【OBS】ソースの「音声入力キャプチャ」って?シーン機能と組み合わせて使います

この記事をシェアする

OBS Studio(以下OBS)の「+」をクリックすると、「音声入力キャプチャ」と「音声出力キャプチャ」が出てきます。

音声入力キャプチャ、音声出力キャプチャ

これはどのような意味があるのでしょうか。

じつは、OBSのシーン機能というものと組み合わせて使うことで、「音声入力キャプチャ」と「音声出力キャプチャ」は威力を発揮します。

詳細は後述しますが、配信中に音声を自動でミュートにできると思ってください。たとえば、待機時や休憩時に、自動でマイクを切れるようにできます。

【スポンサーリンク】

基本的な用語の確認

用語の意味をザッと確認しておきましょう。

シーン機能とは

シーンは、複数の画面を一瞬で切り替えられる機能です。

これを使うと、たとえばゲーム配信をしていて休憩したくなったら、適当な別画像に切り替えることができます。

詳細については、下記ページをご覧ください。

【OBS Studio】シーン機能の便利な使い方。画面をスムーズに切り替える
OBS Studio(以下OBS)のシーン機能を使うと、以下のような場面で画面を一瞬で切り替えられるようになります。 ...

以下、シーン機能について理解していることを前提に話を進めていきます。

「音声入力キャプチャ」とは

「音声入力キャプチャ」でいうところの「音声入力」とは、端的にはマイク音声のことです。

音声入力キャプチャ

マイクに声を入れるところをイメージしてください。そうすれば、音声入力とマイクを関連付けて思い出しやすくなるはずです。

マイク

そして、特定のシーンに切り替えたときだけ配信されるマイク音声のことを、OBSでは「音声入力キャプチャ」と表現しています。

「音声出力キャプチャ」とは

「音声出力」は、デスクトップ音声のことです。

音声出力キャプチャ

デスクトップ音声というと、少し難しいかもしれません。以下のような音声のことです。

  • BGM、音楽
  • ゲーム音
  • Discordの通話相手の声
  • YouTubeなどで再生している動画の音
  • 棒読みちゃんの音

ここでは、ヘッドホンやスピーカーから、ゲーム音やBGMが出ているところをイメージするとよいでしょう。

ヘッドホン、スピーカー

そして、特定のシーンに切り替えたときだけ配信されるデスクトップ音声のことを、OBSでは「音声出力キャプチャ」と表現しています。

どんなメリットがある?

では、「音声入力キャプチャ」や「音声出力キャプチャ」を使うとどのようなメリットがあるのでしょうか。

具体例

たとえば、以下のような状況をイメージしてください。

  • シーン1に「ゲームキャプチャ」を追加している
  • シーン1に「音声入力キャプチャ」を追加している
  • シーン2に休憩用の画像を追加している

シーン

この状態で配信中、休憩したくなってシーン2に切り替えたとします。すると、自動的にマイク音声がミュートになります。自分の声は視聴者に聞こえません。

シーン2

休憩を終えてゲームに戻るときは、シーン1に切り替えるわけですが、そうすると自動的にマイク音声のミュートが解除されます。シーン1に追加した「音声入力キャプチャ」のおかげで、マイク音が出るのです。

シーン2

シーン切替時、自動で音声を切れる

つまり、「音声入力キャプチャ」を使ったことで、シーン切替時にマイク音声を手動でミュートにする手間が省けました

休憩時間中は、自分の声を視聴者に聞かれたくないはずです。シーン切り替えと同時にマイク音声を自動でミュートにすれば合理的でしょう。

ほかにも、配信開始直前に待機画面を表示しているときも同じことが当てはまります。

「音声出力キャプチャ」についても同様で、シーンを切り替えるだけでデスクトップ音声をミュートにできます。

設定方法に注意が必要

通常とは異なる設定にする必要があるため、どちらかといえば中・上級者向けかもしれません。

よくわからないのであれば、このページに書いてある設定は不要です。

代わりに下記ページのとおりに設定しましょう。シーン機能と関係なく、マイク音声やデスクトップ音声を配信できるので混乱しません。

OBS StudioでBGM・マイクの音を流すための設定方法
PCの音、およびマイクの音を配信するためには、OBS Studio(以下OBS)でどのように設定すればよいのでしょうか。 ここ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)

音声設定を無効にしよう(重要)

「マイク音声」を無効にする

「音声入力キャプチャ」を使う場合にかぎり、「設定」→「音声」の「マイク音声」を無効にする必要があります。

マイク音声

そうしないと、以下のようなことが起こるからです。

  • 自分の声が二重になる(ロボ声)
  • シーンを切り替えてもマイク音声がミュートにならない
OBSでマイク音声(自分の声)が二重になる、反響するときの対処法
OBS Studioを使用中にマイク音声が二重になった場合、どうすればよいのでしょうか。 二重になっているマイク音声を聞いたと...

