キャプチャーボードの音が出ない、ゲーム音が入らないとき、確認すべきポイント

この記事をシェアする

キャプチャーボードを使用していると、音が聞こえないということがあるかもしれません。

オーディオ波形

より具体的には、ゲーム画面はPCに映っているのに、ゲーム音がPCから出ていない、出力されないというケースです。

今回は、ゲーム音をPCから出すための対処法を見ていきましょう。

Windows用の解説です。Mac用ではない点に注意してください。

関連 キャプチャーボード使用時に、ゲーム画面が映らないときの完全マニュアル

【スポンサーリンク】

絶対に読んで!この記事の前提

付属ソフトを使用(OBSは別ページ)

まず前提として、付属ソフトの使用を想定している点に注意してください。

付属キャプチャーソフト

付属ソフトとは、キャプチャーボードに付属されているキャプチャーソフトのことです。たとえば、RECentralやGame Captureがそうです。

しかし、なかにはOBS StudioアマレコTVなど、サードパーティ製のソフトを使っている人もいるでしょう。前者については別ページで解説しています。

【OBS】キャプチャーボード使用時にゲーム音が入らない、出ないときの対処法
OBS Studio(以下OBS)でキャプチャーボードを使用していて、ゲーム音が出ない場合、どうすればよいのでしょうか。 具体...

「PC」から音が出ない

今回は、PCから音が出ていない状況を前提にしています。

パススルー出力するために使っているTVから音が聞こえない、正常にパススルーできないという場合については、下記ページをご覧ください。

参考 パススルー出力機能の使い方(旧サイト)

絶対すべきこと(重要)

噛ませている機器は外す

ゲーム機とキャプチャーボードのあいだに、なにか映像機器を挟んでいないでしょうか。

HDMI機器

以下のような機器はすべて外します。

  • 分配器
  • セレクター
  • AVアンプ
  • アップスキャンコンバーター
  • PS VRのプロセッサーユニット
これらの機器が、音が出ない原因になっている場合があります。問題の切り分けのために外しておきましょう。

競合するソフトは閉じる

以下のようなソフトは、念のためすべて閉じます。キャプチャーソフトと競合する可能性があるからです。

  • 配信ソフト(例 : OBS、XSplit)
  • ブラウザー(例 : Chrome)
  • Discord
  • Skype

DiscordやSkypeについては、タスクトレイ(画面右下の上矢印)を確認し、アイコンがない状態にしてください。アイコンがある状態では終了できていません。

タスクトレイ
▲終了するには、アイコン上で右クリックして「Quit Discord」をクリックします。

イヤホンをゲーム機、コントローラーから取り外す

イヤホン(またはヘッドセット)を、ゲーム機本体やコントローラーに接続しているのであれば外します。

PS4、ヘッドセットの取り外し

Switch、ヘッドホンの取り外し

もしイヤホンをゲーム機に接続したままだとどうなるのでしょうか。たとえば、Switch本体にイヤホンを接続したとしましょう。

この場合、Switchのイヤホンからはゲーム音が聞こえるのですが、PCからはゲーム音が聞こえなくなります。これでは意味がありません。そこで、イヤホンをゲーム機から取り外す必要があるのです。

もっとも、イヤホンでゲーム音を聞きたいという人もいるかもしれません。その場合は、以下のいずれかの方法になります。

マイクへのアクセスを許可する

Windows 10の設定を変更します。盲点になりがちな部分です。

  1. 付属ソフトを終了する。
  2. 画面左下のスタートボタン(窓のアイコン)→「設定」(歯車アイコン)の順にクリックする。
  3. 「プライバシー」をクリックする。
  4. 左のメニューから「マイク」を開く。
  5. アプリがマイクにアクセスできるようにする」を「オン」にする。

アプリがマイクにアクセスできるようにする

録音デバイスを有効にする

製品によっては、Windowsのサウンド設定が原因でゲーム音が出ていないことがあるかもしれません。

  • AVT-C878/AVT-C878 PLUS
  • GC553
  • C988
  • その他、UVC/UAC対応製品(ドライバー不要の製品)

