まるで魔法。マイクのノイズが消える。NVIDIA Broadcastの使い方

この記事をシェアする

マイクにノイズが入って困っているなら、NVIDIA Broadcastの出番です。

NVIDIA Broadcast

たとえば、以下のようなノイズを除去できます。

  • キーボードのタイピング音、打鍵音
  • マウスのクリック音
  • サーッ」という音
  • PCのファンの音
  • その他、環境音

実際に動画を見たほうが早いかもしれません。下記動画では、途中からドライヤーの音(ノイズ)が完全に消えています

NVIDIA RTX Voice test with hairdryer

類似ソフトとして「RTX Voice」がありますが、NVIDIA Broadcastはその正式版です。

【スポンサーリンク】

バーチャル背景も使える

NVIDIA Broadcastの機能は、ノイズ除去だけではありません。以下のような機能もあります。

  • 背景除去
  • 背景ぼかし
  • 自動フレーム
Webカメラで自分の顔を映す機会がある人向けの機能です。ビデオチャットや、Web会議で使うのもよいかもしれません。

背景除去は、自分の後ろに映っている背景を自動的に消す機能です。部屋を見られたくない場合に役立つでしょう。グリーンバックは必要ありません。

背景除去
▲出典 : YouTube「NVIDIA Broadcast App | Push the Limits With AI-Powered Voice and Video」より

自分の後ろの背景をぼかすこともできます。これを使うと、視聴者はあたかも一眼カメラを使っているかのような錯覚に陥ることでしょう。

背景ぼかし
▲出典 : 同上

自動フレームは、頭や体の動きを追尾して、画面中央に人を捉える機能です。具体的な効果は上記動画を参照してください。

動作環境を確認しよう(重要)

注意したいのですが、NVIDIA Broadcastを使うためにはGeforce RTXシリーズグラフィックボード(GPU)が必要です。

  • NVIDIA GeForce RTX
  • Quadro RTX
  • TITAN RTX

GPU

GTXシリーズは、NVIDIA Broadcastに対応していません。ただ、ベータ版であるRTX Voiceであれば同シリーズでも使えます。

用語の意味がよくわからない場合は、実際にPCスペックを確認してみましょう。

  1. デスクトップ画面下部(空白部分)で右クリックする。
  2. タスク マネージャー」をクリックする。
  3. 「詳細」をクリックする。
  4. 「パフォーマンス」タブを開き、「GPU」の部分をクリックする。

GPU

準備しよう

NVIDIA Broadcast

公式サイトでダウンロードできます。

  1. 公式サイトにアクセスする。
  2. 「今すぐダウンロード」をクリックする。

公式サイト

ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、画面を順に進めていけばインストール完了です。

グラフィックドライバーのバージョンに注意してください。これが古い場合、下記画像のようなエラー画面が出ます。GeForce Experienceを使ってバージョンを456.38以上にアップデートしましょう。

ドライバー

なお、RTX Voiceがインストールされている場合、同ソフトはアンインストールされます。

配信ソフト、チャットソフト

NVIDIA Broadcastは、単体では意味がありません。必ず配信ソフトチャットソフトとともに使う必要があります。

たとえば、以下のようなソフトを用意しましょう。

ここに掲載していないソフトであってもNVIDIA Broadcastは使えます。筆者が試した範囲では、BandicamShadowPlayでも使用できました。

NVIDIA Broadcastで設定しよう

大まかな設定方法

NVIDIA Broadcastの使い方は、2ステップです。

  1. NVIDIA Broadcastで設定する。
  2. 配信ソフト・チャットソフトで設定する。

マイク・カメラと、配信ソフト・チャットソフトの中間で各種処理を行うのがNVIDIA Broadcastの役割です。

仮想デバイス

まずは、NVIDIA Broadcast側の設定方法から見てきましょう。マイクとカメラの設定を行います。

マイク

使用するマイクを「マイク ソース」で選択します。ここで選択したマイクの音をNVIDIA Broadcastが受け取ってノイズ除去し、各アプリに出力します。

マイク選択

場合によっては、Windows 10の既定のデバイスを意味する「(Default Device)」でもかまいません。ただ、自分でマイクを指定したほうがより確実です。

Windows 10でマイク・ヘッドセットを使う。ゲーム実況で必須、サウンド設定の方法
マイクをPCで使うとき、忘れがちなのがWindows側の設定です。 これを行わないと、トラブルが起きることがあるかもしれません...

