【OBS Studio】マイク音量が小さいときの対処法。コンプレッサーなど全5種類

この記事をシェアする

OBS Studio(以下OBS)を使用していて

  • マイクの音が小さい
  • マイクが音を拾ってくれない
  • マイクの音を大きくしたい

と感じたとき、どのようにして対処すればよいのでしょうか。その方法を見ていきましょう。

レベルメーターで音量を確認しよう

マイク音量が小さいかどうかは、OBSの「ミキサー」部分にあるレベルメーターを見ればわかります。

レベルメーター

マイクに大きな声を入れたとき、黄色の範囲に収まるのが理想です。たまに赤色の部分にはみ出す程度なら、それも問題ありません。

つねに赤色の範囲だと、音割れ(クリッピング)する可能性が高くなるので注意しましょう。音割れすると、レベルメーター全体が一瞬赤く点灯します。

音割れ

では、もし緑色の範囲で、しかもずっと左側部分でしか動かないという場合はどうでしょうか。このときは、マイク音量が小さいと思ってください。もしBGMを再生したとしたら、配信者の声はかき消されて視聴者に聞こえません。

音が小さい

基本的な点を確認しよう

まず、以下の2点を確認しましょう。

  • マイクと口の距離・角度は適切か
  • 大きな声で話しているか

マイクと口の距離・角度が不適切だと、音量・音質に悪影響が出ます。とくにスタンドマイクを使用している場合、マイクが離れがちになるので注意してください。

また、もしオーディオインターフェイスを導入している場合は、物理的なノブ・つまみ、フェーダーでマイク音量を調節できます。

オーディオインターフェイスのノブ

Windowsの設定を変更しよう

Windowsのサウンド設定画面を開いて、録音デバイスの「マイク」の音量を最大にする方法です。

  1. デスクトップ画面右下にあるスピーカーアイコンを右クリックし、「録音デバイス」を選択する。
  2. 「マイク」をダブルクリックする。
  3. 「レベル」タブを開き、「マイク」の音量を最大にする。
Windowsの録音デバイスのマイク音量
▲画面に表示される項目名は、PC環境によって異なります。
「マイク」の音量は、最大にしておけば問題ありません。ここは基本的に固定しておき、ほかの部分でマイク音量を調整します。

なお、「マイク ブースト」の設定項目がある場合、基本的にはOFFにしておきましょう。OBS使用時は、とくに使う必要がないからです。

ミキサーパネルの設定を変更しよう

マイク

OBSの「ミキサー」にある「マイク」音量が最大になっているか、確認してください。ここも通常は最大でかまいません。マイク音量を小さくしたいときだけ、スライダーを左に移動させます。

ミキサーのマイク音量

「ミキサー」の歯車アイコンから「オーディオの詳細プロパティ」で、マイク音量をさらに上げることもできます。

オーディオの詳細プロパティ

「マイク」の部分は、最大で2,000まで設定できるようになっています。ただし、実際にはノイズも増幅されるので、ここまで大きな数字は入力しません。

オーディオの詳細プロパティ

デスクトップ音声など

ゲーム配信や雑談配信では、配信者の声を聞きやすくするためにBGMは少し下げましょう。そのとき設定するのが、「ミキサー」にある「デスクトップ音声」「映像キャプチャデバイス」「メディアソース」です。

デスクトップ音声と映像キャプチャデバイス

重要なのは、声とBGMのバランスです。両者の音量バランスは、視聴者には調整できません。したがって、配信者側でコントロールする必要があるのです。

音声フィルターを追加しよう

OBSでは、音声フィルターを追加してマイク音量を上げる方法があります。

まず「マイク」の歯車アイコンをクリックしてください。そして、「フィルタ」を選択します。

音声フィルターの追加

表示された設定画面で「+」をクリックすると、「ゲイン」と「コンプレッサー」の2種類があります。前者から見ていきましょう。

音声フィルターの追加

なお、追加した音声フィルターは、「-」をクリックすれば削除できます。

ゲインを使おう

ゲインは、単純に音量を上げる音声フィルターです。スライダーを右に動かすほどマイクの音が大きくなります。

ゲイン

レベルメーターを見ながら音量を調整してください。最大で30dB(デシベル)まで設定できますが、やはり音質の問題があるので最大にはしません。

コンプレッサーを使おう

コンプレッサーをかける意味

コンプレッサー(コンプ)は、ゲインよりも複雑な音声フィルターです。音量を大きくできる点ではゲインと同じですが、音のバラつきを整えたうえで大きくできる点が異なります。

コンプレッサー

具体的には、以下のような効果があります。

  • 大きな音を潰し、音量の大小をそろえて聞きやすくする
  • 音全体を持ち上げて大きくする
  • 音の密度を高める、音圧を上げる、迫力を出す
「大きな音を潰す」という点が重要です。そうすることで、大きな音と小さな音との音量差が少なくなり、結果的に全体の音量を底上げしやすくなるのです。

コンプレッサーは、効果を実感できない場合があるかもしれません。意図的に強くかけることもできますが、やりすぎると音がゆがみます

閾値

閾値(スレッショルド)は、「しきいち」と読みます。スレッショルドは音を潰すかどうかの基準です。これよりも大きな音だけを潰すことになります。スレッショルドよりも小さな音に対しては、影響しません。

閾値

たとえば、スレッショルドを-18dBに設定したとして、-10dBの音がマイクに入力された場合は、コンプレッサーがかかります。逆に-30dbの音が入力された場合は、コンプレッサーはかかりません。

比率

比率(レシオ)は、スレッショルドよりも大きな音量をどのくらい潰すのかという設定です。

比率

たとえば、レシオを10:1にした場合、スレッショルドで設定した音よりも大きな音が入力されたとき、この音を10分の1にします。初期設定の10:1は、音をしっかりと潰す設定です。

アタックタイム

アタックタイムは、スレッショルドを超えた音を、どのくらいの時間をかけてレシオで設定した音量まで潰すか、という設定です。

アタックタイム

たとえば、アタックタイムが6ms(ミリセカンド)で、レシオが10:1だとしましょう。この場合、スレッショルドで設定した音よりも大きな音を、6msという時間をかけて10分の1の音量にします。1msは0.001秒です。

リリースタイム

リリースタイムは、アタックタイムとは逆の設定です。スレッショルドを下回った音に対して、どのくらいの時間をかけてコンプレッサーを解除するか決めます。

リリースタイム

出力ゲイン

音を潰すとスレッショルドを超えた音量は小さくなります。また、スレッショルドを超えていない音量についても大きくしたいところです。そこで、出力ゲインで全体の音量を大きくしましょう。

出力ゲイン

「サーッ」というノイズについて

マイクの音をゲインやコンプレッサーで大きくすると、「サーッ」というノイズも大きくなったはずです。

この場合、

  • 口元とマイクの距離を近づける
  • 大きな声を出す
  • ノイズ源をマイクから離す、ノイズを止める
  • ゲインを下げる
  • 高音質なオーディオインターフェイス・マイクを導入する
  • OBSの音声フィルターを使って、ノイズを除去する(最後の手段)

といった対処法が考えられます。

OBS Studioでマイクのノイズを除去して、高音質にする方法
OBS Studio(以下OBS)には、マイクのノイズを除去(低減)するための機能が搭載されています。ノイズ抑制とノイズゲートです。 ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)