OBS 27.1が神アプデってホント?YouTube配信のやり方はどう変わる?

この記事をシェアする

OBS Studio(以下OBS)は、バージョン27.1でYouTube配信が簡単にできるようになりました。

アカウント接続

これは、OBSからYouTubeアカウントに接続することで配信の手間を省けるようになったためです。

では、具体的にどのようなメリット、注意点があるのか見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

ここが変わった

ストリームキーのコピペが不要に

従来、OBSを使ってYouTube配信するためには、YouTubeに掲載されているストリームキーをOBSに入力する必要がありました。

OBS StudioのRTMP URL・ストリームキーの設定方法
実際にライブ配信を行うには、OBS Studio(以下OBS)から配信サイト(サーバー)に接続するための設定をする必要があります。 ...

しかし、バージョン27.1ではこれが不要になりました。アカウント接続すれば、ストリームキーをコピー&ペーストする手間が省けます。

アカウント接続

依然としてストリームキーによる配信もできますが(後述)、今後はアカウント接続が一般的になっていくでしょう。

タイトル、サムネをOBSで設定可能に

アカウント接続すると「配信の管理」ボタンが新しく出現します。

配信の管理

このボタンからは、配信タイトル、説明、プライバシー設定、サムネイル、予約配信の設定などができるようになっています。

新しい配信を作成

従来、これらの設定を行うにはYouTubeにアクセスする必要がありました。しかし、バージョン27.1からはOBS上でも設定できます。

ただし、すべての設定をOBS上でできるわけではありません。

コメント・チャットが画面横に

いままで多くのYouTube配信者は、コメントを以下のいずれかの方法で確認していました。

ゲーム配信中、コメントをどうやって確認すればいい?4種類の方法
ゲーム配信(生放送)が初めてだと、コメントを確認する方法はイメージしづらいかもしれません。 その理由はいくつか考えられます。 ...

バージョン27.1からはOBSでもコメントを確認できます。チャットドック(チャット欄)を表示できるようになったからです。

チャット

このチャットドックは、OBSに収納して位置を変更することができます。ドラッグで任意の位置に配置しましょう。

注意点として、チャットドックから配信者がコメントを書き込むことはできません。あくまでもコメントを確認する目的で使います。

新機能を使った配信のやり方

アカウント接続する

「設定」→「配信」の順にクリックし、「サービス」を「YouTube - RTMPS」にします。

YouTube - RTMPS

そして、「アカウント接続 (推奨)」をクリックし、自動的にブラウザーが開いたらOBSを許可してください。

アカウント接続

「配信の管理」ボタンで設定する

アカウント接続後、「配信の管理」ボタンでYouTubeの設定をしていきましょう。

配信の管理

いますぐ突発配信したいのであれば、「予約する」のチェックを外します。そして、「配信を作成して配信開始」をクリックします。

新しい配信を作成

他方、日時を決めて予約配信したい場合は、「予約する」にチェックを入れます。そのうえで日時を設定してください。

スケジュール

より詳しい方法

詳しい配信方法については、下記ページをご覧ください。突発配信用・予約配信用の2つの記事があります。

【YouTube Live】OBSを使ってゲーム配信するための設定方法
YouTube Liveで、OBS Studio(以下OBS)を使って生放送をする場合、どのように設定すればよいのでしょうか。 ...
【YouTube Live】最新OBSで予約配信する方法。直接スケジュール設定できます
OBS Studio(以下OBS)を使っている場合、YouTube Liveの予約配信はどのような方法で行えばよいのでしょうか。 ...

配信できていない?

配信できていないのでは?」と疑念を抱く人もいるので、確認方法を覚えておきましょう。

  1. YouTube Studioにアクセスする。
  2. 「コンテンツ」→「ライブ配信」の順にクリックする。
  3. 「ライブ」と表記されているサムネイルにカーソルを重ねる。
  4. 電波アイコンをクリックする。

コンテンツ→ライブ配信

もし配信をうまく開始できない場合は、下記ページをご覧ください。

【YouTube Live】配信が始まらない、サイトに画面が反映されない場合の対処法
YouTubeでライブ配信しようとして、アイコンがクルクル回っている状態になっていませんか? 対処法を順に見ていきましょう。 ...

OBSでできない設定もある

いままでYouTube上で行っていた設定をOBS上でもできるようになったわけですが、すべての設定ができるわけではありません

どのような設定ができないのかは、「配信の管理」ボタンから確認すれば一目瞭然です。

新しい配信を作成
▲ほとんどの重要な設定はOBS上でできます。もしYouTube配信自体が初めてであるなら、気にする必要はありません

ここにない設定については、従来どおりブラウザーを起動して行ってください。YouTubeにアクセスし、ライブ管理画面の「編集」ボタンから設定します。

「編集」ボタン

また、予約配信の場合、OBS上で設定内容をあとから変更・削除することはできません。YouTubeにアクセスして設定を変更・削除しましょう。

コンテンツ→ライブ配信

従来のやり方もできる

アカウント接続による配信をしたくない場合、従来のストリームキーを使用した配信もできます。

一見すると設定箇所がなくなったように見えますが、アカウントを切断しましょう。アカウント接続をやめます。

アカウントを切断

すると、「ストリームキーを使用する」ボタンが復活しました。これをクリックすればストリームキーを入力できます。

ストリームキーを使用する

前バージョンに戻したい場合は

もしOBSをアップデートしてから調子が悪いという場合は、前バージョンに戻すこともできます。

  1. GitHubにアクセスする。
  2. 任意のバージョンを探し、「Assets」をクリックする。
  3. 「OBS-Studio-xx.x-Full-Installer-x64.exe」をクリックする。

ソース・シーンなどの設定は引き継がれますが、不安であればバックアップしておきましょう。

【OBS】もうグチャグチャだよ!設定を初期化する方法と、保存して備える方法
OBS Studio(以下OBS)の設定を試行錯誤していると、どうしても設定がグチャグチャになってしまうことがあります。 この...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)