大きく2種類。FaceRigのアバターを録画し、ゲーム実況動画を作る方法

この記事をシェアする

ゲーム実況でFaceRigのアバターを動画に入れて合成し、バーチャルYouTuber(Vtuber)のように実況動画を作成するにはどうしたらよいのでしょうか。

FaceRigと録画

一見、難しそうに思うかもしれませんが、実況動画を作ったことがあるなら、あとはアバターを入れるための方法を理解するだけで簡単にできます。

なお、ライブ配信の場合については下記ページをご覧ください。

関連 FaceRigをゲーム配信・生放送で使うときの設定方法

ゲーム画面を録画する方法を理解しよう

以下の解説では、ゲーム画面を録画する方法を理解していることを前提にしています。

ゲームの録画方法、および実況動画の作り方については、下記ページをご覧ください。アバターを動画に入れる方法は、この2つを理解してからのほうがわかりやすいはずです。

たった3ステップ!ゲーム実況のやり方、ゲーム機ごとの実況動画の作り方
どうすれば、YouTuberのようにゲーム実況ができるのでしょうか。ゲーム実況のやり方、実況動画の作り方を詳しく見ていきましょう。 ...

厳しいことを書くようですが、実況動画を作った経験がないと解説を読んでも理解できない部分が多いかもしれません。複数のソフトの知識が必要です。

背景をグリーンバックにしよう

まず、FaceRigのほうで背景についての設定を行いましょう。

アバターの背景を消してゲーム画面に重ねたい場合は、アドバンスUIにしたうえで、画面右側の「環境」からグリーンバックにしておきます。

グリーンバック

こうしておけば、あとで緑色の部分を簡単に透明にできるからです(クロマキー合成)。

2個の画面

背景を透明にする予定がないなら、好きな背景を選んでください。

アバターの入れ方は2パターンある

編集で入れるパターン

動画編集ソフトを使ってアバターを画面に入れる方法です。

  1. 通常どおりゲームの録画を開始・終了する。
  2. FaceRigで録画を開始・終了する。
  3. 編集ソフトで2個の動画を読み込む(画面を重ねる)。
  4. 編集ソフトで、アバターの緑色の背景を消す。

2番についてですが、FaceRigには録画機能が搭載されています。同機能を使うことで、アバターが映っている動画がPCに作られます(背景は緑色)。これとゲーム動画を編集ソフトで1個に合成します。

FaceRigとAviUtl

つまり、FaceRigでアバター動画を1個作り、キャプチャーソフトでゲーム動画を1個作ります。最後に、2個の動画を編集ソフトで1個に合成するのです。

録画で入れるパターン

編集まえのゲームを録画する段階でアバターを画面に入れる方法です。つまり、アバターを画面に入れた状態で録画します。

  1. キャプチャーソフトのほうで、FaceRigのアバターを入れる設定をする。
  2. 緑色の背景を消す。
  3. ゲームを録画する。

この方法であれば、ゲーム画面、ゲーム音、マイク音、アバター、すべてをキャプチャーソフトで録画し、動画に入れることができます。

FaceRigとOBS

どちらがよいか

では、アバターを編集段階で入れる方法と、録画段階で入れる方法、どちらがよいのでしょうか。結論としては、どちらでもかまいません。

前者は、アバター画像を編集で加工しやすいメリットがあります。たとえば、アバターを任意のタイミングで左から右に起動させたり、拡大するというようなことも、すべて編集で可能です。

ただ、そのような編集は必要ないということであれば、後者のやり方がよいでしょう。録画段階でアバターを入れるほうが、方法としてはシンプルです。また、動画を出力するための待ち時間もありません(後述)。

