配信で画面がゴチャつくって? → マルチモニター・デュアルモニターで完全解決

この記事をシェアする

ゲーム配信者のなかには、マルチモニター(マルチディスプレイ)にしている人が珍しくありません。

マルチモニター

では、マルチモニターのメリットはどこにあるのでしょうか。どのようにすればマルチモニターにできるのでしょうか。

  • マルチモニターのメリット
  • マルチモニターのやり方・設定

この2点について見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

マルチモニターとは

マルチモニターとは、1台のPCに複数のモニターをつなげることをいいます。

1PCに複数のモニター

気をつけたいのは、PCは1台という点です。モニターは複数用意することになりますが、PCはあくまでも1台です。

2台のPCで配信する2PCとは違う概念なので、注意してください。

モニターの台数に応じて、以下のような用語の使い方をします。

  • モニターが3台 → マルチモニター、トリプルモニター
  • モニターが2台 → マルチモニター、デュアルモニター
  • モニターが1台 → シングルモニター
ここでは、「マルチ」は2台以上という意味で使っています。

使用するPCは、デスクトップでもノートでもかまいません。

ノートPC

メリットは3つ

OBSなどで、画面の取り込みが容易になる

マルチモニターにすると、画面を広く使えます。その結果、快適に画面を取り込めるようになります。

広い画面

かりに、モニターが1台の場合を考えてみましょう。いろいろなソフトが画面を占領することになります。

たとえば、「ゲーム画面が隠れないようにコメビュはここに配置して、ウィンドウキャプチャーで取り込んで…」というように、狭い画面内でやりくりしなくてはいけません。

OBSとPS4

しかし、マルチモニターなら複数台のモニターを1つの大画面として使えます。もう画面がゴチャゴチャすることはありません。

画面が広くなり、モニター間でウィンドウやカーソルを自由に移動できるようになります。

シングルモニターでは使いづらかった画面キャプチャーも、格段にやりやすくなります。適切に設定すれば、合わせ鏡のような状態になることはありません。

「画面」の設定
▲サブモニターを選択しました。合わせ鏡にならず、画面キャプチャーが簡単にできます。

ゲーム画面からの切り替えが不要に

たとえば、PCゲームをフルスクリーンでプレイしているとしましょう。

このときシングルモニターだと、コメントを確認するためにはAltキー + Tabキーで画面を切り替えなくてはいけません。

しかし、画面をいちいち切り替えるのは煩雑です。棒読みちゃんを使ってコメントを読み上げる方法もありますが、声が苦手という人もいます。

では、マルチモニターならどうでしょうか。メインモニターにゲームをフルスクリーンで映しつつ、同時にサブモニターでコメントを確認できます。画面の切り替えは必要ありません。

ゲーム画面用のモニター

コメントが見やすくなる

もし「コメントが見づらい、もっと見やすくしたい」と感じているなら、コメント閲覧用のモニターを用意してマルチモニターにしましょう。

コメント用のモニター

そして、可能であればコメント閲覧用のモニターを縦向きに配置するのです。コメントは縦に長いので、一覧性が高くなります。

モニターを縦向きにするには、後述するモニターアームを使う方法があります。

もし見逃したコメントがあっても心配いりません。プレイ中に、一気にコメントを閲覧できます。

YouTubeやTwitchでは、コメントをポップアウト表示できるので、これもうまく使ってください。コメントを独立してウィンドウ表示する機能です。

ポップアウト表示

PCとモニターを接続しよう

まずは、PCにどのような出力端子が搭載されているか確認します。

  • HDMI
  • DisplayPort
  • DVI
  • VGA(D-Sub 15ピン)

端子の種類

そして、PCの出力端子と、モニターの入力端子をケーブルで接続します。

基本的には同じ端子どうし、たとえばHDMI - HDMIを接続します。ただ、HDMI - DVIなどの変換アダプターもあります。必要に応じて使ってください。

なお、細かいことを言うとUSBを変換するアダプターもあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

モニターを設置しよう

モニターの設置方法ですが、おもにデスクトップPCで悩むことが多いかもしれません。

いちばんシンプルなのは、モニターを2台横に並べる方法です。

モニターを横に並べて設置

しかし、もう少しマルチモニターを有効活用したいのであれば、モニターアームを使いましょう。

created by Rinker
エルゴトロン
¥31,359 (2019/08/23 23:32:47時点 Amazon調べ-詳細)

