キャプチャーボード使用時、マイクはどこに接続する?PCに接続すべき理由

この記事をシェアする

ゲーム実況でキャプチャーボードを使用する場合、マイク(ヘッドセット)はどこに接続すればよいのでしょうか。

キャプチャーボードとマイク

マイクを接続できそうな機器は、たくさんあります。迷ってしまうかもしれません。

  • PC
  • ゲーム機(例 : Switch、PS4、PS5)
  • コントローラー
  • キャプチャーボード

どれが正解でしょうか。1個ずつ見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

結論

PCにつなぐ

まず結論です。マイクはPCに接続します。

obs-studio

マイクとPCの接続方法は複数ありますが、ひとまずPCに接続という点は覚えておいてください。例外はあるものの、ゲーム実況ではこれが基本です。

「PCに」自分の声を入れる必要があるので、マイクも「PCに」つなぎます。キャプチャーボードを使うからといって、この原則に変わりはありません。

マイクをPCに接続する方法については、下記ページをご覧ください。

【図解】マイク、ヘッドセットをPCに接続する方法。つなぎ方、全パターンまとめ
ゲーム実況では、マイクをPCに接続する必要があります。自分の声を入れるためです。 では、どのようにしてマイクをつなげればよいの...

オーディオインターフェイス導入時

オーディオインターフェイスを導入している場合は、同機器にマイクをつなぎます。

オーディオインターフェイス

もしオーディオインターフェイスと聞いて「?」となった場合は、気にする必要はありません。「マイクはPCに接続する」とだけ覚えておいてください。

ゲーム機にヘッドセット接続?

ダメな理由

ふだんフレンドとボイスチャット(VC)をしたり、パーティーを使っている人だと、ゲーム機にヘッドセットを接続している人も多いでしょう。

しかし、たとえばゲーム機にUSBヘッドセットを接続するとPCにゲーム音が入りませんPCでゲームをライブ配信・録画しようとしても無音になってしまうのです。

Switchとヘッドセット
▲ゲーム音はヘッドセットに出力されます。しかし、肝心のキャプチャーボードにはゲーム音が出力されません。これは、複数の機器にゲーム音を同時出力できないというゲーム機側の仕様によるものです。

もちろん、ゲーム機に接続したUSBヘッドセットからはゲーム音が聞こえます。ボイスチャットの通話相手の声も自分には聞こえます。

しかし、ゲーム音がPCに出力されないわけですから、ゲーム実況の体をなしません。配信してもゲーム音が視聴者に聞こえず、録画しても動画にゲーム音が入っていないからです。

ボイスチャットをやりながらゲーム実況したいと考えている場合は、注意してください。

Switch、ヘッドホンの取り外し

ボイチャは非推奨(初回)

では、どうすればボイスチャットしながらゲーム実況できるのでしょうか。じつはこれは難題です。

  • ボイチャしながら配信したい
  • ボイチャしながら録画したい

理由としては、事前に考慮しておかなくてはいけないパターンが無数にあり、しかも各機器の接続方法が複雑になりがちだからです。とくにSwitchにはボイスチャット機能がないため、なおのこと難度が高めです。

少なくとも最初は、ゲーム実況ではボイスチャットを利用しないほうがよいでしょう。ボイスチャットをやろうとすると難度が跳ね上がります。

【ゲーム実況】ボイスチャットを入れるのを、初心者におすすめしない理由
ボイスチャット(ボイチャ、VC)をしながらゲーム実況がしたいという需要は、以前から根強く存在します。 具体的には以下のようなも...
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コントローラーにヘッドセット接続?

ゲーム実況をやるなら、コントローラーにはヘッドセットを接続しないようにしてください。

ヘッドセットの取り外し

たとえば、いつもどおりPS4のコントローラー(DUALSHOCK 4)にヘッドセットを接続したとします。

この場合、コントローラーに接続したヘッドセットからはゲーム音が聞こえるのですが、PCにゲーム音が出力されません

Switchとヘッドセット

つまり、PC側にゲーム音が入らず、無音になります。さきほど「ゲーム機にマイク接続?」で述べたことと同じことが当てはまるので注意してください。

キャプチャーボードのマイク端子は?

ボイチャ用の機能

キャプチャーボードによっては、マイクを接続するための端子(マイク端子)が搭載されている製品があります。

  • AVT-C878 PLUS
  • GV-US2C/HD
  • RS-HDCAP-4PT
  • UP-GHDAV2

これはボイススルー機能といいます。PS4/PS5でボイスチャットをやりながら、ゲーム実況をPCでやりたい人向けの機能です。

ボイススルー機能、公式サイトより引用
▲出典 : アイ・オー・データ機器の公式サイトより引用

デメリットが多い

筆者は、キャプチャーボードのボイススルー機能の使用を推奨しません。理由は以下のとおりです。

  • PCのソフト(例 : OBS)による、マイクのノイズ除去ができない
  • USBヘッドセットを接続できない
  • オーディオインターフェイスが使えない
  • PCゲーム実況のとき、マイクをPCに接続し直すのが手間

端的に言えばデメリットが多すぎるのです。よほどのことがないかぎり、マイクはキャプチャーボードではなくPCに接続しましょう。

なお、PCなしでゲームを録画するための製品(ゲームレコーダー、単体録画)の場合は、マイク端子にマイクを接続します。自分の声を動画に入れるためです。

【PC不要】Switchのゲームをキャプチャーボードなしで録画する方法
Switchのゲームをキャプチャーボードなしで、PCを使わずに録画するためには、どうしたらよいのでしょうか。 キャプチャーボー...

不明な点がある場合は

いざキャプチャーボードを買おう、使おうと思っても、なかなかハードルが高い部分があるかもしれません。いろいろな疑問・不安が出てくるでしょう。

もしキャプチャーボードについてわからない点がある場合は、下記ページをご覧ください。ひととおりの疑問を解决できるはずです。

【図解】初心者のためのキャプチャーボード入門ガイド
ゲーム実況では、キャプチャーボードというPC周辺機器が必要になる場合があります。 では、キャプチャーボードはどのようなものでし...
【ゲーム実況】製品ごとに解説。各キャプチャーボードの使い方・レビュー
初めてのキャプチャーボードだと、どのようにして使えばよいのか悩むことも多いでしょう。 そこで、製品ごとにキャプチャーボードの使...

ゲーム実況のやり方についても当サイトで解説しています。

ゲーム実況の始め方、最新版。初めてなら、絶対にこの基本を知らないとダメです
ゲーム実況を始めようと思っても、最初になにを準備して、どうしたらよいのか、途方に暮れる人もいるかもしれません。 新しい方法・機...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)