【ゲーマー必須】GeForce Experienceの簡単な使い方。5つの機能と注意点

この記事をシェアする

PCゲームをプレイすることがあるなら、GeForce Experience(無料)を入れておくと便利です。

Geforce Experience

その理由については、下表をご覧ください。GeForce Experienceに搭載されている機能をまとめました。ゲームプレイを充実させる機能が豊富です。

説明 備考
ShadowPlay 録画・ライブ配信、スクショ、アニメーションGIF
Highlights キルシーン・デスシーンなどを自動的に録画
Ansel 一時停止し、自由に視点を動かせるフォトモード
Freestyle エフェクトをかけて画面の見た目を変える
ドライバーの更新 グラフィックドライバーを最新状態に
最適なゲーム設定 PCスペックに合わせてグラフィックが自動設定 今回は説明を省略

とくに便利なのは、ShadowPlayによる録画・ライブ配信機能でしょう。初心者でも簡単にゲーム実況できる点が最大の強みです。

【スポンサーリンク】

動作環境を確認しよう

NVIDIAのグラフィックボードが必要

Geforce ExperienceはNVIDIAがリリースしているソフトであり、同社のグラフィックボード(GPU)を搭載したPCでのみ使うことができます。

GPU

一例ですが、以下のようなグラフィックボードで動作します。

  • GeForce RTX 30シリーズ
  • GeForce RTX 20シリーズ
  • GeForce GTX 10シリーズ

調べ方

用語の意味がよくわからない場合は、実際にPCスペックを確認してみましょう。

  1. デスクトップ画面下部(空白部分)で右クリックする。
  2. タスク マネージャー」をクリックする。
  3. 「詳細」をクリックする。
  4. 「パフォーマンス」タブを開き、「GPU」の部分をクリックする。

GPU
▲この矢印部分が「Intel HD Graphics」や「AMD Radeon」の場合、Geforce Experienceは使用できません。

対応していないゲームでは使えない

意外な落とし穴

Geforce Experienceの以下の4つの機能については、ゲーム側が対応している必要があります。

  • Highlights
  • Ansel
  • Freestyle
  • 最適なゲーム設定

ゲーム

たとえば、Anselを使いたいならゲーム側が同機能に対応していなくてはいけません。しかし、すべてのゲームが同機能に対応しているわけではありません。対応していないゲームもあります。

あるいは、Highlightsを使いたいのであれば、ゲーム側も同機能に対応していなくてはいけません。

Anselに対応していてもHighlightsには対応していないというゲームもあります。

したがって、ゲーム側が対応しているか、使用したい機能ごとにあらかじめ確認しておくようにしましょう。

対応ゲームの調べ方

具体的には、NVIDIA公式サイト右上の「最適なゲーム設定」の部分で機能を切り替えます。そうすることで、対応タイトル一覧を確認できます。

一覧切り替え
▲ゲームタイトルは英語名で表示されます。たとえば、『バイオハザード』は、海外名である『Resident Evil』と表記されているので注意してください。

上記公式サイトのリストで「*」があるタイトルについては、GeForce Experienceの設定を変更することで対応できます(後述)。

導入しよう

ダウンロード・インストールする

Geforce Experienceのダウンロード方法は、以下のとおりです。

  1. 公式サイトにアクセスする。
  2. 「今すぐダウンロード」をクリックする。
  3. ダウンロードしたファイルを起動する。
  4. 画面を順に進めていく。
  5. インストールが完了する。

公式サイト

インストールできたら、Geforce Experienceを起動しましょう。ログイン画面が表示されたらログインします。

ログイン
▲NVIDIA アカウントのほか、Google アカウントやFacebook アカウントでもログインできます。

ゲーム内オーバーレイを有効化する

Geforce Experienceのいくつかの機能は、オーバーレイといってゲーム画面またはデスクトップ画面に操作画面を重ねて表示する方式になっています。

オーバーレイ
▲『フォートナイト』(Epic Games)に操作画面を表示したところ

そこで、以下の方法でオーバーレイを有効化します。

  1. 右上の歯車アイコンをクリックする。
  2. 「全般」タブを開く。
  3. ゲーム内のオーバーレイ」をONにする。

ゲーム内のオーバーレイをONに

「*」のあるタイトルについて

上で述べた、NVIDIA公式サイトで「*」のあるタイトル用の設定です。

  1. 右上の歯車アイコンをクリックする。
  2. 「全般」タブを開く。
  3. 「試験的機能を有効にします。Geforce Experienceの更新が必要です。」にチェックを入れる。
  4. Geforce Experienceのダウンロードが始まる。

試験的機能

スポンサーリンク
レクタングル(大)

各機能の簡単な使い方

録画・ライブ配信できるShadowPlay

ShadowPlayを使う方法は、以下のとおりです。

  1. ゲームを起動する。
  2. Altキー + Zキーを押す。
  3. 録画・ライブ配信する。

録画

詳しい使い方については、下記ページをご覧ください。録画・ライブ配信で記事を分けて解説しています。

ShadowPlay(Share)の詳しい使い方と、録画時の注意点
ShadowPlayは、GeForce Experienceというソフトに搭載されている録画機能です。 ShadowPlayの...
【生配信】ShadowPlayだけで、OBSを使わずゲーム配信する方法
GeForce ExperienceのShadowPlayを使えば、PCゲームのライブ配信(生放送)が簡単にできます。 一般的...

