OBSでヌルヌル60fpsに…見落としがち60fpsにならない驚きの理由

OBS Studio(以下OBS)のフレームレート設定を60fpsにしてみましょう。ライブ配信・録画が滑らかな動きになります。いわゆる「ヌルヌル」という状態です。

OBS

ただ、ひょっとしたら「60fpsと30fpsの違いがわからない」という人もいるかもしれません。下記動画をご覧ください。


▲出典 : 『スーパーマリオワールド』(任天堂)より

もし60fpsのほうが滑らかに見えるということであれば、チャレンジしてみる価値はあります。

設定自体は簡単ですが、TVゲームの場合(キャプチャーボード使用時)と、PCゲームの場合で分けて考える必要があります。

【スポンサーリンク】

60fps設定が無意味なパターン

TVゲームが60fps出ていない

まず、ゲーム側が60fps出ていることが前提です。

ゲームが30fpsしか出ていないのに、OBSで60fps設定にしてライブ配信・録画しても意味がありません。

それは同じ画像を2連続で表示して1秒間に60コマ表示しているだけであり(水増し)、60fps本来の滑らかさにはならないのです。つまり、実質30fpsのままです。

コマ
▲30fpsのゲームを60fps設定で録画したと「仮定」した場合のイメージ画像です。『スーパーマリオワールド』自体は60fpsで動くゲームです。

この点、たとえばPS5/PS4、Switchなどの家庭用ゲーム機の場合は、ゲームソフトが60fpsに対応していないことがあります

Switch

たとえば、Switchだと『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』は30fpsで動作しています。

Legend of Zelda Tears of the Kingdom Performance: Portable Play, Overclocking, Pre-Patch Code!

家庭用ゲーム機のゲームソフトが30fpsの場合、基本的にユーザー側では60fpsにできません。30fps動作はそのゲームソフトの仕様です。

ただ、PS5の場合は、ゲームソフトによってはパフォーマンスモードを選ぶことで60fps表示になるものもあります。

FF7【パフォーマンスモード】と【グラフィックモード 】を比較 4k 60fps PS5

PCゲームが60fps出ていない

PCゲームの場合は、ゲームのグラフィック設定を開いて60fpsになっていることを確認してください。

フォートナイト
▲出典 : 『フォートナイト』(Epic Games)より

PCゲームを30fpsでプレイしている人は少ないとは思いますが、60fpsに設定することでPCの負荷が大きくなる点がデメリットです。

配信サイトが60fps非対応

ライブ配信の場合、配信サイトによっては60fpsに対応していません

たとえばニコ生がそうです。OBSで60fps設定にしても実際は30fps配信となります。

なお、ニコ動は60fpsに対応しています。

「FPS 共通値」で設定

OBSの設定を行っていきましょう。まず、「設定」をクリックします。

設定

「映像」をクリックし、「FPS 共通値」を「60」にします。最後に「OK」をクリックです。

フレームレート

これで60fps設定になりました。PCゲームの場合は、実際にライブ配信・録画しつつ「表示」→「統計」を見てみましょう(後述)。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

解像度の変更が必要なキャプボもある

よくあるパターン

キャプチャーボードを使用している場合、製品によっては追加でOBS「映像キャプチャデバイス」の設定が必要です。

映像キャプチャデバイス

OBSの「映像キャプチャデバイス」でゲーム画面を映す設定方法
OBS Studio(以下OBS)の「映像キャプチャデバイス」の設定方法について見ていきましょう。 具体的には、ゲーム機をキャ...

