【ゲーム実況】PCを買うときに、最低限知っておきたいスペック。パーツの見方・性能

この記事をシェアする

ゲーム実況、ゲーム配信では、つねにPCスペックを意識する必要があります。低スペックなPCだと快適にゲーム実況ができません。

パーツ

では、もし新しくPCを購入する場合、どのようなスペックのPCにすればよいのでしょうか。

PCを構成するパーツについて、基本的な知識を押さえておきましょう。

  • 各パーツの種類・役割
  • パーツごとの、性能の見方
【スポンサーリンク】

5つのパーツを確認しよう

PCスペックについて見るときは、5つのパーツを確認します。

重要度 説明 別名
CPU A あらゆる場面で重要 プロセッサー
メモリ B メインメモリ、RAM
グラフィックボード A PCゲームのプレイで重要 GPU
ストレージ B SSD、HDD
電源 B

PCを新しく購入するさい、とくに重要なのはCPUグラフィックボードだと思ってください。

ゲーム実況では、この2つの性能が軽さ・速さ・画質に大きく影響します。ほかのパーツと比較すると、影響の度合いが大きいのです。

最優先で見るべきパーツ

CPU

人間でいうところの頭脳に該当するパーツです。PCでは司令塔として中心的な役割を果たすため、CPUの性能が悪いと話になりません。

CPU

たとえば、以下のようなCPUがあります。

  • Core i5-9400F
  • Core i7-9700K
  • Ryzen 7 3700X

グラフィックボード(GPU)

PCゲームをプレイするなら、高性能なグラフィックボードを選びましょう。

  • PCゲームを最高画質でプレイできる
  • PCゲームの動作が軽くなる
  • PCゲームを高フレームレートでプレイできる

GPU

近年は、グラフィックボードをゲーム以外にも活用する機会が増えてきました。

  • ライブ配信が軽くなる
  • 録画が軽くなる
  • 動画編集が軽くなる、書き出しが速くなる

なお、「TV」ゲームの場合は、高性能なグラフィックボードは必要ありません。キャプチャーボードと混同しないようにしましょう。

キャプチャーボードとグラフィックボードの違い。ゲーム実況で必要なのはどっち?
キャプチャーボードとグラフィックボード、両者はどう違うのでしょうか。 どちらも名前は似ていますが、別物です。用途によって使い分...

2番めに見るべきパーツ

メモリ

ゲーミングPCを購入することを前提とした場合、メモリはそこまで重要ではありません。

メモリ

なぜなら、容量は8GBまたは16GBであることがほとんどだからです。4K動画の編集をやるなら32GBもありですが、通常は16GBを基準に考えてください。

メモリには複数の規格があります。しかし、PCを購入する場合は事実上決め打ちです。気にする必要はありません。

ストレージ

SSD(ソリッドステートドライブ)と、HDD(ハードディスクドライブ)の2種類があります。

  • SSD(NVMe SSD) : データの読み書きが速いが、容量は少ない
  • HDD : データの読み書きは遅いが、容量が多い

HDD

ゲーミングPCだと、両方のストレージを搭載していることが多いでしょう。つまり、SSD + HDDという構成です。

ゲームを録画すると想像以上に容量を食いますが、増設できるので心配いりません。

電源

ゲーミングPCの場合、電源容量は500~700Wが一般的です。

電源

商品ページで、電源容量の後ろに「80PLUS BRONZE」というような文言を見かけることがありますが、これはランクが高いほど省電力性に優れます。

  • STANDARD(または無印)
  • BRONZE
  • SILVER
  • GOLD
  • PLATINUM
  • TITANIUM(最上位)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

CPUの種類・性能

Core iシリーズ(インテル)

まず、インテルが発売しているCore iシリーズを覚えておきましょう。定番です。

このシリーズにはさまざまな種類があり、i5 → i7 → i9の順に高性能になります。下表をご覧ください。

コア・スレッド数 性能
Core i5-9400 6コア6スレッド ミドルレンジ
Core i7-9700 8コア8スレッド ハイエンド
Core i9-9900 8コア16スレッド ハイエンド

「i7」などの後ろに付いている数字のうち、最初の数字は世代を表しています。たとえば、「9700」であれば第9世代という意味です。

Core i

この点、世代が新しいほど性能が向上するので覚えておきましょう。たとえば、Core i7-4770(第4世代)とCore i7-9700(第9世代)を比較した場合、後者のほうが性能は上です。

