【ニコ生】一般会員もPC配信が可能に(無料)。ただし制限付きです。設定方法の注意点

この記事をシェアする

ニコニコ生放送(以下ニコ生)では、2019年8月28日から一般会員でもPCから配信できるようになりました。

ニコ生

これまでは、有料のプレミアム会員でないと配信できない仕様でした。無料でも配信できるようになったため、大きな改善と言えるでしょう。

ただ、一般会員の状態で配信するのはデメリットもあります。あくまでもお試しであり、プレミアム会員と完全に同じというわけではありません

今回はPC配信を前提に、以下の2点について詳しく見ていきましょう。

  • 一般会員向けの注意点
  • 一般会員向けの配信時の設定
【スポンサーリンク】

無料配信のメリット

一般会員のまま配信するメリットとして、月額540円を節約できる、無料で配信できるという点があります。

今回の変更は、以下のような人たちにとって朗報です。

  • たまにしかニコ生で配信しない人
  • 「月額540円払ってまで配信したくない。でも無料なら…」と考えていた人
  • 配信のためだけにプレミアム会員になっていた人

無料配信のデメリット

たしかに、一般会員でも配信はできます。しかし、実際のところはドワンゴによるプレミアム会員への誘導が目的だと思ってください。

無料配信の位置づけとしては、お試し機能、あるいは制限版といったところです。

というのも、デメリットが多いのです。下表に掲載した事項を妥協できないなら、一般会員の状態で配信するのは厳しいでしょう。

一般会員 プレミアム会員
画質 1Mbps/450pまで 6Mbps/720pまで
配信時間 30分まで 6時間まで
延長 ×
予約 ×
ギフトの受け取り ×
ニコニコ新市場の制限 「ネタ」が制限 なし
引用 ×

お試し」という表現は、ニコニコインフォにも登場しています。つまり、プレミアム会員獲得への導線として、制限をかけているわけです。

一般会員の方もPCからユーザー生放送をお試しで配信できるようになりました。

プレミアム会員との重大な違いは2点

細かい点については、上表に掲載したとおりです。

では、実用面で考えるとどうでしょうか。以下の2点が重要です。

画質が劣る

配信内容にもよりますが、映像が激しく動くような配信の場合、一般会員は画質的に不利でしょう。

1Mbps/450pというのは、つまり高画質な配信はできない、HD画質で配信できないということです。

画質比較
▲一般会員(左)とプレミアム会員(右)における画質の差。厳密な比較検証ではないので、参考程度にしてください。出典 : 『スーパーマリオ オデッセイ』(任天堂)

ただ、雑談配信などは問題ありません。画質が求められているわけではなく、雑談の内容そのものが重要だからです。

なお、ニコニコ動画への動画投稿の場合は、会員の種類による画質の違いはありません。あくまでも、ライブ配信の場合の話です。

niconicoは、画質の仕様がとても複雑です。ライブ配信と動画投稿で、分けて考えるようにしましょう。

1枠30分で、延長できない

一般会員の場合、1枠は30分間で終了します。

配信時間を延長できないため、30分ごとに枠を取り直して新たに配信を開始する必要があります。配信回数に制限はありません。

枠取り

配信時間が30分に縛られるという点では、かつてのニコ生の仕様を彷彿とさせます。当時、延長は基本的に有料だったので(コミュレベルによっては無料)、多くの配信者が30分ごとに枠を取り直していました。

ビットレートと解像度に注意

一般会員が配信する場合、大まかなやり方はプレミアム会員と同じです。

ニコ生でゲーム配信する方法・やり方
ニコニコ生放送(以下ニコ生)でライブ配信したい人向けの記事です。 ニコ生の特長は、 むかしから配信サイトとして...

