【OBS】超簡単にゲーム音だけ(特定の音)を流したい?神プラグインがあります

この記事をシェアする

よくある質問として多いのが、OBS Studio(以下OBS)で特定の音だけを配信に乗せる方法がわからないというものです。

win-capture-audio

たしかに従来の方法では設定が難しく、簡単にはできませんでした。

そこで今回は、OBSのプラグインである「win-capture-audio」を使ってみましょう。一例ですが、以下のようなことができます。

  • ゲーム音だけを乗せる
  • ブラウザー(例 : Chrome)で視聴中の動画の音は乗せない
  • Discordの通話相手の声は乗せない

使い方は驚くほど簡単です。

OBSのバージョンが27.0.1以上、かつWindows 10であることを前提にしています。

便宜上、ライブ配信を前提にしていますが、録画の場合も同じです。

【スポンサーリンク】

具体的にどんなことができる?

いま自分が聞いている音を配信に乗せたくない」と思ったことはないでしょうか。

以下のような音です。

  • YouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflixなど、動画の音声
  • 音楽
  • Discordの通話相手の声
  • 棒読みちゃんの読み上げ音声

たとえば、Discordで仲間と会話しつつPCゲーム配信をやりたいのですが、仲間の声を配信で流したくありません。

ボイスチャンネルに参加

あるいは、Amazonプライム・ビデオでアニメを視聴しつつ、棒読みちゃんの音声は配信で流したいのですが、アニメの音を配信で流すわけにはいきません。

プライム・ビデオ

このようなときはwin-capture-audioの出番です。配信に乗せるアプリの音・乗せないアプリの音を指定できます。

OBS上でウィンドウを指定するだけの簡単設定です。

ダウンロード・インストールする

win-capture-audioは、プラグインとして無料配布されています。

  1. GitHubにアクセスする。
  2. 「Assets」をクリックする。
  3. win-capture-audio-x.x.x-setup.exe」をダウンロードする。

win-capture-audioのダウンロード

ダウンロードしたら通常どおりEXEファイルを実行しましょう。

  1. 「I accept the agreement」をクリックする。
  2. 「Next」をクリックする。
  3. 「Install」をクリックする。

「WindowsによってPCが保護されました」という画面が表示された場合、「詳細情報」から「実行する」をクリックするようにしてください。

WindowsによってPCが保護されました
▲もし「実行しない」をクリックしてしまうと、win-capture-audioをインストールできません。

デスクトップ音声を無効にする

まず前提として、「設定」→「音声」の「デスクトップ音声」を「無効」に(またはミュートに)します。

「デスクトップ音声」を「無効」に

ここは注意してください。デスクトップ音声が有効のままだと、音が二重になって金属音のようになったり、配信に乗せたくないない音が乗る場合があります。

「音声ミキサー」に「デスクトップ音声」が表示されなくなりますが、問題ありません。正常です。

音声ミキサー

なお、自分の声も入れたい場合は、「設定」→「音声」→「マイク音声」でマイクを選択してください。ここはいつもどおりです。

ソースから追加する

いよいよwin-capture-audioの設定をしていきましょう。「ソース」の「+」から「Application Audio Output Capture」をクリックします。

Application Audio Output Capture
▲このソースは、win-capture-audioをインストールしていないと表示されません。どうしても表示されない場合は、OBSのバージョンを27.0.1以上にしてみてください。

「OK」をクリックします。

OKをクリック

すると、設定画面が開きました。どの音を配信に乗せるか(乗せないか)、この設定画面で決めていきます。

プロパティ

ソースとして「Application Audio Output Capture」を追加し、それから配信に乗せる音を設定します。
スポンサーリンク
レクタングル(大)

どの音を乗せるか決める

「モード」の設定

「モード」が「特定のウィンドウをキャプチャ」になっていることを確認しましょう。この設定にすると、すぐ下にある「ウィンドウ」で任意のアプリを指定できるようになります。

