ゲーミングPC「ガレリア」の選び方・注意点。賢く買うためのポイント

この記事をシェアする

このページでは、「ガレリア」シリーズのPCを購入する場合の選び方についてご紹介します。

ガレリア

さまざまなモデルが販売されていますが、Webサイトの宣伝文句をすべて真に受けてしまうと、どれがよいか迷ってしまうかもしれません。

そこで、ポイントを見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

デスクトップPCにしよう

まず前提として、ガレリアPCは2種類に分類できます。

  • デスクトップPC
  • ノートPC(ゲーミングノート)

どちらでもゲーム実況はできますが、デスクトップPCを推奨します。理由は3点です。

  • コスパに優れる
  • 排熱性能が高い
  • パーツ交換で性能をアップできる

PC

この点については、下記ページも併せてご覧ください。

【2021年】おすすめPCの選び方。ゲーム実況、ゲーム配信用に、このスペックでOK
PC選びは難しいものです。とくに、ゲーム実況、ゲーム配信用に新しくPCを買うとなると、なおさらでしょう。 「どのPCを買えばよ...

スペック比較表を見てPCを選ぼう

ガレリアPCを購入するさい、いちばん参考になるのがスペック比較表です。まずは公式サイトにアクセスしてください。

ガレリア

そして、画面を中段くらいまで下にスクロールすると、3つの表が見えるはずです。

この表の優れているところは、PCのスペック・価格が瞬時にわかるところです。

具体的には、

  • 予算からPCを選ぶ
  • スペックからPCを選ぶ

というようなことが、簡単にできます。

縦軸がGPU、横軸がCPU

では、実際に表を見ていきましょう。

最初に覚えておきたいのは、縦軸と横軸の見方です。

縦軸のGPU(グラフィック)は、「PC」ゲームを高画質でプレイしたい場合に重要なパーツです。縦軸の上に行くほど高性能です。

縦軸

横軸のCPUは、PCの頭脳ともいうべきパーツです。基本的に、横軸の右に行くほど高性能だと思ってください。

横軸

ただし、例外的に単純比較が難しい場合もあるので注意しましょう(後述)。

なお、メモリの容量はカーソルを型番に重ねるとわかります。ストレージ、および電源については、スペック比較表からはわかりません。

【ゲーム実況】PCを買うときに、最低限知っておきたいスペック。パーツの見方・性能
ゲーム実況、ゲーム配信では、つねにPCスペックを意識する必要があります。低スペックなPCだと快適にゲーム実況ができません。 で...

「U/Z/X/R」シリーズはどう違う?

ガレリアのデスクトップPCには、4つの種類があります。

説明 備考
Uシリーズ シリーズ最上位のスペック
ケースはアルミヘアライン仕上げ
「Ultimate」(究極)の略
Zシリーズ ハイグレード
約20~30万の価格帯
「Zealot」(熱狂)の略
Xシリーズ 人気シリーズ
約10~20万の価格帯
価格・スペック的におすすめ
「eXtend」(伸展)の略
Rシリーズ シリーズ中、いちばん安価
ケースはミニタワーで小さい
「Refine」(洗練)の略

シリーズによってスペック・価格が異なりますが、多くの人にとって基準となるのはXシリーズでしょう。

GALLERIA XA7C-R70S

このシリーズはスペック的にバランスがとれており、売れ筋の価格帯です。スペックも広く展開されているので選択肢も多く、無難です。

迷ったら、まずはXシリーズに着目してください。余裕をもってゲーム実況できるスペックです。

ガレリアPCの場合、型番の1文字めでシリーズがわかるようになっています。

  • XA7C-R37 : 1文字めが「X」なので、Xシリーズ
  • RM5R-G60S : 1文字めが「R」なので、Rシリーズ
スポンサーリンク
レクタングル(大)

