OBS Studioの導入方法と、3分で設定するための簡単なポイント

この記事をシェアする

OBS Studio(以下OBS)を導入しましょう。設定するうえでのポイントも、ざっと見ていきます。

手順としては、以下のとおりです。

  1. OBSをダウンロード・インストールする。
  2. OBSに画面を映す。
  3. BGM・マイクの設定をする。
  4. 画質の設定をする。
  5. 配信サイトに接続する設定をする。

一見すると難しそうに感じるかもしれません。

たしかに、設定しなければいけない箇所は多いのですが、それも最初だけです。2回めからは楽になります。

【スポンサーリンク】

ダウンロード・インストール

では、さっそくOBSをダウンロードしましょう。

  1. 公式サイトにアクセスし、「Windows」をクリックする。
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行する。
  3. 画面を順に進めていく(設定変更は不要)。
  4. OBSのインストールが完了する。
  5. 自動構成ウィザード」は、いったん「いいえ」を選択する。

自動構成ウィザードは、自動で設定を行ってくれる機能です。ここで「いいえ」を選択しても、あとで「ツール」→「自動構成ウィザード」の順にクリックすれば再度設定できます。

ソースを追加して、OBSに画面を映そう

「ソース」のところにある「+」をクリックしてください。いろいろな項目が出てきます。

obs-studio

たとえば、ここで「画像」を選ぶと、PCに保存してある画像を視聴者に見せることができます。

視聴者にゲーム画面を見せたい場合は、通常は「映像キャプチャデバイス」「ウィンドウキャプチャ」「ゲームキャプチャ」のいずれかを選択します。

OBS Studioでソースを追加・設定する方法。配信画面を自由にレイアウト
OBS Studio(以下OBS)で、画面を視聴者に見せるにはどうしたらよいのでしょうか。 結論から書くと、ソースというものを...
OBS Studioに画面を映したい。頻繁に使う4つのキャプチャー方法
OBS Studio(以下OBS)に画面を映すためには、まず「+」をクリックしてソースを追加します。そして、視聴者に画面を見せるための設定を...
OBSの「映像キャプチャデバイス」でゲーム画面を映す設定方法
OBS Studio(以下OBS)の「映像キャプチャデバイス」の設定方法について見ていきましょう。 具体的には、ゲーム機をキャ...

ただし、場合によっては画面が映らない、真っ暗ということもあるでしょう。ここでイライラしたり、とまどったりする人が多いのです。挫折する人もいます。

対処法は「OBSに画面が映らないときの対処法」に書きましたが、いまは気にする必要はありません。

なにか画面を映しておきたいのであれば、ひとまず「画像」を選んでおいてください。立ち止まらないことが重要です。

PCの音・マイクの音を流そう

PCの音や、マイクの音(自分の声)を流したいなら「設定」→「音声」で設定します。

音声

初期設定でPCの音が流れる設定になっています。あとはマイクの音を流すための設定をしましょう。

OBS StudioでBGM・マイクの音を流すための設定方法
PCの音、およびマイクの音を配信するためには、OBS Studio(以下OBS)でどのように設定すればよいのでしょうか。 ここ...

画質を変更しよう

画質に関係する設定は2つあります。「設定」→「出力」と、「設定」→「映像」です。

画質

とくに重要なのは、「出力」の「ビットレート」と、「映像」の「出力 (スケーリング) 解像度」であると覚えておいてください。

OBS Studioで高画質・高音質な配信をする方法
OBS Studio(以下OBS)で配信するさい、どのように設定すれば高画質・高音質な配信ができるのでしょうか。画面が荒くなって困ったという...

配信サイトに接続しよう

「設定」→「配信」で設定を行います。

接続

たとえば、YouTubeならYouTube用の設定、ツイキャスならツイキャス用の設定を行います。配信サイトに掲載されている情報をOBSにコピー&ペーストしましょう。

よくある誤解のひとつが、「『サービス』の部分にサイト名が出てこない。OBSで配信できない」というものです。

しかし、OBSはあらゆるサイトに対応しています。一例ですが、以下のようなサイトで配信できます。

  • YouTube Live
  • ニコ生
  • ツイキャス
  • Twitch
  • OPENREC
  • Mixer
  • ミラティブ
  • LINE LIVE
  • その他、一般的な配信サイト
OBS StudioのURL・ストリームキーの設定方法
実際にライブ配信を行うには、OBS Studio(以下OBS)から配信サイト(サーバー)に接続するための設定をする必要があります。 ...

「設定がだるい、めんどい」という人へ

細かいことは抜きにして、いったん配信してみるのもよいでしょう。

かりにOBSの画面が真っ暗でも、あるいはマイクがなくても問題ありません。練習として1回テスト配信すれば、おおよそのイメージがつかめるはずです。

配信サイトごとの設定方法を「配信サイトに合わせて設定しよう」にまとめました。すぐに配信するための設定を掲載しています。

ちょっとした小話

YouTubeで配信したいという人が多いのですが、意外と難易度は高めです。OBSの使用を前提とした場合、Twitchでの配信がいちばん簡単でしょう。

  • YouTube : じつは配信でつまずく人が多い
  • Twitch : OBSとガッチリ連携しており、配信が簡単

筆者としては、初心者にOBS + YouTube配信の組み合わせは難しいと思っています。理由は複数あるのですが、いちばん大きいのは2019年に仕様が従来から変わって、初心者泣かせになった点です。配信しようにも、チンプンカンプンという人が増えました。

【YouTube Live】OBSを使ってゲーム配信するための設定方法
YouTube Liveで、OBS Studio(以下OBS)を使って生放送をする場合、どのように設定すればよいのでしょうか。 ...
【Twitch】OBSでゲーム配信する場合の、実践的な設定方法
Twitchで、OBS Studio(以下OBS)を使って生放送をする場合、どのように設定すればよいのでしょうか。 このページ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)