OBSで配信画面がカクカク&重いときの原因が判明。対処法をまとめてみた

この記事をシェアする

OBS Studio(以下OBS)を使用中、配信画面がカクカクする、PCが重いというケースに遭遇したことがあるかもしれません。

PC

どうすればこれを改善できるのでしょうか。以下の2点について見ていきます。

  • 画面がカクつくのを直す方法
  • PCの動作、OBSを軽くするための設定方法

まず前提として「カクカク」の定義ですが、基本的に配信画面で安定して30fps出ていない状態を想定しています。

【スポンサーリンク】

ハードウェアエンコーダーを使用する

PCの動作を軽くするための方法として、近年とくに注目されているのがハードウェアエンコーダーというものを使って配信する方法です。

  1. 「設定」をクリックする。
  2. 「出力」をクリックする。
  3. 「出力モード」を「詳細」にする。
  4. エンコーダ」を「NVIDIA NVENC H.264 (new)」などにする。
  5. 「キーフレーム間隔」を「2」にする。
  6. 「OK」をクリックする。

出力タブ

「エンコーダ」の部分は、「x264」以外を選びましょう。PC環境によって表示される項目が異なります。

  • NVIDIA NVENC H.264 (new)
  • NVIDIA NVENC H.264
  • QuickSync H.264
  • H264 Encoder (AMD Advanced Media Framework)
  • アップル VT H264 ハードウェアエンコーダ
もし「x264」しか表示されない場合は、そのPCはハードウェアエンコーダーに対応していません。

一般論として、「x264」を選んだ場合と比較すると画質は少し落ちますが、PCの動作は圧倒的に軽くなります。

なお、OBSのバージョンが23.0以降で、かつグラフィックボードがRTX 20シリーズである場合は、画質劣化を気にする必要はありません(参考)。

RTX 20
▲出典 : NVIDIA公式サイトより

出力解像度・フレームレートを下げる

出力解像度フレームレートの両方を下げることで、PCの負荷を軽減させます。

  1. 「設定」をクリックする。
  2. 「映像」をクリックする。
  3. 出力 (スケーリング) 解像度」を下げる(例 : 1280x720、640x360)。
  4. 「縮小フィルタ」で「バイリニア」を選択する。
  5. FPS 共通値」(フレームレートのこと)を「30」にする。
  6. 「OK」をクリックする。

映像タブ

出力解像度の設定は、数字が小さいほどPCの動作が軽くなります。たとえば、640x360は1280x720よりも軽くなるということです。

ただし、映像がボヤけたり、文字が小さくなって読みづらくなることがあるでしょう。画質との関係で無難なのは1280x720です。

PCスペックに余裕がない場合は、以下の2点を意識します。

  • 「出力 (スケーリング) 解像度」を1920x1080にするのは避ける。
  • 「FPS 共通値」を60fpsにするのは避ける。
1080p/60fps配信にこだわりたい人もいると思いますが、PCスペックがギリギリなら妥協してください。

x264のプリセットを変更する

これは、上述のハードウェアエンコーダーを使用できない環境、すなわち「エンコーダ」で「x264」を選んだ場合を前提にしています。

  1. 「設定」をクリックする。
  2. 「出力」をクリックする。
  3. 「出力モード」を「詳細」にする。
  4. CPU使用のプリセット」を「veryfast」にする。

CPU使用のプリセット

「veryfast」よりも、「superfast」や「ultrafast」にしたほうがPCにかかる負荷は小さくなります。

ただし、負荷が小さいプリセットは映像が荒くなったり、ボヤけるというデメリットがあります。変更するにしても「superfast」が無難でしょう。初期設定は「veryfast」です。

PCゲームのグラフィック設定を変更する

PCゲーム配信の場合、PCの動作が重くなりがちです。


▲出典 : 『Apex Legends』(Electronic Arts)より

とくに、配信しながら最新の重量級AAAタイトルを最高画質でプレイするのは、ほとんどのPCで無謀と言ってもよいかもしれません。

ふつうにゲームをプレイするぶんには問題がなくても、「配信しながら」ということになると、話は違ってきます。配信自体が重いからです。

重要なのは、ゲーム内のグラフィック設定を下げることです。具体的には、ゲームのオプション設定を開き、以下の設定を下げましょう。

  • 画質・品質
  • 解像度
  • フレームレート(一般的には60fpsに)

