【ガイド】GC573の使い方・設定方法

この記事をシェアする

GC573の使い方について見ていきましょう。

GC573の接続図

この記事を読めば、以下のことをマスターできます。

  • 接続方法、つなげ方
  • ソフトのインストール方法
  • ゲーム画面の映し方
  • ゲーム実況のやり方(録画・ライブ配信)
  • HDR録画のやり方
スポンサーリンク

初めに必ず確認しよう(レビューもこちら)

もしGC573をまだ購入していないという場合は、あらかじめ下記ページをご覧ください。製品を購入するまえに確認しておくべき点をまとめました。

ゲーム実況で使うGC573の購入ガイド・レビュー
もし4K/60fps HDRで録画したいなら、GC573です。これは、AVerMediaから発売されているハイエンドモデルのキャプチャーボー...

ソフトをインストールしよう

RECentral、ドライバー

まず、本製品をPCI Express x4スロットに接続します。同スロットがない場合は、PCI Express x16スロットでもかまいません。

PCIe

そのうえで「RECentral」をインストールしましょう。GC573付属のキャプチャーソフトです。

  1. 公式サイトにアクセスする。
  2. ソフトウェア&ドライバー(PC版)」の「DOWNLOAD」ボタンをクリックする(最新版でよい)。
  3. ダウンロードしたEXEファイルをダブルクリックする。
  4. 画面を順に進めていく。
  5. インストールが完了する。

公式サイト

PowerDirector 15 for AVerMedia

動画編集したいのであれば、「CyberLink PowerDirector 15 for AVerMedia」もインストールできます。必要ならばこちらからダウンロードしましょう。

PowerDirector

編集ソフトのインストール中、プロダクトキーの入力を求められますが、GC573同梱のカードに掲載されています。

ゲーム機をGC573に接続しよう

Switch

Switchの場合は、本体をドックに装着してTVモードにします。

Switch

イヤホンをSwitchに接続しているのであれば外します。そうしないと、ゲーム音がPCから出ません。

PS4

PS4の場合は、接続するまえに本体側の設定でHDCPを無効にしておいてください。有効だとゲーム画面がPCに映りません。

PS4

また、イヤホンもPS4本体、またはコントローラーから取り外します。そうしないとゲーム音がPCから出ません。

ヘッドセットの取り外し

参考 PS4のボイスチャットを入れて録画する方法

PS3

PS3を接続するさい、そのまま本製品にHDMI接続してもゲーム画面は映りません。PS3のHDMI出力には、コピーガードであるHDCPが入っているからです。

対策としては、下記画像のようなHDMI分配器を使って、ゲーム機と本製品のあいだに噛ませる方法があります。

PS3

iPhone

iPhoneを接続するには、Lightning - Digital AVアダプタが必要です。

iPhone

イヤホンをiPhoneに接続している場合は外し、マナーモードを解除してください。そうしないと、スマホの音がPCから出ません。

ゲーム画面をRECentralに映そう

  1. ゲーム機の電源を入れます。
  2. ゲーム機の電源

  1. デスクトップにあるショートカットアイコンをダブルクリックして、RECentralを起動します。
  2. 付属ソフトを起動

  3. シングルモードにします。マルチモードでもよいのですが、簡単に使えるシングルモードにしておきましょう。
  4. シングルモードとマルチモード

  5. iPhoneを接続している場合は、画面左上にある歯車アイコンからRECentralのHDCP検出機能をOFFにします。ONになっているとゲーム画面をプレビュー・録画できません。設定方法については、こちらをご覧ください。
  6. HDCP検出機能をOFFに

  7. ゲーム画面がRECentralに映り、またゲーム音もPCから聞こえてきます。
  8. プレビュー

  9. シングルモード時にゲーム画面をダブルクリックすると、フルスクリーン表示になります。
  10. かりに4K/60fpsの映像を映していて、1080p/60fpsに落としたい場合は、「録画品質」の設定を変更しましょう。
  11. 録画品質
    ▲この「+」をクリックし、「解像度」を「1920x 1080」に、「フレームレート (FPS)」を「60」にするだけです。

