低スペックPCでゲーム配信をやるとどうなるのか

この記事をシェアする

ゲーム配信(生放送)をやるさい、「このPCのスペックでできるのか?」と心配する人は多いでしょう。

PC

だれもが高性能なPCを持っているわけではありません。当然、低スペックなPCを使っている人もいるわけです。

では、低スペックPCでゲーム配信をやった場合、どうなるのでしょうか。実際に検証してみました。

結論を書いておきます。

  • TVゲーム : 問題なく配信できた
  • PCゲーム : 設定をうまくやらないとカクつく
【スポンサーリンク】

使用したPCのスペック

CPU Core i7-930
メモリ 9GB
グラフィックボード Geforce GT 730(GF-GT730-LE1GHD/D5)
ストレージ HDDのみ(SSDなし)
電源 460W
OS Windows 10 Pro(7からのアップグレード)

今回使用したPCは、筆者が2010年に購入したものです。現在、2019年なので、購入から約10年が経過しました。

CPUのCore i7-930は、Core iシリーズの第1世代にあたります。もはや、化石そのものと言っても過言ではありません。

グラフィックボードのGT 730については、別の検証目的で2015年8月に購入し、そのとき交換しました。当時からローエンドという扱いのGPUです。

少し用語が難しかったかもしれません。性能をシンプルに表現すると、「最新PCと比べてよわよわPC」です。

OBSの設定

配信ソフトとして、今回はOBS Studio(以下OBS)を使用します。

OBS Studioの詳しい使い方・設定方法
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料のライブ配信用ソフト(配信ソフト)です。詳しい使い方を見ていきましょう...

「映像」タブの設定は、3パターン用意

とても重要な点ですが、OBSの設定によって配信中におけるPC動作の重さが異なります。軽い設定もあれば、重い設定もあるわけです。

そこで、解像度・フレームレートの設定を3パターン用意して検証することにしました。

解像度 フレームレート 備考
設定(1) 1280x720 30fps 無難な設定
設定(2) 1280x720 60fps
設定(3) 1920x1080 60fps 最高画質用

OBSでは、「設定」→「映像」で解像度・フレームレートを変更できます。

映像タブ

解像度は、下げれば低負荷な配信ができます(例 : 640x360)。ただ、画質を考慮して1280x720を最低ラインとしました。

「出力」タブの設定は共通

「出力」タブの設定は、上記(1)~(3)ですべて共通です。下記画像のように設定しました。

出力タブ
▲「出力モード」を「基本」から「詳細」に変更して設定したところ

「エンコーダ」は、「NVIDIA NVENC H.264」にしました。「x264」を選ぶよりも負荷が大幅に軽くなるため、低スペックPCでは重要な設定です。

OBSで配信画面がカクカク&重いときの原因が判明。対処法をまとめてみた
OBS Studio(以下OBS)を使用中、配信画面がカクカクする、PCが重いというケースに遭遇したことがあるかもしれません。 ...

「NVIDIA NVENC H.264」が表示されないPCの場合は、「QuickSync H.264」など「x264」以外のものを選ぶようにしてください。やはり軽くなるからです。

TVゲーム配信の検証結果

GC550を使用

PS4の映像・音声をPCで入力するために、キャプチャーボードであるGC550を使用しました。

【キャプチャーボード】GC550を3年使ったので、本音を打ち明けることにした
GC550を使用し始めて3年が経過しました。発売当初から使って感じたこと、わかったことなどをレビューとしてまとめます。

また、OBSでは「ソース」の「+」から「映像キャプチャデバイス」を選択し、PS4版『ストリートファイターV』のゲーム画面を映しました。

GC550 + OBSでゲーム画面を映すための設定方法
GC550を使っていて、ゲーム画面をOBS Studio(以下OBS)に映したい場合、どのように設定すればよいのでしょうか。 ...

余裕で配信できる

検証結果は、以下のとおりです。なお、ブラウザは閉じています。

(1)問題なし(CPU使用率 : 8~10%)
(2)問題なし(CPU使用率 : 11~13%)
(3)問題なし(CPU使用率 : 13~15%)

検証結果
▲OBSの設定を1280x720、30fpsで配信したときの検証結果

意外に思われるかもしれませんが、スペック的に余裕がありました。どのパターンもカクつきは発生しません。安定して配信できます。

これは、上述したOBSの「エンコーダ」の設定による効果が大きい部分です。「NVIDIA NVENC H.264」を選択したことで、グラフィックボードの力を借りて配信できるようになり、CPU使用率が大幅に軽減されたのです。

同機能をハードウェアエンコードといいます。「QuickSync H.264」(Quick Sync Video)なども同様の効果があると思ってください。

あえて「エンコーダ」を重い「x264」に変更した場合、CPU使用率は上昇します。

(1)25~33%
(2)39~56%
(3)62~93%(ほぼ常時カクカク)

