OBS Studioでソースを追加・設定する方法。配信画面を自由にレイアウト

この記事をシェアする

OBS Studio(以下OBS)で、画面を視聴者に見せるにはどうしたらよいのでしょうか。

obs-studio

結論から書くと、ソースというものを追加する必要があります。一見、難しそうに感じるかもしれませんが、やり方自体はシンプルです。

関連 【OBS】もうグチャグチャだよ!設定を初期化する方法と、保存して備える方法

【スポンサーリンク】

ソースを追加して画面を視聴者に見せよう

ソースとは

配信でいうところのソースとは、視聴者に見せる画面という程度に考えてください。以下はその一例です。

  • ゲーム画面
  • PCに保存してある画像・動画
  • デスクトップ画面(例 : PCで絵を描いている作業風景)
  • Webサイトの画面(例 : ブログ、YouTube)
  • Webカメラの映像

議論になるとよく「情報のソースは?」などと言いいますが、あの「source」のことです。「源」「出どころ」というような意味で理解しておくとイメージしやすいかもしれません。

ソースの追加とは

たとえば、雑談配信でPCに保存してある画像を視聴者に見せたいとします。この場合、OBSの「ソース」のところにある「+」をクリックして「画像」を選択します。

obs-studio

このように「ソース」の「+」から任意の項目を選ぶことを、ソースの追加といいます。つまり、視聴者に画面を見せるための設定を行うことです。

obs-studio

ソースによっては、画面が映らない、画面が真っ暗ということがあるでしょう。対処法は別ページで解説しています。

「ソース」欄がないという場合は、以下のようにします。

  1. 画面上部の「表示」をクリックする。
  2. 「ドック」にカーソルを合わせ、「UIをリセット」をクリックする。

UIをリセット

OBSの画面が解説と違う?ボタンやウィンドウが消えた?もとに戻す方法
自分が使用しているOBS Studio(以下OBS)の画面構成・外観が、当サイトに登場するOBSの画像と違う場合、複数の原因が考えられます。...

練習で静止画像を追加しよう

今回はわかりやすく、静止画像を追加してみましょう。

ほかのソースを追加したい人もいると思いますが、いったん解説のとおりにやってください。練習です。

  1. 「ソース」の「+」をクリックします。
  2. ソースを追加

  1. 画像」を選択します。繰り返しますが、練習のためです。「ウィンドウキャプチャ」や「ゲームキャプチャ」だと、画面が映らない場合があります。
  2. 「画像」を選択

  3. 新規作成」が選択されていることを確認してください。そして、任意の名前をつけて「OK」をクリックします。めんどうであれば、名称は変更不要です。
  4. 名前をつけて「OK」をクリック

  5. 「参照」をクリックし、視聴者に見せたい画像を選択します。
  6. 「参照」をクリック

  7. 画像が表示されたら「OK」をクリックします。
  8. 画像が表示された

  9. OBSに画面が映りました。
  10. OBSに画面が映った

  11. ソースを右クリックし、「変換」から「画面に合わせる」を選択すると、ソースのサイズを画面に合わせることができます。
  12. obs-studio

スポンサーリンク
レクタングル(大)

サイズ・位置を変更しよう

つぎは、ソースのサイズ・位置を変えてみましょう。

選択する

まず、ソースをクリックします。すると、OBSに映っているソースが赤い境界線で囲まれます

ソースの選択

もし赤い境界線が表示されない場合は、以下の3点を確認してください。

  • ソース名の横にある鍵のアイコンをクリックする(ロックを解除)
  • OBSの画面上で右クリックして「ロックプレビュー」のチェックを外す
  • 「ソース」一覧のソース上で右クリックし、「変換」→「画面に合わせる」を選択する

サイズ・位置を変更する

赤い境界線が表示されたら、いよいよサイズ・位置を変更します。

ソースのサイズを変更するには、OBSの画面上でソースの辺・角(赤色の点)をドラッグします。また、画面上のソースをドラッグすると位置を変更できます。

一発でソースのサイズを画面に合わせることもできます。

  1. 「ソース」一覧にあるソース上で右クリックする。
  2. 「変換」から「画面に合わせる」を選択する。
  3. うまくいかない場合は、こちらを参照のこと。
  4. もとに戻したいときは、「変換」から「変換をリセット」を選択する。

これは頻繁に使います。「画面が見切れているな」「欠けているな」というときに重宝するでしょう。ショートカットキーはCtrlキー + Fキーです。

もしソースを引き伸ばしたいのであれば、Shiftキーを押しながら辺をドラッグしてください。うまくできないときは、右クリックして「変換」から「変換をリセット」です。

