ゲーム実況者のための GC553購入ガイド・レビュー

この記事をシェアする

4K解像度に興味があるなら、ぜひGC553(GC553 Live Gamer Ultra)を覚えておきましょう。AVerMediaから発売されている、外付けタイプのキャプチャーボードです。

GC553の外観
Live Gamer Ultra GC553の外観(リンク先 : Amazon)。PCとUSBで接続して使う外付けタイプです。少しクラシックな雰囲気が漂う、落ちついたデザインです。

このページでは、GC553を購入すべきか迷っている方のために、ポイントや注意点を見ていきます。

スポンサーリンク

GC553の特長・メリット

4K/30fpsで録画できる

PS4 Proなど、4K対応ゲーム機の画面を4K/30fpsで録画できます。

4K/30fps録画

この点、一般的なキャプチャーボードは1080p/60fpsまでしか対応していません。

しかし、GC553は4K/30fpsまで対応しています。つまり、フルHD画質のさらに上を行く、最高級の画質を楽しめます。

1080p HDR録画に対応

HDRを有効にできる環境であれば、1080pのHDR映像を録画できます。HDR録画できる製品は、2019年のところ希少です。

HDRボタン
▲このボタンをクリックしてオレンジ色に点灯させると、HDR録画が有効になります。

HDRは、一般論として自然な画質になる技術だと思ってください。明暗差が大きい映像でも、美しくリアルに表現できます。

残念ながらGC553は4K HDR録画はできないのですが(可能なのは1080p HDR録画)、4K/60fps HDRのパススルー出力には対応しています。

4K HDRのパススルー出力
パススルーというのは、簡単に言えばゲーム画面をモニター・TVに遅延なしで映す機能のことです。

したがって、パススルー出力先のモニター・TVでは、4K/60fps HDRの映像を見ながらゲームをプレイできます。遅延はありません。

このあたりは、少しややこしいかもしれません。パススルー出力の話と、PC側の録画の話を分けて考えましょう。

使いやすいキャプチャーソフトが付属

RECentralというキャプチャーソフトが付属されています。

RECentral 4

このソフトには便利な機能がたくさんあります。製品を買った日から、すぐに使いこなせるようになるでしょう。

  • ライブ配信機能により、簡単な設定をするだけでゲーム配信ができる。
  • ゲームを録画して、自分の声を動画に入れることができる。
  • 声を別録りできる。
  • 時間を遡ってゲームプレイを再生・録画できる。
  • 簡易なカット編集ができる。
  • YouTubeに動画を直接アップロードできる。
とくにゲーム配信機能はRECentralの強みのひとつです。生配信があっというまにできます。

動画編集ソフトが付属

動画編集ソフトをわざわざ購入する必要はありません。なぜなら、「PowerDirector 15 for AVerMedia」が付属されているからです。

PowerDirector

PowerDirectorは、本格的な動画編集ができる定番のソフトです。もし実況動画の作成を考えているのであれば、これでじゅうぶんでしょう。

関連 【図解】PowerDirectorの詳しい使い方。実況動画を編集しよう

購入まえに「ここ」だけ確認しよう

GC553
製品画像
PCとの接続 USB 3.1(3.0のこと)
エンコードタイプ ソフトウェアエンコード
最大録画解像度
最大フレームレート
4K/30fps
1080p/60fps HDR
1080p/120fps
ゲーム機との接続 HDMI
パススルー出力機能 あり(4K/60fps HDR対応)
対応OS Windows 10(64bit)
MacOS 10.13~10.14

USB 3.1専用

GC553とPCを接続するには、USB 3.1を使います。「3.1」とありますが、これはUSB 3.0と実質的に同じものです。

USB 3.1

USB 2.0端子に接続しても動作しないので、注意してください。

60fpsで録画したいなら1080pに

GC553は4K録画に対応していますが、その場合は最大フレームレートが30fpsになります。

4K/30fps

もし60fpsで録画したいのであれば、RECentralのほうで設定を変更して1080pにしましょう。簡単に設定できます。

1080p/60fps

後述する上位モデル、GC573は4K/60fpsに対応しています。

PCスペックが心配なら「診断ツール」

PCのスペックは、多くの人が気になることかもしれません。4K対応製品というと、自分のPCで正常に動作するか不安なものです。

参考 ゲーム実況で必要なPCスペックと、おすすめPCの選び方

PC

じつは、GC553を購入するまえに、PCスペックを検証できます。公式サイトから「診断ツール」をダウンロードしましょう。

  1. 公式サイトにアクセスする。
  2. GC553 キャプチャーデバイスの専用診断ツール」をダウンロードする。
  3. ダウンロードしたZIPファイルを解凍する。
  4. 解凍してできた「AVerMedia USB3.0 Diagnosis Tool」フォルダを開き、「AVerMedia USB3.0 Diagnosis Tool.exe」をダブルクリックする。
  5. 診断結果を確認する。

