【VTuber】FaceRigの使い方と、ゲーム実況での設定ガイド

この記事をシェアする

FaceRigは、ユーザーの顔の表情をWebカメラで読み取り、それをアバターに反映させるソフトです。

FaceRig

いちばんの特長は、手頃な価格でバーチャルYouTuber(VTuber)になれるという点でしょう。1,480円の本ソフトと、数千円のWebカメラを用意するだけです。高価な機材は必要ありません。

  • 安価で簡単。
  • 3Dモデルが最初から豊富に用意されている。
  • 「FaceRig Live2D Module」を購入すれば、2Dモデルも使える(後述)。
  • 有志が作ったモデルや、自作モデルも使える。
  • DiscordやSkypeでも使える。
  • 顔出しを避けたいときに便利。

FaceRigの使い方・設定方法を詳しく見ていきましょう。

ダウンロード・インストール

FaceRigは、Steamで購入します。セールで半額になることもあるので、ウィッシュリストに入れて価格をチェックしておくとよいかもしれません。

FaceRigでは、3Dモデルを自分の分身として使います。2Dモデルにしたい場合は、FaceRig Live2D Module(398円)を購入しましょう。

FaceRig

なお、FaceRigにはProというバージョンもあります。これは、チャンネル内で月に500ドル以上の収入がある場合に購入しなくてはいけません。

必要なもの

今回はPC版を使うので、PCを用意します。

PC

FaceRigが特別重いということはありませんが、ゲーム実況で使う場合はPCのスペックに注意しましょう。ある程度の余裕が必要です。

参考 ゲーム実況で必要なPCスペックと、おすすめPCの選び方

Webカメラも必須です。ユーザーの表情を読み取るためです。C525r、またはC920を買っておけばまちがいありません。

自分の声を入れたい場合にかぎり、マイクを用意します。

初期設定を変更・確認しよう

FaceRigを起動します。「LAUNCH」をクリックしてください。

FaceRigを起動

アドバンスUI

画面上部にある「UI+」をクリックします。すると、アドバンスUIといって、より高度な設定ができるようになります。

アドバンスUI

基本的にはアドバンスUIでの使用を推奨します。ベーシックUIはいちぶの設定が省略されているため、注意しましょう。

アドバンスUIでは、画面右側にアイコンが表示されます。

日本語化

初期設定では英語になっています。日本語に変更するには、歯車アイコンをクリックします。

歯車アイコン

そして、「Preference」タブ→「Language」タブを開き、「Apply」をクリックします。

言語を自動選択

FaceRigのロゴを非表示に

FaceRigのロゴは、設定で非表示にできます。

ロゴを隠す

入力デバイス

アドバンスUIにして画面右側の「高度なドラッキングの設定」をクリックし、「トラッカー」タブを開きます。

ウェブカム

そして、使用するWebカメラが「ウエブカム」で選択されていることを確認します。ここをまちがえると、顔の表情をトラッキングできません。

仮想カメラ出力

アドバンスUIの状態にし、画面上部の「ブロードキャストに切り替え」をONにします。

ブロードキャストに切り替え

この設定は、おもにライブ配信用の設定です。ただ、ゲームの録画や、Discordなどのビデオ通話でアバターを表示したいときもONにしておきましょう。

あとで、配信ソフトなどで「アバターが表示されない!」というときに、真っ先に確認すべき設定です。

基本的な設定をしよう

アバターの選択

FaceRigでは、初期設定のレッサーパンダを含め、約50種類のアバターから好きなものを選択できます。

アバターの選択

アドバンスUIの場合は、画面右側にあるアバターのアイコンをクリックします。「アバターギャラリー」タブで、任意のアバターを選んでください。

アバター

アバターによっては、「カスタム化」タブ→「特徴」タブで外見をカスタマイズできます。たとえば、レッサーパンダの場合は瞳を大きくできます。

外見のカスタマイズ

背景の選択、透過

アドバンスUIの場合は、画面右側にある環境アイコンをクリックします。

環境

ゲーム実況をやるならグリーンバックにしておきましょう。なぜなら、あとでモデルの背景を透明にするからです(クロマキー合成)。

グリーンバック

緑色にしておくと、背景をきれいに透明にできます。

トラッキングの自動調整

自分の顔の表情、および頭の動きがアバターにきちんと反映されるように、トラッキングの自動調整を行いましょう。

まずは、「トラッキングに切り替え」をONにします。

トラッキングに切り替え

つぎに、「表情の早い自動調整」をクリックします。そして、ふだんどおりの目・口の状態で「調整する」をクリックしてください。

表情の早い自動調整

たとえば、いつも以上に目を見開いた状態で調整すると、アバターは目が細い状態(半目)が多くなります。「ふつう」を意識しましょう。

頭ポーズの早い自動調整」についても、同様に行います。

頭ポーズの早い自動調整

場合によっては、アバターの角度・大きさが気になることがあるかもしれません。しかし、キーボードとマウスでアバターを移動・回転できるので心配いりません(後述)。

顔バレ防止の設定

ライブ配信での顔バレは避けたいところです。FaceRigには、顔バレ防止のための設定があります。

  1. アドバンスUIにする(「UI+」をクリックする)。
  2. 画面右側の歯車アイコンをクリックする。
  3. 「お気に入り設定」タブ→「一般」タブを開く。
  4. 「放送中のウェブカムフィードを非表示にする」がONになっていることを確認する。

