初心者のための、Elgato Game Capture HD60 S購入ガイド・レビュー

この記事をシェアする

Elgato Game Capture HD60 S(以下、HD60 S)は、Elgatoから発売されているキャプチャーボードです。

HD60 S
Elgato Game Capture HD60 Sの外観(リンク先 : Amazon)。これは筆者が発売日に購入した初期モデルです。そのため、現在とはロゴのデザインが多少異なります。

HD60 Sの特長・メリット

ゲーム実況向けの機能が豊富

HD60 Sは、ゲーム実況のために開発された製品といっても過言ではありません。ゲーム実況で必要な機能は、すべて搭載されているからです。

キャプチャーボードとキャプチャーソフト

便利な機能がたくさんあるのですが、以下は一例です。

  • ライブ配信機能により、簡単な設定でゲーム配信ができる。
  • ゲームを録画して、自分の声を動画に入れることができる。
  • 声を別録りできる機能がある。
  • 付属ソフトでも簡単なカット編集ができる。
  • YouTubeに動画を直接アップロードできる。
  • Flashback録画機能により、時間を遡ってゲームプレイを再生・録画できる。

端的にいって、ゲームを録画して投稿する場合であっても、生配信する場合であっても、どちらにも完璧に対応できると思ってください。

低遅延

HD60 Sは、インスタントゲームビューという独自機能により、遅延(タイムラグ)が少ない製品となっています。ほかのキャプチャーボードと比較しても、最速の部類です。

キャプチャーボード

筆者が検証したかぎりでは、約0.048~0.064秒の遅延でした。したがって、たいていはゲーム画面をPCに映した状態でもプレイできるでしょう。

HD60 Sの接続図

もし遅延が妥協できないという場合であっても心配いりません。なぜなら、HD60 Sにはパススルー出力機能が搭載されているからです(後述)。

パススルー出力

定番

HD60Sは、ゲーム実況をやる人たちのなかでは定番製品です。別メーカーから発売されているGC550と同じくらい有名です。

Amazonの「内蔵型TVチューナー・キャプチャーボード」の売れ筋ランキングでも、いつも上位に入っています。Amazonのセールで安売りされることがあるので、こまめにチェックしておくとよいでしょう。

購入まえに「ここ」だけ確認しよう

Elgato Game Capture HD60 S
製品画像
PCとの接続 USB 3.0
エンコードタイプ ソフトウェアエンコード
最大録画解像度 1080p/60fps
ゲーム機との接続 HDMI
パススルー出力機能 あり
対応OS Windows 10(64bit)
MacOS Sierra

USB 3.0専用

HD60 SとPCを接続するには、USB 3.0を使います。USB 2.0端子に接続しても動作しません。必ずUSB 3.0端子に接続してください。

USB 3.0接続

HDMI出力できるゲーム機に対応

HD60 Sは、HDMI端子を搭載するゲーム機に対応しています。たとえば、SwitchやPS4などの近年発売されたゲーム機です。

対応ゲーム機の例

しかし、PS2やWiiなど、HDMI端子を搭載していないゲーム機とは接続できません。その場合は、GC550GV-USB2などが購入候補となります。

対応していないゲーム機の例

関連 【キャプチャーボード】GC550を3年使ったので、本音を打ち明けることにした

参考 GV-USB2の使い方

なお、PS3をHD60 Sに接続する場合については後述します。HDCPというコピーガードの関係で、少し特殊な話になります。

相応のPCスペックが必要

動作環境については、公式サイトではCore i5(第4世代)以上となっています。これはCPUについての表記ですが、意味がよくわからない場合は下記ページをご覧ください。

参考 ゲーム実況で必要なPCスペックと、おすすめPCの選び方

PC

もしPCの動作が重かったとしても、付属ソフトの設定を変更して対処することも可能です。たとえば、1080p/60fpsを720p/30fpsに落としたり、Flashback録画機能をOFFにするなどの方法が効果的です。

Windows 7には対応していない

注意したいのは対応OSです。Windows 7には対応していません。すでにWindows 10の使用者のほうが多くなっていますが、念のため注意してください。

なお、「実際に」Windows 7で動かないかどうかは不明です。

アマレコTVには対応していない

アマレコTVというサードパーティ製ソフトがありますが、HD60 Sは対応していません。ただ、大きな問題はないでしょう。付属ソフトの機能が充実しているからです。

参考 アマレコTVの基礎知識

他製品との比較

HD60との違い

HD60は、HD60 Sが発売される以前に発売された製品です。端的にいって、HD60 Sがある現在は購入する必要性はほぼありません。遅延が大きいモデルです。

参考 Elgato Game Capture HD60の使い方

HD60の特徴は以下のとおりです。

HD60 Proとの違い

HD60 Proは、デスクトップPC専用の製品です。もしデスクトップPCを所有しているなら、こちらのほうがHD60 Sよりも負荷が軽く、お薦めです。ただし、価格の高さがネックになるでしょう。コスパはよくありません。

参考 Elgato Game Capture HD60 Proの使い方

HD60 Proの特徴は以下のとおりです。

  • PCとはPCI Expressで接続する(内蔵型)。
  • ハードウェアエンコードのため、HD60 Sより負荷が軽い
  • インスタントゲームビュー機能により、遅延はHD60 Sと同じくらい小さい
  • HD60 Sにはない、マスターコピー機能を搭載している。

付属品

付属品は下記画像のとおりです。USBケーブルHDMIケーブルが1本ずつ付属されています。

HD60 Sの付属品

使い方をマスターしよう

HD60 Sを使いこなすためには、以下の事項をマスターしましょう。いずれも基本的なことです。

  • 付属ソフトのインストール方法
  • ゲーム機との接続方法
  • ゲーム画面をPCに映す方法
  • ゲーム画面をTVにも映す方法(パススルー出力)
  • 録画・ライブ配信のやり方

詳しい使い方については、以下のページをご覧ください。製品を購入するまえに、ザッと一読しておくことをお勧めします。

【ガイド】Elgato Game Capture HD60 Sの使い方・設定方法
Elgato Game Capture HD60 S(以下、HD60 S)の使い方について見ていきましょう。 この記事を読めば...

まとめ

細かいことをいうと、HD60 Sにもいくつかの欠点はあります。たとえば、ゲーム画面をすばやくフルスクリーンにできなかったり、いくつかの設定が意味もなく複雑になっている部分があります。

ただ、全体としてみれば、これらの欠点は大きなものではないという解釈もできるでしょう。現にHD60 Sは鉄板であり、世界中で使われています。1080p/60fps対応製品として、ぜひとも押さえておきたいキャプチャーボードのひとつです。

個人的には、HD60 Sのデザインがお気に入りです。手のひらにすっぽりと収まり、丸みを帯びたデザインで手になじむのです。人によっては、卵のようなすべすべ感を彷彿とさせるかもしれません。

実売価格も安定しています。特別安いというわけではありませんが、キャプチャーボードとしては平均的な価格です。また、上で述べたとおりAmazonでセール対象になることが年に何回かあります。チャンスを狙って購入してください。

なお、これは余談ですが、筆者の環境では付属ソフトをアップデートすると、高い確率でゲーム画面が映らなくなります(「受信なし」状態)。しかし、USBを抜き差しすると直ります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)