【サンプル配布】無料で配信画面の枠素材を作る方法。簡単なデザインを例に

この記事をシェアする

ゲーム配信でよく見かけるような、配信画面の枠(オーバーレイ)を実際に作ってみましょう。

オーバーレイ

一般的に、枠の多くは静止画像でできています。

  • ゲーム画面の枠
  • コメント・チャットの枠
  • カメラ映像の枠

配信とは別の知識・技術が必要になりますが、シンプルな枠画像であればすぐに作れます。

関連 配信画面の「枠」はどうやって付ける?オーバーレイで画面を作る方法

【スポンサーリンク】

作業は大きく2ステップ

まず、作業の流れを押さえておきましょう。2ステップです。

  1. 枠画像を作る。
  2. 枠画像を配信ソフトに映す。

たったこれだけです。枠画像の作り方が理解できれば、どうということはありません。あとは枠画像内に任意の画面を映すだけです。

犬と枠

画像編集ソフトが必要

枠画像を作るには、画像編集ソフトが必要です。たとえば、以下のようなものがあります。

  • GIMP
  • Photoshop Elements
  • Photoshop CC
  • Illustrator

枠画像の作り方を理解することは、つまるところ画像編集ソフトの使い方を学ぶこととイコールです。

今回はGIMPを使ってみましょう。無料で使える定番の画像編集ソフトです。無料だからといって侮れません。とても高度なことができます。

GIMP

準備する

GIMPを無料ダウンロード

公式サイトでGIMPをダウンロードできます。

  1. 公式サイトにアクセスする。
  2. 「Download GIMP x.xx.xx directly」をクリックする。

公式サイト

インストールも簡単です。

  1. 「gimp-x.xx.xx-setup-x.exe」を起動する。
  2. 言語選択画面は「English」で問題なし。
  3. 「OK」をクリックする。

日本語対応していないように見えますが、GIMPを起動すれば日本語で表示されるので心配ありません。

サンプル画像はこちら

「枠画像を作る時間が惜しい」「とりあえず試したい」という人もいるはずです。そこで、簡単なサンプル画像を用意しました。筆者がGIMPで作った画像です。

  • PNG形式(右クリック → 「名前を付けて画像を保存」)
  • XCF形式(右クリック → 「名前を付けてリンク先を保存」)

PNG形式の画像は、ダウンロードしてすぐに使えます。

サンプル画像

XCF形式は聞き慣れない用語だと思いますが、GIMPで読み込んで自由に編集できます。枠の色を変えたり、水玉模様を消したり、好きなようにアレンジしてください。

XCF形式と編集
▲XCF形式の画像ファイルは、そのままGIMPにドラッグ&ドロップすれば編集できます。枠の色を緑にしてみました。

今回の目標

目標として、カメラ映像を小さく画面端に入れるさいの枠を作ります。いわゆるワイプの枠、カメラフレームです。

GIMP枠画像

OBS枠画像

もっとも、「顔出し配信するつもりはない」という人もいるかもしれません。しかし、どのような種類の枠画像にせよ、サイズ・デザインが違うだけで基本的な作り方は同じです。

以下、ポイントを簡潔に見ていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

GIMPで枠画像を作る(1)

新規作成する

枠画像の下地・土台となる部分を作ります。例えるなら絵を描くための紙をセットするイメージです。

  1. 「ファイル」→「新しい画像」の順にクリックする。
  2. 詳細設定」をクリックする。
  3. 「塗りつぶし色」で「透明」をクリックする。
  4. 「OK」をクリックする。

新しい画像の設定

矩形選択 → 塗りつぶす

四角い枠を作りたいので、「矩形選択」をクリックしてください。

矩形選択

つぎに、以下のように設定します。必ずしもこのとおりである必要はありません。たんなる一例です。

  1. 「縦横比」と書いてある部分をクリックし、「サイズ」にする。
  2. 固定」の左横にチェックを入れる。
  3. すぐ下にある数字を「512x288」にする。

