OBSで超高画質録画するための、シンプルなポイント。じつは数字をいじるだけ

この記事をシェアする

OBS Studio(以下OBS)でゲームを録画したさい、「なんだか映像が荒い、モザイクのようだ」と感じたことはないでしょうか。

OBS Studio

しかし、対処法は簡単です。高画質録画できるように設定を少し変更してやればよいのです。

ポイントだけ見ていきましょう。細かい話や難しい話はありません。

録画用の記事です。ライブ配信の場合は、「OBS Studioで高画質・高音質な配信をする方法」をご覧ください。

【スポンサーリンク】

最初にこの設定にしよう

まず、前提となる設定を行います。「設定」ボタンをクリックしてください。

obs-studio

そして、以下のように設定します。

  1. 出力」タブを開く
  2. 「出力モード」を「詳細」にする。
  3. その下にある「録画」タブを開く。
  4. 「種別」を「標準」にする。

出力タブの設定

「出力モード」は「基本」でもよいのですが、今回は「詳細」で統一しました。「基本」は「詳細」よりも設定が省かれており、設定の表示名も異なります。

また、「種別」は「カスタム出力 (FFmpeg)」でもよいのですが、「標準」で統一しました。

「エンコーダ」に注意

大きく2種類

ここまで設定できたら、つぎに重要なのが「エンコーダ」の設定です。

エンコーダの設定

ややこしいのですが、環境によって表示される項目が異なります。下表をご覧ください。

説明
x264
NVIDIA NVENC H.264 (new) GPUがGTX/RTXシリーズの場合に
QuickSync H.264 インテル製の内蔵GPUの場合に
H264/AVC Encoder (AMD Advanced Media Framework) AMD製の内蔵GPU、Radeonの場合に
アップル VT H264 ハードウェアエンコーダ Macの場合に

どれを選ぶかによって、画質・PC動作の重さに影響する部分です。なかなか迷ってしまうかもしれません。

もし「NVIDIA NVENC H.264 (new)」が表示される環境の場合は、優先的にこれを選ぶのが無難でしょう。ハードウェアエンコードという方式です。

説明
x264 ・画質はよいが、負荷が重い
・ソフトウェアエンコーダー
CPUエンコードともいう
それ以外 ・画質は落ちるが、負荷が軽い
・ハードウェアエンコーダー
GPUエンコードともいう

従来からの一般論としては、ハードウェアエンコードはソフトウェアエンコードよりも負荷が軽く、その反面で画質は劣るという傾向があります。

しかし、とくに重いPCゲームを録画する場合、負荷が問題となってカクつくことがあるため、OBS使用時はハードウェアエンコードが近年の主流となっています。

画質について不安になるかもしれませんが、後述する「レート制御」の設定を適切に行えば問題ありません。

「ストリームエンコーダを使用」は?

ライブ配信をせず、録画目的のみでOBSを使用するなら、「ストリームエンコーダを使用」は選ばないようにしましょう。

ストリームエンコーダを使用

なぜなら、これはライブ配信・録画を同時に行う人向けの設定だからです。録画のみを行うのであれば、選ぶ必要性がありません。

OBSで配信・録画を同時にやる場合のポイント。ダメな設定例も見せます
OBS Studio(以下OBS)を使えば、ライブ配信中に同時録画することもできます。 つまり、 ライブ配信(...

決定的に重要な「レート制御」

ビットレートで画質が決まる

高画質な動画にしたいなら、「レート制御」の設定が最重要だと思ってください。これはビットレートの制御方法についての設定です。

レート制御

ビットレートという用語は、どこかで聞いたことがあるかもしれません。ビットレートが高いほど映像が荒くなりづらくなり、低いほど荒い映像になりやすくなります。

スーパーマリオ オデッセイ(任天堂)
▲出典 : 『スーパーマリオ オデッセイ』(任天堂)より

obs-studio
▲低ビットレートで録画すると、まるでモザイクのように荒い映像になります。

単位はbps(bits per second、ビーピーエス)で表します。

  • 1Mbps(メガビーピーエス) = 1,000kbps(キロビーピーエス)
  • 10Mbps = 10,000kbps

高画質 = ファイルサイズ大

ビットレートを高くしたほうが高画質な動画になる、ということがわかりました。

しかし、注意点がひとつあります。ビットレートが高いほどファイルサイズが大きくなってしまうのです。ファイルサイズが大きいということは、ストレージ(HDD/SSD)の空き容量が大幅に減るということです。

HDD

ビットレートを低くすればファイルサイズは小さくなりますが、今度は画質が悪くなります。

したがって、録画するさいの設定は画質・ファイルサイズの両方を考えておくことが重要になるので覚えておきましょう。

かりに同じ映像、同じ画質の動画が2個あった場合、ファイルサイズが小さい動画のほうがより優れた設定といえます。

「エンコーダ」によって設定が違う

では、「レート制御」はどのような設定にすればよいのでしょうか。

そのまえに注意したいのですが、「レート制御」で表示される選択肢は上述の「エンコーダ」で選んだものによって異なります

たとえば、「エンコーダ」を「NVIDIA NVENC H.264 (new)」にした場合、「レート制御」では「CQP」や「無損失」が選択肢として表示されます。

「NVIDIA NVENC H.264 (new)」選択時

しかし、「エンコーダ」を「x264」にした場合、「CQP」も「無損失」も「レート制御」の選択肢として表示されません。

「x264」選択時

したがって、あらかじめ「エンコーダ」の設定を意識しておく必要があります。「エンコーダ」と「レート制御」の設定はセットで考えます。

聞いたことのない用語がたくさん登場しましたが、どれを選んでも高画質録画はできます。選んだものによって設定内容が異なってくるというお話です。
スポンサーリンク
レクタングル(大)

