【YouTube Live】OBSを使ってゲーム配信するための設定方法

この記事をシェアする

YouTube Liveで、OBS Studio(以下OBS)を使って生放送をする場合、どのように設定すればよいのでしょうか。

YouTube Live

【スポンサーリンク】

機材・ソフトを用意し、配信を有効化しよう

まず前提として、必要な準備を行っておきましょう。

  • 機材・ソフトを用意する
  • YouTubeでライブ配信を有効化する(最大24時間待ち

たとえば、キャプチャーボードゲーム機の画面をPCに映すために必要です。具体的には、Switchのゲーム配信をやりたいなら必須です。

関連 失敗してわかった。おすすめキャプチャーボードを8個紹介します

GC550 PLUS Game Capture HD60 S GV-USB3/HD
製品画像
接続方式 USB 3.0 USB 3.0 USB 3.0
エンコード方式 ソフトウェアエンコード ソフトウェアエンコード ソフトウェアエンコード
対応ゲーム機 Switch
PS4
Switch
PS4
Switch
PS4
パススルー出力 ○(4K対応)
解説・レビュー こちら こちら こちら
備考 編集ソフト付属 低遅延 編集ソフト付属

ここまででわからないことがある場合は、必ず下記ページを最初に読むようにしてください。

【YouTube Live】初めて生放送でゲーム配信したい人向けの入門ガイド
YouTube Liveでゲーム配信するには、どうすればよいのでしょうか。また、なにが必要でしょうか。 このページでは、 ...

YouTubeに接続するための設定をしよう

  1. では、さっそくOBSの設定をしていきましょう。まずは、「設定」をクリックします。
  2. OBSの設定ボタン

  1. 「配信」をクリックし、「サービス」を「YouTube / YouTube Gaming」にします。
  2. サービス

  3. 「サーバー」が「Primary YouTube ingest server」になっていることを確認してください。
  4. サーバー

  5. 問題はここからです。YouTubeに掲載されているストリームキーというものをコピーする必要があります。
  6. ストリームキーの場所

  7. そして、コピーしたストリームキーをOBSの「ストリームキー」にペーストします。
  8. ストリームキーをペースト

  9. では、ストリームキーはどこに掲載されているのでしょうか。

YouTubeのストリームキーはどこ?場所は?

これがわかりづらく、手間がかかります。ストリームキーの場所がどこにあるのか見ていきましょう。

  1. YouTubeにアクセスし、右上のカメラアイコンから「ライブ配信を開始」をクリックします。
  2. ライブ配信を開始

  1. 画面上部にある「エンコーダ配信」をクリックします。左横の「ウェブカメラ」を選ぶと、OBSから配信できません。
  2. エンコーダ配信

  3. すると、下記画像のような設定画面が表示されます。
  4. 新しいエンコーダ配信

  5. この設定自体は、あとでもできます。ひとまずタイトルを入力し、「公開」にしておきましょう。
  6. 公開範囲

  7. 「エンコーダ配信を作成」ボタンをクリックします。
  8. 新しいエンコーダ配信

  9. 画面が切り替わったら、「ストリームキー」の横にある「コピー」をクリックしてください。
  10. ストリームキーの場所

  11. OBSで「設定」→「配信」を開き、YouTubeでコピーしたストリームキーをOBSにペーストします。Ctrlキー + Vキーです。
  12. ストリームキーをペースト

  13. 「OK」をクリックしてOBSの設定画面を閉じます。

画質の設定をしよう

ビットレート

画質の設定でもっとも重要なのは、ビットレートです。映像ビットレートともいいます。数字が大きいほうが高画質と考えてください。

  1. 「設定」→「出力」の順にクリックする。
  2. 「出力モード」を「詳細」にする。
  3. その下の「配信」タブを開く。
  4. 「エンコーダ」を「x264」以外にする(例 : 「NVIDIA NVENC H.264」)。
  5. 「配信サービスのエンコーダ設定を適用する」にチェックが入っていることを確認する。
  6. 「レート制御」が「CBR」になっていることを確認する。
  7. ビットレート」に「3000」と入力する。

映像ビットレート

上り速度が遅いと、配信中に配信画面がカクカクする可能性があります。その場合は、ビットレートを下げましょう(例 : 1,000kbps)。ただし、画質は落ちます。

解像度

解像度も画質に関係する設定です。

  1. 「設定」→「映像」の順にクリックする。
  2. 出力 (スケーリング) 解像度」で「1280x720」と入力する。
  3. 「縮小フィルター」で「ランチョス」を選択する。

出力解像度

高画質設定のポイント

画質を考えるうえで決定的に重要なのは、映像ビットレートと出力解像度の設定です。さらなる高画質をめざす場合は、以下のように設定してもかまいません。

  • 映像ビットレート : 6,000kbps(これ以上の設定も可能)
  • 出力解像度 : 1920x1080

ただ、配信者の上りの速度や、PCのスペックによっては、設定を妥協しなくてはいけない場面もあります。配信者全員が高画質な設定にできるわけではありません。

詳細は、下記ページをご覧ください。

OBS Studioで高画質・高音質な配信をする方法
OBS Studio(以下OBS)で配信するさい、どのように設定すれば高画質・高音質な配信ができるのでしょうか。画面が荒くなって困ったという...

