【N Air】すぐにニコ生で配信するための設定方法。こんなに簡単になっていたのか

この記事をシェアする

N Airを使って、実際にニコニコ生放送(以下ニコ生)で配信を始めてみましょう。

N Air

難しい設定は必要ありません。なぜなら、以下のような理由があるからです。

  • 画質設定は自動
  • ニコ生に接続するための設定も自動
  • 枠取りも配信開始も、N Airからできる

なお、N Airに画面を映す方法については、下記ページをご覧ください。

関連 【N Air】ソースを追加・編集して、視聴者に画面を見せる方法

スポンサーリンク

ログインしよう

まず、N Air上でniconicoにログインします。そのほうがニコ生での配信が簡単になるからです。

ログイン

すると、右側に操作パネル(ニコニコ生放送エリア)が表示されます。このパネルは閉じることもできますが、いまは開いておきましょう。

ニコニコ生放送エリア

ログインすることで開閉式のパネルが表示されます。ログインしていない場合は、パネルは表示されません。

なお、他サイトで配信する場合は、逆にログインしてはいけません。

参考 他サイトで配信する場合は設定が必要

番組を作成しよう

新規番組を作成する

つぎに、「新しく番組を作成する」をクリックします。N Airから枠取りできます。

新しく番組を作成する

すでに番組を作成したことがある場合は、「作成済みの番組を取得する」をクリックしてください。

この番組作成機能は、「ユーザー」生放送にのみ対応しています。「チャンネル」生放送には対応していません。

番組情報を入力する(重要)

ウィンドウが開き、番組作成画面が表示されます。「詳細設定を開く」をクリックして設定していきましょう。

番組作成画面

任意の設定にすればよいのですが、1点だけ注意が必要な部分があります。「最高配信画質」の部分です。

最高配信画質

高画質な配信をしたいなら、ここは「6Mbps/720p」にしてください。環境が整っていることが前提ですが、高画質な配信ができます。

ただし、配信中に画面がカクカクする場合は、「最高配信画質」を下げなくてはいけません(後述)。

設定がすんだら、画面を下にスクロールして「放送を開始する」をクリックします。少し紛らわしいのですが、まだ配信は始まりません

放送を開始する

番組情報が表示される

しばらくすると、いま開いていたウィンドウが自動で閉じ、N Air右側に番組情報が表示されます。

番組情報

ここには、さまざまな情報が表示されています。必要に応じて使いましょう。

  • 番組編集ボタン
  • 30分延長ボタン
  • 自動延長設定
  • Twitter共有ボタン

番組情報詳細

配信を開始しよう

配信開始と自動最適化機能

N Airの「配信開始」をクリックします。

配信開始

すると、初期設定では自動最適化の画面が表示されます。これは、さきほど設定した「最高配信画質」に合わせて、N Airの画質設定を自動で行ってくれる機能です。


▲たとえば、番組作成時に「最高配信画質」を「6Mbps/720p」にした場合、「映像ビットレート」は5,808kbpsに、「解像度」は1280x720に設定されます。

ハードウェアエンコーダーを利用する」にチェックを入れると、配信中におけるPCの動作が軽くなります。ただし、画質は多少落ちます。

配信中に画面がカクカクする場合は、ハードウェアエンコーダーを利用しましょう。PCのグラフィック機能(GPU)をうまく活用することで、PCが軽くなります。

「最適化して配信を開始する」をクリックします。紛らわしいですが、まだ配信は始まりません

最適化して配信を開始する

もし自分でカスタマイズした設定で配信する場合は、「最適化しないで配信を開始する」を選びます。

「番組開始」をクリックする

右側の「番組開始」をクリックしてください。このタイミングでようやく配信が始まります

番組開始

忘れやすいところですが、必ず「配信開始」と「番組開始」の両方のボタンをクリックします。どちらかを忘れると配信できません。

ありがちなのは、「番組開始」をクリックしただけで、「配信開始」をクリックしていないパターンです。ニコ生に画面が映りません。

実際の画面を確認したいので、放送ページを開いてみましょう。右側にある配信タイトルをクリックします。すると、ブラウザで放送ページが開きます。

放送タイトルをクリック

放送ページで画面を確認する

スピーカーアイコンはミュートにしておいてください。ここをミュートにしておかないと、音が繰り返し取り込まれるため、音が何重にもなります。

スピーカーをミュートに

また、放送ページの画面は遅れて表示されますが、遅延が原因です。不具合ではありません。ふつうの雑談配信であっても、5秒程度の遅延はあります。

コメントについては、放送ページで確認してもよいですし、コメントビューアー(コメビュ)を使用してもかまいません。

コメントビューアでコメント閲覧。最新のコメビュ事情をご紹介します
ライブ配信の魅力、楽しさのひとつは、なんといってもリアルタイムで書き込まれる視聴者のコメント・チャットでしょう。 通常、コメン...