なお、Ctrlキーを押しながらソースをドラッグすると、スナップ機能(吸着のこと)が一時的に無効になります。

ソースの基本操作を理解しよう

順序・重なり順

複数のソースを追加した場合は、手前に表示したいソースが背後に隠れてしまうことがあります。このようなときは、ソースの順序(重なり順)を変更しましょう。

obs-studio

下記動画を参考に、ソースを上下にドラッグしてください。ソース一覧で上にあるソースが、OBSの画面上で手前に表示されます。

このようにソースを複数回追加して順序を変更すれば、TV番組でよく見かけるようなワイプ(PinP)も簡単にできます。

非表示

ソースの表示・非表示は、目のアイコンで切り替えることができます。画面を見せたくない場合は、ソースを非表示にすれば視聴者には見えません。

非表示

ロック

画面レイアウトを固定したい、もうソースを不用意に動かしたくないというときは、鍵のアイコンをクリックします。ソースをロックできます。

ロック

ロックの効果は以下のとおりです。

  • ソースを移動できなくなる
  • ソースのサイズを変更できなくなる
  • OBSの画面上で赤色の境界線が表示されなくなる
「ソースをロックして意味があるの?」と思うかもしれませんが、これは事故防止用と思ってください。まちがえてソースを移動してしまい、画面レイアウトをやり直すハメになるのを防げます。

元に戻す・やり直し

では、もしソースをロックするのを忘れて操作を誤った場合、どうしたらよいのでしょうか。心配ありません。

OBS 27.0以降には、元に戻す機能(アンドゥ/Undo)があります。Ctrlキー + Zキーを押してください。ソースの編集作業を戻せます。

元に戻す

また、いまの元に戻す機能の操作を取り消す、やり直す(リドゥ/Redo)こともできます。Ctrlキー + Yキーを押してください。

やり直し

なお、やり直しはCtrlキー + Shiftキー + Zキーでもかまいません。

削除

不要なソースは削除しましょう。

  • 画面を整理できる
  • ソースが多すぎると、PCの負荷が増えることがある
  • 画面が映らないときに、いったんやり直せる

ソースを削除するには、ソースを選択して「-」をクリックするか、またはDeleteキーを押します。

削除

CtrlキーやShiftキーを押しながら複数のソースをクリックして、まとめて削除することもできます。

画面を切り取ろう(トリミング)

画面によけいな部分が映っている場合や、視聴者に見せたくないものが映っている場合は、どうしたらよいのでしょうか。

この点、クロップ機能というものを使って画面を切り取る、トリミングする方法があります。視聴者に見える範囲を調整して狭くするのです。

  1. OBSの画面上で、赤丸の部分にカーソルを重ねる。
  2. その部分でAltキーを押しながら辺または角をドラッグする(MacはOptionキー)。
  3. 削った部分が緑色の境界線で表示される。

よくある質問のひとつですが、一発で任意の範囲を取り込む機能はOBSにはありません。したがって、クロップ機能はとても重要です。

もし緑色の境界線が表示されない場合は、以下のようにします。

  1. OBSの画面上で右クリックする。
  2. 「変換」から「変換をリセット」を選択する。
  3. 再度、クロップする。

クロップをやり直したい場合、OBSの画面上で右クリックして、「変換」から「変換をリセット」を選択してください。

フィルターで画面を加工しよう

OBSでは、フィルター機能を使ってソースを加工できます。

具体的には、以下のようなことが可能です。

たとえば、VTuberがアバターの背景を消したいときに、クロマキーというフィルターを使います。

2個の画面

ただ、フィルターは最初からいきなり使う必要はありません。どちらかというと、中・上級者向けの機能です。OBSに慣れてきたら使ってみてください。

OBSのフィルタ機能、使っていますか?こんなスゴイことができます6選
もしOBS Studio(以下OBS)をもっと活用したいなら、フィルター機能を使ってみてください。 フィルターを使うことで、映...

画面の映し方をより詳しく理解しよう

どのような画面を視聴者に見せたいのかということを考えて、「+」から任意の項目を選びます。

重点的に理解しておくべきなのは、以下の4種類です。

obs-studio

詳細は、下記ページをご覧ください。

OBS Studioに画面を映したい。頻繁に使う4つのキャプチャー方法
OBS Studio(以下OBS)に画面を映すためには、まず「+」をクリックしてソースを追加します。そして、視聴者に画面を見せるための設定を...
【OBS】こんなときは?よくあるトラブル、よくある質問まとめ
OBS Studio(以下OBS)でトラブルが起きた場合の対処法、およびQ&Aをまとめました。 「Yahoo!リアルタイム検索...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. くぼたさとみ より:

    はじめまして。広島県在住の主婦です。ずっと探していた情報がこちらに掲載されていて感謝しております。

    あと少しでやりたい事が出来そうな所まで来たのですが、分からないことがありメールさせて頂きました。

    既にYouTubeに公開済の動画をOBSを使ってライブ配信したいです。

    「ソースの追加」で「ブラウザ」を選んで「URL」にYouTubeのURLを貼りました。

    すると、YouTube画面だけでなく、概要欄の方まで画面に写ってしまいました。

    やり方が間違っていたら教えてくださいm(_ _)m

    • 管理人 より:

      概要欄が見えてしまっているのをなんとかしたいということであれば、
      この記事の「画面を切り取ろう(トリミング)」に書いた方法で
      対処することになります。

      「ブラウザ」や「ウィンドウキャプチャ」で
      YouTubeの画面を見せる場合もこのケースが当てはまります。
      ただ、よけいな部分を削るのは少し手間かもしれません。

      もしYouTubeの動画が手元にある場合(PCに動画を保存してある場合)は、
      「ソース」の「+」から「メディアソース」を追加し、
      「ローカルファイル」で動画を選択する方法もあります。
      この方法であれば、よけいな部分を削る手間は省けます。