設定が必要なのはキャプチャーボードが以下のようなタイプの場合です。

  • 4K対応ではあるが、4K/60fps出力非対応の製品を使っている
  • 1080p対応ではあるが、1080p/60fps出力非対応の製品を使っている

きちんと設定していない場合、数字上は60fpsと表示されていても60fps相当の滑らかさにはなりません。注意が必要です。

「映像キャプチャデバイス」の設定は盲点になりがちかもしれません。上述した「FPS 共通値」の設定だけでは60fpsにならない製品があります。

最大4K/30fps出力対応製品

まず、4K対応なのに4K/60fps「出力」に対応していない製品の場合を例に見ていきましょう。具体的には以下のような製品です(一例)。

「出力」という点に注意してください。

上記製品は4K/60fps「入力」には対応していますが、4K/60fps「出力」には対応していません。最大出力は4K/30fpsです。

OBSの初期設定を変更しないと滑らかな60fpsにならない(実質30fpsになる)ので、きちんとした60fpsにするにはOBSの設定変更が必要です。

紛らわしいですが、4K/60fps「出力」対応と、4K/60fps「入力」対応とでは話が違ってきます。

では、どのような追加設定が必要かというと、「映像キャプチャデバイス」の「解像度」を変更します。

OBSに追加した「映像キャプチャデバイス」ソースをダブルクリックしてください。

映像キャプチャデバイス

設定画面を下にスクロールしたところにある「解像度/FPS タイプ」を「カスタム」にします。

カスタム

そして、「解像度」を「1920x1080」にします。「3840x2160」にはしません。製品の仕様上、実質30fpsになってしまうからです。

1920x1080

最後に、「FPS」を「出力FPSに合わせる」にしましょう。60fpsになります。

出力FPSに合わせる

上記製品は1080p/60fps出力には対応しているので、「映像キャプチャデバイス」の「解像度」を1920x1080にすれば60fpsにできます。

最大1080p/30fps出力対応製品

数千円の安いキャプチャーボードのなかには、「1080p/60fps対応」を謳いつつ、「出力」は1080p/30fpsまでの対応となっている製品があります。

Switch、PS5/PS4用に安いキャプチャーボードを買いたい人へ
キャプチャーボードの価格は、2万円台がひとつの基準です。しかし、この価格帯では高いと感じる人も多いでしょう。 Switch、P...
安すぎるHDMIキャプチャーボード(2千円台)を買ってみた。注意点まとめ
キャプチャーボードは便利な製品ですが、価格の高さがネックです。Switchのゲーム実況をやろうと思っても、なかなか手が出せないという人もいる...

この場合も、やはり「映像キャプチャデバイス」の「解像度」を変更しないと60fps出ません。

やり方ですが、まずOBSに追加した「映像キャプチャデバイス」ソースをダブルクリックしてください。

映像キャプチャデバイス

解像度/FPS タイプ」を「カスタム」にします。

カスタム

そして、「解像度」を「1280x720」にします。「1920x1080」にはしません。製品の仕様上、実質30fpsになってしまうからです。

1280x720

最後に、「FPS」を「出力FPSに合わせる」にしましょう。60fps設定になります。

出力FPSに合わせる

安いキャプチャーボードも720p/60fps出力には対応しているので、「映像キャプチャデバイス」の「解像度」を1280x720にすれば60fpsにできます。

なお、「設定」→「映像」で2つの解像度を両方とも「1280x720」にしてもかまいません。画質にシャープ感が出ます。

解像度

ビットレートの設定に注意しよう

ビットレートの設定によっては、フレームレートを上げたことが原因で画質を維持できなくなることがあります。

もし高画質にしたい、画質が気になるという場合は、ビットレートの設定も上げてみてください。

OBS Studioで高画質な配信にする方法
OBS Studio(以下OBS)で配信するさい、どのように設定すれば高画質・高音質な配信ができるのでしょうか。画面が荒くなって困ったという...
OBSで超高画質録画するための、シンプルなポイント。じつは数字をいじるだけ
OBS Studio(以下OBS)でゲームを録画したさい、「なんだか映像が荒い、モザイクのようだ」と感じたことはないでしょうか。 ...

ただし、ライブ配信の場合はむやみにビットレートを上げられない点に注意が必要です。

ライブ配信における推奨ビットレートの目安。上り速度と○○がポイント
高画質な配信をしたいなら、配信ソフトのほうでビットレートを高く設定する必要があります。 しかし、むやみにビットレートを高く設定...

設定が適切か確認しよう

「表示」→「統計」を見る

60fps設定にできたら、実際にライブ配信・録画して問題ないか確認してみましょう。

配信・録画ボタン

このとき「統計」ウィンドウを表示しておくと便利です。「表示」→「統計」で開きます。

表示→統計

ライブ配信・録画中、以下の点をチェックしてください。

  • FPS」が60を維持できているか
  • レンダリングラグにより逃したフレーム」が大きく増えていないか
  • エンコードラグによりスキップされたフレーム」が増えていないか
  • ドロップしたフレーム (ネットワーク) 出力データの合計」が増えていないか(ライブ配信の場合のみ)

統計

60fpsになっているか別の方法で検証したい場合は、OBSで録画した動画を動画編集ソフトで読み込んでみましょう。

OBSでゲームを録画するための設定方法。いきなり「録画開始」していませんか?
OBS Studio(以下OBS)を使って、無料でゲーム画面を録画してみましょう。 OBSは基本的にライブ配信用のソフトとして...

1コマずつ動画を再生し、60コマすべて違う画像が表示されたら成功です。ただし、同じコマが連続で表示された場合であっても、ゲームの仕様が原因の可能性もあるので、失敗とは限りません。

目盛

フレームレートが落ちる場合は?

もし「統計」ウィンドウを見て、60fpsにならない(カクつく、フレームレートが落ちる)という状況の場合は、30fpsに戻しましょう。

  1. 「設定」をクリックする。
  2. 「映像」→「FPS 共通値」を「30」にする。
  3. 「OK」をクリックする。

FPS 共通値

しかし、どうしても60fpsにしたいのであれば、各種設定を見直す必要があります。

詳細については、下記ページをご覧ください。

OBSで配信画面がカクカク&重いときの原因が判明。対処法をまとめてみた
OBS Studio(以下OBS)を使用中、配信画面がカクカクする、PCが重いというケースに遭遇したことがあるかもしれません。 ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

X(旧Twitter)で最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)