編集でアバターを入れるやり方

必要なもの

必要なものは、以下のとおりです。

  • FaceRig
  • Webカメラ
  • マイク
  • ゲームを録画する機材・ソフト
  • クロマキー機能を搭載する編集ソフト(例 : AviUtl

クロマキーというのは、背景を透明にできる機能のことです。ほとんどの一般的な編集ソフトの場合、同機能があります。

アバターの背景の緑色の部分を編集ソフトで消すので、クロマキー機能が必要です。

FaceRigの録画機能

FaceRigの録画機能を使いこなすには、少し慣れが必要かもしれません。

まず、ベーシックUIに切り替えましょう。通常はアドバンスUIがよいのですが、録画時はベーシックUIのほうが簡単です。

ベーシックUI

アドバンスUIの場合は、(1)リプレイファイル(拡張子は「.rpl」)というものを作成し、(2)それを手動で読み込んで動画を出力しなくてはいけません。

上矢印のボタンをクリックすると、録画が開始します。ゲームについても、別途録画しておいてください。

録画開始

任意のタイミングで録画を停止し、「ムービーを保存する」をクリックします。

録画停止

動画の保存場所を選択し、「保存」をクリックしましょう。すると、動画が出力されます。ここは完成まで時間がかかります。

動画の出力

動画の拡張子は「.webm」です。WebM形式はMP4形式と比べると知名度は低いですが、覚えておいてください。

各種設定について

FaceRigのほうでマイク音声(自分の声)も録音したい場合は、アドバンスUIに切り替えてください。そして、歯車アイコンから「デバイス」タブを開き、使用するマイクを「オーディオ録画デバイス」で選択しておく必要があります。

マイク

キャプチャーソフトのほうは、マイクの音を入れない設定にしておきましょう。2個の動画を合成したときマイク音が二重になるのを防止するためです。

ボイスチェンジャーやエコーなどのエフェクトは、アドバンスUIの「音声エフェクト」から使うことができます

音声エフェクト

編集ソフトで合成・透過

アバターの動画を保存したら、つぎはゲームの動画と合成します。このあたりは、動画編集ソフトごとに方法が違ってきます。

たとえばAviUtlの場合、WebM形式のアバター動画を読み込むためには以下の準備が必要です。

  • L-SMASH Worksを導入
  • 「exedit.ini」に動画の拡張子を追加する

この2点ができていないと、WebM形式の動画を読み込めません。詳細は下記ページをご覧ください

AviUtlで動画を読み込めないとき、試すべき10個の対処法
AviUtlで動画を読み込めない場合、どのようにして対処すればよいのでしょうか。 具体的には、以下のような症状が発生したときです。 ...

クロマキーは簡単です。以下は、AviUtlでのやり方です。

  1. 設定ダイアログの「+」アイコンをクリックする。
  2. 「クロマキー」を選択する。
  3. 「キー色の取得」をクリックし、そのあと緑色の部分をクリックする。

AviUtlとクロマキー

録画でアバターを入れるやり方

必要なもの

必要なものは、以下のとおりです。

  • FaceRig
  • Webカメラ
  • マイク
  • ゲームを録画する機材・ソフト
  • クロマキー機能を搭載するキャプチャーソフト、または配信ソフト

録画用のソフトは、なんでもよいというわけではありません。たとえば、ライブ配信用のソフトであるOBS Studio(以下OBS)の録画機能を使います。TVゲームとPCゲーム、どちらにも対応できます。

録画開始

また、AverMediaのキャプチャーボード(例 : GC550)を持っているなら、付属ソフトのRECentral 4を使用する方法でもかまいません。クロマキー機能を搭載しており、OBSと同じようにできます。

仮想カメラ出力をONにする

ブロードキャストに切り替え」をONにします。ここがOFFになっていると、OBSやRECentral 4などの外部のソフトにアバターが映りません。

ブロードキャストに切り替え

OBSを使う場合

OBSの使い方は、おおよそ以下のように考えてください。

  1. OBSにゲーム画面を映す。
  2. OBSのゲーム画面上にアバターを映す(上述の仮想カメラ出力ON必須)。
  3. クロマキーで、アバターの緑色の背景を透明にする。
  4. 録画の設定、およびマイクの設定を行う。
  5. OBSで録画を開始する。

OBSにゲーム画面を映す方法は、TVゲームとPCゲームで設定方法が異なります。詳細は下記ページに書いておきました。録画設定についても併せて確認しましょう。

OBS + キャプチャーボードで、TVゲームを高画質録画する設定方法
OBS Studio(以下OBS)を使って、TVゲームを高画質に録画するにはどうしたらよいのでしょうか。 このページで扱ってい...
【OBS Studio】PCゲームを高画質に録画するための設定ガイド
OBS Studio(以下OBS)を使って、PCゲームを高画質に録画するにはどうしたらよいのでしょうか。 このページで扱ってい...