診断ツール
動作環境を満たしている場合の診断結果(左)と、満たしていない場合の診断結果(右)

他製品との比較

GC573との違い

GC573(Live Gamer 4K)は、4K/60fpsに対応しているのが最大の特長です。つまり、4K解像度のときでも60fpsで録画できます。

ゲーム実況で使うGC573の購入ガイド・レビュー
もし4K/60fps HDRで録画したいなら、GC573です。これは、AVerMediaから発売されているハイエンドモデルのキャプチャーボー...

下表をご覧ください。GC573とGC553の違いをまとめました。

GC573 GC553
PCとの接続 PCI Express x4(内蔵) USB 3.1(外付け)
4K録画時の最大フレームレート 60fps 30fps
4K HDR録画 対応 非対応
1080p/60fpsで対応
1080p録画時の最大フレームレート 240fps 120fps

GC573は、AVerMediaの製品のなかで最上位機種です。最強のキャプチャーボードがほしい、性能面で妥協したくないということであれば、GC573を購入することになるでしょう。

GC550 PLUSとの違い

GC550 PLUSは、4K録画には対応していません。4Kのパススルー出力には対応していますが、最大録画解像度が1080p/60fpsという、一般的なキャプチャーボードです。

【キャプチャーボード】GC550を3年使ったので、本音を打ち明けることにした
GC550を使用し始めて3年が経過しました。発売当初から使って感じたこと、わかったことなどをレビューとしてまとめます。

もし、4K製品は必要ないな、高いなと考えている場合は、GC550 PLUSでじゅうぶんでしょう。GC553と同様、動画編集ソフトも付属されています。

GC550 PLUS GC553
4K録画 非対応 対応
4K/60fpsパススルー 対応 対応
HDR録画 非対応 対応
HDRパススルー 非対応 対応

付属品

付属品は下記画像のとおりです。

付属品

USBケーブル(画像2)とHDMIケーブル(画像3)が付属されています。

PowerDirectorのライセンスキーコードカード(画像5)は、紛失しないようにしてください。これがないとライセンスキーを登録できず、PowerDirectorを使用できません。

遅延はどの程度か

PC画面上での遅延(ラグ)については、下表をご覧ください。

筆者による簡易計測 メーカーによる公称値 備考
4K/30fps 約0.1秒 約0.11秒前後 パススルーすべき
1080p/60fps 約0.07秒 約0.07秒前後 PC画面でのプレイもあり

筆者が簡単に検証したかぎりでは、遅延時間はメーカー発表の数値と一致しました。4K/30fpsの場合、AVT-C878よりは短い遅延という印象です。

タイミングがシビアなゲームをプレイする場合は、下図のようにパススルー出力したほうが無難でしょう。

パススルー出力

モニター・TVに映ったゲーム画面を見ながらプレイすることで、遅延のない、ふだんどおりのゲームプレイが可能です。

2つあるキャプチャーボードの遅延対策。パススルー出力と、分配出力
キャプチャーボードには、遅延(タイムラグ)があります。 場合によっては、これが原因で快適にゲームをプレイできないことがあるでし...

小さいが、冷却ファンのノイズ音がある

GC553には、冷却用のファンが搭載されています。

このファンはGC553をPCに接続するのと同時に動作音が発生します。具体的には、「ジーッ」というようなノイズ音で、イメージとしては虫の小さな鳴き声に近いかもしれません。

筆者の場合、カナル型のイヤホンを着用しており、その間は気になりません。しかし、イヤホンをしていない状態だと、動作音が少し気になりました。

スリープ中もGC553のファンは回るため、使わないときはPCから取り外したほうがよいかもしれません。

4K HDRについて

4K環境でなくても使用は可能

ひょっとしたら、4K対応のモニター・ゲーム機がない、フルHD対応のモニター・ゲーム機しかないという人もいるかもしれません。

そのような環境でも、問題なく1080p/60fpsでプレビュー・録画できます。


▲Switchは4K非対応のゲーム機ですが、まったく問題ありません。

しかし、上述したGC550 PLUSのほうが安いので、4K環境がないならGC553でなくてもよいでしょう。

もっとも、いずれ4K環境をそろえる予定がある場合は、将来のことを考えてGC553を買うのはありです。

HDR録画はハードルが高い

HDR環境がまだ整っていないなら、HDR録画について過度な期待はしないほうがよいかもしれません。

まず、HDRはハードルが高いのです。以下のものがすべてHDRに対応していなくてはいけません。

  • モニター
  • HDMIケーブル
  • ゲーム機(例 : PS4、PS4 Pro)
  • ゲームソフト

そのうえで、各種設定を行う必要があります。設定自体は簡単です。

  • モニターのHDR設定(例 : 「高速信号モード」に)
  • ゲーム機のHDR設定
  • ゲームソフトのHDR設定(自動で有効になるものもある)
  • RECentralのHDR設定
  • PCでHDR再生する場合は、Windows 10のHDR設定

