【キャプチャーボード】GC550を3年使ったので、本音を打ち明けることにした

この記事をシェアする

筆者が2015年7月に発売されたGC550を使い始めてから、2018年7月時点で3年が経過しました。

GC550

このページでは、

  • GC550を発売当初から使って、改めて思うこと
  • GC550を使い込んで、わかったこと
  • 3年間で変化した、GC550を取り巻く事情・環境

についてまとめ、率直にレビューします。

参考 GC550の使い方

参考 RECentral 4の使い方

RECentralの無償バージョンアップに見る本気度

RECentral 2→3→4に

GC550が発売された当初、付属のキャプチャーソフトはRECentral 2でした。その後、RECentral 3がリリースされ、現在ではRECentral 4が登場しています。もちろん、バージョンアップは無償です。

RECentral 4

ここまで付属ソフトがバージョンアップを繰り返し、新機能が追加されていくキャプチャーボードは珍しいといえるでしょう。追加された新機能としては、

  • 配信と録画で画質を別々に設定し、ライブ配信中に録画できる機能
  • 複数の配信サイトで同時配信できる機能
  • PCの画面(PCゲーム)を録画・ライブ配信できる機能

などがあります。おもにライブ配信機能が強化されており、難しい設定をせずともRECentralでゲーム配信ができる、という点に主眼が置かれています。

GC550

RECentralに対するAVerMediaの熱意は、執念すら感じさせます。Elgato Game Capture HDシリーズを販売するElgatoも、付属ソフトのバージョンアップを続けているのですが、それを超えた力の入れようです。

評価が分かれるRECentral

個人的には、ライブ配信機能の強化はそこまで必要だと思っていません。なぜなら、OBS Studio(以下OBS)という超メジャーな配信ソフトがあるからです。ライブ配信といえばOBS、といっても過言ではない状況です。

ただ、OBSの設定でゲーム画面が映らないなど、とまどう人が一定数いるのは確かです。そういう人にとっては、RECentaralの配信機能は重宝するでしょう。

RECentralは、基本的にバージョンを重ねるごとに使いやすくなっています。UIもRECentral 4で刷新されました。しかし、難点があると思うのは、「ミキサー」の設定です。ここはRECentral 3と比較して、わかりづらくなりました。

ミキサー

ミキサーの設定画面では、マイクの音や、PCの音(Discordの通話相手の声など)を入れる設定ができるのですが、なかなか直感的に操作できません。釈然としない動作をすることもあります。

Rミキサー

後継モデル、GC550 PLUSは必要か?

GC550と、GC550 PLUSの違い

GC550の大ヒットを受け、2018年6月にはGC550 PLUS(以下PLUS、リンク先Amazon)という後継モデルが発売されました。4Kパススルー出力に対応したのが大きな特徴です。

細かいことを抜きにすると、両モデルの違いは下表のとおりです。

GC550 GC550 PLUS
最大入力解像度 1080p/60fps 4K/60fps
最大録画解像度 1080p/60fps 1080p/60fps
入力端子 HDMI端子
コンポーネント端子
HDMI端子
動画編集ソフト付属 なし PowerDirector 15 for AVerMedia

PLUSは、4K解像度に対応したTV(モニター)、および4K解像度に対応したゲーム機(PS4 Pro、Xbox One X)を持っている人のための製品と考えてよいでしょう。

以下の3点に注意してください。

  • 4K画質で録画・ライブ配信できるわけではない。
  • HDRには対応していない。
  • コンポーネント端子が削除されたため、PS2、Wii、PSPは非対応となった。

無印所有者は新製品を待て

では、PLUSは買いでしょうか。

筆者は、無印を持っているなら不要であると考えます。4K解像度に完全対応しているわけではないため、わざわざ購入するほどの魅力はないからです。

GC550 PLUS

また、そもそも2018年7月20日には、AVerMediaから「Live Gamer Ultra GC553」の発売が予定されています。こちらは最大4K/30fpsで録画でき、かつパススルーは4K HDR/60fpsに対応しています。

