【図解】キャプチャーボードの選び方で迷っている初心者へ送る。5つのポイント

この記事をシェアする

いったい、どのキャプチャーボードを買えばよいのでしょうか。また、各製品はどこが違うのでしょうか。

キャプチャーボード

キャプチャーボードを賢く選ぶためのコツを見ていきましょう。ポイントは、たった5個です。

PCに取り付ける方法を確認しよう

キャプチャーボードには、外付型内蔵型の2種類があります。これは、PCにどのようにして取り付けるのかという違いです。

ノートPC デスクトップPC 液晶一体型PC
外付型
内蔵型 × ×

外付型

外付型は、USBでPCと接続するタイプです。ノートPCなら、このUSB接続タイプを購入しましょう。デスクトップPCでも使えます。

USB接続

USBには、3.0と2.0があります。USB 3.0で接続するキャプチャーボードの場合、PCのUSB 2.0端子に接続しても動作しません。その点は注意してください。

USB 2.0と3.0

多くの人がUSB接続のキャプチャーボードを購入します。近年の主流です。

内蔵型

内蔵型は、PCのケースを開けて、内部のPCI Expressスロット(PCIeスロット)にキャプチャーボードを取り付けるタイプです。

PCI Expressスロット

PCI Express接続は、デスクトップPC専用の接続方法です。ノートPCには取り付けられません。板状のキャプチャーボードを見たら、それは内蔵型だと思ってください。

対応するゲーム機を確認しよう

接続できるゲーム機が異なる

キャプチャーボードによって、接続できるゲーム機が異なることがあります。たとえば、近年の一般的なキャプチャーボードはPS4を接続できます。しかし、PS2は接続できません。

そこで、どのゲーム機を接続したいのか決めたうえで、購入すべきキャプチャーボードを選びましょう。

最新のゲーム機の場合

近年のゲーム機は、HDMI端子を搭載しています。したがって、同じくHDMI端子を搭載したキャプチャーボードを購入すれば接続できます。

以下は、HDMI端子を搭載しているゲーム機の例です。

  • Switch、Wii U
  • PS4 Pro、PS4(無印)
  • Xbox One X、Xbox One、Xbox 360
  • iPhone、iPad、iPod touch
後述しますが、基本的にPS3はキャプチャーボードとHDMI接続しても画面が映らない点に注意してください。

レトロゲーム機の場合

レトロゲーム機の場合は、コンポジット端子(黄色い端子)を搭載したキャプチャーボードを購入します。たとえば、GV-USB2です。

コンポジット端子

コンポジット端子以外で接続できる場合もあります。ただ、いまは細かいことは置いておきましょう。

HDMIキャプチャーボードは購入しないようにしてください。なぜなら、古い世代のゲーム機はHDMI端子を搭載していないため、同端子では接続できないからです。

以下は、レトロゲーム機の例です。

  • Wii、GC、N64、SFC、NEW FC
  • PS2、PS1

PS3の場合

PS3とキャプチャーボードをHDMI接続する場合は、HDCPというコピーガードに注意しましょう。そのままつなげても、基本的にゲーム画面はPCに映りません。別途、対策が必要になります。

HDCPの回避が必要なゲーム機と、3種類の対処法。PS3で重要に
ゲーム機とキャプチャーボードをHDMIで接続したとき、ゲーム画面がPCに映らないということがあります。 さまざまな原因が考えら...

パススルー出力の有無を確認しよう

遅延とは

キャプチャーボードを使用し、PCに映っているゲーム画面を見ながらプレイすると、遅延(タイムラグ)を感じることがあります。

キャプチャーボードの遅延

具体的には、

  • 操作タイミングが合わない
  • 操作が重い、遅い、鈍い

というときは、キャプチャーボードの遅延の影響を受けている可能性があります。重要なことですが、遅延のないキャプチャーボードは存在しません

遅延といっても、何秒も遅れるわけではありません。ほとんどの場合、0.05秒や0.1秒といった世界です。

パススルー出力で遅延対策ができる

遅延を回避する簡単な対処法があります。それがキャプチャーボードのパススルー出力機能を使う方法です。

パススルー出力

上図のように、キャプチャーボードとTV(モニター)をHDMIケーブルで接続します。TVのゲーム画面は、パススルー出力のおかげでキャプチャーボードによる遅延の影響を受けません

つまり、TVにゲーム画面を映し、ふだんどおりプレイできます。もちろん、その状態のままPC側でゲーム画面を録画・ライブ配信することもできます。

分配器を使って遅延を回避する方法もありますが、パススルー出力があったほうが便利でしょう。

2つあるキャプチャーボードの遅延対策。パススルー出力と、分配出力
キャプチャーボードには、遅延(タイムラグ)があります。場合によっては、これが原因で快適にゲームをプレイできないことがあるでしょう。 ...

