LetsViewの使い方。無料でiPhoneの画面をPCに映して配信できます

この記事をシェアする

LetsViewは、iPhoneの画面をPCに映したいときに使う完全無料ミラーリングソフトです。

LetsView

画質・動きの滑らかさはイマイチなのですが、無料で使える点が最大の特長です。ロゴや時間制限はありません。

では、LetsViewをライブ配信で使う場合、どのように設定すればよいのでしょうか。具体的な使い方・設定方法を見ていきましょう。

iPhone、およびWindows PCを使用し、Wi-Fi環境があることを前提としています。

【スポンサーリンク】

必要なものを用意しよう

LetsView

LetsViewは、公式サイトでダウンロードできます。

  1. 公式サイトにアクセスする。
  2. 「無料ダウンロード」をクリックする。
  3. ダウンロードした「letsview.exe」を起動する。
  4. 画面を順に進めていく。

LetsView

LetsViewがファイアーウォールにブロックされている旨の表示が出てきたら、「アクセスを許可する」をクリックしてください。

ファイアーウォール

配信ソフト

配信ソフトは、一般的なものであればどのようなものでもかまいません。

おすすめの配信ソフトはどれか。目的別、サイト別に一覧・比較してみた
ライブ配信で使う配信ソフトには、さまざまな種類があります。では、どの配信ソフトを使えばよいのでしょうか。 このページでは、各配...

備考 : iPhoneアプリは不要

公式サイトでは、上記デスクトップ版に加えてアプリ版もインストールするように書かれてあります。

しかし、今回のようなゲーム配信の場合、アプリ版は必要ありません。

画面ミラーリングを開始しよう

では、さっそくLetsViewを使ってみましょう。

  1. LetsViewを起動しておきます。つい忘れそうになりますが、最初に起動してください。
  2. LetsViewを起動

  1. iPhoneでコントロールセンターを開き、「画面ミラーリング」をタップします。
  2. 画面ミラーリング

  3. LetsView」をタップします。
  4. LetsViewをタップ

  5. すると、新しいウィンドウが開き、画面ミラーリングが始まります。PCにiPhoneの画面が映り、かつゲーム音がPCから聞こえてきたら成功です。
  6. 画面ミラーリング開始

  7. つぎは、この画面を視聴者に見せるための設定を行っていきましょう。配信ソフトのほうで設定します。

基本的な注意点を押さえておこう

配信ソフトの設定を行うまえに、以下の点を覚えておいてください。

  • iPhone側で「おやすみモード」にしておく
  • iPhoneの操作は、iPhoneで行う
  • ミラーリング中、ゲーム音はiPhoneから出ないのでPCから聞く
  • マナーモードを解除しておく
  • iPhone側の音量が0だとゲーム音がPCから出ないので、上げておく

iPhoneを「おやすみモード」にしておく理由は、通知や着信が配信画面に表示されるのを防止するためです。

おやすみモード

また、マナーモードを解除しておくのは、そうしないとゲーム音がPCから出ないからです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

OBSにiPhoneの画面を映そう

PCにiPhoneの画面を映すことができたら、この画面を配信ソフトのほうにも映しましょう。OBSを例に取ります。

「ウィンドウキャプチャ」を追加する

まず、LetsViewの画面が最小化されていないことを確認してください。最小化されているとOBSに画面を映せません。

つぎに、「ソース」の「+」から「ウィンドウキャプチャ」を選択します。これは、ウィンドウ画面を視聴者に見せるための機能です。

ウィンドウキャプチャ

適当な名前を付けて「OK」をクリックします。そのままの名前でもかまいません。

名前

「ウィンドウ」で「[LetsView .exe]: LetsView」を選択して、「OK」をクリックします。すると、画面が映ります。

LetsViewを選択

注意したいのですが、LetsViewのウィンドウを最小化した状態だと「ウィンドウ」で「[LetsView .exe]: LetsView」を選択できません。

もし最小化してしまった場合は、いったん「ウィンドウキャプチャ」を削除し、再度やり直します。

うまく画面が映らない場合は、下記ページをご覧ください。

【OBS】ウィンドウキャプチャで画面が映らない、真っ暗なときの対処法
OBS Studio(以下OBS)で画面が映らない場合、どうすればよいのでしょうか。 このページでは、「ウィンドウキャプチャ」を対象に...