映像出力情報
▲「HDR」が「対応」になっているので、GC553でHDR録画できます。この画面は、PS4の「設定」→「サウンドとスクリーン」→「映像出力情報」で表示されます。

さらに、以下の点も注意が必要です。

  • GC553でHDR録画するには、パススルー出力が必須
  • HDR対応モニターであっても、すべてのHDMI入力がHDR対応とは限らない。
  • HDR再生・編集には対応ソフトが必要(例 : 再生ならVLC media player)。
パススルー出力していない場合、HDR録画はできません。通常の録画となります。

しかも、ここまでやったとしても、ゲームタイトルやモニターによってはHDRの大きな効果が見込めない場合があるでしょう。したがって、過度な期待は禁物です。

必要に応じて1080p/60fpsに

4K/30fpsで録画した場合、1080p/60fpsで録画した場合と比較して、動きの滑らかさに欠けるいう印象を持つかもしれません。

1080p/60fpsでも録画できるので、必要ならRECentral側で設定を変更しましょう。

なお、上位モデルのGC573であれば4K/60fpsで録画できます(上述)。

PowerDirector 15は機能制限版だが、問題なし

GC553付属のPowerDirector 15は、機能限定版です。いくつかの編集機能がありませんが、実況動画の編集ではじゅうぶんな機能が搭載されています。

機能制限

念のためキーワードだけ書いておくと、一例ですが以下の機能が制限されています。

  • アクションカメラセンター
  • ビデオハンスメント
  • カラーエンハンスメント
  • 動画逆再生
  • キーフレーム
  • WaveEditor

もう1点、この機能限定版では、H.265動画(HEVC)や、HDR動画を読み込むことはできません。HDR録画するとH.265動画になるので、覚えておきましょう。

HDR録画しない場合は、一般的な形式であるH.264動画になります。同形式であれば、付属のPowerDirectorで問題なく読み込むことができます。

最新版、かつフル機能のPowerDirectorの使い方については、下記ページをご覧ください。

【図解】PowerDirectorの詳しい使い方。実況動画を編集しよう
PowerDirectorは、サイバーリンクが開発・販売する動画編集ソフトです。 動画編集が初めてでも使いやすい ...

GC553の使い方は、別ページで解説

GC553を使いこなすためには、以下の事項をマスターしましょう。

  • RECentralのインストール方法
  • ゲーム機との接続方法
  • ゲーム画面をPCに映す方法
  • パススルー出力の方法
  • 録画・ライブ配信のやり方
  • HDR録画のやり方

詳しい使い方については、以下のページをご覧ください。製品を購入するまえに、ザッと一読しておくことをお勧めします。

【ガイド】GC553の使い方・設定方法
GC553の使い方について見ていきましょう。 この記事を読めば、以下のことをマスターできます。 接続方法、つな...

まとめ

4K HDR環境は、多くの一般的なユーザーにとって、あまり興味のない世界かもしれません。導入のハードルは高めです。その意味で、GC553はコアユーザー向けの製品と言えます。

もし現時点で4K HDR環境が整っていないなら、GC553を急いで買う必要はありません。ただ、今後はPS4の次世代機(PS5?)の登場で、4K HDR録画が一般的になる可能性はあります。

そこで、4Kの入門的な製品としてGC553を購入するのもよいでしょう。RECentralは簡単に使えますし、不満を感じたならOBS Studioがあります。

OBS Studio
▲GC553を通してOBS Studioにゲーム画面を映したところ

GC553で高画質な4K映像を楽しんでください。ゲーム配信(生放送)にも使える製品です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)

質問・コメント

  1. 匿名 より:

    読んだ上での改めての確認になるのですが、4K環境(モニター、PS4PRO、対応ソフト等)は準備出来ております。
    パススルー出力している場合でも出力先が4Kモニターであればきちんと4Kでプレイできるという認識でよろしいのでしょうか?
    PS4上での映像出力設定も3840×2160 60hz RGB HDRと表示されております。