ゲーム実況者のためのGC551G2購入ガイド・レビュー

この記事をシェアする

2022年10月7日、AVerMediaからGC551G2(LIVE GAMER EXTREAM 3)が発売されました。外付けタイプのキャプチャーボードです。

LIVE GAMER EXTREAM 3
GC551G2の外観(リンク先 : Amazon)。画像はホワイトモデルですが、黒色の通常モデルもあります。

このページでは、GC551G2を購入すべきか迷っている方のために、ポイントや注意点を見ていきます。

なお、今回はアバーメディア・テクノロジーズ株式会社からご提供いただいたものを使用しました。

【スポンサーリンク】

GC551G2の特長・メリット

VRRパススルー対応で滑らか映像

GC551G2最大の特徴は、なんといってもVRRパススルーに対応している点でしょう。

まず、パススルーという用語が難しいかもしれません。これはキャプチャーボードの遅延を回避するための機能です。

パススルー出力

ゲーム画面をPCに映した状態でプレイしようとすると操作が重く感じるケースがあるのですが、別途TV(モニター)を用意してつなげることで遅延のない快適なゲームプレイができます。これがパススルーです。

2つあるキャプチャーボードの遅延対策。パススルー出力と、分配出力
キャプチャーボードには、遅延(タイムラグ)があります。 遅延が原因で、快適にゲームをプレイできないことがあるでしょう。 ...
【図説】キャプチャーボードのパススルー出力のやり方。正しい遅延対策の方法
キャプチャーボードのパススルー出力機能を使えば、キャプチャーボードによる遅延を回避できます。 パススルー出力のやり方は、大きく...

では、VRR(Variable Refresh Rate/可変リフレッシュレート)はどのようなものかというと、映像が滑らかに動く機能だと思ってください。

同機能に対応していることで、カクカクするような現象(スタッター、スタッタリング)や、画面が上下で割れたような状態になる現象(テアリング、ティアリング)を防止できます。

テアリング
▲画像はAVerMedia公式サイトから引用。左側の画像(VRRがOFF)では画面が乱れているのに対し、右側の画像(VRRがON)では画面が乱れていません。VRRの効果です。

GC551G2はパススルーとVRRの2つの機能に対応しているため、リッチな環境でゲームをプレイしつつ、録画・ライブ配信できるというわけです。

VRRパススルー出力

HDRパススルー対応

さらに、GC551G2はHDRパススルーに対応しています。

HDRパススルー出力

HDR(High Dynamic Range/ハイダイナミックレンジ)というのは、よりリアルな映像にするための技術で、明るさや暗さを現実に近いかたちで表示できるというものです。

4K/30fps出力対応

GC551G2は4Kに対応しており、4Kで出力(録画・ライブ配信のこと)できます。

購入まえに「ここ」だけ確認しよう

GC551G2
製品画像
PCとの接続 USB 3.2(3.0のこと)
エンコードタイプ ソフトウェアエンコード
録画時の解像度(例) 4K/30fps
1440p/60fps
1080p/60fps
ゲーム機との接続 HDMI
パススルー出力機能 あり(HDR・VRR対応)
パススルー出力時の解像度(例) 4K/60fps
1440p/120fps
1080p/240fps
対応OS Windows
macOS

2種類の色がある

GC551G2には2種類のモデルが存在します。

  • 通常モデル(黒色)
  • GC551G2W(白色)

「GC551G2」に「W」が付いているのがホワイトモデルです。中身は通常モデルと変わりません。

ほかの多くのキャプチャーボードは黒色が一般的なので、白色の製品は珍しく見えるかもしれません。

画像だとグレーのように見えますが、実際は清潔感のあるオシャレな白色です。

LIVE GAMER EXTREAM 3

LIVE GAMER EXTREAM 3

VRR動画出力には非対応

VRRに対応してはいるのですが、それはあくまでもパススルーについての話です。

VRRパススルー出力

つまり、録画・ライブ配信自体は可変リフレッシュレートではなく固定リフレッシュレートで行われます。

HDR動画出力には非対応

HDRに対応しているのは、あくまでもパススルーについての話です。

HDRパススルー出力

つまり、HDR映像を録画・ライブ配信できるわけではありません

もしHDR出力にこだわるのであれば、GC573GC553を購入しましょう。

【ガイド】GC573の使い方・設定方法
GC573の使い方について見ていきましょう。 この記事を読めば、以下のことをマスターできます。 接続方法、つな...
ゲーム実況者のための GC553購入ガイド・レビュー
4K解像度に興味があるなら、ぜひGC553(GC553 Live Gamer Ultra)を覚えておきましょう。AVerMediaから発売さ...