まず、サウンド設定の画面を開きます。

  1. 付属ソフトを終了する。
  2. Windowsキーを押しながらRキーを押す。
  3. 表示されたウィンドウに「mmsys.cpl」と入力し、「OK」をクリックする。
  4. 録音」タブを開く。
  5. ウィンドウ上の適当な場所で右クリックし、「無効なデバイスの表示」にチェックを入れる。
  6. マイク キャプチャーボード名」、または「デジタル オーディオ インターフェイス キャプチャーボード名」上で右クリックし、「有効」を選択する。

Live Gamer Portable 2
▲AVT-C878の場合の例。これは「マイク Live Gamer Portable 2」が有効な状態になっていますが、かりに無効だとゲーム音が出ません

ドライバーを再インストールする

上述した「録音デバイスを有効にする」でも問題が解決しない場合の続きです。

デバイスマネージャー上で、いったんドライバーを削除します。

  1. 付属ソフトを終了する。
  2. 画面左下のスタートボタン(窓のアイコン)上で右クリックする。
  3. 「デバイス マネージャー」をクリックする。
  4. サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー」を見る。
  5. 製品名で右クリックし、「デバイスのアンインストール」をクリックする。
  6. PCを再起動するか聞かれたら、「いいえ」をクリックする。
  7. 「操作」→「ハードウェア変更のスキャン」の順にクリックする。

デバイスマネージャー

スポンサーリンク
レクタングル(大)

音量がミュート、または小さくなっていないか確認する

付属ソフトのスピーカー音量が適切な状態か、確認しましょう。ここがミュートになっていると、音声は自分に聞こえません。

スピーカー

ただし、パススルー出力している場合は、スピーカー音量がミュートでもかまいません。ゲーム音が二重になるのを防止できるからです。

キャプチャーボード使用時、どのゲーム画面でプレイすればいい?音は?
ゲーム実況でキャプチャーボードを使う場合、以下のような疑問が出てくるかもしれません。 どの画面を見てゲームをプレイするの? ...

Windowsの音量ミキサーも確認しておきます。

  1. 画面右下のスピーカーアイコン右クリックする。
  2. 「音量ミキサーを開く」をクリックする。
  3. 各項目の音量を確認する。

音量ミキサー

付属ソフトがRECentralの場合、ミキサーの設定をまちがえている可能性があります。HDMIの「音声を再生」と「音量」の両方にチェックを入れておいてください。

さらにAVT-C878/AVT-C878 PLUSの場合は、ミキサーの設定画面から歯車アイコンをクリックし、「HDMI / パーティーチャット用端子」の音量を確認します。

HDMI / パーティーチャット用端子

音声入力の設定を変更する

付属ソフトの音声入力の設定が適切でない可能性があります。

たとえば、Game Capture HD60 Sの場合、通常は「オーディオ入力」を「HDMIオーディオ」にしておきます。「アナログオーディオ」だとゲーム音が出ません。

HDMIオーディオ

付属ソフトによっては、「音声キャプチャデバイス」というような項目があります。この場合は、キャプチャーボード名を選択してください。

HDMIケーブルを疑う

盲点になりがちなのがHDMIケーブルです。

  • いったんHDMIケーブルを抜き、再度挿す
  • 別のHDMIケーブルを使う
  • 方向性があるHDMIケーブル(アクティブ型)の場合は、向きを入れ替える

HDMIケーブル

HDMIケーブルは品質が悪かったり、故障していることがあります。必ず複数のケーブルを試すようにしてください。

USB、またはPCI Expressを確認する

基本的なことですが、念のためやっておきましょう。

キャプチャーボードがUSB接続の場合は、以下の作業を行います。

  • いったんUSBケーブルを抜き、接続する
  • ほかのUSBポートに接続する
  • USBケーブルを変更する

USBケーブル

3点めについてですが、これはGC550 PLUSGame Capture HD60 Sなど、USBケーブルを変更できる製品の場合は別のUSBケーブルを使うという意味合いです。

キャプチャーボードがPCI Express接続の場合も同様に接続しなおします。

  • PCI Expressスロットから製品を外し、奥まで接続する
  • ほかのPCI Expressスロットに接続する

PCI Expressスロットの種類

それでもダメな場合は

最後に、そのほかの対処法をまとめておきます。

  • iPhoneの場合は、マナーモードを解除する
  • ゲーム機を再起動する(iPhoneの場合も)
  • ゲーム機の音声出力設定を変更する
  • キャプチャーソフトやPCを再起動する
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)