矩形選択、ツールオプション

設定が終わったら、右側の部分でドラッグしましょう。すると、選択範囲が表示されます。


▲この選択範囲は、いま設定した512x288という固定サイズになっています。ドラッグで自由にサイズ変更したい場合は、「固定」のチェックを外します。

そして、「塗りつぶし」に切り替えます。塗りつぶしの色は自由に変更してください。四角いアイコンをクリックすれば変更できます。

塗りつぶし

選択範囲上でクリックします。すると、選択範囲が塗りつぶされました。

説明を大きく省いたため、思ったとおりに編集できないことがあるかもしれません。以下のショートカットキーを覚えておいてください。

  • 元に戻す(アンドゥ) : Ctrlキー + Zキー
  • やり直し(リドゥ) : Ctrlキー + Yキー

穴を空けて枠にする

このままだと四角い画像です。そこで、ドーナッツのように中央に穴を空けましょう。まずは選択範囲を縮小します。

  1. 「選択」→「選択範囲の縮小」の順にクリックする。
  2. 「選択範囲の縮小量」を15pxにする。
  3. 「OK」をクリックする。

選択範囲の縮小
▲好きな数字でかまいません。入力した数値ぶん選択範囲が小さくなります。

選択範囲が一回り小さくなりました。あとはDeleteキーを押すだけです。

選択した部分が削除され、枠になりました。市松模様は、透明であることを意味しています。

選択部分を削除した結果

GIMPで枠画像を作る(2)

完成はもうすぐです。

切り抜く

枠の周りのスペースがよけいなので、トリミングしましょう。「切り抜き」に切り替えてください。

トリミングツール

そして、以下のように設定します。これも一例であり、必須ではありません。

  1. 「縦横比」と書いてある部分をクリックし、「サイズ」にする。
  2. 「固定」の左横にチェックを入れる。
  3. すぐ下にある数字を「512x288」にする。

トリミング
▲さきほど矩形範囲を512x288に設定したので、同じように512x288で切り抜くことにしました。もちろん、「固定」のチェックを外してトリミングしてもかまいません。

枠画像の部分でドラッグします。切り抜き範囲が表示されるので、枠とピッタリ一致するようにドラッグしましょう。

画面が小さくて作業しづらい場合は、Ctrlキー + マウスホイールで拡大できます。移動Spaceキー + ドラッグです。これらの操作は慣れないと難しいかもしれません。

位置を合わせたらEnterキーを押します。これでトリミング完了です。枠の外側を削除してスッキリしました。

トリミング完了

繰り返しますが、編集で失敗したときはCtrlキー + Zキーで作業を戻せます。

出力する

いよいよ最後です。枠画像をPCに出力しましょう。

  1. 「ファイル」→「名前を付けてエクスポート」(「保存」ではない)の順にクリックする。
  2. 「名前」に任意の名前を入力する。
  3. 「フォルダの中に保存」で、画像の保存場所を設定する。
  4. 下部にある「ファイル形式の選択」をクリックする。
  5. PNG 画像」をクリックする。
  6. 「エクスポート」→再度「エクスポート」の順にクリックする。

エクスポート

PNG形式にするところが重要です。さきほど枠を作るさいに空けた穴の部分を、透明のまま保存できるからです(透過PNG)。

なお、いったん作業を中断して後日再開したい場合は、「ファイル」→「名前を付けて保存」のほうを選んでください。XCF形式でデータが保存されます。

配信ソフトに枠画像を映す

作った枠画像を配信ソフトに追加します。

たとえば、OBS Studio(以下OBS)の場合は以下のように設定します。

  1. 「ソース」の「+」をクリックする。
  2. 画像」をクリックする。
  3. 「新規作成」が選択されていることを確認し、任意の名前を付ける。
  4. 「OK」をクリックする。
  5. さきほどの枠画像を選択する。
  6. 「OK」をクリックする。

画像

枠画像を表示できたので、あとは枠内にカメラ映像をハメ込みましょう。カメラがない場合は、練習として適当な静止画像(16:9)でもかまいません。

ソースの順序(重なり順)も重要です。枠画像を手前、カメラ映像を奥に表示したいので、枠画像がカメラ映像よりも上に来るようにします。

ソースの順序

配信画面の作り方、レイアウトの方法については、下記ページをご覧ください。グループ化ロックを覚えておくと便利です。

OBS Studioでソースを追加・設定する方法。配信画面を自由にレイアウト
OBS Studio(以下OBS)で、画面を視聴者に見せるにはどうしたらよいのでしょうか。 結論から書くと、ソースというものを...
【OBS】追加したソースの整理整頓術。7つの方法で配信を効率化
OBS Studio(以下OBS)では、ソースを追加する作業が必要不可欠です。しかし、ソースを追加していくと「ソース」欄がゴチャゴチャしてし...

まとめ

今回、GIMPの使い方をざっくりと解説しました。詳細をかなり省いたので、解説どおりにやってもうまくいかないかもしれません。

しかし、GIMPの使い方をマスターすれば、どのような枠画像でも自由自在です。あとはデザインセンスの問題です。

もし自分好みの枠画像を作れない場合は、たとえばココナラ制作を依頼できます。同サイト内で「オーバーレイ」を検索してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)