「音声入力キャプチャ」を使わない場合は、「マイク音声」を無効にする必要はありません。

  • 使わない場合 → 設定変更は不要
  • 使う場合 → 「マイク音声」を無効に
マイク音が二重になる理由は、(1)「設定」→「音声」と(2)「音声入力キャプチャ」の2箇所でマイクを指定しているからです。そこで、(1)は無効にしましょう。

「デスクトップ音声」を無効にする

また、「音声出力キャプチャ」を使う場合にかぎり、「設定」→「音声」の「デスクトップ音声」を無効にします。

デスクトップ音声

そうしないと、以下のようなことが起こるからです。

  • デスクトップ音声が二重になる(金属的な音)
  • シーンを切り替えてもデスクトップ音声がミュートにならない

「音声出力キャプチャ」を使わない場合は、「デスクトップ音声」を無効にする必要はありません。

  • 使わない場合 → 設定変更は不要
  • 使う場合 → 「デスクトップ音声」を無効に
たとえば、もしマイク音声を自動でミュートにしたいだけであれば、「デスクトップ音声」は無効にしないでください。初期設定の「既定」のままで問題ありません

ソースを追加し、新規シーンを作ろう

まず、「ソース」の「+」から「音声入力キャプチャ」または「音声出力キャプチャ」を追加しましょう。

音声入力キャプチャ

わかりやすい名称にしたうえで、「OK」をクリックします。

ソース名

そして、「デバイス」で適切なものを選択してください。「音声入力キャプチャ」の場合であれば「マイク」、「音声出力キャプチャ」の場合であれば「既定」がおすすめです。

デバイス

最後に、「シーン」の「+」から新しくシーンを作ります。すでにシーンを作成している場合は、そのシーンでかまいません。

新規シーン

シーンに適当なソース(例 : 静止画像)を追加して完成です。

シーンを切り替えよう

ここまで設定できたら、あとは必要に応じてシーンを切り替えるだけです。

シーンを切り替えたときは、「ソース」や「音声ミキサー」を確認するようにしましょう。音が視聴者に聞こえているのか、いちおうの判断基準になります。

ソース、音声ミキサー

たとえば、「ソース」に「音声入力キャプチャ」が表示されていて、かつ「音声ミキサー」の「音声入力キャプチャ」のレベルメーターが動いているのであれば、通常はマイク音声が視聴者に聞こえています。

もっとも、このあたりには例外があるのですが、今回は置いておきます。

OBS Studioでマイク音が入らないときの対処法。チェック項目がこれだけあります
OBS Studio(以下OBS)でマイクの音が入らない、自分の声が入らないという場合の対処法について見ていきましょう。 原因...

シーン(ソース)を保存しよう

以上で設定は完了しました。

今回作ったシーン・ソースは、保存したうえで必要なときに呼び出すこともできます。それがシーンコレクションです。

シーンコレクション

同機能を使えば、ソースのサイズ・位置も保存されます。積極的にシーンコレクションを使うとよいでしょう。

詳細については、下記ページをご覧ください。

【OBS】ソースを保存して切り替える方法。シーンコレクションを使う
OBS Studio(以下OBS)には、シーンコレクションという便利な機能があります。 以下のような状況を想像してください。 ...

まとめ

「音声入力キャプチャ」や「音声出力キャプチャ」を使う場合は、音声設定を無効にすのを忘れないように注意が必要です。

これを知らないせいで、「音が二重になる」「音が反響する」「音が変だ」というトラブルがあとを絶ちません。

ただ、設定が適切であればシーン機能と組み合わせることで配信を合理化できます。

うまく音声入出力キャプチャーを利用し、配信時における手間を省いていきましょう。

OBS Studioの詳しい使い方・設定方法
OBS Studio(以下OBS)は、各種配信サイトに対応している無料のライブ配信用ソフト(配信ソフト)です。詳しい使い方を見ていきましょう...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

この記事をシェアする

Twitterで最新情報をツイートしています!フォローお願いします。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)