特定のウィンドウをキャプチャ

「モード」では「ホットキーで前面のウィンドウをキャプチャー」も選べますが、通常は使いません。

Capture foreground window with hotkey
▲ホットキーを押したタイミングで、最前面にあるアプリの音を指定する方法です。

「ウィンドウ」の設定

重要なのは「ウィンドウ」の部分の設定です。任意のアプリを選択しましょう。

任意のアプリを選択
▲アプリ名が表示されていない場合は、アプリを起動したうえで設定画面を開き直します。

ここで選択したアプリから出ている音だけが配信に乗り、それ以外の音は配信に乗りません

  • 「ウィンドウ」で選択したアプリ → 乗る
  • それ以外のアプリ → 乗らない

たとえば、「ウィンドウ」でPCゲームを選択した場合、ゲーム音だけが視聴者に聞こえます。

したがって、もしDiscordでフレンドと会話しても、彼の声は視聴者に聞こえません。また、ChromeでYouTubeの動画を見たとしても、動画の音は視聴者に聞こえません。しかし、自分にはいつもどおり聞こえます。

除外設定も便利

上述した設定は、指定した1個のアプリの音だけを配信に乗せ、それ以外のアプリの音を配信に乗せない、という設定でした。

しかし、逆に複数のアプリの音を配信に乗せ、1個のアプリの音だけを配信に乗せない設定もできます。

必要に応じて「選択したウィンドウ以外のすべての音声をキャプチャ」にチェックを入れましょう。

選択したウィンドウ以外のすべての音声をキャプチャ

チェックを入れると、「ウィンドウ」で選択したアプリの音以外の、すべてのアプリの音が配信に乗ります。

  • 「ウィンドウ」で選択したアプリ → 乗らない
  • それ以外のアプリ → 乗る

たとえば、PCゲームの音や、棒読みちゃんの声、Discordの通話相手の声は配信に乗せたいのだけれども、Chromeの音だけは乗せたくないとしましょう。

  • PCゲーム → 乗せたい
  • 棒読みちゃん → 乗せたい
  • Discord → 乗せたい
  • Chrome → 乗せたくない

この場合、「ウィンドウ」で「chrome.exe」を選びます。

具体例

そして、「選択したウィンドウ以外のすべての音声をキャプチャ」にチェックを入れるわけです。すると、Chrome以外のすべての音を配信に乗せる設定になります。

具体例

成功?レベルメーターを確認

狙いどおりに設定できたかどうか、「Application Audio Output Capture」のレベルメーターを見て確認しましょう。

Application Audio Output Capture

配信では流したくない特定の音を再生したとき、「Application Audio Output Capture」のレベルメーターが無反応であれば、その音は配信に乗りません成功です。

他方、「Application Audio Output Capture」のレベルメーターが動いているなら、基本的にその音は配信に乗ります。

Application Audio Output Capture

したがって、配信に乗せたくない音がある場合は、試しにその音だけを再生してみます。そして、レベルメーターが動いていないことを確認してください。

まとめ

win-capture-audioの使い方は2ステップです。

  1. 「Application Audio Output Capture」を追加する。
  2. どの音を乗せるか、乗せないか設定する。

さまざまな事情により配信に乗せるのはマズイけれども、その音を聞きながら配信したいというケースがあるはずです。

いままでVoicemeeter BananaVB-Audio Virtual Cableの設定が苦手だった人にとって、win-capture-audioは救世主になることでしょう。

ただ、音声トラブルに注意してください。win-capture-audioを追加しているため、通常時とは設定が異なった状態になっています。問題の切り分けが重要です。

【OBS】こんなときは?よくあるトラブル、よくある質問まとめ
OBS Studio(以下OBS)でトラブルが起きた場合の対処法、およびQ&Aをまとめました。 「Yahoo!リアルタイム検索...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 通りすがり より:

    掲載して頂き、目からうろこです!
    とても簡単に導入できて助かりました!
    ありがとうございました♪