OBS Studioでソースを追加・設定する方法

この記事をシェアする

OBS Studio(以下OBS)で、画面を視聴者に見せるにはどうしたらよいのでしょうか。

obs-studio

結論から書くと、ソースというものを追加する必要があります。一見、難しそうに感じるかもしれませんが、やり方自体はシンプルです。

ソースを追加して画面を視聴者に見せよう

ソースとは

配信でいうところのソースとは、視聴者に見せる画面という程度に考えてください。以下はその一例です。

  • ゲーム画面
  • PCに保存してある画像・動画
  • デスクトップ画面(例 : PCで絵を描いている作業風景)
  • Webサイトの画面(例 : ブログ、YouTube)
  • Webカメラの映像

ソースの追加とは

たとえば、雑談配信でPCに保存してある画像を視聴者に見せたいときは、OBSの「ソース」のところにある「+」をクリックして「画像」を選択します。

obs-studio

このことをソースの追加といいます。つまり、視聴者に画面を見せるための設定を行うことをさしているわけです。

obs-studio

ソースによっては、画面が映らない、画面が真っ暗ということがあるでしょう。対処法は別ページで解説しています。

練習で静止画像を追加しよう

今回はわかりやすく、静止画像を追加してみましょう。

ほかのソースを追加したい人もいると思いますが、いったん解説のとおりにやってください。練習です。

  1. 「ソース」の「+」をクリックします。
  2. ソースを追加

  1. 画像」を選択します。繰り返しますが、練習のためです。「ウィンドウキャプチャ」や「ゲームキャプチャ」だと、画面が映らない場合があります。
  2. 「画像」を選択

  3. 新規作成」が選択されていることを確認してください。そして、任意の名前をつけて「OK」をクリックします。めんどうであれば、名称は変更不要です。
  4. 名前をつけて「OK」をクリック

  5. 「参照」をクリックし、視聴者に見せたい画像を選択します。
  6. 「参照」をクリック

  7. 画像が表示されたら「OK」をクリックします。
  8. 画像が表示された

  9. OBSに画面が映ります。ここに映っているものが、この画面レイアウトで視聴者に配信されます。
  10. OBSに画面が映った

サイズ・位置を変更しよう

つぎは、ソースのサイズ・位置を変えてみましょう。

選択する

「ソース」にある名称をクリックします。または、OBSの画面上のソースをクリックしてもかまいません。すると、OBSに映っているソースが赤い境界線で囲まれます

ソースの選択

もし赤い境界線が表示されない場合は、以下の3点を確認してください。

  • ソース名の横にある鍵のアイコンをクリックする(ロックを解除)。
  • OBSの画面上で右クリックして「ロックプレビュー」のチェックを外す。
  • OBSの画面上で右クリックし、「変換」→「画面に合わせる」を選択する。

サイズ・位置を変更する

赤い境界線が表示されたら、いよいよサイズ・位置を変更します。

ソースのサイズを変更するには、OBSの画面上でソースの辺・角(赤い境界線の部分)をドラッグします。また、画面上のソースをドラッグすると位置を変更できます。

一発でソースのサイズを画面に合わせることもできます。

  1. ソースを右クリックする。
  2. 「変換」から「画面に合わせる」を選択する。
  3. もとに戻したいときは、「変換」から「変換をリセット」を選択する。

obs-studio

これは頻繁に使います。ショートカットキーはCtrlキー + Fキーです。

ソースの基本操作を理解しよう

順序・重なり順

複数のソースを追加した場合は、手前に表示したいソースが背後に隠れてしまうことがあります。このようなときは、ソースの順序(重なり順)を変更しましょう。

obs-studio

下記動画を参考に、ソースを上下にドラッグしてください。ソース一覧で上にあるソースが、OBSの画面上で手前に表示されます。

非表示

ソースの表示・非表示は、目のアイコンで切り替えることができます。画面を見せたくない場合は、ソースを非表示にすれば視聴者には見えません。

obs-studio

ロック

画面レイアウトを固定したい、もうソースを不用意に動かしたくないというときは、鍵のアイコンをクリックします。ソースをロックできます。

obs-studio

ロックの効果は以下のとおりです。

  • ソースを移動できなくなる。
  • ソースのサイズを変更できなくなる。
  • OBSの画面上で赤色の境界線が表示されなくなる。

削除

不要なソースは削除しましょう。そのほうがPCの負担を軽減できます。

ソースを削除するには、ソースを選択して「-」をクリックするか、またはDeleteキーを押します。

CtrlキーやShiftキーで、まとめてソースを選択して削除することもできます。

視聴者に見える範囲を狭くしよう(クロップ)

画面によけいな部分が映っている場合や、視聴者に見せたくないものが映っている場合は、どうしたらよいのでしょうか。

この点、クロップ機能というものを使って画面端を削る、画面を切り取る方法があります。視聴者に見える範囲を調整して狭くするのです。

  1. OBSの画面上で、赤丸の部分にカーソルを重ねる。
  2. その部分でAltキーを押しながら辺または角をドラッグする(MacはOptionキー)。
  3. 削った部分が緑色の境界線で表示される。
  4. 必要であれば、ソースのサイズ・位置を調整する。

クロップ

よくある質問のひとつですが、一発で任意の範囲を取り込む機能はOBSにはありません。したがって、クロップ機能はとても重要です。

もし緑色の境界線が表示されない場合は、以下のようにします。

  1. OBSの画面上で右クリックする。
  2. 「変換」から「変換をリセット」を選択する。
  3. 再度、クロップする。

クロップをやり直したい場合も、OBSの画面上で右クリックして、「変換」から「変換をリセット」を選択してください。

フィルターで画面を加工しよう

OBSでは、フィルター機能を使ってソースを加工することができます。

具体的には、以下のようなことが可能です。

たとえば、FaceRigのアバターをOBSに映したいときに、フィルターを追加してクロマキー合成します。

FaceRigをゲーム配信・生放送で使うときの設定方法
バーチャルYouTuber(Vtuber)のように生配信でFaceRigを使う場合、どのような設定にすればよいのでしょうか。 ...

ただ、フィルターは通常あまり使いません。どちらかというと、中・上級者向けの機能です。設定方法だけ簡単に紹介しておきます。

  1. ソースを選択して、右クリックから「フィルタ」を選択する。
  2. 「+」アイコンをクリックし、「色補正」や「クロマキー」など任意のフィルタを追加する。
  3. 追加したフィルタの設定を行う。
視聴者に画面が暗いと指摘されたときは、フィルターの「色補正」を使いましょう。画面を明るくできます。

ソースの追加をより詳しく理解しよう

それでは、静止画像以外の画面を視聴者に見せるための設定をしていきましょう。

どのような画面を視聴者に見せたいのかということを考えて、「+」から任意の項目を選びます。

重点的に理解しておくべきなのは、以下の4種類です。

  • ウィンドウキャプチャ
  • ゲームキャプチャ
  • 映像キャプチャデバイス
  • 画面キャプチャ

詳細は、下記ページをご覧ください。

OBS Studioの各種キャプチャーの使い方
OBS Studio(以下OBS)では、なんらかの画面をOBSに映したいというとき、「+」をクリックします。そのうえで、各種必要な設定を行っ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)