決定的瞬間を自動録画するHighlights

Highlightsを使えば自動でキル集(モンタージュ)を作れます。ただ、対応タイトルが少ない点に注意してください。

フォートナイト

使い方は以下のとおりです。

  1. NVIDIA公式サイトにアクセスし、ゲームがHighlightsに対応していることを確認する。
  2. Altキー + Zキーを押す。
  3. 歯車アイコンから「ハイライト」を選択する。
  4. 「キャプチャ」をONにする。
  5. 操作画面を閉じる。
  6. ゲームの設定画面を開き、「NVIDIA Highlights」をONにする(設定不要のゲームもある)。
  7. ゲームをプレイする。

Highlights

『フォートナイト』や『PUBG』では、ShadowPlay側の設定に加えて、さらにゲーム側でも「NVIDIA Highlights」を有効にしましょう。

フォトモードのAnsel

Anselを使えば、ゲーム内でカメラ(視点)を自由に動かしてスクリーンショット撮影ができます。いろいろな角度からキャラクターを眺めるのにも向いているでしょう。

Ansel
▲Ansel使用時、ゲームは一時停止状態になります。出典 : 『SOULCALIBUR VI』(バンダイナムコエンターテイメント)より。

使い方は以下のとおりです。

  1. NVIDIA公式サイトにアクセスし、ゲームがAnsel対応であることを確認する。
  2. Altキー + Zキーを押す。
  3. 歯車アイコンから「フォトモード / ゲームフィルター」を選択する。
  4. 「キャプチャ / 向上」をONにする。
  5. 操作画面を閉じる。
  6. ゲームを起動し、適当な場面でAltキー + F2キーを押す。
  7. 「スナップ」をクリックするとスクリーンショット撮影。

Ansel

操作性は悪いのですが、キーボードだとWASD、およびZXで視点移動でき、同時にShiftキーを押すと高速移動になります。ドラッグで回転です。

Anselに対応しているゲームであっても、場面によっては使うことができません。このあたりは実際試してみるしかありません。

Ansel

また、スクリーンショットの保存先ですが、Altキー + Zキーから歯車アイコンをクリックし、「録画」→「ビデオ」を見ればわかります。

保存先

見た目を変えるFreestyle

画面を明るくしたり、色調を調整できるのがFreestyleです。設定はリアルタイムで反映され、エフェクトをかけた状態でゲームをプレイできます。

Freestyle
▲「ビネット」および「チルトシフト」を適用した状態。Anselとは異なり、一時停止状態にはなりません。出典 : 『SOULCALIBUR VI』(バンダイナムコエンターテイメント)より。

使い方は以下のとおりです。

  1. NVIDIA公式サイトにアクセスし、ゲームがFreestyle対応であることを確認する。
  2. ゲームを起動し、適当な場面でAltキー + F3キーを押す。

ドライバーの更新

グラフィックドライバーを更新することで、以下のようなメリットがあります。

  • 特定の最新ゲームが安定して動作するようになる(最適化)
  • ゲームのパフォーマンス、既存機能の性能が向上する
  • 新機能が追加される
  • 不具合が改善される
  • 脆弱性が修正される
ただし、PCの動作が不安定になる場合があるかもしれません。現状で問題ないなら、更新しないのも手です。

やり方は以下のとおりです。

  1. 画面左上の「ドライバー」をクリックする。
  2. 「ダウンロード」をクリックする。
  3. 「エクスプレスインストール」をクリックする。
  4. インストールが完了する。

ドライバー

ドライバーには、「Game Readyドライバー」と「Studioドライバー」の2種類あります。通常は前者をインストールしましょう。後者については、DaVinci Resolve(動画編集ソフト)が安定動作するメリットがあります(参照)。

まとめ

少しずつ対応タイトルは増えていますが、Geforce Experienceの各機能に対応していないゲームがある点に注意しましょう。

とくに、Highlightsに対応しているゲームはまだまだ少数派です。便利な機能であるだけに、惜しいところです。

録画機能でいうと、ShadowPlayのインスタントリプレイも地味に重宝するという人が多いのではないでしょうか。これをONにした状態でゲームをプレイすれば、「録画していないことを後悔した」という場面が減ります。

ShadowPlay(Share)の詳しい使い方と、録画時の注意点
ShadowPlayは、GeForce Experienceというソフトに搭載されている録画機能です。 ShadowPlayの...
スポンサーリンク
レクタングル(大)