ビットレートと速度については、下記ページに書いておきました。

ライブ配信における推奨ビットレートの目安。上り速度と○○がポイント
高画質な配信をしたいなら、配信ソフトのほうでビットレートを高く設定する必要があります。 しかし、むやみにビットレートを高く設定...

BGM・マイク音の設定をしよう

BGM、およびマイク音を流すための設定です。

  1. マイクをPCに接続する。
  2. 「設定」→「音声」の順にクリックする。
  3. デスクトップ音声」が「既定」になっていることを確認する。
  4. 使用するマイクを「マイク音声」で選択する。

音声設定
▲「マイク音声」で表示されるものは、PC環境によって異なります。

BGMやマイクのことでわからないことがある場合は、下記ページをご覧ください。

OBS StudioでBGM・マイクの音を流すための設定方法
PCの音、およびマイクの音を配信するためには、OBS Studio(以下OBS)でどのように設定すればよいのでしょうか。 ここ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)

OBSに画面を映そう

ソースを追加する

視聴者に見せる画面を設定しましょう。たとえば、ゲーム配信ならゲーム画面、雑談配信ならWebカメラの映像・静止画像などです。

OBS Studio

OBSの場合は、「ソース」と書いてある部分の「+」をクリックし、任意の項目を選択します。これをソースの追加といいます。

obs-studio

具体的な設定方法については、下記ページをご覧ください。適切に設定すればOBSに画面が映ります

OBS Studioに画面を映したい。頻繁に使う4つのキャプチャー方法
OBS Studio(以下OBS)に画面を映すためには、まず「+」をクリックしてソースを追加します。そして、視聴者に画面を見せるための設定を...
OBS Studioでソースを追加・設定する方法。配信画面を自由にレイアウト
OBS Studio(以下OBS)で、画面を視聴者に見せるにはどうしたらよいのでしょうか。 結論から書くと、ソースというものを...

画面が映らない場合の対処法

もし画面が真っ暗で、なにも映らないという場合は、以下のページを参考にしてください。

【OBS】キャプチャーボードの画面が映らないときの完全マニュアル
OBS Studio(以下OBS)で画面が映らない場合、どうすればよいのでしょうか。 このページでは、「映像キャプチャデバイス」でゲー...
【OBS】ゲームキャプチャで画面が映らない、真っ暗なときの対処法
OBS Studio(以下OBS)で画面が映らない場合、どうすればよいのでしょうか。 このページでは、「ゲームキャプチャ」でPCゲーム...
【OBS】ウィンドウキャプチャで画面が映らない、真っ暗なときの対処法
OBS Studio(以下OBS)で画面が映らない場合、どうすればよいのでしょうか。 このページでは、「ウィンドウキャプチャ」を対象に...

YouTubeで設定しよう

配信を開始するまえに、各種設定を行っておきましょう。

配信タイトルや、ゲームタイトル、説明文などは「編集」ボタンから変更できます。

編集ボタン

また、このあと配信を開始したさいに、YouTubeの画面がOBSよりも遅れて表示されることに気づくはずです。「超低遅延」にしておけば、遅延を約3~5秒に抑えられます。

ライブ配信の遅延

配信を特定のだれかに見てもらいたい場合は、その人に共有URLを伝えてください。わかりづらいですが、矢印のアイコンをクリックします。

URLをコピー

これらの詳細については、下記ページにまとめておきました。

【YouTube Live】配信するなら、覚えておくべき10個の基本的な設定・機能
YouTube Liveには、さまざまな便利な機能があります。 たとえば、以下のようなことができます。 身内だ...

ライブ配信を開始・終了しよう

準備が整ったら、いよいよ配信開始です。

  1. OBSで配信を開始する。
  2. YouTube側で「も」配信を開始する。

一見すると簡単な作業ですが、「ボタンをクリックするのを忘れて、配信を開始(または終了)できていなかった」ということが多発します。

詳細は、下記ページをご覧ください。

新しいYouTube Studioの使い方。従来のライブ配信と違う点もまとめたよ
ライブ配信を始めようとして、「いつもとYouTubeの画面が違うな」と感じたなら、それはYouTube Studioの画面だからかもしれませ...

まとめ

OBS + YouTubeの組み合わせは、じつは難易度が高めです。初めての配信だと、「こんなにめんどうなの?」と驚くかもしれません。

ただ、今回設定しておけば次回からは少し楽になります。ストリームキーなどは使いまわしができますし、OBSの画質設定なども同様です。

最後に繰り返しますが、配信の開始・終了の方法には注意してください。

その他、YouTube関連の記事については、下記ページにまとめました。

YouTube Liveでゲーム配信する方法・やり方
YouTube Liveでライブ配信したい人向けの記事です。 YouTubeの特長は、 配信のアーカイブを無期...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)