ただ、ゲーム実況の世界ではHDRは重要な要素ではありません。したがって、とくに大きな問題ではないはずです。

4K/60fps出力には非対応

4K/60fps出力はできません。最大で4K/30fpsでの出力となります。

ただ、少なくともゲーム実況では一般的に1080p/60fpsで出力できれば画質的にじゅうぶんです。この点も心配ありません。

機材が非対応なら意味がない

VRRもHDRも、機材が対応していないならまったく恩恵を受けられません

ここでいう機材とは、

  • ゲーム機
  • TV

の2つです。

たとえば、SwitchはVRRにもHDRにも対応していません。したがって、「Switchのゲーム実況をやりたいからGC551G2を買う」というのであれば宝の持ち腐れになるかもしれません。

Switch

【Switch】ゲーム実況のやり方を図解してみた。必要機材と、実況動画の作り方
Switchのゲーム実況のやり方について見ていきましょう。 ここでは、 必要な機材・ソフト 実況動画を...
【Switch】ゲーム配信・生放送のやり方を図解してみた
Switchの場合、ライブ配信(生配信、生放送)するにはどうしたらよいのでしょうか。 ここでは、 必要な機材・ソ...

では、PS5はどうかというと両機能に対応しています。しかし、TV(モニターのこと)が対応していないと意味がありません。注意が必要です。

TV、PCモニター

もしGC551G2に興味があるなら、必ず目的・環境を確認しましょう。

GC550 PLUSとの違い

GC551G2と名前(型番)が似た製品として、GC550 PLUSがあります。

【キャプチャーボード】GC550を3年使ったので、本音を打ち明けることにした
GC550を使用し始めて3年が経過しました。発売当初から使って感じたこと、わかったことなどをレビューとしてまとめます。

両製品の違いは下表のとおりです。

GC550 PLUS GC551G2
PCとの接続 USB 3.1 Gen1(USB 3.0) USB 3.2 Gen1(USB 3.0)
エンコードタイプ ソフトウェアエンコード ソフトウェアエンコード
4K録画 × ○(30fpsまで)
4K HDR録画 × ×
4Kパススルー
4K HDRパススルー ×
4K VRRパススルー ×

製品の立ち位置としては、GC550 PLUSが初心者向け、GC551G2が中・上級者向け、と考えておけばよいでしょう。

GC550 PLUSのほうが価格は安く、機能的にも通常はこれでじゅうぶんです。GC551G2は、その上をめざしたい人のための製品です。

付属品

GC551G2の付属品は下記画像のとおりです。

付属品

OBSでの設定方法

OBS Studioを使ってライブ配信・録画を行いたい場合は、下記ページをご覧ください。

GC551G2 + OBSでゲーム画面を映すための設定方法
GC551G2を使っていて、ゲーム画面をOBS Studio(以下OBS)に映したい場合、どのように設定すればよいのでしょうか。 ...

まとめ

GC551G2を買うべきかどうかの判断基準は、VRRパススルーにどこまで価値を見いだせるかという点に尽きるでしょう。

初心者向きという立ち位置の製品ではなく、すでにキャプチャーボードを持っている人が、2台めとして購入を検討するとよい製品です。

ライバルであるElgatoのHD60 S+HD60 Xと比較した場合、GC551G2のほうが価格が抑えられています。

HD60 S+やHD60 XはHDR録画に対応している点が強みですが(1080p/60fps、Windowsのみ)、HDR録画に興味がないならGC551G2になるでしょう。

created by Rinker
AVERMEDIA
¥22,700 (2023/06/10 20:55:08時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめのキャプチャーボードについては、下記ページもぜひ参考にしてください。

【2023】失敗してわかった。おすすめキャプチャーボードを3個+α紹介します
自分に合ったキャプチャーボードを選ぶのは、ほんとうに苦労します。こんな人はいませんか? 製品が多すぎて、どれを買ったらよいか...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)