フォートナイト
▲出典 : 『フォートナイト』(Epic Games)より

グラフィックボード側にも画質設定があります。ただ、用語が難しいかもしれません。Geforceシリーズの場合は、以下のようにすれば設定できます。

  1. デスクトップ画面上で右クリックし、「NVIDIA コントロールパネル」をクリックする。
  2. 「3D 設定の管理」をクリックする。
  3. 「グローバル設定」タブを開く。
  4. 任意の設定にする。
  5. 「適用」をクリックする。
スポンサーリンク
レクタングル(大)

重いプロセスを閉じる

Windowsで実行中のプロセスが原因でPCの動作が重くなっていることがあります。タスクマネージャーを開いてください。

  1. PC画面のいちばん下の部分にカーソルを重ねて、右クリックする。
  2. 「タスク マネージャー」を選択する。
  3. 「プロセス」タブを開く。
  4. 同タブが表示されていない場合は、「詳細」をクリックする。

タスクマネージャー

「CPU」と書かれている部分の数字が大きいと(例 : 70%)、PCの動作が重くなり、配信画面がカクつく場合があります。

「CPU」の部分をクリックして、項目をCPU使用率が高い順に並び替えましょう。あとは終了させたいプロセスを選択後、「タスクの終了」をクリックします。

しばしば言われるのは、FaceRigとの組み合わせでゲーム配信すると重いというものです。いったんFaceRigを終了してどうなるか、試してみるのもよいかもしれません。

FaceRigをゲーム配信・生放送で使うときの設定方法
バーチャルYouTuber(Vtuber)のように生配信でFaceRigを使う場合、どのような設定にすればよいのでしょうか。 ...

見覚えのないプロセスについては、Googleで検索してから終了してください。Windows Updateの可能性もあります。

各種機能を無効にする

Windows 10のゲームモード

Windows 10には、ゲームモードなどPCゲーム向けの機能が搭載されています。

ゲームが重くなくても、これが原因でカクつくことがあります。無効にしておきましょう(参考)。

  1. 「スタート」(画面左下の窓アイコン)をクリックする。
  2. 「設定」→「ゲーム」→「ゲーム モード」の順にクリックする。
  3. 「ゲーム モード」を「オフ」にする。

ゲームモード
録画機能であるゲームバーも無効にします。

  1. 上の画面から引き続き、左メニューの「ゲーム バー」を開く。
  2. 「ゲーム バーを使って…」を無効にする。
  3. 左メニューの「キャプチャ」(または「ゲーム DVR」)を開く。
  4. 「ゲームをプレイ中にバックグラウンドで記録する」を無効にする。
機能を無効にしたつもりでも、Windows Updateで有効に戻っている可能性もあります。必ず確認してください。

ShadowPlay

ゲーム録画機能であるShadowPlay(Share)も無効にしておきます。「ShadowPlay」と聞いてピンと来ない場合は、読み飛ばしてかまいません。

  1. GeForce Experienceを起動する。
  2. 右上の歯車アイコンをクリックする。
  3. 「ゲーム内のオーバーレイ」を無効にする。

ゲーム内のオーバーレイ

MSI Afterburner

MSI Afterburnerをインストールしている場合も注意してください。OBSと相性がよくありません。

モニター環境を変える

Windows PCの場合、デュアルモニターが原因で配信画面がカクつくことがあります。たとえば、以下のような環境です。

  • 高リフレッシュレートのメインモニター(120/144/240Hz)
  • かつ、60Hzのサブモニター

デュアルモニター

この場合、OBSのプレビューを無効にすることで対処できます。

  1. OBSの画面上で右クリックする。
  2. 「プレビュー有効化」のチェックを外す。

プレビューを無効化

または、GPUの設定を変更し、60Hz出力に落とす方法でもかまいません。

  1. デスクトップ画面上で右クリックし、「ディスプレイ設定」をクリックする。
  2. 「ディスプレイの詳細設定」をクリックする。
  3. 「ディスプレイ 1 のアダプターのプロパティを表示します」をクリックする。
  4. 「モニター」タブを開く。
  5. 「画面のリフレッシュ レート」を「60 ヘルツ」にする。