アバターをOBSに映す方法や、クロマキーの方法については、下記ページをご覧ください。設定方法はライブ配信の場合と同じです。

FaceRigをゲーム配信・生放送で使うときの設定方法
バーチャルYouTuber(Vtuber)のように生配信でFaceRigを使う場合、どのような設定にすればよいのでしょうか。 ...

RECentaral 4を使う場合

もしAVerMedia製のキャプチャーボードを持っているのであれば、RECentral 4を使いましょう。OBSよりも簡単です。

まずはマルチモードに切り替えます。

マルチモード

つぎに、「ソース」の「+」アイコンをクリックし、「Device」を選択してください。

「Device」を選択
▲ゲーム画面は、『Marvel's Spider-Man』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)より

「キャプチャーデバイスの選択」で「FaceRig Virtual Camera」を選択します。

「FaceRig Virtual Camera」を選択

すると、ゲーム画面上にアバターが表示されます。FaceRigの仮想カメラ出力(上述)をONにしていることが前提です。アバターのサイズ・位置は、好みで調整してください。

緑色の背景を透過させたい場合は、以下のようにクロマキーの設定をしましょう。

  1. 「FaceRig Virtual Camera」を選択し、ペンのアイコンをクリックする。
  2. 「背景の除去」タブを開く。
  3. 「背景色」を「カスタム」にし、スポイトのアイコンをクリックしたあと、画面の緑色の部分をクリックする。
  4. 「許容値」で透明になる部分を調整する。
  5. 「OK」をクリックする。

RECentralとクロマキー

マイクの音の入れ方など、RECentral 4の詳しい使い方については、以下のページをご覧ください。

参考 RECentral 4の使い方

補足 : さまざまなソフト

録画でアバターを入れる場合、一例として以下のソフトを使うこともできます。いずれもクロマキー機能を搭載しています。

  • XSplit
  • Streamlabs OBS(無料)
  • N Air(無料)
  • GOM Cam
  • Action!

また、編集でアバターを入れる場合、FaceRigの録画機能を使わず、Bandicamを使ってもかまいません。2~7は、すべてBandicam側の設定です。

  1. FaceRigで仮想カメラ出力をONにする。
  2. 「ビデオ」→「詳細設定」→「Webカメラ」タブの順にクリックする。
  3. 「Webカメラ映像をキャプチャーする」にチェックを入れる。
  4. 「Webカメラ映像を別のファイルに保存する(.mp4)」にチェックを入れる。
  5. 「デバイス」を「FaceRig Virtual Camera」にする。
  6. 「OK」をクリックする。
  7. Bandicamで録画を開始する。
  8. ゲーム動画とアバター動画の2種類ができるので、編集で合成する。

Bandicam

まとめ

いずれの方法も、一長一短があります。

よく見かけるのは、OBSでアバターを入れて録画する方法です。OBSは無料かつ多機能なソフトなので、使いこなせるなら優れたやり方といえます。

OBS Studioの詳しい使い方・設定方法
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料の配信ソフトです。詳しい使い方を見ていきましょう。 OB...

ただ、OBSにゲーム画面を映す段階でつまずく人もいるでしょう。重要なのは、自分が使いやすいソフトでアバターを入れることです。

ひとつの方法にこだわらず、いろいろな方法を試してみてください。

個人的には、RECentral 4の使用を推しておきます。同ソフトは、GC550を購入すればついてきます。

関連 【キャプチャーボード】GC550を3年使ったので、本音を打ち明けることにした

スポンサーリンク
レクタングル(大)