エンコード方式を確認しよう

ソフトウェアエンコードと、ハードウェアエンコード

キャプチャーボードは、2種類に分類することができます。

  • ソフトウェアエンコード
  • ハードウェアエンコード

両者の違いは、下表のとおりです。

PCにかかる負荷 遅延の程度
ソフトウェアエンコード 大きい 小さい
ハードウェアエンコード 小さい 大きい

この表の見方ですが、たとえばPCのスペックに自信がない場合は、ハードウェアエンコードのキャプチャーボードを買いましょう。

また、PCの画面を見ながらゲームをプレイしたい場合は、ソフトウェアエンコードのキャプチャーボードを購入します。

キャプチャーボード

形式的な区別は、意味がなくなりつつある

ただ、エンコード方式はそこまで気にする必要はありません。というのも、近年は両者を区別する意味が薄れてきているからです。

たとえば、ハードウェアエンコードは遅延が大きいと書きました。しかし、なかには遅延軽減機能を搭載している製品もあります。その場合は、ソフトウェアエンコードの製品と同程度の遅延ですみます。

Game Capture HD60 Pro
▲ハードウェアエンコードの製品でありながら、遅延が小さいGame Capture HD60 Pro。パススルー出力も可能です。

また、ソフトウェアエンコードの製品であっても、PCのグラフィックボード(GPU)というパーツを使って低負荷で録画できるものもあります。そうなると、ハードウェアエンコードの製品よりも負荷が小さいことがあるのです。

GC550
▲ソフトウェアエンコードの製品でありながら、低負荷で録画できるGC550。グラフィックボード、またはCPU内蔵のGPUを活用できます。
したがって、両者のステオレオタイプ的な区別は、あまり意味がなくなってきています。製品それ自体の機能を吟味しましょう。

対応解像度を確認しよう

1080p/60fps対応の製品が主流

現世代のゲーム機の最大解像度は、一般的に1080p/60fpsです。たとえば、SwitchやPS4(無印)がこれに該当します。

PS4の映像出力設定

したがって、キャプチャーボードのほうも、録画解像度が1080p/60fps対応の製品を使うのがベストです。そうすると、最大1080p/60fpsで録画・ライブ配信できます。

むかしは、録画解像度が1080p/60fpsに対応していない製品もありました。しかし、現在はほとんどのHDMIキャプチャーボードがこの解像度に対応しています。

4K解像度に対応した製品も登場

2016年以降、解像度が4Kに対応しているゲーム機も発売されるようになりました。PS4 ProやXbox One Xです。

4K解像度対応のキャプチャーボードもあります。ただ、2018年8月現在、GC573(Amazon)やGame Capture 4K60 Pro(Amazon)など、限られた製品しかありません。

また、HDR対応の有無、録画解像度、動画の再生・編集環境のことなど、注意すべき点があります。まだ急いで買わなくてもよいでしょう。

どれを買うべきか、おすすめは

ここで紹介する製品は、いずれも以下の点で共通しています。

  • 外付型
  • HDMI端子搭載
  • パススルー出力機能あり
  • ソフトウェアエンコード方式
  • 遅延は小さめ
  • 1080p/60fps対応

高機能な製品が欲しい人へ

筆者のお気に入りのひとつがGC550です。機能の豊富さという点でいえば、GC550以上のキャプチャーボードはないでしょう。

関連 【キャプチャーボード】GC550を3年使ったので、本音を打ち明けることにした

参考 GC550の使い方

この製品は、多くのゲーム機に対応しています。SwitchやPS4はもちろん、PS3、PS2、Wii U、Wiiにも対応しています。PS3を接続するときは、GC550付属のケーブルを使ってください。これでHDCPを回避できます。

GC550

便利な機能として、ライブ編集機能があります。スポーツ中継のリプレイ、あるいはタイムシフト視聴をイメージしてください。過去のシーンをリアルタイムで遡って再生できます。うっかり録画を忘れていた場合にも、この機能が使えます。

また、付属のキャプチャーソフトには、ゲーム配信機能も搭載されています。2ステップの設定をするだけで、YouTubeやTwitchでライブ配信できます。「ゲーム配信は難しそう」と考えている人ほど、拍子抜けするでしょう。それくらい簡単です。

GC550

PCの負荷については、一般的な性能を有しているPCならそこまで心配する必要はありません。GPUを使ってハードウェアエンコードすることもできるからです。また、付属のキャプチャーソフトで各種設定を変更すれば軽くできます。

遅延も気にするほどではありません。ただ、遅延の感じ方はゲームジャンルによって違ってきます。必要に応じてパススルー出力を使ってください。

もう少し価格を抑えたい人へ

Game Capture HD60 Sは、GC550よりも数千円ほど安く購入できます。それでいて、GC550と同等の機能を搭載しています。遅延軽減機能があるのもポイントでしょう。

参考 Game Capture HD60 Sの使い方

付属のキャプチャーソフトは、おおよそ右側のパネルで設定できるようになっています。たとえば、画質の設定は歯車アイコンから行います。「編集」タブに切り替えると、簡単なカット編集ができます。

Game Capture HD60 S

対応ゲーム機はSwitchやPS4など、HDMI端子を搭載したものだけです。PS2やWiiなどは接続できません。これはGame Capture HD60 Sに限らず、近年のキャプチャーボードの傾向です。

どちらかというと、筆者はGC550のほうが使用頻度は高いのですが、Game Capture HD60 Sはコンパクトなデザインや質感などの点で優れています。また、USB Type-Cが採用されており、裏表を気にする必要がない点は便利です。

コスパのよい製品が欲しい人へ

お薦めというほどではありませんが、コスパ重視で考えるならGV-USB3/HDもよいでしょう。

参考 GV-USB3/HDの使い方

この製品は、定番の動画編集ソフトである「PowerDirector 14」が付属されています。もし編集ソフトを使ってみたいということであれば、まちがいなくお得です。機能は制限されていますが、実況動画を編集する範囲では不便さを感じませんでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)