Switch、PS4用に安いキャプチャーボードを買いたい人へ

この記事をシェアする

キャプチャーボードの価格は、2万円がひとつの基準です。しかし、この価格帯では高いと感じる人も多いでしょう。

MonsterXX2

では、安いキャプチャーボードは売っていないのでしょうか。Switch、PS4用と考えた場合、数千円で買える製品はありません。ただし、1万円程度のものならあります。

ゲーム実況の録画・ライブ配信で使える製品を見ていきましょう。

関連 【Switch】ゲーム実況のやり方を図解してみた。必要機材と、実況動画の作り方

関連 【Switch】ゲーム配信・生放送のやり方を図解してみた

ノート・デスクトップPC用

ezcap261

まずはezcap261(イージーキャプ)です。「ezcap」シリーズは、むかしからあるブランドです。Amazonでキャプチャーボードを探すと、一度は見かけるでしょう。

ezcapは、いろいろな業者が販売しています。OEM・ODMなのか、正規品がどれなのか、詳細がはっきりしません

たとえば、Amazonでは上記リンク先のほかに、EzCAPのezcap261や、 Y&Hのezcap261があります。

ezcap261にはキャプチャーソフトが付属しない点に注意してください。自分でOBS Studio(以下OBS)などを用意しないと、ゲーム画面をPCに映したり、録画・ライブ配信することができません。

やさしいキャプチャーボードの使い方。ゲーム画面をPCに映すまでのやり方
初めてキャプチャーボードを使うときは、いろいろと不安があるものです。そこで、ゲーム画面をPCに映すまでの大まかな流れを確認していきましょう。...
もし説明が難しいと感じる場合は、上記製品は購入しないほうがよいでしょう。

AGPtEK HDMIゲームキャプチャー

AGPtEK HDMIゲームキャプチャーも安い製品です。これもやはり、実質的にezcap261と同じ製品と思われます。

ezcap261と同様、キャプチャーソフトは付属されていません。別途、OBSなどをインストールしてください。

LinkStable HD Game Capture

LinkStable HD Game Captureは、1080p/60fpsに対応する製品としては最安値です。

キャプチャーソフトとして、Potplayerが付属されています。Potplayerは動画再生ソフトですが、キャプチャー機能も搭載しています。ただ、同じ無料ソフトでいえばOBSのほうが使いやすいでしょう。

なお、Elgato Game Capture HDという製品もありますが、それとLinkStable HD Game Captureは違います。名称が似ているだけです。

参考 Elgato Game Capture HDシリーズの使い方

デスクトップPC用

ここで紹介するキャプチャーボードは、ノートPCには接続できません

MonsterXX2

MonsterXX2は、エスケイネットが製造・開発・販売している製品です。

参考 MonsterXX2の使い方

同社は古くからPCの周辺機器を発売している国内メーカーであり、「MonsterX」シリーズは有名なブランドです。今回紹介する製品のなかでは、もっとも安心度が高いといえるでしょう。

MonsterXX2はとてもシンプルです。SwitchやPS4を接続するためのHDMI端子が1個あるだけで、パススルー出力は搭載していません。

パススルー出力というのは、ゲーム画面をTVにも出力する機能です。キャプチャーボードの遅延を避けるためであったり、大画面TVでゲームをプレイしたいときに使います。

同機能がなくても大きな問題はないのですが、念のため気をつけてください。TVにゲーム画面を出力したいなら、HDMI分配器を使います。

MonsterXX2のラグを回避する方法

Ragno GRABBER2

逆にパススルー出力を搭載しているのが、エアリアのRagno GRABBER2です。価格は、MonsterXX2よりも少し高くなります。

注意したいのは、1080p/60fpsで録画できないという点でしょう。入力は1080p/60fpsに対応しているのですが、出力が1080p/60fpsに対応していません。最大でも1080p/30fpsでの録画となります。

もし1080p/60fpsに拘るなら、Ragno GRABBER2は購入対象から外すしかありません。

DC-HC4FSPEC

DC-HC4FSPECは、「DRECAP」シリーズの最新モデルです。1万円をオーバーしますが、それでも安いほうです。

このDRECAPシリーズは、かつてPS3用のキャプチャーボードとして有名でした。詳細は省きますが、HDCPというコピーガードに対処できる製品だったからです。

HDCPの回避が必要なゲーム機と、3種類の対処法。PS3で重要に
ゲーム機とキャプチャーボードをHDMIで接続したとき、ゲーム画面がPCに映らないということがあります。 さまざまな原因が考えら...