配信を終了しよう

配信を途中で終了するには、N Airの「配信終了」をクリックします。視聴者は配信を見られなくなります。

配信終了

さらに、忘れずに右側の「番組終了」をクリックしてください。これで完全に配信が終了し、視聴者はタイムシフトを見られるようになります。

番組終了

「配信終了」をクリックしたうえで、「番組終了」もクリックするという点が重要です。

クリエイター奨励プログラムに登録する場合は、3点リーダーから「奨励プログラムに登録する」をクリックします。

奨励プログラムに登録する

スポンサーリンク
レクタングル(大)

PCの動作が重い、カクつくときは

いったん以下のようにします。

  1. 配信を終了する。
  2. 番組作成時に「最高配信画質」を「384kbps/288p」に下げる。
  3. 自動最適化機能を使って配信を開始する。

この設定にすると画質は大きく落ちますが、PCの負荷も大幅に下がります。自動で設定される内容については、下記ページを参照してください。

参考 N Airで配信の準備をする/配信品質を設定する(ニコニコヘルプ)

カクつく現象が直ったか確認しましょう。直った場合は、「最高配信画質」を上げていき、どの程度までなら問題が出ないか検証します。

直らなかった場合は、現在の環境では配信が厳しいかもしれません。

いずれにせよ、カクつく場合は下記ページをご覧ください。OBS Studio用の解説ですが、N Airの場合も大部分が共通しています。

OBSで配信画面がカクカク&重いときの原因が判明。対処法をまとめてみた
OBS Studio(以下OBS)を使用中、配信画面がカクカクする、PCが重いというケースに遭遇したことがあるかもしれません。 ...

ニコ生の仕様を覚えておこう

最後に、自分で設定をカスタマイズする場合を想定し、ニコ生の仕様について簡単に見ておきましょう。

最適化しないで配信を開始する

自動最適化機能を使うのであれば、必ずしも読む必要はありません。しかし、基本的な知識として身につけておいたほうが無難です。

ビットレート

ビットレートの合計は、最大で6,000kpbsまでとなっています。

たとえば、映像ビットレートを5,808kbps、音声ビットレートを192kbpsというように設定にします。

この数字が大きいほど高画質になると思ってください。ただし、配信者の回線速度(上り)が遅い場合は、数字を小さくしないと配信がカクカクします

ドロップしたフレーム
▲上りの回線速度が遅いとドロップフレームが発生します。ビットレートを下げましょう。

設定方法は以下のとおりです。

  1. N Air上部にある設定画面を開く。
  2. 「出力」タブを開く。
  3. 「出力モード」が「基本」になっていることを確認する。
  4. 映像ビットレート」に数字を入力する。
  5. 音声ビットレート」に数字を入力する。

ビットレート

ビットレートについては、下記ページにまとめました。

ライブ配信における推奨ビットレートの目安。回線速度と○○がポイント
高画質な配信をしたいなら、配信ソフトのほうでビットレートを高く設定する必要があります。 しかし、むやみにビットレートを高く設定...

解像度

解像度は、最大でも1280x720にします。1920x1080にしたいという人もいると思いますが、ニコ生では意味がありません。

  1. N Air上部にある設定画面を開く。
  2. 「映像」タブを開く。
  3. 配信映像の解像度」で任意のものを選ぶ。

解像度

「HD配信用 (1280x720)」がもっとも高画質です。しかし、PCにかかる負荷も大きくなります。したがって、カクカクする場合は解像度の設定も注意しましょう。

フレームレート

フレームレートは、最大でも30fpsにします。ニコ生の仕様上、60fps配信は意味がありません。

  1. N Air上部にある設定画面を開く。
  2. 「映像」タブを開く。
  3. フレームレートの値を指定」で「30」を選ぶ。

フレームレート

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)