AviUtlで動画を正しく読み込む方法。読み込めないときの対処法も

この記事をシェアする

まずはAviUtlで動画を開いて編集できる状態にしましょう。このページでは以下の方法をご紹介します。

  • AviUtlで動画を読み込む方法
  • 動画を読み込めない場合の対処法

動画を用意しよう

最初に動画を用意しておいてください。もし動画が手元にない場合は、

といった方法があります。録画方法についての詳細は、以下のページをご覧ください。

たった3ステップ!ゲーム実況のやり方、ゲーム機ごとの実況動画の作り方
どうすれば、YouTuberのようにゲーム実況ができるのでしょうか。ゲーム実況のやり方、実況動画の作り方を詳しく見ていきましょう。 ...

大別して2パターンある動画を読み込む方法

AviUtlで動画を読み込む方法は、大きく2種類あります。

  • AviUtl本体で動画を読み込む方法
  • 拡張編集プラグインで動画を読み込む方法

では、どちらの方法で動画を読み込めばよいのでしょうか。基本的には2番めの方法になります。それぞれ見ていきましょう。

AviUtlで動画を開く方法は複数ありますが、すべてを覚える必要はありません。

AviUtl本体で動画を読み込む方法

拡張編集プラグインは導入していない、同プラグインは使わないという場合は、AviUtl本体で動画を読み込みます。

  1. AviUtlのメインウィンドウに動画をドラッグ&ドロップする。
  2. AviUtl本体で動画が読み込まれる。

メインウィンドウにドラッグ&ドロップ

あるいは、以下のような方法もあります。

  1. 「ファイル」→「開く」の順にクリックする。
  2. 「開く」をクリックして、任意の動画を選択する。
  3. AviUtl本体で動画が読み込まれる。

AviUtl本体で動画を読み込んだ場合、高度で複雑な編集はできません。拡張編集プラグインを使えないからです。しかし、逆に

  • カット編集だけしたい
  • 動画のファイルサイズを減らしたい

というような場合は問題ありません。

拡張編集プラグインで動画を読み込む方法(1)

本格的な編集がしたい、拡張編集プラグインで編集するという場合は、同プラグインで動画を読み込む必要があります。

あらかじめ「ファイル」→「閉じる」で動画ファイルを閉じておいてください

  1. 同プラグインの編集画面を表示しましょう。「設定」→「拡張編集」の順にクリックします。この設定は忘れやすいところです。
  2. 拡張編集画面

  1. 拡張編集の画面が表示されます。この編集画面が表示されない場合は、拡張編集の設定画面が表示されないをご覧ください。
  2. 拡張編集画面

  3. 動画を拡張編集の画面にドラッグ&ドロップします。
  4. 拡張編集画面に動画をドラッグ&ドロップ

  5. 「新規プロジェクトファイルの作成」ウィンドウが表示されます。「読み込むファイルに合わせる」にチェックが入っていることを確認して「OK」をクリックします1)「読み込むファイルに合わせる」は、基本的にチェックを入れておくようにしましょう。チェックを外している場合、画面が見切れたり、画面の周りに黒帯が表示されることがあります。
  6. 「新規プロジェクトファイルの作成」ウィンドウ

  7. 動画が読み込まれ、青色と赤色の帯が表示されます。
  8. 動画オブジェクトと音声オブジェクト

拡張編集プラグインで動画を読み込む方法(2)

以下の方法は、自分で解像度・フレームレート・サンプリングレートの設定をして動画を読み込むやり方です。用語の意味がわからない場合は、採用しないほうがよいでしょう。

  1. 「設定」→「拡張編集の設定」の順にクリックする。
  2. 「Layer」と書いてある欄の、なにもない部分で右クリックする。
  3. 「新規プロジェクトの作成」をクリックする。
  4. 「画像サイズ」「フレームレート」「音声レート」を設定して「OK」をクリックする。
  5. 動画を編集画面上にドラッグ&ドロップする。

新規プロジェクトファイル

「画像サイズ」で入力した数値によっては、画面が見切れたり、画面の周りに黒帯が表示されることがあります。

いったん新規プロジェクトを作成したあとは、以下のような方法で動画を読み込むこともできます。この方法もコツがいります。

  1. 「Layer」と書いてある欄の、なにもない部分で右クリックする。
  2. 「メディアオブジェクトの追加」→「動画ファイル」の順にクリックする。
  3. 設定画面(設定ダイアログ)が開くので、「参照ファイル」をクリックして動画を選択する。
  4. これだけだと音が出ないので、再度右クリックから「メディアオブジェクトの追加」→「音声ファイル」の順にクリックする。
  5. 音声用の設定ダイアログが開くので、「参照ファイル」から動画を再度選択する。
  6. 赤い帯をドラッグし、青い帯の位置に合わせる。
注意したいのですが、赤い帯をドラッグするときは左右の両端を伸縮させるわけではありません。赤い帯の中央付近にカーソルを合わせて、それから左または右にドラッグしてください。

動画を読み込めないときの対処法

AviUtlでは、動画を読み込もうとしたとき

  • 「ファイルの読み込みに失敗しました。」というエラーが表示される
  • エラーは出ないけれども真っ暗で画面が表示されない

ということがあります。その場合の対処法については、下記ページをご覧ください。

AviUtlで動画を読み込めないとき、試すべき10個の対処法
AviUtlで動画を読み込めない場合、どのようにして対処すればよいのでしょうか。 具体的には、以下のような症状が発生したときです。 ...

References   [ + ]

1. 「読み込むファイルに合わせる」は、基本的にチェックを入れておくようにしましょう。チェックを外している場合、画面が見切れたり、画面の周りに黒帯が表示されることがあります。
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)