あの配信者・VTuberも使っているOBSでできること。無料なのに無限の可能性

この記事をシェアする

OBS Studio(以下OBS)でどのようなことができて、何に使うのでしょうか。

OBS Studio

さまざまなことができる定番ソフトですが、大きく2種類のことができます。

  • ライブ配信
  • 録画

とはいえ、これだけでは具体的なイメージが湧きません。OBSが搭載している機能についてザッと見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

ライブ配信できる

どんな配信にも対応

OBSを使えば、ありとあらゆる配信ができます。ここでいう配信とは、リアルタイムで行うライブ配信(生放送)のことです。

説明
ゲーム配信 ・TVゲーム(例 : Switch、PS4/PS5)
・PCゲーム(例 : Steam)
・スマホゲーム
雑談配信 ・静止画像、動画を視聴者に見せる
・PCの画面を視聴者に見せる
顔出し配信 ・自分の顔を視聴者に見せる
・ゲーム画面の片隅に小さく顔を入れる
歌配信 ・歌声 + BGMを視聴者に聞かせる
お絵かき配信 ・お絵かきソフトの画面を視聴者に見せる

たとえば、OBSを使ってよく行われるのがゲーム配信でしょう。「どうやってゲーム画面を視聴者に見せているんだろう?」と思うかもしれませんが、まずはOBSをPCにインストールすればよいのです。

OBS Studio

もちろん、ゲーム音自分の声も流せます。もしDiscordで通話しているなら、その通話相手の声も同様に流せます。

VTuberになって配信したい」という人も安心してください。自分の姿(アバター)をOBSで映せます。


Animazeより

また、配信者がよくやっている画面の切り替えも人を惹きつける機能でしょう(シーン機能)。ワンクリックででき、難しくありません。エフェクトも変えられます。

どんなサイトにも対応

配信サイトがPC配信に対応していれば、OBSで配信できます。

  • YouTube
  • Twitch
  • ツイキャス
  • ニコ生
  • ミラティブ
  • OPENREC
  • Mildom
  • SHOWROOM
  • TikTok
  • 17LIVE
  • その他

日によって、あるいは目的や気分によって配信サイトを使い分けたいという人もいるかもしれません。この場合は、配信サイトごとに設定を分けて保存しておけます(プロファイル機能)。

プロファイル

OBS以外で必要なものは?

さきほどOBSでゲーム配信ができると述べました。しかし注意したいのですが、OBSだけでゲーム配信ができるとは限りません

ゲーム生配信のやり方、必要機材とは?配信サイト・ゲーム機ごとに解説
当サイトでは、ゲーム配信のやり方、配信方法、必要な機材・ソフトを 配信サイトごと ゲーム機ごと という2つ...

たとえば、Switchのゲーム配信をしたいとしましょう。OBSだけを用意してもできません。そのままではSwitchのゲーム画面をPCに映せないからです。

Switch

ではどうすればよいのかというと、キャプチャーボードという機材が必要になります。SwitchはPCに接続するのではなく、キャプチャーボードに接続します。

キャプチャーボードの接続方法

GC550 PLUS Game Capture HD60 S GV-USB3/HD
製品画像
接続方式 USB 3.0 USB 3.0 USB 3.0
エンコード方式 ソフトウェアエンコード ソフトウェアエンコード ソフトウェアエンコード
対応ゲーム機 Switch
PS4/PS5
Switch
PS4/PS5
Switch
PS4/PS5
パススルー出力 ○(4K対応)
解説・レビュー こちら こちら こちら
備考 編集ソフト付属 低遅延 編集ソフト付属

キャプチャーボードを購入するなら、接続方法遅延のことなど、最低限の知識は必要です。詳細については、下記ページをご覧ください。

キャプチャーボードとは何か。ゲーム実況で必要な理由がピンとこない人へ
ゲーム実況で必要な機材のひとつに、キャプチャーボードがあります。 端的に言うと、キャプチャーボードがあればTVゲーム機の画面を...
【2021】失敗してわかった。おすすめキャプチャーボードを8個紹介します
自分に合ったキャプチャーボードを選ぶのは、ほんとうに苦労します。こんな人はいませんか? 製品が多すぎて、どれを買ったらよいか...