「Intel Core」「AMD Ryzen」はCPUのこと

公式サイトに、「Intel Core搭載モデル」「AMD Ryzen搭載モデル」と書かれてあります。これはCPUのことをさしています。

CPU

少しわかりづらいかもしれません。CPUを製造するメーカーとしてIntelAMDがあります。

  • Intel : 「Core i」シリーズを展開
  • AMD : 「Ryzen」シリーズを展開

どちらが一方的によい、というわけではありません。

Ryzenの性能(マルチスレッド性能)が大きく優れている時期もあったのですが、Core iのほうも世代を重ねて追い上げてきています。ゲーミング性能や価格を含めて考えると、単純比較が難しい状況です。

なお、ガレリアPCの場合、型番でCPUの種類がわかるようになっています。

  • XA7C-R37 : 「7C」なので、Core i7
  • XA7R-R37 : 「7R」なので、Ryzen 7

「ゲーム推奨・コラボモデル」は重要ではない

公式サイトの上部には、「ゲーム推奨・コラボモデル」という項目があります。これは無視してかまいません。

ゲーム推奨・コラボモデル

ゲームメーカーやプロゲーミングチームとのコラボ企画ですが、ユーザー側にメリットがあるとは思えません。

「ゲーム推奨・コラボモデル」から選ばずともゲームはできますし、もちろんゲーム実況もできます。

いつかはHDD/SSDを増設しよう

急がなくてもよいので、いずれはHDD/SSDを別途増設しましょう。

HDD

ガレリアPCは標準で約500GBのSSDを搭載していますが、しばらく使い込むと容量が不足します。

たとえば、1本のPCゲームの容量が20~100GBあるとして、500GBのSSDだけではあまり余裕がありません。

また、TVゲームやPCゲームを録画したり、あるいは動画編集する場合、ストレージの容量が不足しがちです。たとえば、ゲームを30分録画するだけで数GB消費します。

誤解が多いです。ゲームの録画方法と、画面録画ソフトの種類
ゲーム画面をPCで録画する方法は、多種多様です。 なぜなら、「ゲーム」といってもさまざまなゲーム機があり、それぞれ録画方法が異...
動画編集の始め方・やり方を3ステップで理解するチュートリアル
もし動画編集が初めてなら、まずは動画投稿までの編集の流れを理解しましょう。 どの編集ソフトを使う場合でも、すべきことは決まって...

できれば、1~2TBのHDD/SSDはあったほうがよいでしょう。

公式サイトで注文するさい、カスタマイズでHDD/SSDを増設できますが、動画ファイルの保存庫にするなら家に余っているHDDでじゅうぶんです。

安く買う方法

公式サイトでは、ポイント還元キャンペーンが随時行われています。

たとえば、税込10万円以上のPCを購入することで10,000ポイントが付与される、というような内容です。

購入まえにドスパラ会員登録(無料)が必要ですが、ガレリアPCを購入するならうまく利用しましょう。実質的な値引きとなります。

ポイントキャンペーンは頻繁に行われています。時期・内容については、公式サイトをご覧ください。

どれがいい?

基本的に、売れ筋を買えば大きなハズレを引くことはないでしょう。

たとえば、ドスパラでいちばん売れているのが「XA7R-R37」です。CPUはRyzen 7 3700X、GPUはRTX 3070という最新パーツで構成された強力なスペックのPCです。ユーザーによっては過剰性能かもしれません。スペック的には、ゲーミングモニターを使用している人に最適です。

安くすませたいなら、Rシリーズの「RM5R-G60S」があります。位置づけとしては入門クラスですが、フルHDの60fps環境であればじゅうぶん対応できるスペックです。じつは、Rシリーズは意外と抜け目ない存在です。

わからないことがある場合は、下記ページも併せてご覧ください。

【2021年】おすすめPCの選び方。ゲーム実況、ゲーム配信用に、このスペックでOK
PC選びは難しいものです。とくに、ゲーム実況、ゲーム配信用に新しくPCを買うとなると、なおさらでしょう。 「どのPCを買えばよ...
ガレリアPCを注文時にカスタマイズする方法。安くしたいなら、設定は基本不要です
ドスパラでガレリアPC(デスクトップPC)を購入するさい、さまざまなカスタマイズができます。 しかし、いろいろな設定項目があり...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)