「エンコーダ」で「x264」を選択すると、ソフトウェアエンコードという配信方法になります。一般的にハードウェアエンコードよりも高画質ですが、CPUの性能に依存し、重くなります

結論としては、「エンコーダ」を「NVIDIA NVENC H.264」に設定して配信すれば問題ないということがわかりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

PCゲーム配信の検証結果

『フォートナイト』をプレイ

今回は、PC版『フォートナイト』をプレイします。このゲームは高い人気を誇っており、しかも無料です。検証に最適なゲームでしょう。

特定のウィンドウをキャプチャ

また、フルHD解像度の1920x1080、60fpsでゲームをプレイしつつ、上記(1)~(3)の設定でスムーズに配信できるかを検証しました。

ふだん120/144/240fpsでフォートナイトをプレイしている人にとって、60fpsは違和感があるかもしれません。しかし、今回は低スペックPCを使用するので、60fpsを基準とします。

OBSについては、「ソース」の「+」から「ゲームキャプチャ」を選択し、フォートナイトのゲーム画面を映します。

【OBS】ゲームキャプチャで画面が映らない、真っ暗なときの対処法
OBS Studio(以下OBS)で画面が映らない場合、どうすればよいのでしょうか。 このページでは、「ゲームキャプチャ」でPCゲーム...

ゲームのグラフィック設定を「低」に

まず、フォートナイトのグラフィック設定ですが、落とさざるをえませんでした。

というのも、配信していないにもかかわらず、プリセットである「品質」を「中」にしても最大47fpsしか出なかったからです。

そもそもフォートナイトの推奨システム要件を考慮すると、今回の低スペックPCでの配信は(ほんとうは)無謀です。

そこで、やむをえず品質を「低」に変更したところ、配信外で安定して60fpsを維持できるようになりました。この状態で実際に配信し、検証します。

フォートナイトのグラフィック設定

配信には適さない

検証結果は、以下のとおりです。なお、ブラウザは閉じています。

(1)問題なし
(2)ほぼ問題なし
(3)カクカクする

検証結果
▲OBSの設定を1280x720、30fpsで配信したときの検証結果

(3)の場合であっても、ゲームプレイ自体は60fpsを維持できました。しかし、視聴者が見ている配信画面はカクカクです。配信中、GPU使用率は100%のまま張り付きます。

検証結果
▲OBSの設定を1920x1080、60fpsで配信したときの検証結果

動作が軽いフォートナイトで、しかもグラフィック設定を「低」に落としてのプレイですから、配信に適さないPCと言わざるをえない結果となりました。かりに重量級のゲームならば、プレイすらままならず配信は不可能です。

低スペックPC使用時のポイント

画質を犠牲にして、PCにかかる負荷を軽くすることを意識しましょう。OBSでは、以下の設定が重要です。

  • エンコーダー
  • 解像度
  • フレームレート
  • プリセット

とくに、「設定」→「出力」にある「エンコーダ」を「x264」以外にするのを忘れないようにしてください。

出力タブ

PC環境によって表示される項目が異なります。

  • NVIDIA NVENC H.264 (new)
  • NVIDIA NVENC H.264
  • QuickSync H.264
  • H264 Encoder (AMD Advanced Media Framework)
  • アップル VT H264 ハードウェアエンコーダ

また、PCゲームの場合は、ゲーム内のオプションからグラフィック設定も下げます。

  • 画質
  • 解像度
  • フレームレート

注意したいのですが、配信画面がカクカクしているからといってPCが低スペックだとは限りませんカクつく原因は複数あるからです。

OBSで配信画面がカクカク&重いときの原因が判明。対処法をまとめてみた
OBS Studio(以下OBS)を使用中、配信画面がカクカクする、PCが重いというケースに遭遇したことがあるかもしれません。 ...

まとめ

ゲーム配信に適しているのは、確実に高スペックPCです。しかし、低スペックPCだからといって、配信できないとは限りません

TVゲーム配信の場合は、高スペックなPCでなくとも配信できる可能性があります。重いのであれば、OBSの設定で対処しましょう。

他方、PCゲーム配信の場合は、高スペックなPCを用意してください(例 : ガレリア AXF)。たとえ軽量級のゲームであっても、高画質・高フレームレートでゲームをプレイしつつ配信したいなら、低スペックPCは不向きです。

参考 ゲーム実況で必要なPCスペックと、おすすめPCの選び方

なお、今回は通信速度に問題がないことを前提としました。しかし、これがネックとなって配信がカクつくことがあるので、注意してください。

ライブ配信がカクカク、止まる。アップロード速度が遅い場合に試してほしいこと
配信中、だれもが1回は遭遇するトラブルがあります。それが、配信を始めると画面がカクカクする、プツプツする、止まるというものです。 ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)