これには、たくさんのメリットがあります。

  • モニタースタンドが不要になり、モニター下部を収納スペースにできる。
  • モニターを縦向きにできる。
  • モニターを上下に2台並べることができる。
  • モニターの位置、高さ、角度を調整できる。
製品によっては移動可能な方向が異なりますが、マルチモニターとの相性は抜群です。

拡張モードにしよう

マルチモニターにするためには、簡単な設定を行います。

具体的には、Winキー + Pキーを押してください。そして、「拡張」を選ぶだけです。

拡張モード

詳しい設定を行いたい場合は、デスクトップ画面上の任意の位置で右クリックし、「ディスプレイ設定」を選びます。

ディスプレイ設定

ここでは、いくつかの設定を変更できます。

  • メインとして使用するモニター
  • Windows上のモニターの位置(実際のモニターの配置と違う場合に)
  • テキストなどのサイズ
  • 画面の向き(縦向きにしたい場合に)

ディスプレイ設定の内容

どのようなモニターを使えばよいか

まずは基本的な点を確認してください。

  • 違う型番のモニターどうしでもよい。
  • サブモニターに内蔵スピーカー・ヘッドホン端子は不要。
  • リフレッシュレートは、すべてのモニターで統一したほうが無難。

3番めのリフレッシュレートについてですが、これは配信で画面がカクつく(フレームレートが落ちる)場合があるからです。

OBSで配信画面がカクカク&重いときの原因が判明。対処法をまとめてみた
OBS Studio(以下OBS)を使用中、配信画面がカクカクする、PCが重いというケースに遭遇したことがあるかもしれません。 ...

たとえば、メインモニターが144Hzで、サブモニターが60Hzというようなケースで問題が起こることがあります。

デュアルモニター

対処法はあるので大きな問題ではありませんが、覚えておいてください。不安であれば、最初から同じリフレッシュレートのモニターで統一しましょう。

通常の一般的なモニターは、リフレッシュレートが60Hzです。

モニターの製品例

マルチモニターを前提に考えた場合、サブモニターは廉価なもので問題ありません。また、ゲーミングモニターや4Kモニターである必要もありません。

メインモニターを選ぶ基準とは少し異なります。

マルチモニター特有の注意点は、以下のとおりです。

  • 27インチを超えるモニターを2台そろえると、かなり圧迫感がある。
  • それなりのスペースが必要。
  • 横斜めからモニターを見る場合は、(できれば)視野角の広いIPSパネルのほうがよい。
  • モニター間でウィンドウ、カーソルを移動するので、ベゼルは狭いほうがよい。

ということで、一例ですが下記のような製品があります。GL2580HM24MK430H-Bです(Amazon)。

いずれもVESA(ベサ)という規格に対応しているため、モニターアームを取り付けることができます。モニターの裏側にネジ穴があり、ここにアームを取り付けます。

ただ、24MK430H-Bはケーブルが床と水平方向になります。ケーブルと壁の接触に注意してください。

まとめ

マルチモニターにすると壮観です。この眺めだけで満足する人もいるかもしれません。

実用性においても、画面が広く使えるというのは重要です。有名な配信者がよくマルチモニターにしているのは、合理的な理由があります。

ただ、ある程度の広いスペースが必要です。設置場所を考えて、必ず前後左右の確認をしておいてください。

また、近年は4Kモニター(TV)が普及の兆しを見せています。「4Kモニターが1台あればマルチモニターは不要」と考える人もいるかもしれません。

しかし、4Kモニターの導入はスケーリングをするかしないかという問題があり、なかなか悩ましいところです。さらに、4KでPCゲームをプレイするなら、PCの負荷も気にしなくてはいけません。

こういった点も踏まえたうえで、マルチモニターについて考えてみるとよいでしょう。筆者としては、フルHDでのマルチモニターを推します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)