【レビュー】ゲーム実況をGALLERIA XA7C-R37で試しました。余裕すぎです

この記事をシェアする

今回、ゲーミングPCの「GALLERIA XA7C-R37」(以下XA7C-R37)を借りることができました。

GALLERIA XA7C-R37

せっかく高いお金を払ってゲーミングPCを買ったのに、スペック不足でゲーム実況ができないという事態は避けたいところです。

そこで、筆者が実際に4日間XA7C-R37を使用し、スペック的に問題なくゲーム実況できるのか簡単に検証しました。

CPU Core i7-10700
メモリ 16GB
グラフィックボード Geforce RTX 3070
マザーボード ASUS PRIME H470-PLUS
ストレージ NVMe SSD 512GB
電源 650W(80PLUS認証 : BRONZE)
OS Windows 10 Home
価格 公式サイト(ドスパラ)を参照のこと

上表のスペックは、2021年2月時点の貸出機のものです。最新情報については、公式サイトを確認するようにしてください。

【スポンサーリンク】

OBSの設定

検証方法ですが、OBS Studio(以下、OBS)を使って録画し、PCにかかる負荷がどの程度か、またカクつきが発生しないか確認します。

【詳説】やさしいOBS Studioの使い方・設定方法
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料のライブ配信用ソフトです。詳しい使い方を見ていきましょう。 ...

ライブ配信ではなく録画である理由は、インターネットの通信速度の影響を受けないこと、および動画検証のしやすさによるものです。

OBSの設定を下記画像のとおりにして録画しました。

OBS設定、出力

OBS設定、映像

カクつかないで録画できているかどうかは、OBSの「表示」→「統計」で判断できます。

統計

Switch録画 → 軽い

HD60 Sを使用

Switchのゲーム実況をやるには、キャプチャーボードが必要です。

HD60 Sの接続図

今回はGame Capture HD60 S(以下、HD60 S)を使用しました。4Kには対応していませんが、Switchのゲーム実況ならフルHD対応の製品でじゅうぶんです。

初心者のための、Elgato Game Capture HD60 S購入ガイド・レビュー
Elgato Game Capture HD60 S(以下、HD60 S)は、Elgatoから発売されているキャプチャーボードです。 ...

検証結果

CPU使用率は4%、GPU使用率は17%で推移し、カクつきは0でした。きわめて余裕があります。負荷とすら呼べないほど軽いレベルです。

端的に書くと、TVゲームの録画・ライブ配信程度なら、XA7C-R37ほどの性能は必要ありません。もっと安いPCでもできます。

では、PCゲームのほうはどうでしょうか。

PCゲーム録画 → 軽い

3タイトルで計測

PCゲームは重いものから軽いものまでありますが、今回はゲーム配信で人気のある競技性の高いゲームをチョイスしました。

  • フォートナイト
  • Apex Legends
  • VALORANT

競技で重要なフレームレートの計測にはCapFrameXを使用し、OBSで録画した状態で平均fpsと最小fpsを調べます。

CapFrameX

ゲーム側の画質は、フルHD、かつ最高設定を基本とし、必要に応じてゲーム内のオプションでグラフィック設定を変更しています。

そしてさらに、ゲーム内のオプションでフレームレートの上限を変更して、それぞれ検証しました。一般的には60Hzのモニターを使用している人が多いので、通常は60fps時の結果が重要です。

  • 60fps
  • 144fps
  • 無制限
60fps → 144fps → 無制限の順で、PCにかかる負荷が大きくなります。

垂直同期の設定は無効にしました。

フォートナイト

フォートナイト

フォートナイトでは、グライダーによる降下直後から検証を開始し、付近にあるオブジェクトを破壊しつつ移動しました。

ゲーム内のグラフィック設定は、以下のようにしました。

  • モーションブラーはOFF
  • DirectXのバージョンは11
  • レイトレーシングはOFF(DirectX 11なので)
  • DLSSはON(バランス)

60fps

まず、上限60fpsの場合ですが、CPU使用率、GPU使用率ともに低く、性能を持て余しました。カクつくことはまったくありません。

CPU使用率 15~21%
GPU使用率 24~27%
平均フレームレート 60fps
最小フレームレート 51fps

144fps

つぎは上限144fpsの場合です。CPU使用率、GPU使用率ともに一気に跳ね上がりますが、録画中でも144fpsに張り付いていました。まだまだ余力があります。

CPU使用率 31~37%
GPU使用率 47~53%
平均フレームレート 144fps
最小フレームレート 116fps

無制限

フレームレート無制限の場合、平均フレームレートが227fpsでした。DLSSのおかげもあり、高めの数値が出ています。画質設定を変更すればフルHDの240Hzモニターにも対応できるでしょう。

CPU使用率 44~53%
GPU使用率 81~90%
平均フレームレート 227fps
最小フレームレート 135fps

Apex Legends

Apex Lgends

Apex Legendsもゲーム配信で大人気のタイトルです。今回は、射撃訓練場を周回して検証しました。

Originの起動オプションでフレームレートの上限を変更することもできますが、あえて行っていません。そのため、最大フレームレートは144fps(仕様)です。

結果ですが、プレイ中も録画中もカクつきはありませんでした。しっかり144fps出ており、軽い動作のまま完璧に録画できます。

CPU使用率 21~25%
GPU使用率 60~75%
平均フレームレート 144fps
最小フレームレート 116fps

ちなみに、フレームレートを無制限にして録画した場合、平均フレームレートは225fpsでした。

VALORANT

VALORANT

競技系FPSゲームのなかで、トップクラスで軽いのがVALORANTです。射撃場を周回して検証しました。

60fps

まず、上限60fpsの場合です。VALORANT自体が軽量級のゲームであることに加えて、XA7C-R37も高スペックPCであるため、不安要素がまったくありません。

