【YouTube Live】配信が始まらない、サイトに画面が反映されない場合の対処法

この記事をシェアする

YouTubeでライブ配信しようとして、このような状態になっていませんか?

  • YouTubeの画面がずっとクルクルしている
  • 配信できない

YouTube Live

対処法について順に見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

準備 : ダッシュボードを開こう

配信ソフトで配信を開始するまえに、YouTubeのダッシュボードを開きます。

通常配信(突発)の場合

YouTubeにアクセスし、右上のカメラアイコンから「ライブ配信を開始」をクリックします。

ライブ配信を開始

エンコーダ配信」をクリックしてください。画面が切り替わり、ダッシュボードが表示されます。

エンコーダ配信

予約配信(スケジュール設定)の場合

YouTubeのこちらのページにアクセスします。

配信予定

「近日配信」のサムネイルをクリックします。すると、画面が切り替わってダッシュボードが表示されます。

サムネイル

ストリームキーの黒丸表示をやめよう

黒丸表示をやめるべき理由

YouTubeも配信ソフトも、初期設定ではストリームキーが黒丸で表示されます。セキュリティを考慮してのことです。

黒丸表示

ただ、黒丸表示だとストリームキーがまちがっていても、そのことに気づかない可能性があるでしょう。

そこで、黒丸表示をいったんやめます。

黒丸表示をやめれば、配信できない原因がストリームキーなのかどうなのか、確実に判別できます。

YouTube側の設定

目のアイコンをクリックすることで黒丸表示が解除されます。

ストリームキーの表示

配信ソフト側の設定

配信ソフト側も黒丸表示をやめましょう。OBS Studio(以下OBS)であれば「表示」をクリックします。

ストリームキーの表示

YouTubeに掲載されているストリームキーと、配信ソフトのストリームキーを比較してください。両者が一致しているでしょうか。

不一致の場合は、ストリームキーをコピー&ペーストしなおします

スポンサーリンク
レクタングル(大)

予約配信になっている可能性もある

予約配信(スケジュール設定)になっていると、「配信できていないのでは?」と誤解することがあります。

スケジュール設定

たとえば、本人は突発配信しているつもりで予約配信になっていて、どこを探しても配信を視聴できないというケースがあります。

突発配信と予約配信は、明確に分けて考えなくてはいけません。ゴチャゴチャにしてしまいがちです。

予約を確認する方法

予約配信になっているのか、それともなっていないのか、確認してみましょう。そして、前者の場合はいったん予約を削除します。

  1. こちらのページにアクセスする。
  2. 配信予定」のところにある、「近日配信」のサムネイルにカーソルを合わせる。
  3. 縦の3点リーダーが表示される。
  4. 「完全に削除」をクリックする。

完全に削除

もし「配信予定」という文言がない場合は、予約はされていません。この項目は読み飛ばしてください。

予約を削除したら、通常の突発配信を開始します。

  1. YouTube右上の「作成」から「ライブ配信を開始」をクリックする。
  2. 画面左の「エンコーダ配信」をクリックする。
  3. YouTubeに掲載されているストリームキーを配信ソフトにコピペする。
  4. 配信ソフトで配信を開始する。

エンコーダ配信
▲YouTubeで「エンコーダ配信」をクリックします。

正しい予約配信のやり方

通常の配信方法で問題がないことを確認できたら、予約配信にチャレンジしてみましょう。

【YouTube Live】最新版、予約配信のやり方。エンコーダ配信との違いに注意
YouTube Liveで予約配信(公開予約)すると、指定した時刻から配信することを視聴者に告知・宣伝できます。 予約配信には...

備考

もしサムネイルに「ライブ」と表示され、「完全に削除」がクリックできない状態の場合は、配信中であることを意味しています。

ライブ

共有可能なリンクを取得」からURLをコピーできるので、それをブラウザーのURL欄にペーストして配信を確認してください。

忘れずに配信を開始しよう

配信ソフトの「配信開始」ボタンをクリックします。これを行わないと、YouTube上ではアイコンがクルクルと回り続けます。

「配信開始」ボタン

配信を開始したら少し待ちましょう。遅延があるので、配信を開始してもすぐにはYouTube上に画面は映りません。

【YouTube Live】ライブ配信の遅延を2~3秒に減らすための、シンプルな方法
YouTubeでライブ配信(生放送)する場合、どうしても避けられないのが遅延(タイムラグ)の存在です。完全には解消できません。 ...

予約配信の場合は、さらに「ライブ配信を開始」ボタンをクリックするのを忘れないようにしてください。「エンコーダ配信」の場合とは異なり、予約配信ではこれをやらないと配信が始まりません。

ライブ配信を開始

もしボタンをクリックするのが煩雑である場合は、YouTubeの「自動スタートを有効にする」をONにします。

自動スタートを有効にする

配信ソフトでエラーが出る場合は

OBSで「配信開始」ボタンクリックしたさい、以下のようなエラーが表示されることがあります。

指定したチャンネルまたはストリームキーにアクセスできませんでした。ストリームキーを再確認してください。それが正しい場合は、サーバーへの接続に問題があります。

この場合は、入力すべきストリームキーがまちがっています。配信ソフトに同キーをコピー&ペーストしなおしましょう。

  1. 「設定」→「配信」タブの順にクリックする。
  2. 「サービス」で「YouTube - RTMP」を選ぶ。
  3. 「サーバー」で「Primary YouTube ingest server」を選ぶ。
  4. YouTubeでコピーしたストリームキーを、OBSのほうにペーストする。
  5. 「OK」をクリックする。

ストリームキーをコピペ

もしストリームキーが正しいにもかかわらず、上記エラーが出る場合は、ストリームキーをリセットします。

ストリームキーをリセット

そのうえで、再度ストリームキーをOBSにコピー&ペーストしてください。

まとめ

ストリームキーの設定に注意してください。「絶対に正確だ。まちがっているわけがない」という予断を抱いていると、解決が遅れます。

もしどうしてもYouTubeで配信できない場合は、ほかのサイトで配信してみましょう。たとえば、Twitchです。TwitchはOBSやSLOBSに統合されているので、簡単に配信できます。

Twitchでゲーム配信する方法・やり方
Twitchでライブ配信したい人向けの記事です。 Twitchの特長は、 巨大な配信サイトとして世界的に有名 ...
【Twitch】Streamlabs OBSを使ってゲーム配信するための設定方法
Streamlabs OBS(以下SLOBS)を使ってライブ配信する場合、どのように設定すればよいのでしょうか。 今回は、 ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)