画面のリフレッシュ レート

なお、60Hzどうしのモニターでも問題が起きるという人もいるかもしれません。その場合は、いったんシングルモニターにしてください。

垂直同期、G-SYNCの設定を変更する

上記モニターの話と関連しますが、垂直同期(VSYNC)、およびG-SYNCの設定を変更します。GPU負荷を下げます。

「垂直同期はOFF一択」という人もいるかもしれません。しかし、今回はONも試しましょう。

Geforceシリーズのグラフィックボードを搭載しているPCの場合、以下のようにすれば垂直同期の設定ができます。

  1. デスクトップ画面上で右クリックし、「NVIDIA コントロールパネル」をクリックする。
  2. 「3D 設定の管理」をクリックする。
  3. 「グローバル設定」タブを開く。
  4. 「垂直同期」の設定を変更する。
  5. 「適用」をクリックする。

垂直同期の設定
▲垂直同期の設定は、どれがベストなのか難しいところです。画面の見え方や操作性にも影響するので、いろいろ試してみてください。

PCゲーム内のオプションにも垂直同期の設定があります。たとえば、バトルロイヤルゲームの『Apex Legends』については、OBSの開発者が以下のようにツイートしています。

Apexのオプション
▲Apex Legendsの初期設定です。「ビデオ」タブ→「垂直同期」が「トリプルバッファ」になっています。

Apexの配信者に向けて、Streamlabsも動画をアップしています。こちらでは垂直同期はOFFにしていました。

Get the Best Settings In Apex Legends With Streamlabs OBS on Windows 10

G-SYNC対応モニターを使用している人は少ないと思いますが、G-SYNCの設定も変更してみましょう。

  1. デスクトップ画面上で右クリックし、「NVIDIA コントロールパネル」をクリックする。
  2. 「G-SYNC の設定」をクリックする。
  3. 「G-SYNCの有効化」の設定を変更する。

G-SYNC
▲G-SYNC対応モニターの場合は、左メニューに「G-SYNCの設定」が表示されます。上記画像で「G-SYNC、G-SYNCとの互換性を有効化」と表示されているのは、FreeSync対応モニターだからです(参考)。

上り速度など、ライブ配信特有の問題を疑う

配信中、OBSの画面右下のアイコンが赤色(または黄色)になっていないか、確認してください。

ドロップフレーム
▲このような状態のときは、「ゲーム自体はいつもどおりなのに、配信画面はカクつく、重い」という感想を持つ人が多いです。

ドロップしたフレーム」の数字が増えている場合は、上り速度(アップロード速度)がたりていません。

対処法については、下記ページをご覧ください。

ライブ配信がカクカク、止まる。アップロード速度が遅い場合に試してほしいこと
配信中、だれもが1回は遭遇するトラブルがあります。それが、配信を始めると画面がカクカクするというものです。 画面がカクカクする...

OBSの設定、その他

最後に、OBSで見直すべき点をまとめておきます。

  • シーン・ソースを削除する。
  • OBSのプレビューを無効にする(上述)。
  • 「設定」→「詳細設定」→「プロセスの優先度」を「高」にする。
  • 画面キャプチャーをやめる。
  • Windows 7の場合、「設定」→「映像」で「Aeroを無効にする」にチェックを入れる。
  • 配信しながら録画している場合は、録画をやめる。
  • OBSを1個だけ起動して配信する(複数の配信ソフトを使わない)。

まとめ

配信画面がカクつくパターンは、大きく2種類に分類できます。

  • PCスペックが原因のケース
  • PCスペックと関係ない部分の設定が原因になっているケース

つまり、カクついているという結果だけでは、PCスペックが原因になっているのかどうかはわかりません。各種情報を参照し、原因を突き止める必要があります。

そのためには、タスクマネージャーを開いて状況を確認するクセをつけましょう(上述)。CPU使用率が上昇しているのであれば、PCスペックが不足しています。

タスクマネージャー

また、OBSの「表示」→「統計」を見る方法も覚えておいてください。「PCは重くないのに、なぜかカクつく」というときは、以下の3種類の情報に注目します。

  • レンダリングラグが原因で逃したフレーム
  • エンコードのラグが原因でスキップされたフレーム
  • ドロップフレーム (ネットワーク)

統計情報

PCスペックが原因でカクつく場合、対処法はあまり多くありません。

  • 各種設定を下げる。
  • 高性能なPCに買い換える。
  • 高性能なグラフィックボードを増設する。
  • 2台のPCを使って配信する(2PC配信)。

参考 ゲーム実況で必要なPCスペックと、おすすめPCの選び方

なお、このページの解説を作成するにあたり、下記サイトを参考にさせていただきました。

外部 OBS Studioに関する情報投稿ブロマガ

外部 Troubleshooting Guides

外部 NVIDIA NVenc OBS Guide

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)