画には不安があり、AVT-C878は動作が不安定らしいことも目に入ってきました。
    やりたいことはスプラトゥーン2を録画してyoutubeにあげることで、実況や配信は考えていません。
    ガレリアDTでも十分動かせるキャプチャーボードのおすすめを教えて頂けると嬉しいです。

    • 管理人 より:

      ガレリア DTはCorei5-8500を積んでいるので、GC550は余裕で動きます。
      どれくらい余裕かというと、オーバースペックといってもよいくらいです。
      それくらいガレリア DTにとっては楽勝の作業です。
      1080p/60fpsでの録画は、なんの問題もありません。

      もしGC550、AVT-C875、AVT-C878以外の候補を探しているなら、
      Elgato Game Capture HD60 Proもいいですよ。
      これは内蔵タイプで、私はサブPC内につけっぱなしにしています。

      Amazonとかのレビューを真に受けると、購入できる
      キャプチャーボードがなくなってしまいます。
      不安だとは思いますが、そのへんは「エイヤッ!」という
      覚悟を決めるしかないです…。