CPU使用率 13~17%
GPU使用率 16~17%
平均フレームレート 60fps
最小フレームレート 57fps

144fps

上限144fpsの場合も同様です。フレームレートを重視する144Hzモニターのユーザーも、安心してゲーム実況できるでしょう。

CPU使用率 25~36%
GPU使用率 21~31%
平均フレームレート 144fps
最小フレームレート 129fps

無制限

フレームレート無制限だと、なんと平均フレームレートが374fpsになりました。フルHDモニターの使用ではもったいないレベルです。

CPU使用率 42~50%
GPU使用率 42~65%
平均フレームレート 374fps
最小フレームレート 201fps

その他

動画編集(書き出し)

動画編集ソフトであるPremiere Proを使い、OBSで録画した1080p/60fpsの動画(H.264、34Mbps)をH.264でSSDに書き出しました。17分の動画です。

PremierPro

結果、GPUを使うハードウェアエンコードだと、7分21秒で書き出すことができました。実時間の半分以下の時間ですみます。

PremierPro設定

他方、CPUを使うソフトウェアエンコードの場合は11分53秒で、やはり実時間を切る速さでした。

動画編集をするつもりなら、この速さは強みになります。

マイク・ヘッドホンの音質

3.5mmステレオミニプラグマイク(ECM-PC60)をXA7C-R37に接続して検証したところ、「ザーッ」というノイズが入ります。

マイク

このようなノイズは、OBSのノイズ抑制機能で簡単に消すことができます。もし気になる場合は試してみてください。

OBS Studioでマイクのノイズを除去して、高音質にする方法
OBS Studio(以下OBS)には、マイクのノイズを除去(低減)するための機能が搭載されています。ノイズ抑制とノイズゲートです。 ...

また、XA7C-R37はRTX 3070を搭載しているため、NVIDIAがリリースしているソフトウェアでノイズを消す方法もあります。

まるで魔法。マイクのノイズが消える。NVIDIA Broadcastの使い方
マイクにノイズが入って困っているなら、NVIDIA Broadcastの出番です。 たとえば、以下のようなノイズを除去できます...

ヘッドホンで聞く音については、大きなノイズはありませんでした。音質はそこまで悪くありません。ただ、低音が不足しており、平坦な音質です。

静音性

動作音は、一般的なゲーミングPCよりも静かです。インターネットでWebサイトを閲覧する程度だと、動作音がほぼ聞こえません。

もちろん、ゲームプレイ時や、録画・ライブ配信のときは、さすがに音が大きくなります。しかし、それでもうるさくはありません。140mmファンの採用が功を奏しているようです。

XA7C-R37は、筆者が持っているGALLERIA XFよりも圧倒的に静音性に優れています。

本体画像・ギャラリー

外観

フロント
▲前面上部は45度の傾斜がついています。このおかげで、ヘッドセットやUSB周辺機器を接続しやしすくなっていました。

サイド
▲サイド両側のメッシュ部分から吸気する構造です。

アクリルパネル
▲左サイドは、中身が薄っすらと見えるアクリルパネルです。

アクリルパネルから見えるLED
▲アクリルパネルからは、グラフィックボード(Palit GeForce RTX 3070 GamingPro)のLEDが見えます。


▲背面には計8個のUSB端子が搭載されています。USB Type-Cも1個あります。

出力
▲一般的に、HDMI端子とモニターを接続する人が多いでしょう。

天面
▲天面から排気する仕様です。

天面、フィルター
▲天板を取り外すとフィルターがありました。このフィルターは水洗いして清潔に保てます。

内部

内部
左サイドパネルを開けると内部にアクセスできます。

グラフィックボード
▲グラフィックボードを下から撮影しました。LEDは7色に光ります。

リジッドカードサポート
▲この縦の棒がグラフィックボードを上下からガッチリ挟み込み、支えています(リジッドカードサポート)。

リジッドカードサポート
▲リジッドカードサポートは、しっかりとネジ止めされて安定していました。

電源
チャンバー構造(PSUシュラウド)が採用されており、電源ユニットや電源ケーブルが見えないようになっています。

ファン
▲手前にあるのが120mmのCPUファン、左(背面)にあるのが140mmのケースファンです。見えづらいですが、上(トップ)にも140mmのケースファンがあります。

PCI Expressスロット
▲PCI Expressスロットが空いているので、内蔵式のキャプチャーボードを接続することもできます。

右サイド
右サイドパネルを開けると裏配線されているのがわかります。

ドライブベイ
▲SSD用の2.5インチベイ(上)、およびHDD用3.5インチのシャドウベイ(下)がそれぞれ2基ずつあります。

まとめ

XA7C-R37は、紛れもなく強力なスペックを誇るゲーミングPCです。

  • フルHDのPCゲームを240fpsでプレイできるほどの性能
  • 優れた静音性
  • ドスパラでいちばん売れているゲーミングPCなので安心
  • PCケースのLEDが写真で見る以上にクール、色は変更可能(参考
  • グラフィックボードの光り方も控えめでよい

今後も長く使えるような高スペックなPCが欲しいなら、XA7C-R37は有力な候補のひとつになるでしょう。eスポーツ系のゲーム配信も快適にできます。

電源ボタン

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)