Reflector 4で、iPhoneの画面をPCに映して生配信する方法。OBSの設定も

この記事をシェアする

Reflector 4(以下Reflector)があれば、iPhoneの画面をワイヤレスでPCに映せます。

Reflector 4

では、どうすればスマホゲームのプレイをPCから配信できるようになるのでしょうか。大きな流れは2ステップです。

  1. Reflectorを使ってiPhoneの画面をPCに映す。
  2. 配信ソフトを使って、その画面を取り込む。

Reflectorを使ってゲーム配信する方法について見ていきましょう。

Windows PCの使用、およびWi-Fi環境があることを前提としています。

【スポンサーリンク】

必要なもの

Reflector 4

Reflectorのダウンロード方法は、以下のとおりです。

  1. 公式サイトにアクセスする。
  2. 「Windows」の「Download 64-bit」をクリックする。
  3. ダウンロードしたファイルを実行する。
  4. 画面を順に進めていく。

Reflector 4

PCが32bit版の場合は、「Download 32-bit」をクリックします。このあたりがよくわからない場合は、実際に確認してみましょう。

  1. Windowsのスタートボタンを右クリックする。
  2. 「システム」をクリックする。
  3. 「システムの種類」を確認する。

配信ソフト

配信ソフトは、一般的なものであればどのようなものでもかまいません。

おすすめの配信ソフトはどれか。目的別、サイト別に一覧・比較してみた
ライブ配信で使う配信ソフトには、さまざまな種類があります。では、どの配信ソフトを使えばよいのでしょうか。 このページでは、各配...

無料版には制限がある

Reflectorは無料試用できます。しかし、2つの制限があります。

  • 7日間過ぎると使えなくなる
  • PCに映したiPhoneの画面下部にロゴが入る

ウォーターマーク
▲無料版に表示されるロゴ(ウォーターマーク)

無料版の制限を解除するには、ライセンスを購入しなくてはいけません。2,211円します。

もし、ほかのミラーリングソフトを使ってみたいという場合は、下記ページをご覧ください。

【Wi-Fi】簡単。iPhoneの画面をPCに映してミラーリングする方法。アプリも紹介
iPhoneの画面をPCに映すためには、ミラーリングソフトが必要です。 たとえば、iPhoneの画面をPCに映して、PCでライ...

画面ミラーリングを開始しよう

では、さっそくReflectorを使ってみましょう。

  1. Reflectorを起動します。つい忘れそうになりますが、最初に起動してください。
  2. Reflectorを起動

  1. iPhoneでコントロールセンターを開き、「画面ミラーリング」をタップします。
  2. 画面ミラーリング

  3. ReflectorをインストールしたPCの名前が表示されます。これをタップしましょう。
  4. PCの名前

  5. すると、PCに4桁の数字が表示されます。この数字をAirPlayコードといいます。iPhoneに入力してください。
  6. AirPlayコード

  7. 画面ミラーリングが始まり、iPhoneの画面がPCに映ります。
  8. ミラーリング開始

  9. 注意したいのですが、iPhoneからは音が出ませんPCから出ているiPhoneの音を聞きましょう。
  10. ミラーリングソフト

  11. 画面の周りにあるフレーム画像を消したい場合は、Altキー + Bキーを押してください。下記画像のようになります。
  12. フレーム消去

  13. 画面ミラーリングの停止は、iPhoneのコントロールセンターから行います。
  14. つぎは、視聴者にiPhoneの画面を見せるための設定を行いましょう。配信ソフトのほうで設定します。

注意しよう

配信ソフトの設定を行うまえに、iPhoneの設定・操作について以下の点を覚えておいてください。

  • iPhone側で「おやすみモード」にしておく
  • iPhoneの操作はiPhoneで行う
  • ゲーム音はPCから聞く(iPhoneからは出ないので)
  • マナーモードを解除しておく(そうしないとゲーム音が出ないので)
  • iPhoneの音量が0だとゲーム音がPCから出ない

iPhoneを「おやすみモード」にしておく理由は、通知や着信が配信画面に表示されるのを防止するためです。

おやすみモード

スポンサーリンク
レクタングル(大)

OBSにiPhoneの画面を映そう

PCにiPhoneの画面を映せたら、配信ソフトの設定を行っていきましょう。まずはOBSの設定からです。SLOBSやXSplitの設定は後述します。

「ウィンドウキャプチャ」を追加する

「ソース」の「+」から「ウィンドウキャプチャ」を選択します。これは、Reflectorに映っている画面をOBSに映すための機能です。

obs-studio

適当な名前を付けて「OK」をクリックします。そのままの名前でもかまいません。

obs-studio

設定を変更する

つぎに、「ウィンドウ」で「[Reflector4 .exe]: Reflector 4」を選択しましょう。

ウィンドウキャプチャの設定

このままだと真っ暗ですが、驚かないでください。「キャプチャ方法」を「Windows 10 (1903以降)」に変更すれば解決です。

Windows 10

「OK」をクリックして設定画面を閉じます。

画面を合わせる

もし画面サイズがおかしい場合は、「ウィンドウキャプチャ」上で右クリックし、「変換」から「画面に合わせる」を選択しましょう。

画面に合わせる

すると、下記画像のようになります。完成しました。

OBS

視聴者に画面を見せる設定はできたので、あとはOBSの「設定」ボタンから設定を行いましょう。

【詳説】やさしいOBS Studioの使い方・設定方法
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料のライブ配信用ソフトです。詳しい使い方を見ていきましょう。 ...
ゲーム生配信のやり方、必要機材とは?配信サイト・ゲーム機ごとに解説
当サイトでは、ゲーム配信のやり方、配信方法、必要な機材・ソフトを 配信サイトごと ゲーム機ごと という2つ...

ほかの配信ソフトの設定

SLOBS

やり方はOBSと同じです。

  1. 「ソース」の「+」から「ウィンドウのキャプチャー」をクリックする。
  2. 適当な名前を入力して「ソースを追加」をクリックする。
  3. 「ウィンドウ」で「[Reflector4 .exe]: Reflector 4」を選ぶ。
  4. 「キャプチャ方法」を「Windows 10 (1903以降)」にする。
  5. 「完了」をクリックする。

SLOBS

XSplit

以下のように設定します。

  1. 「Add Source」をクリックする。
  2. 「スクリーンキャプチャ」→「ウィンドウキャプチャ」の順にカーソルを合わせる。
  3. Reflector 4 - ユーザー名 (Reflector4.exe)」を選択する。

まとめ

Reflectorを使ってゲーム配信する方法は4ステップです。

  1. Reflectorを起動する。
  2. iPhoneでミラーリングを開始する。
  3. スマホの画面がPCに映る。
  4. OBSなどで、ウィンドウキャプチャーを使って画面を取り込む。

OBSの使い方で不明な点がある場合は、下記ページをご覧ください。

【詳説】やさしいOBS Studioの使い方・設定方法
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料のライブ配信用ソフトです。詳しい使い方を見ていきましょう。 ...
【OBS】こんなときは?よくあるトラブル、よくある質問まとめ
OBS Studio(以下OBS)でトラブルが起きた場合の対処法、およびQ&Aをまとめました。 「Yahoo!リアルタイム検索...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)