パススルー出力しよう

パススルーとは

パススルー出力は、ゲーム画面をTVにも出力する機能です。TVに映っているゲーム画面を見ながらプレイすれば、GC573の遅延の影響は受けません。

パススルー

パススルー出力するメリット・必要性は、遅延を回避できる以外にも複数あります。

  • 大画面TVでゲームをプレイできる。
  • 4K/60fps HDRでゲームをプレイできる。
  • HDR録画するためには、パススルー出力必須。

パススルーのやり方

TV、またはモニターを別途用意し、GC573とHDMIケーブルで接続してください。特別な設定は必要ありません。

TV、モニター

本製品の「OUT」と書かれてあるHDMI端子とTVをつなぎます。「IN」とまちがえないようにしてください。

PCをスリープにしたり、PCをシャットダウンすると、パススルー出力が停止します。この点はパススルー出力の不便な点かもしれません。

2つあるキャプチャーボードの遅延対策。パススルー出力と、分配出力
キャプチャーボードには、遅延(タイムラグ)があります。 場合によっては、これが原因で快適にゲームをプレイできないことがあるでし...

録画のやり方を理解しよう

ゲーム画面を録画するには、録画ボタンをクリックしましょう。録画を終了するときは同ボタンを再度クリックします。

録画
▲録画ボタン

保存された動画は、画面左上のフォルダーアイコンから再生できます。

フォルダーアイコン
▲フォルダーアイコン

1080p/60fpsで録画したい場合は、「録画品質」の設定を変更したうえで録画を開始しましょう。

録画品質

ゲーム実況で自分の声を動画に入れる方法など、録画関連の機能については下記ページをご覧ください。設定方法はGC550の場合と同じです。

【ガイド】GC550、GC550 PLUSの使い方・設定方法
GC550、およびGC550 PLUS(以下PLUS)の2製品の使い方について見ていきましょう。 この記事を読めば、以下の内容...

HDR録画しよう

HDR録画するためには、順を追って作業を進めていく必要があります。

  1. HDR対応の機材・ソフトの準備をする。
  2. RECentralでHDR録画のための設定を行う。
  3. 録画する。


▲ボタンがオレンジ色に点灯しているとき、HDR録画が可能です。

詳細については、GC553の記事をご覧ください。同じやり方でできます。

【ガイド】GC553の使い方・設定方法
GC553の使い方について見ていきましょう。 この記事を読めば、以下のことをマスターできます。 接続方法、つな...

ライブ配信のやり方を理解しよう

GC573の場合、ゲーム配信のやり方は2種類あります。

どちらの方法でもかまいません。一般的なのは、OBS Studio(以下OBS)などの配信ソフトを使う方法です。

OBS Studioの詳しい使い方・設定方法
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料のライブ配信用ソフト(配信ソフト)です。詳しい使い方を見ていきましょう...

もしOBSの設定が煩わしいのであれば、RECentralの配信機能を使うことでサッと始められます。

参考 RECentral 4だけで、OBSを使わずにゲーム配信する方法

ゲーム配信機能

LEDの設定

GC573には、オシャレなLEDイルミネーション機能が搭載されています。これにより発光パターンを変更できます(全3種類)。

  1. RECentralの画面左上にある歯車アイコンをクリックする。
  2. 「キャプチャーデバイス」にある「Live Gamer 4K」をクリックする。
  3. 「ライティング」タブを開く。
  4. 「エフェクトパターン」の設定を変更する。

発光パターン

トラブルが起きた場合の対処法

本製品を使っていて、以下のようなトラブルが発生することがあるかもしれません。

  • ゲーム画面が映らない、ゲーム音が出ない
  • PCに本製品が認識されない
  • 動作が不安定

これは必ずしも本製品が原因とは限りません。冷静に1個ずつ問題を片付けていくことが重要です。詳細は下記ページに書いておきました。

参考 キャプチャーボードが故障かなと思ったら

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)