誤解を恐れずに書きますが、PLUSはLive Gamer Ultraが発売されるまでの「つなぎ」です。

したがって、現時点でPLUSを購入するのは、あまり得策とはいえません。

ただ、PLUSには動画編集ソフトが付属されています。無印を持っておらず、かつ「無印との価格差で編集ソフトを安く買える」と考えるならば、PLUSを購入する人もいるかもしれません。

基本的な使い方は、よい意味で以前から変わらない

ゲーム画面がPCに映るまで

GC550の基本的な使い方は、RECentral 2から4に至るまで踏襲されています。

  1. 各機器を接続する。
  2. ドライバー、およびRECentralをAVerMedia公式サイトでダウンロードし、インストールする。
  3. RECentralを起動する。
  4. ゲーム機の電源を入れると、ゲーム画面がRECentralに映る。

キャプチャーボードの接続

PS4やSwitchの場合は、設定らしい設定は必要ありません。しいていえば、PS4の場合はHDCPを本体設定で無効にしておくことくらいです。

HDCPを無効にする

RECentral 4の「シングルモード」

RECentral 4になってから、シングルモードマルチモードという、2種類のモードができました。両者は、左上のタブで切り替えられます。

シングルモードとマルチモード

シングルモードが基本です。マルチモードは、高度な機能を使いたい場合に切り替えるようにしましょう。

自分の声、Discordの通話相手の声

マイクの音や、PCから出ている音を入れる方法は、RECentral 4になってから大きく変わりました。ミキサーの設定画面を開いて設定します。筆者としては、このワンクッションが手間に感じます。

ミキサー

いまのPCなら、要求スペックはそれほどでもない

使い方・設定によって重さが違う

2015年当時、GC550の要求スペックは、ある程度高いものでした。しかし、近年の一般的なPCを使用しているなら、さほど心配する必要はありません。CPUの性能は、ここ数年で大きくパワーアップしました。

PC

参考 ゲーム実況で必要なPCスペックと、おすすめPCの選び方

また、そもそもゲーム画面を映すだけなら、低スペックなPCでも重くありません。下記PCのような低スペックなマシン、もっといえば化石のようなマシンですら、CPU使用率は15%程度です(1080p/60fps)。

  • CPU : Core i7-930
  • メモリ : 9GB
  • グラフィックボード : GeForce GT 730

ただ、RECentralのライブ編集機能を使うとCPU使用率が跳ね上がります。同機能は、裏でゲームを録画する機能です。スペックに余裕がないなら無効にしたほうがよいでしょう。

参考 RECentral 4の使い方/ライブ編集機能で録画する

ライブ編集機能
▲ライブ編集機能が有効になっている状態。ゲーム画面は『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)より。

動作が重いときの対処法

RECentralの設定を変更することで、動作を軽くできる場合があります。以下のような対処法があります。

  • マルチモードではなく、シングルモードにする(ライブ編集機能が無効になる)。
  • 「録画品質」は「良い」にする(解像度を落とす)。
  • 「コーデック」を「NVIDIA」「AMD」「QSV」のいずれかにする。

コーデックは、「H.264」にすると重くなります。これはソフトウェアエンコードといって、CPUの性能がモノをいうからです。ハードウェアエンコーダーである「NVIDIA」などを選ぶと、劇的に軽くなります。

コーデック

サードパーティ製ソフトを適宜使おう

なぜRECentralではないのか

RECentralは、よくできたキャプチャーソフトです。ただ、完璧ではありません。不具合が起きることもあるでしょう。

そこで、サードパーティ製のソフトを使ったほうがよいこともあります。たとえば、アマレコTVやOBSといったソフトです。

アマレコTV

アマレコTVは、定番のキャプチャーソフトです。GC550の発売当時は、「RECentralを使わないならアマレコTV一択」という状況でした。

参考 アマレコTVの基礎知識

アマレコTV
▲ゲーム画面は『ザ クルー2 』(ユービーアイソフト)より

有料ソフトではありますが、制限つきでよいなら無料で使い続けることもできます。RECentralと比較すると、驚くほど軽い動作です。

OBS Studio

現在は、OBSを使う人も増えてきました。

OBS Studioの詳しい使い方・設定方法
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料の配信ソフトです。詳しい使い方を見ていきましょう。 OB...