放送中のウェブカムフィードを非表示にする

ここがOFFになっている場合、Webカメラの映像(自分の顔)が視聴者に見られるリスクがあります。具体的には、下記条件がすべてそろった状態でライブ配信しているときです。

  • 「放送中のウェブカムフィードを非表示にする」がOFFになっている(ON推奨)。
  • 「ブロードキャストに切り替え」がONになっている(ON必須)。
  • 「画像を画像モードに切り替え」がONになっている(OFF推奨)。

顔バレのリスク

したがって、「放送中のウェブカムフィードを非表示にする」はONにしておきましょう。顔バレを防止できます。

少しややこしいのですが、FaceRigにWebカメラの映像が映っているからといって、必ずしもそれが視聴者に見えているわけではありません。

便利な設定をしよう

移動・回転

3Dモデルを表示しているときは、以下のような操作が可能です。

  • 3D背景を回転 : Ctrlキー + ドラッグ
  • アバターを回転 : Altキー + ドラッグ
  • アバターを前後移動 : Altキー + ホイール
  • アバターを上下左右に移動 : Altキー + 右ドラッグ

アクション

アバターに簡単なアクションを行わせることができます。雑談用によいかもしれません。

  1. 画面右側のアバターのアイコンをクリックする。
  2. 「行動」タブを開く。
  3. 「カスタム動作を有効にしてください」をONにする。
  4. 必要であれば、その下の「カスタムアクションパネルを表示」もONにする。

カスタム動作

3Dモデルの場合、たとえば以下のようなアクションができます。アバターによってはできないアクションもあります。

  • 左手を振る : Shiftキー + ドラッグ
  • 右手を振る : Shiftキー + 右ドラッグ
  • 舌を出して動かす : Sキー + カーソル移動
  • 頬を膨らませる : Fキー
モデルによっては、独自のカスタム動作が用意されています。

ショートカットキー(ホットキー)の変更は、歯車アイコン→「お気に入り設定」タブ→「キーバインド」で可能です。

表情の調整

表情、および頭の動きに違和感があるなら、まずは上で述べたトラッキングの自動調整が重要です。モデルの目が細いというトラブルにも対処できます。

細かい調整については、「高度なトラッキングの設定」で行いましょう。

  1. 画面右側のアバターの「高度なトラッキングの設定」をクリックする。
  2. 「表情のユニット」タブを開く。
  3. 任意の設定にする。

高度なトラッキングの設定

一例ですが、「表情のユニット」タブ→「一般」タブで「頭をたおす」を無効にすると、アバターの顔が画面外になるのを防止できます。

アバターが片目だけつぶってしまう、眉毛の上下の位置が揃っていないという場合は、以下のように設定します。

  1. 画面右側のアバターのアイコンをクリックする。
  2. 「行動」タブを開く。
  3. 「瞼の開閉の動きを両方重視」のスライダーを右に移動する。
  4. 「眉毛の上下の動きを両方重視」のスライダーを右に移動する

瞼の開閉の動きを両方重視

スライダーを最右端にすると、ウィンクができなくなります。

リップシンク

アバターに口パクさせたい場合は、「オーディオベースのリップシンクに切り替え」をONにします。遅延があるのは妥協しましょう。

リップシンク

前提として、歯車アイコンから「デバイス」タブを開き、使用するマイクを「オーディオ録画デバイス」で選択しておく必要があります。

ライブ配信・動画作成で使う場合の設定方法

ライブ配信の場合

たとえば、OBS Studioの場合は、「+」から「映像キャプチャデバイス」を選択し、「デバイス」で「FaceRig Virtual Camera」を選択しましょう。

映像キャプチャデバイス

グリーンバックの背景を透明にするには、いま追加した「映像キャプチャデバイス」上で右クリックし、「フィルタ」を選択します。

フィルタ

そして、「エフェクトフィルタ」の「+」をクリックし、「クロマキー」を選択してください。これで背景を透過できます。

クロマキー合成

より詳しい設定方法については、下記ページをご覧ください。OBS Studio以外にも、XSplitやStreamlabs OBSの設定方法についても解説しています。

FaceRigをゲーム配信・生放送で使うときの設定方法
バーチャルYouTuber(Vtuber)のように生配信でFaceRigを使う場合、どのような設定にすればよいのでしょうか。 ...

録画・動画作成の場合

動画作成の場合は、一般的にはFaceRigのアバターを動画編集の段階で入れます。この場合、大まかなやり方は以下のとおりです。

  1. ベーシックUIに切り替える(「UI」をクリック)。
  2. 「パフォーマンスを録画してビデオとしてエクスポートする」をクリックする。
  3. 録画を停止し、「ムービーを保存する」をクリックする。
  4. この動画を編集ソフトで読み込み、クロマキー合成で背景を透明にする。

出力

あるいは、ゲームを録画する段階でアバターをゲーム画面に重ねることも可能です。たとえば、上述のOBS Studioには録画機能もあるので、これを使うのもよいでしょう。

アバターを動画に入れる方法についての詳細は、下記ページをご覧ください。アバターを(1)編集段階で入れる方法と、(2)録画段階で入れる方法、2種類を解説しています。

大きく2種類。FaceRigのアバターを録画し、ゲーム実況動画を作る方法
ゲーム実況でFaceRigのアバターを動画に入れて合成し、バーチャルYouTuber(Vtuber)のように実況動画を作成するにはどうしたら...
スポンサーリンク
レクタングル(大)