Core i7だからといって、つねにCore i5より高性能とは限りません。世代によってはCore i5のほうが性能が上の場合もあるからです。

なお、「9400F」「9700K」というように、「F」や「K」が付いているCPUもありますが、通常は気にする必要はありません。

KとFの意味

Ryzenシリーズ(AMD)

近年、コスパの高さで人気が出ているCPUがあります。それが、AMDが発売しているRyzen(ライゼン)シリーズです。

コア・スレッド数 性能
Ryzen 5 3600 6コア12スレッド ミドルレンジ
Ryzen 7 3700X 8コア16スレッド ハイエンド
Ryzen 9 3900X 12コア24スレッド ハイエンド

性能の見方としては、5 → 7 → 9の順に高性能です。また、世代は千の位で判断しましょう。たとえば、「3700X」なら第3世代です。

Ryzen

Ryzenシリーズの強みは、マルチスレッド性能が高いことにあります。この性能が高いほうがゲーム実況では軽くて速いと思ってください。

たとえば、PCゲームをプレイしつつライブ配信するというとき、マルチスレッド性能が高いほうが負荷が軽いのです。つまり、ちょっとやそっとのことでは、PCの動作は重くなりません。

また、動画編集では最後に動画を書き出すのですが、この作業も速くすみます

したがって、ゲーム実況という観点からすると、RyzenシリーズのほうがCore iシリーズよりも適していると言えるでしょう。

なお、細かいことを言うと、ゲーミング性能についてはCore iシリーズのほうが少し有利です。しかし、気にするほどのレベルではありません。

グラフィックボードの種類・性能

Geforceシリーズ

グラフィックボード(GPU)では、NVIDIAのGeforceシリーズが定番です。

Geforceシリーズ

このシリーズには、さらにGTX 10シリーズと、RTX 20シリーズの2種類あり、細かい違いがあります。

性能 備考
GTX 1650 ローエンド
GTX 1660 ミドルレンジ
GTX 1660 Ti ミドルレンジ コスパ良好。最高画質設定で60fps超え
RTX 2060 ハイエンド
RTX 2060 SUPER ハイエンド
RTX 2070 SUPER ハイエンド 最高画質設定、かつ144fpsでプレイ可能な場合も
RTX 2080 SUPER ハイエンド
RTX 2080 Ti ハイエンド ゲーミングGPUの最高峰

2020年現在、GPUが乱立した状況になっているため、本気で選ぼうとすると泥沼に陥るかもしれません。

選び方

本来であれば、自分がプレイしたいゲームを基準にしてGPUを決めるのが鉄則です。

たとえば、あるゲームがGTX 960以上を要求しているのであれば、これを上回る性能のGPUにします。

しかし、いちいち調べるのは手間でしょう。

ひとつの案ですが、フルHDモニターを使用していて、かつPCゲームを最高画質でプレイしたい場合、少なくともGTX 1660 Tiを推奨します。

フォートナイト

これに対し、「PC」ゲームはほとんどプレイしない、「TV」ゲームの録画・ライブ配信がメインという場合は、GTX 1650でじゅうぶんです。

おすすめPCについて

ざっくり書くと、おすすめPCは以下の3つの要件を満たしているものです。

  • 10~20万円くらいの価格帯
  • ミドルレンジ以上の性能
  • ゲーミングPC(デスクトップPC

そのようなPCであれば、快適にゲーム実況ができます。

一例ですが、「ガレリア AXF」(公式)をチェックしておいてください。価格のわりに圧倒的なスペックを誇っているPCです。

【PC】ガレリア AXFを借りて使ってみた印象 → 強かった
今回、ゲーミングPCのガレリア AXFを株式会社サードウェーブから借りうけ、使用する機会を得ることができました。 ガレリアAX...

より詳しいPCの選び方については、下記ページをご覧ください。

【2020年】おすすめPCの選び方。ゲーム実況、ゲーム配信用に、このスペックでOK
PC選びは難しいものです。とくに、ゲーム実況、ゲーム配信用に新しくPCを買うとなると、なおさらでしょう。 「どのPCを買えばよ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)