【YouTube Live】配信が始まらない、サイトに画面が反映されない場合の対処法

この記事をシェアする

YouTubeでライブ配信しようとして、アイコンがクルクル回っている状態になっていませんか?

YouTube Live

対処法を順に見ていきましょう。

OBS Studio(以下OBS)の使用を前提としています。

【スポンサーリンク】

じつは配信できている可能性

自分の配信を確認する

実際は配信できているにもかかわらず、見る場所をまちがえていて「配信できていないのでは?」と誤解するケースがあります。

まず、YouTube Studioにアクセスしてください。

つぎに、「コンテンツ」→「ライブ配信」の順にクリックします。

コンテンツ→ライブ配信

「ライブ配信中」と「配信予定」

そこに「ライブ配信中」、または「配信予定」と表示されていないでしょうか。

電波アイコン

前者の場合、配信できています。任意の配信にカーソルを合わせて、電波アイコンをクリックしてください。

後者の場合は、予約配信になっています。OBSの「配信の管理」ボタンから配信を始めましょう。

配信の管理

詳しい配信のやり方については、下記ページをご覧ください。

【YouTube Live】OBSを使ってゲーム配信するための設定方法
YouTube Liveで、OBS Studio(以下OBS)を使って生放送をする場合、どのように設定すればよいのでしょうか。 ...
【YouTube Live】最新OBSで予約配信する方法。直接スケジュール設定できます
OBS Studio(以下OBS)を使っている場合、YouTube Liveの予約配信はどのような方法で行えばよいのでしょうか。 ...
【YouTube】予約配信する前に見てください。メリット・やり方・注意点まとめ
YouTubeでライブ配信する場合、予約配信(スケジュール設定)というやり方があります。 このページでは、以下の2点について見...

忘れずに配信を開始する

突発配信の場合

突発配信の場合は、「配信の管理」ボタンから「予約する」のチェックを外し、「配信を作成して配信を開始」です。これは簡単でしょう。

新しい配信を作成

予約配信の場合

しかし、予約配信の場合は以下の手順が必要です。

  1. 「配信の管理」ボタンからスケジュールを設定する。
  2. 時間になったら同ボタンから配信を選択し、「配信を選択して配信開始」をクリックする。
  3. 「今すぐ配信」をクリックする。

「今すぐ配信」ボタン

問題はこの3番めです。つい忘れてしまうことがありますが、「今すぐ配信」ボタンをクリックしないと配信が始まりません。突発配信とは異なります。

もし同ボタンをクリックするのが手間である場合は、スケジュール設定時に「自動開始を有効」をONにしておきましょう。そうすれば「今すぐ配信」ボタンをクリックする必要はありません。

自動スタート

自動開始の詳細については、下記ページをご覧ください。

YouTube予約配信の「自動スタート」「自動開始」とは?配信開始のタイミングに注意
YouTubeの予約配信には、「自動スタートを有効にする」という設定があります。また、OBS Studio(以下OBS)にも「自動開始を有効...

しばらく待とう

配信を開始したら少し待ちましょう

配信ソフトの画面がYouTubeに反映されなかったり、アイコンがクルクルと回っているかもしれません。

しかし、1分程度は様子を見てみます。遅延があるので、配信を開始してもすぐには画面は反映されません

また、ページを更新(F5キー)も試してください。

ストリームキーは正確に(27.0.1以前)

OBSのバージョンが27.0.1以前の古いバージョンの場合、ストリームキーを正確にコピー&ペーストする必要があります。

黒丸表示をやめるべき理由

まず、ライブ管理画面を開いてください。

  1. YouTubeにアクセスする。
  2. 右上のカメラアイコンから「ライブ配信を開始」をクリックする。
  3. 「エンコーダ配信」をクリックする。

エンコーダ配信

YouTubeも配信ソフトも、初期設定ではストリームキーが黒丸で表示されます。セキュリティを考慮してのことです。

ストリームキーの場所

ただ、黒丸表示だとストリームキーがまちがっていても、そのことに気づかない可能性があるでしょう。

そこで、黒丸表示をいったんやめます。

黒丸表示をやめれば、配信できない原因がストリームキーなのかどうなのか、確実に判別できます。

YouTube側の設定

目のアイコンをクリックすることで黒丸表示が解除されます。

ストリームキーの表示

配信ソフト側の設定

配信ソフト側も黒丸表示をやめましょう。OBS Studio(以下OBS)であれば「表示」をクリックします。

ストリームキーの表示

YouTubeに掲載されているストリームキーと、配信ソフトのストリームキーを比較してください。両者が一致しているでしょうか。

不一致の場合は、ストリームキーをコピー&ペーストしなおします

忘れずに配信を開始する(27.0.1以前)

突発配信の場合、配信ソフトの「配信開始」ボタンをクリックします。これを行わないと、YouTube上ではアイコンがクルクルと回り続けます。

「配信開始」ボタン

予約配信の場合は、さらに「ライブ配信を開始」ボタンをクリックするのを忘れないようにしてください。「エンコーダ配信」の場合とは異なり、予約配信ではこれをやらないと配信が始まりません。

ライブ配信を開始

もしボタンをクリックするのが煩雑である場合は、YouTubeの「自動スタートを有効にする」をONにします。

自動スタートを有効にする

予約配信のやり方については、下記ページをご覧ください。

【YouTube Live】最新版、予約配信のやり方。エンコーダ配信との違いに注意
YouTube Liveで予約配信(公開予約)すると、指定した時刻から配信することを視聴者に告知・宣伝できます。 予約配信には...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)