なお、PCゲームスマホゲームの場合は、キャプチャーボードは必要ありません。

録画もできる

本来、OBSはライブ配信用のソフトですが、録画機能も搭載されています。「録画開始」ボタンがそれです。

録画開始

当然、実況動画も作れます。OBSユーザーのなかには、「配信をやったことはないが、録画目的で使っている」という人も珍しくありません。

配信しつつ同時に録画も可能です。自分で配信の切り抜き動画を作り、あとでYouTubeなどに投稿したい人にも向いているでしょう。

ゲーム実況以外の用途でも使えます。たとえば、Zoomで行われている授業や会議を録画することもできます。

ただ、OBSを録画用途で使うとしても動画編集はOBSではできません。そのような機能はないからです。動画編集ソフトを別途用意しましょう。

厳選4本。おすすめ動画編集ソフトを選び抜きました。PC用無料・有料
動画編集ソフトを選ぶのは一苦労です。困っている人が多いかもしれません。 下表をご覧ください。この4つの動画編集ソフトを基本に選...
使いやすい初心者向けの動画編集ソフト、4本集めました
初めて動画編集をするなら、簡単に使える動画編集ソフトを選びましょう。 下表をご覧ください。この4つの動画編集ソフトをご紹介しま...
スポンサーリンク
レクタングル(大)

フィルターで映像・音声を加工できる

映像・音声はそのままでは味気なかったり、品質的にイマイチなことがあります。そこで必要に応じて加工しましょう。フィルター機能の出番です。

「フィルタ」をクリック

同機能でできることは多岐にわたります。

  • マイク音声のノイズを除去する
  • 音量を揃える、大きくする(コンプレッサー
  • 背景を透明にする(クロマキー合成)
  • 映像を明るくする
  • 映像を任意の形に切り抜く
  • 文字を一定方向に流す(スクロール

いちばんよく使われるのがノイズ除去かもしれません。たとえば、キーボードのタイプ音や、マウスのクリック音などはフィルターで消せます。

ノイズ抑制

顔出し配信といえばクロマキー合成でしょう。自分の後ろに映っている背景(通常は緑色の布)を消すことで、まるで画面内に自分が溶け込んだような映像になります。

2個の画面

プラグインで機能を拡張できる

OBSを使うようになると、プラグインのお世話になる機会が出てくるかもしれません。

というのも、OBSでは本来できないことであってもプラグインを入れることでできるようになることがあるからです。

たとえば、Discordを使って通話したいのだけれども、通話相手の声は配信で流したくないという場合、「win-capture-audio」というプラグインで解決しましょう。

特定のウィンドウをキャプチャ

そうすれば、配信に乗せる音、乗せない音をOBSで選べるようになります。

なお、楽曲制作しているユーザーにとっては馴染み深いVSTプラグインにも対応しています。

Webサービスと連携できる

一例ですが、YouTubeやTwitchで配信する場合、Streamlabsというサービスを使うと視聴者のコメントを配信画面に映せます

Streamlabs

また、ZoomやDiscordにOBSの画面を出力することもできます(仮想カメラ機能)。ただし、ゲーム音などについてはまた別問題なので注意してください。

仮想カメラ

より詳しく

OBSは世界中で使われているスタンダードなソフトです。多くの有志・スポンサーがプロジェクトに関与しており、できることがどんどん増えていきます。

しかし、私たちユーザーが最初からそのすべてを試すのは難しいでしょう。まずはOBSの基本をマスターすることが重要です。欲張りすぎるとゴールが見えません。

【図解】やさしいOBS Studioの使い方。ゲーム配信者のための設定ガイド
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料のライブ配信用ソフトです。詳しい使い方を見ていきましょう。 ...

また、今回書いたことはOBSでできることのほんの一部にすぎません。基本的な機能をマスターしたあとは、便利機能を使ってみてください。

【OBS】知っていると、チョットだけ得するかもしれない便利機能まとめ
OBS Studio(以下OBS)には、知っておくと便利な機能がたくさん搭載されています。 もちろん、知らなくても配信はできる...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)