しかし、SwitchやPS4のゲームの場合は、HDCPについてあれこれ対処法を考える必要はなくなりました。したがって、DRECAPシリーズの優位性は低下しています

DC-HC4FSPECは、パススルー出力を搭載していません。HDMI端子が2個ありますが、どちらもゲーム機を接続するための入力端子です。TVにはゲーム画面を出力できません。対処法はHDMI分配器を使うことです。

ゲームレコーダーとキャプチャーボードは違う

ゲームレコーダーとは

初心者が安いキャプチャーボードと誤解して買う製品のひとつに、ゲームレコーダーがあります。特徴は以下のとおりです。

  • PCを使わずにゲームを録画できる。
  • PCと接続しても、ゲーム画面を映せない製品が一般的。
  • 製品単体では、ライブ配信はできない。

GV-HDRECの接続方法

約1万円で購入できるため、録画目的なら買うのもよいでしょう。しかし、PCに接続して使いたい、ゲーム配信(ライブ配信)したいという場合は、気をつけてください。

参考 PCなしでTVゲームを録画する方法

もし以上のことを理解したうえでゲームレコーダーを買うなら、GV-HDRECをお薦めします。コスパに優れているからです。筆者も持っていますが、PCレスで実況動画を作りたい人にはGV-HDRECが確実です。

参考 GV-HDRECの使い方

表記に注意

ゲームレコーダーは、Amazonで商品ページを見ても「ゲームレコーダー」とは書いてありません。以下のいずれかが表記されています。

  • キャプチャーボード
  • ビデオキャプチャーデバイス
  • ビデオキャプチャーボックス

商品がゲームレコーダーなのか、キャプチャーボードなのか、このあたりは実際に自分で説明文を読んで確認するしかありません。

当サイトでは、キャプチャーボードと区別するために「ゲームレコーダー」という表記を用いています。

ゲームレコーダーのezcapもある

ezcapシリーズには、キャプチャーボード以外にもゲームレコーダーがあります。したがって、同シリーズの商品をAmazonで見つけたとしても、キャプチャーボードとは限りません。たとえば、ezcap280はゲームレコーダーです。

ezcapの名を冠するゲームレコーダー、あるいは実質的に同じものと考えられる商品は、Amazonで頻繁に見かけます。ゲームレコーダーを買うつもりがないなら、じゅうぶんに注意してください。

ezcap280のようなゲームレコーダーは、雨後の筍のごとく販売されています。このため、まちがえてゲームレコーダーを買う人が跡を絶ちません。

安いせいで、初心者がよく誤解して買いそうになる製品

HDMI分配器

初心者がキャプチャーボードとよく勘違いするのがHDMI分配器(スプリッター)です。

HDMI分配器にはHDMI端子が搭載されており、しかも数千円から購入できます。キャプチャーボードのことをよく知らない人には、魅力的に見えるのかもしれません。

しかし、HDMI分配器とキャプチャーボードは、役割がまったく違います。キャプチャーボードの代わりにはなりません。

HDMI切替器

HDMI切替器(セレクター)も数千円から購入できますが、キャプチャーボードとは異なります

これは複数のゲーム機をつなげて、1台のモニターでゲーム画面を切り替えるための製品です。HDMI切替器のボタンを押すと、SwitchとPS4の画面を切り替えられるようになります。

GV-USB2

数千円で購入できるキャプチャーボードといえば、GV-USB2が定番でしょう。しかし、この製品はSwitchやPS4には対応していません

参考 GV-USB2の使い方

どういうことかというと、GV-USB2にはHDMI端子がないのです。したがって、両ゲーム機を接続できません。GV-USB2に接続できるのは、PS3、PS2、PS1、Wii U、Wii、GC、N64、SFCなどのゲーム機です。

まとめ

安いキャプチャーボードを買おうと思っても、ノートPCだと選択肢がほぼありません。一連の製品の怪しさも拭いきれない面があるでしょう。

デスクトップPCになると、もう少し選択肢は増えます。しかし、それでも多くはありません。どこかで妥協する必要があります。

筆者としては、値段が高くとも定番メーカーの製品をお薦めします。たとえば、AVerMedia、Elgato、アイ・オー・データ機器、およびエスケイネットの製品です。

キャプチャーボード

なぜなら、ドライバーやキャプチャーソフトが継続的にアップデートされ、安心感と情報収集のしやすさが段違いだからです。

関連 【図解】キャプチャーボードの選び方で迷っている初心者へ送る。5つのポイント

関連 【キャプチャーボード】GC550を3年使ったので、本音を打ち明けることにした

参考 【2018年版】筆者がいつも使っている、おすすめキャプチャーボード4選

それでも予算の都合上、1万円以下のキャプチャーボードを購入せざるをえないという場合は、ある程度割り切りが必要かもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)