よけいな部分を削る

iPhoneの画面がOBSに映りましたが、タイトルバーの部分が映っているはずです。この部分はよけいなので、削りましょう。赤丸の部分にカーソルを合わせてください。

カーソルを合わせる

そして、Altキーを押しながら辺を下方向にドラッグします。すると、タイトルバーを削ることができます。

クロップ

うまくいかない場合は、下記ページをご覧ください。

参考 視聴者に見える範囲を狭くしよう(クロップ)

画面を合わせる

画面サイズが小さいので大きくします。「ウィンドウキャプチャ」上で右クリックし、「変換」から「画面に合わせる」を選択します。

画面に合わせる

すると、画面内にピッタリと収まります。

完成

視聴者に画面を見せる設定はできました。あとはOBSの「設定」ボタンから設定を行いましょう。

【図解】やさしいOBS Studioの使い方。ゲーム配信者のための設定ガイド
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料のライブ配信用ソフトです。詳しい使い方を見ていきましょう。 ...
ゲーム生配信のやり方、必要機材とは?配信サイト・ゲーム機ごとに解説
当サイトでは、ゲーム配信のやり方、配信方法、必要な機材・ソフトを 配信サイトごと ゲーム機ごと という2つ...

ほかの配信ソフトの設定

XSplit

以下のように設定します。

  1. 「Add Source」をクリックする。
  2. 「スクリーンキャプチャ」→「ウィンドウキャプチャ」の順にカーソルを合わせる。
  3. LetsView (LetsView.exe)」を選択する。
  4. LetsViewのウィンドウは最小化しないこと。画面が真っ暗になるため。

ウィンドウキャプチャ

画面のよけいな部分は、Altキーを押しながら辺をドラッグして削りましょう(クロップ)。

クロップ

画面サイズが小さいですが、「スクリーンに合わせる」をクリックすれば大きくできます。

スクリーンに合わせる
▲「スクリーンに合わせる」をクリックしたところ

SLOBS

OBSと同じやり方です。

  1. 「ソース」の「+」から「ウィンドウのキャプチャー」をクリックする。
  2. 「ソースを追加」をクリックする。
  3. 適当な名前を付けて、「ソースを追加」をクリックする。
  4. 「Windows」で「[LetsView.exe]: LetsView」を選択する。
  5. 「完了」をクリックする。

画面ミラーリングを終了しよう

以下の方法で画面ミラーリングを停止できます。

  1. iPhoneでコントロールセンターを開く。
  2. 「LetsView」をタップする。
  3. 「ミラーリングを停止」をタップする。

ミラーリングを停止

または、PC側のLetsViewのほうで「接続を切る」をクリックするやり方でもかまいません。この方法でもミラーリングが停止します。

接続を切る

まとめ

ライブ配信におけるLetsViewの使い方は簡単です。

  1. LetsViewを起動する。
  2. iPhoneでコントロールセンターを表示する。
  3. 「画面ミラーリング」→「LestView」の順にタップする。
  4. 配信ソフトでLestViewのウィンドウ画面を取り込む。

ただ、LetsViewにはデメリットもあります。

  • 画質がよくない
  • 60fpsで表示できない

画質については、右上のハンバーガーアイコンの「設定」→「一般設定」→「Airplay解像度」で変更できますが、フルスクリーン表示にしないかぎり向上しません。

ほかのミラーリングソフトが気になる場合は、下記ページをご覧ください。

【Wi-Fi】簡単。iPhoneの画面をPCに映してミラーリングする方法。アプリも紹介
iPhoneの画面をPCに映すためには、ミラーリングソフトが必要です。 たとえば、iPhoneの画面をPCに映して、PCでライ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)