具体的な設定例

ここでは「レート制御」の設定例について見ていきましょう。全パターンは網羅できないので、2パターンだけまとめました。

「エンコーダ」が「NVENC」の場合

「エンコーダ」を「NVIDIA NVENC H.264 (new)」にした場合、「CQP」がおすすめです。NVIDIA公式ガイドでも推奨されています。

レート制御
▲CQPはConstant Quantization Parameterの略で、日本語では固定量子化パラメーター、固定量子化量という意味になります。

一見難しそうな用語ですが、「CQレベル」に任意の数字を入れるだけのシンプル設定です。2点覚えておいてください。

  • 数字が小さいほど高画質(ビットレートが高くなる、ファイルサイズ大)
  • 数字が大きいほど低画質(ビットレートが低くなる、ファイルサイズ小)
数字が小さいほうが高画質になる点に注意が必要です。感覚的には数字を大きくしたほうが高画質になりそうですが、そうではありません。

よくわからない場合は、20を基準にして録画してみましょう。画質・ファイルサイズに満足できなかったときは、必要に応じて数字を変更し、再度録画します。

CQレベル

たとえば、「ファイルサイズが大きすぎる」と感じた場合は、「CQレベル」を23に変更します。設定を変えて何回か試してください。

「レート制御」は「VBR」でもよいのですが、「ビットレート」(目標となるビットレート)と「最大ビットレート」(上限となるビットレート)の設定が難しいかもしれません。

VBR
NVIDIA公式ガイドに基づく「VBR」選択時の設定例。VBRはVariable Bitrateの略で、可変ビットレートともいいます。

最初のうちは、「無損失」は選ばないようにしましょう。ファイルサイズが超巨大になるうえに、動画編集ソフトでの読み込みや、動画サイトへのアップロードで支障が出ます。中・上級者用の設定だと思ってください。

無損失

「エンコーダ」が「x264」の場合

「エンコーダ」を「x264」にした場合は、品質を指定して録画するタイプの「CRF」がおすすめです。

CRF
▲CRFはConstant Rate Factorの略で、「固定品質」と表記されることが多いです。

「CRF」の設定方法は、上述の「CQP」と似ています。高画質にしたいなら、品質となる数字を小さくしてください。20~23が使いやすい設定です。

  • 数字が小さいほど高画質(ビットレートが高くなる、ファイルサイズ大)
  • 数字が大きいほど低画質(ビットレートが低くなる、ファイルサイズ小)

「CRF」以外の設定については、下表をご覧ください。「CRF」とは異なり、ビットレートを自分で設定する必要があります。

説明
CBR ・固定ビットレート、Constant Bitrate
・ビットレートが一定
・動きが少ない映像だとムダに高いビットレートを割り当てることも
VBR ・可変ビットレート、Variable Bitrate
・ビットレートが変動する
・映像に合わせて必要なビットレートを割り当てるため合理的
・OBSでは「ビットレート」と「CRF」の2つを設定する必要あり
ABR ・平均ビットレート、Average Bitrate
・指定したビットレートが動画全体の平均値になる設定
・VBRの一種

参考 映像変換をする時のコツってあるの?(外部サイト)

参考 OBS Studioエンコーダ詳細解説(外部サイト)

設定まとめ画像

最後に、設定例を画像でまとめておきます。繰り返しますが、あくまでも設定例です。これと異なる設定でも問題ありません。

「映像」タブ

「映像」タブ

  • 基本 (キャンバス) 解像度 : 1920x1080
  • 出力 (スケーリング) 解像度 : 1920x1080
  • FPS共通値 : 60

「出力」タブ

「出力」タブ

  • エンコーダ : NVIDIA NVENC H.264 (new)
  • 出力をリスケールする : OFF
  • レート制御 : CQP
  • CQレベル : 20
  • キーフレーム間隔 : 0
  • プリセット : Quality
  • プロファイル : high
  • Look-ahead : OFF
  • 心理視覚チューニング : ON
  • GPU : 0
  • 最大Bフレーム : 2

YouTube、Twitterでは画質が下がる

もし高画質に録画できたとしても、このあとの段階で画質が落ちる可能性があります。

PCに保存しておくだけなら問題はありません。しかし、動画をYouTubeやTwitterなどにアップロードすると、どうしても画質は低下します。

これは、YouTubeやTwitterが動画の画質を落とす作業をするためです(再エンコード)。ユーザー側で再エンコードを回避する方法はありません。

【2021】YouTubeに動画を投稿する方法。録画・編集後、これだけやればOK
YouTubeに動画を投稿(アップロード)するには、ちょっとしたポイントを押さえておく必要があります。 たとえば、以下のような...
TwitterにPCから動画を投稿する方法。ゲーム実況と絡めて一気に解説します
Twitterで見かけるゲーム系の動画は、どのような方法で投稿(アップロード)し、ツイートしているのでしょうか。 今回は、PC...

まとめ

OBSの場合、画質設定で重要なのは「レート制御」です。この部分の設定を理解できれば高画質録画は簡単です。

  • CQP、CRF → 数字が小さいほど高画質
  • CBR、VBR、ABR → 数字が大きいほど高画質

しかし、画質を維持しながらファイルサイズを抑える設定については試行錯誤が必要になるでしょう。

今回は触れませんでしたが、H.265/HEVCという規格について調べるのもよいかもしれません。

OBSにはさまざまな便利機能があります。下記記事も併せてご覧ください。

OBSでゲームを録画するための設定方法。いきなり「録画開始」していませんか?
OBS Studio(以下OBS)を使って、無料でゲーム画面を録画してみましょう。 OBSは基本的にライブ配信用のソフトとして...
スポンサーリンク
レクタングル(大)