ガレリアPCを注文時にカスタマイズする方法。安くしたいなら、設定は基本不要です

この記事をシェアする

ドスパラでガレリアPC(デスクトップPC)を購入するさい、さまざまなカスタマイズができます。

カスタマイズ画面

しかし、いろいろな設定項目があり、不安になるかもしれません。

そこで、このページでは各設定項目について簡単に見ていきます。通常は初期設定のままで問題ないので、安心してください。

【スポンサーリンク】

カスタマイズ画面の見方

まず、カスタマイズ画面を出すには、商品ページの「構成内容を変更する」をクリックします。

構成内容を変更する

画面が少しゴチャゴチャしていますが、カスタマイズは大まかに3種類に別れています。

説明
1.本体構成 PCを構成するパーツを選択
ほぼ設定不要
2.周辺機器 モニター、キーボード、マウスなどのPC周辺機器を選択
設定不要
3.サービス 延長保証、PCの下取りなど
設定不要

3つのうち、重要性が比較的高いのが「本体構成」の部分です。逆に、「周辺機器」や「サービス」についてはそれほどではありません。

本体構成

おすすめカスタマイズ設定

基本的に、あまり初期設定からいじらないのがおすすめです。

推奨設定 重要度
OS PCによって異なるが、通常は変更できない B
オフィスソフト 「Office なし」 B
セキュリティ対策 「シマンテック ノートン(TM) セキュリティ スタンダード 1年版」 B+
CPU 変更できない B
CPUファン PCによって異なるが、通常は変更できない B
CPUグリス 「ノーマルグリス」 B
グラフィック機能 変更できない B
電源 PCによって異なるが、通常は変更不要 B+
メモリ 16GB、または32GB B+
SSD 500GB以上 B+
ハードディスク/SSD 1TB以上 B+
光学ドライブ 「光学ドライブ無し」 B-
サウンド 変更できない C
ケース PCによって異なるが、通常は変更不要 C
トップケースファン前部 「トップケースファン前部なし」 C
IEEE1394 変更できない C
シリアル(COM)ポート 変更できない C
無線LAN 「無線LAN子機 無し」 B-

ガレリアPCは、最初の時点で問題のない構成になっています。また、へたにカスタマイズすると価格が跳ね上がります。それだったら、別のPCを選んだほうが安いということもあるでしょう。

ただ、「セキュリティ対策」の部分は「シマンテック ノートン セキュリティ スタンダード 1年版」に変更するとよいかもしれません。

なぜなら、セキュリティソフトである「ノートン」が1,100円で1年使えてお得だからです。

ノートン

しかし、必要ないなら初期設定のままでかまいません。

カスタマイズするならどのパーツか

繰り返しますが、基本的には最初の構成のまま変更する必要はありません。しかし、パーツについて補足しておきます。

【ゲーム実況】PCを買うときに、最低限知っておきたいスペック。パーツの見方・性能
ゲーム実況、ゲーム配信では、つねにPCスペックを意識する必要があります。低スペックなPCだと快適にゲーム実況ができません。 で...

電源

通常、電源容量を増やす必要はありません。じゅうぶんな電源容量となっています。

電源

ただ、省エネ性能を上げたいのであれば、「80 PLUS」のランクをアップさせるのもよいでしょう。たとえば、「BRONZE」 → 「GOLD」といったぐあいです。

メモリ

メモリは16GBを基準に考えます。

メモリ

メモリ容量が16GBのガレリアPCの場合、8GBに減らすと数千円ほど安くなりますが、減らさないようにしてください。近年の事情を考えると、16GB以上がおすすめです。

また、かりに32GBに増設するにしても自分でやったほうが安くなります。しかも簡単にできるので、ここで増設する必要性は高くありません。

SSD/HDD

ガレリアPCの場合、SSDが1個搭載されており、Windows 10がインストールされています。

SSDはHDDよりも高速というメリットがありますが、長く使っていると500GB程度では容量が不足するかもしれません。このあたりについては、下記ページにまとめたとおりです。

ゲーミングPC「ガレリア」の選び方・注意点。賢く買うためのポイント
このページでは、「ガレリア」シリーズのPCを購入する場合の選び方についてご紹介します。 さまざまなモデルが販売されていますが、...

将来的な容量不足を見込んで、以下のようなカスタマイズをするのもよいでしょう。

  • SSD」の部分でSSDの容量を増やす(例 : 1TB)
  • ハードディスク/SSD」の部分で、HDDを追加する(例 : 2TB)

1番めの方法は、SSDの容量を単純に増やす方法です。

SSD
▲「SSD」の部分

他方、2番めの方法は、SSDに加えてHDDを追加する方法です。つまり、最終的にはSSD + HDDという構成(デュアルストレージ)になり、ゲーム実況用に合理的な使い方ができます。

ハードディスク/SSD
▲「ハードディスク/SSD」の部分

SSD + HDDにしておけば、価格が安く大容量のHDDを動画保管庫にでき、録画・編集用に最適です。

よくわからないのであれば、カスタマイズする必要はありません。緊急性が高いわけではないですし、PC購入後、家に余っているストレージを自分で増設することもできます。

カスマイズできない?

残念ながら、すべてを自由にカスタマイズできるわけではありません。たとえば、以下のパーツはカスタマイズ画面で選択肢が現れないのが通常です。

  • CPU
  • CPUファン(一部、選べるPCもある)
  • グラフィック機能
  • サウンド

グラフィック機能

もし特定のパーツにしたいなら、ほかのPCにしましょう。たとえば、GPU(グラフィック機能)をRTX 3070にしたいのであれば、最初からRTX 3070を搭載したPCにします。

周辺機器・サービスは不要

カスタマイズ画面の下部をご覧ください。「周辺機器へ進む」ボタンや、「サービスへ進む」ボタンがあります。

「周辺機器へ進む」ボタン

これをクリックすると、「周辺機器」や「サービス」の設定となります。「本体構成」の設定よりも重要度は格段に下がります。

通常は初期設定のまま変更不要でしょう。もちろん、サイトに掲載されている説明書きを読んで必要と思うのであれば、選んでもかまいません。

なお、以下の2つはガレリアPCに付属されていません。オプション扱いです。

  • マウス
  • キーボード

まとめ

少しでも安くしたいのであれば、不必要にカスタマイズしないようにしましょう。初期設定でも問題はありません。

カスタマイズするときは、以下の3点を考慮します。

  • カスタマイズせず、自分でやったほうが安くないか
  • カスタマイズ後、ほかのPCより値段が高くならないか
  • 予算内に収まるか

もしPC選びに困った場合は、下記ページにも情報をまとめたので参考にしてください。

ゲーミングPC「ガレリア」の選び方・注意点。賢く買うためのポイント
このページでは、「ガレリア」シリーズのPCを購入する場合の選び方についてご紹介します。 さまざまなモデルが販売されていますが、...
【2021年】おすすめPCの選び方。ゲーム実況、ゲーム配信用に、このスペックでOK
PC選びは難しいものです。とくに、ゲーム実況、ゲーム配信用に新しくPCを買うとなると、なおさらでしょう。 「どのPCを買えばよ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)