Bandicamの「ゲーム録画モード」の使い方。別録りでマイク音を入れる方法も解説

この記事をシェアする

Bandicamを使えば、PCゲームを簡単に録画できます。たった3ステップです。

  1. ゲーム録画モード」に切り替える。
  2. PCゲームを起動する。
  3. 録画を開始する。

ゲーム録画モード

今回は、

  • ゲーム録画モードの詳しい使い方
  • マイク音の設定方法(ゲーム実況用)

の2つについて見ていきましょう。

無料版でよいので、あらかじめ公式サイトでBandicamをインストールしておいてください。

【スポンサーリンク】

ゲーム録画モードとは

ゲーム録画モードは、PCゲームを自動で認識して録画できる機能です。

フレームレート

PCゲームとは、具体的には以下のようなものです。

  • Steamのゲーム
  • Windows用のゲーム
  • Microsoftストアのゲーム
  • DirectX、OpenGL、Vulkanのいずれかで動作するソフトウェア
「TV」ゲームのことではないので、注意しましょう。ふだん遊んでいる「PC」ゲームが対象です。

もしブラウザゲームを録画したい場合は、「画面録画モード」を使用してください。

Bandicamの「画面録画モード」の使い方。録画範囲を指定したいときに便利
Bandicamの画面録画モードを使えば、画面の指定した範囲を簡単に録画できます。 画面全体を録画したいわけではなく、「画面の...

PCゲームをBandicamに認識させよう

  1. ゲーム録画モード」をクリックします。
  2. ゲーム録画モード

  1. PCゲームを起動します。Bandicam → PCゲームの順で起動します。順番が逆だとPCゲームを録画対象として認識できません。
  2. フォートナイト

  3. ゲーム画面上に、緑色の数字が表示されたことを確認してください。これは、Bandicamがゲームを録画対象として認識しているという合図です。
  4. フレームレート

数字が表示されない、録画できないときの対処法

ゲーム録画モードのときは、PCゲームの画面左上に数字が表示されていることを確認しましょう。そうでないと、録画開始できないからです。

  • 数字が表示されている → 録画できる
  • 数字が表示されていない → 録画できない

フレームレート非表示

数字が表示されていない場合は、前提として数字(フレームレート)を表示する設定になっているか確認します。

  1. 「ゲーム録画モード」にする。
  2. 「フレームレート」タブを開く。
  3. 「フレームレート表示」にチェックが入っていることを確認する。

フレームレートの表示
▲「フレームレート」タブは、ゲーム録画モードのときだけ表示されます。

そのうえで、以下のいずれかの対処法を試してください。

  • PCゲームを再起動する。
  • Altキー + Tabキーで、Bandicamとゲームの画面を交互に切り替える。
  • BandicamとPCゲームを交互にクリックする。
  • ゲーム録画モードではなく、画面録画モードで録画する。
筆者の経験では、2番めと3番めの方法で解決できることが多いです。2番めの方法は、PCゲームをフルスクリーンで起動しているときの話です。

2番めのAltキー + Tabキーの操作は、少し慣れが必要かもしれません。両方のキーを押した状態で、Tabキー「だけ」を押したり離したりします。

音ズレ防止用の設定にしよう

録画を始めるまえに、初期設定を変更しておきましょう。音ズレを防止するための設定です。

  1. 「ビデオ」タブを開く。
  2. 「設定」をクリックする。
  3. 「フレームレート」横の「...」をクリックする。
  4. CFR優先 - 固定フレームレート」を選択する。

CFR

PCゲームを録画しよう

  1. 録画を開始するには、F12キーを押します。
  2. F12キー

  1. ゲーム画面上の数字が赤色になります。これで録画中であることがわかります。
  2. 録画開始

  3. 録画中は、音声に合わせてBandicamの青色の音声ステータスバーが上下に動きます。
  4. 録画を停止したい場合は、F12キーを再度押してください。緑色の数字に戻ります。
  5. 録画停止

  6. フォルダのアイコンをクリックすると、動画の保存フォルダが開きます。動画を再生して確認しましょう。
  7. フォルダアイコン

  8. 画質設定や、PCの動作が重い場合の対処法については、「詳しいBandicamの使い方と、高画質・低負荷にするための設定例」をご覧ください。
  9. 録画してできた動画は、AviUtlPowerDirectorなどのソフトで編集できます。

フレームレートの設定を変更する方法

PCゲーマーのなかには、高フレームレートに強いこだわりを持っている人も多いかもしれません。

Bandicamの設定を変更すれば、以下のようなフレームレートで録画できます。

  • 60fps
  • 120fps
  • 144fps

設定方法は簡単です。

  1. 「ビデオ」タブを開く。
  2. 「設定」をクリックする。
  3. 「フレームレート」を変更する。
  4. 「OK」をクリックする。

一般的な60Hzモニターの場合は、120fpsや144fpsには設定しないようにしましょう。高リフレッシュレートに対応したモニターが必須です。

録画中にPCの動作が重くなる場合は、下記ページをご覧ください。

関連 カクカクしないように軽くしたい

自分の声を動画に入れる方法(まとめ録り)

自分の声、すなわちマイク音を動画に入れるには、Bandicam側の設定を変更します。

  1. マイクを用意し、PCに接続する。
  2. Bandicamの音声設定を変更する。
  3. 録画する。

マイク設定

詳細については、下記ページをご覧ください。

詳しいBandicamの使い方と、高画質・低負荷にするための設定例
Bandicamは、ゲーム実況で定番のキャプチャーソフトです。無料版と有料版があります。 特長は以下のとおりです。 ...

自分の声を動画に入れる方法(別録り)

中・上級者向けのやり方になりますが、マイク音をゲーム音とは別トラックにすることもできます。これを別録りマルチトラックオーディオ)といいます。

Premiere Pro
▲動画編集ソフトで動画を開くと、2つのオーディオトラックが表示されます。「A1」がゲーム音、「A2」がマイク音です。

マイク音を別録りにすると、動画編集ソフトでゲーム音・マイク音を別々に編集できるというメリットがあります。

たとえば、動画に入っているマイク音が小さかったとしましょう。動画編集ソフト(例 : Premiere Pro)でマイク音「だけ」大きくできます。

下記画像のように設定し、録画します。

ポイントは、「2つのオーディオデバイスの音声をひとつのトラックにミックスする」のチェックを外すことです。こうすることで、1つの動画内に2つのオーディオトラックが保存されます。

ただし、注意してください。マルチトラックオーディオに対応していないソフトだと、ゲーム音だけ聞こえない、またはマイク音だけ聞こえないという状態になります。


AviUtlは、マルチトラックオーディオに対応していません。動画を読み込んでも、このように赤い帯(音声)が1個しか表示されません。

マルチトラックオーディオに対応しているソフトとしては、Premiere Proが有名です。Vegas Pro 16も対応しています。

まとめ

ゲーム録画モードを使えば、PCゲームを録画するのに煩わしい設定は必要ありません。Bandicamが自動的にゲームを認識してくれます。

録画中は、画面左上の数字が赤色になっていることを意識するようにしましょう。

  • 数字が赤色 : 録画中
  • 数字が緑色 : 録画していない状態
  • 数字がない : 録画対象として認識されていない状態

この3つのことを覚えておけば安心です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)