ただ、一般会員は配信時の画質が大きく制限されています。そのため、プレミアム会員と同じ画質設定にしても意味がありません。

つまり、一般会員用の設定で配信する必要があります。具体的には、以下の2点を覚えておいてください。

  • ビットレートを合計1Mbps(1,000kbps)以下に
  • 解像度を450p以下に

では、どのように設定すればよいのでしょうか。2つの配信ソフトを例に設定してみましょう。OBSN Airです。

おすすめの配信ソフトはどれか。目的別、サイト別に一覧・比較してみた
ライブ配信で使う配信ソフトには、さまざまな種類があります。では、どの配信ソフトを使えばよいのでしょうか。 このページでは、各配...
スポンサーリンク
レクタングル(大)

OBSの設定方法

映像ビットレート

映像ビットレートを904kbpsにします。

  1. 「設定」→「出力」の順にクリックする。
  2. 「出力モード」を「詳細」にする。
  3. その下の「配信」タブを開く。
  4. 「エンコーダ」を「x264」にする。
  5. 「レート制御」が「CBR」になっていることを確認する。
  6. ビットレート」を904kbpsにする。

映像ビットレート

映像ビットレート + 音声ビットレート1Mbps以下になるように設定しましょう。合計というところもポイントです。

音声ビットレート

いま映像ビットレートを904kbpsに設定したので、音声ビットレートを96kbpsにします。これでビットレートの合計が1Mbpsになります。

  1. 「音声」タブを開く。
  2. 音声ビットレート」で「96」を選択する。

音声ビットレート

解像度

解像度を800x450に設定します。

  1. 「設定」→「映像」の順にクリックする。
  2. 出力 (スケーリング) 解像度」で「800x450」と入力する。
  3. 「縮小フィルター」で「ランチョス」を選択する。
  4. 「OK」をクリックする。

出力解像度

配信方法や、OBSの設定で不明な点がある場合は、下記ページをご覧ください。

【ニコ生】OBSで高画質なゲーム配信をしたい人のための設定方法
ニコニコ生放送(以下ニコ生)で、OBS Studio(以下OBS)を使って配信する場合、どのように設定すればよいのでしょうか。 ...
OBS Studioの詳しい使い方・設定方法
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料のライブ配信用ソフト(配信ソフト)です。詳しい使い方を見ていきましょう...

N Airの設定方法

N Airの場合、自分で設定しなくても配信は可能です。自動で画質を設定してくれる機能が搭載されており、それを使えばよいからです。

設定の最適化

たとえば、番組作成時に「最高配信画質」を「1Mbps/450p」にして配信を開始すると、以下のような一般会員用の設定になります(自動)。

  • 映像ビットレート : 904kbps
  • 音声ビットレート : 96kbps
  • 解像度 : 800x450

最高配信画質
▲番組を作成する画面で「1Mbps/450p」を選ぶだけです。

したがって、用語の意味がよくわからないのであれば、そのままの設定で配信してもかまいません。一般的な環境であれば、問題なく配信できます。

詳しいN Airの設定については、下記ページをご覧ください。

【N Air】すぐにニコ生で配信するための設定方法。こんなに簡単になっていたのか
N Airを使って、実際にニコニコ生放送(以下ニコ生)で配信を始めてみましょう。 難しい設定は必要ありません。なぜなら、以下の...
N Airの詳しい使い方・設定方法
N Airは、ドワンゴが開発しているライブ配信用のソフトです。 PCを使ってライブ配信する場合、一般的には配信ソフトを使います...

まとめ

他サイトでは、ずっと以前から「配信は無料」が一般的でした。ニコ生も無料で配信できるようになり、時代遅れだった部分が改善されています。

ただ、一般会員は画質が制限されている点に注意しましょう。もし画質に満足できないのであれば、対策は2つです。

  • プレミアム会員になる
  • 他サイトで配信する(例 : YouTube、Twitch、ツイキャス

他サイトでの配信方法については、下記ページをご覧ください。

ゲーム生配信のやり方、必要機材とは?配信サイト・ゲーム機ごとに解説
当サイトでは、ゲーム配信のやり方、配信方法、必要な機材・ソフトを 配信サイトごと ゲーム機ごと という2つ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)