OBSは完全無料です。しかも、ライブ配信用のソフトではありますが、録画機能も搭載されています。つまり、ライブ配信にも録画にも、どちらにも対応できます

OBS Studio
▲ゲーム画面は『スーパーマリオ オデッセイ』(任天堂)より

ライブ配信の世界では、OBSがかなりのシェアを持っています。録画用途で使う人はまだ少ないかもしれませんが、基本的な使い方を覚えておいて損はありません。

GC550 + OBSでゲーム画面を映すための設定方法
キャプチャーボードであるGC550を使っていて、ゲーム画面をOBS Studio(以下OBS)に映したい場合、どのように設定すればよいのでし...

筆者の環境では安定して動作

動作が不安定というレビューについて

GC550に対する否定的なレビューでよくあるのが、「フリーズする、止まる、途切れる、不安定だ」「使いものにならない」という意見でしょう。

筆者の環境では、基本的に安定して使えています。現在まで故障もありません。ただ、不安定だと主張する人がいるのは確かです。

キャプチャーボードの接続

不具合が起きたときに検証すべきこと

GC550に限りませんが、キャプチャーボードで不具合が起きたとき重要なのは、ほんとうにそのキャプチャーボードが原因なのか検証することです。

なぜなら、ほかの事情が引き金となって不具合が起きている可能性があるからです。たとえば、

  • Windows Update
  • Windowsの設定
  • PC側のUSB 3.0端子、USB 3.0ホストコントローラー、USB 3.0ドライバー、USB 3.0ケーブル
  • HDMIケーブル

といったことが原因になっていることがあります。この4つは、なかなか目が行き届きません。盲点になりがちな部分なのです。

参考 キャプチャーボードが不安定な場合の対処法

GC550が、どのようなPC環境でも100%安定動作する製品だとはいいません。しかし、問題解決のために、あらゆる可能性を疑うのは重要なことです。とくに上記4点は、じゅうぶんに注意してください。

ネックは価格の高さ

GC550は、発売当初から価格が大きく下がっていません。実売価格が20,000円を超えた状態が長く続いています。心理的・金銭的なハードルが高い部類に入るでしょう。

Switch、PS4用に安いキャプチャーボードを買いたい人へ
キャプチャーボードの価格は、2万円がひとつの基準です。しかし、この価格帯では高いと感じる人も多いでしょう。 では、安いキャプチ...

いまだと、Game Capture HD60 SGV-USB3/HDがGC550よりも安い価格で購入できます。どちらも注目すべき製品です。とくにGame Capture HD60 Sは、GC550と並んで筆者のお気に入りです。

参考 Elgato Game Capture HD60 Sの使い方

参考 GV-USB3/HDの使い方

なお、GC550(無印)とは異なり、Game Capture HD60 SやGV-USB3/HDにはコンポーネント端子が搭載されていません。そのため、PS2やWiiには対応していません(HDMIのみ)。

レビューまとめ

3年まえと比較すると、GC550のユーザーが圧倒的に増えたことを実感します。Amazonの売れ筋ランキングでは、いつも上位の定番製品となっています。

GC550は、発売当初からドライバーおよびRECentralのアップデートが継続的に行われています。今後もGC550には期待できるでしょう。

多機能で、さまざまなゲーム機に対応しているキャプチャーボードを探しているなら、GC550はベストチョイスです。これは3年まえと変わりません。

ただ、もっと安いキャプチャーボードがよい、旧世代のゲーム機を接続する予定はないということであれば、必ずしもGC550に拘る必要はなくなりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)