つぎに、「効果」の部分でエフェクトをONにしてください。これでノイズ除去が有効になりました。

エフェクトをONに

「強度」では、ノイズ除去の強弱を調整できます。右側の部分で録音テストができるので、実際にテストしながら設定しましょう。

強弱、テスト

スピーカー

ここは基本的に設定不要です。

スピーカー

PCの音をノイズ除去して再生したい場合に効果がありますが、今回はOFFにしておいてください。

カメラ

顔出し配信など、Webカメラや一眼カメラを使って自分を映したい場合にかぎり、必要となる設定です。自分を映さない場合は、設定する必要はありません。

カメラ

設定方法ですが、使用するカメラを「カメラソース」で選択します。ここで選択したカメラの映像をNVIDIA Broadcastが受け取り、エフェクトを適用したあと各アプリに出力します。

カメラ選択

つぎに、「効果」の部分でエフェクトをONにしてください。これで各種エフェクトを有効にできます。

エフェクトをONに

エフェクトの意味は、以下のとおりです。

説明
背景ぼかし 自分の後ろに映っている背景をぼかす
背景交換 背景を別画像に置き換える(バーチャル背景)
背景の削除 背景を除去し、透明にする
オートフレーミング 自分の頭の動きに追従させ、画面の中心に捉える
スポンサーリンク
レクタングル(大)

使用するアプリで設定しよう

ここまでできたら、あとは各アプリ側の設定をするだけです。具体的には、「NVIDIA Broadcast」を選びましょう。

すると、NVIDIA Broadcastと各アプリが連携できるようになります。

OBS Studio

まず、マイクの設定です。

  1. 「設定」→「音声」の順にクリックする。
  2. 「マイク音声」で「マイク (NVIDIA Broadcast)」を選択する。
  3. 「OK」をクリックする。

マイク

カメラを使用する場合は、以下のように設定してください。

  1. 「ソース」に「映像キャプチャデバイス」を追加する。
  2. 「デバイス」で「Camera (NVIDIA Broadcast)」を選択する。
  3. 「OK」をクリックする。

カメラ

OBS Studioの詳しい使い方・設定方法
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料のライブ配信用ソフトです。詳しい使い方を見ていきましょう。 ...

Streamlabs OBS

マイクの設定

  1. 左下の歯車アイコンをクリックする。
  2. 「オーディオ」をクリックする。
  3. 「マイク/補助デバイス1」で「マイク (NVIDIA Broadcast)」を選択する。
  4. 「完了」をクリックする。

カメラの設定

  1. 「ソース」に「ビデオ キャプチャー デバイス」を追加する。
  2. 「デバイス」で「Camera (NVIDIA Broadcast)」を選択する。
  3. 「完了」をクリックする。
Streamlabs OBSの詳しい使い方・設定方法
Streamlabs OBS(以下、SLOBS)は、無料で使えるライブ配信用ソフトです。使い方を詳しく見ていきましょう。 SL...

XSplit Broadcaster

マイクの設定

  1. 歯車アイコンをクリックする。
  2. 「マイク」で「マイク (NVIDIA Broadcast)」を選択する。
  3. 「OK」をクリックする。

カメラの設定

  1. 「ソースの追加」をクリックする。
  2. 「デバイス(ウェブカメラ、キャプチャーカード...)」→「ビデオ」で「Camera (NVIDIA Broadcast)」を選択する。
XSplitの詳しい使い方・設定方法
XSplit Broadcaster(以下XSplit)は、SplitmediaLabs Ltd.社が開発している配信ソフトです。 ...

Discord

マイクの設定

  1. 左下の歯車アイコンをクリックする。
  2. 「音声・ビデオ」をクリックする。
  3. 「入力デバイス」で「マイク (NVIDIA Broadcast)」を選択する。
  4. その下にある「ノイズ抑制」をOFFにする。

マイク

カメラの設定

  1. 左下の歯車アイコンをクリックする。
  2. 「音声・ビデオ」をクリックする。
  3. 「カメラ」で「Camera (NVIDIA Broadcast)」を選択する。

カメラ

その他

ひょっとしたら、「自分が使うアプリの設定が載っていない」という人もいるかもしれません。

その場合、2つのことだけ覚えておけば簡単に設定できます。

  • マイクの設定 : 「マイク (NVIDIA Broadcast)」を選択
  • カメラの設定 : 「Camera (NVIDIA Broadcast)」を選択

たったこれだけです。カメラを使わないのであれば、2番めの設定は必要ありません。また、公式サイトにも設定例が掲載されています。ぜひ参考にしてください。

参考 NVIDIA Broadcast アプリケーション: セットアップ ガイド(外部サイト)

ノイズ除去の二重適用に注意

近年の配信ソフト・チャットソフトには、マイクのノイズを除去する機能が搭載されていることがあります。

ノイズ除去

その場合、誤動作を避けるため配信ソフト・チャットソフト側のノイズ除去機能はOFFにしてください。

つまり、NVIDIA Broadcastのほうだけでノイズ除去し、ほかのソフトの類似機能は使わないようにします。

公式サイトには、以下のような記載があります。

ノイズ キャンセルなど、NVIDIA Broadcast のものと似たエフェクトがアプリケーションによって適用されることがあります。

エフェクトを二重に適用すると、しばしばエフェクトに誤動作が起こります。

お使いのアプリケーションやドライバーでそのようなエフェクトを無効にすることをお勧めします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)